素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

憧れのホテルでビュッフェディナー♪ーCordis Auckland / Eight Restaurant ー

こんにちは、アユミです

さてさて、タウポ・トンガリロのご紹介も先週で終わり、今日は、オークランドのお話をしたいと思いますどうぞお付き合い下さいませ

日本でも女性を中心に人気の、ホテルディナー
ここ、オークランドにも、現地在住の人にも人気のホテルのビュッフェディナーがあります

私も、ずっとずっと気になっていまして、とうとう、いってきました
場所は、オークランドにあるCordis(コーディス)というホテルの人気のビュッフェレストラン

cdakl-exterior-1680-945
画像元:Cordis Auckland

素敵なシャンデリアがキラキラした、ロビーを抜けて、ラウンジの横にあるのが、Eight Restaurant(エイトレストラン)
入口と、レストラン内の座席ははこんな感じです

20180415_18003320180415_18020520180415_180345

レストランの奥へ進むと、いろいろな食材を使用した美味しそうなお食事がずらり

cdakl-dining-eight-1680-945
画像元:Cordis Auckland

とくに、シーフードの種類が豊富で、日本人のシェフの方も多いことから、日本人の方には人気だと聞いていたので、
普段は食べられない、シーフードを今日ばかりは、たらふく食べようと思っていました

まずは、フレッシュオイスター

20180415_180512

そして、お寿司とお刺身

20180415_190438

さらに、海老や、ムール貝などなど

20180415_190136

そのほか、サラミや生ハム、サラダなどの前菜も種類が豊富

20180415_18105520180415_190448

フレッシュなものを頼んだあとは、メインです

まず、お肉、アイフィレや、ヴェールロインというビーフステーキや、チキン、ポーク、そしてちょっと珍しいものでは、アルパカのお肉など、
シーフードは、いろいろな種類の白身魚や、味付けのされた海老などの鉄板焼きが楽しめます
ガラスケースに入っているものの中から、好きなものを好きなだけ、注文することができます

20180415_19013120180415_184108

さらにさらにっ、バジルやビートルート、そしてチョコレートのフレーバーをもった生パスタを、
その場で茹でて、ボロネーズ、ゴルゴンゾーラ、アマトリチャーナといったパスタソースで、お楽しみいただけます

20180415_19041620180415_190915

これだけ種類があったら、ほんとに、ぜーんぶ食べ始めるとおなかはパンパンです

それでもやっぱりはずせないのは、デザート
人気のクリームブリュレや、チョコレートムース、ケーキやフルーツ、そして、チョコレートタワー

20180415_19264720180415_19274220180415_192745

もうこれで最後です

20180415_193030

存分にビュッフェを楽しみました

これで、気になるお値段は、
 平日(月〜木) 大人 NZ$105 子供 NZ$52.50 (5歳〜12歳)
 休日(金〜土、祝日)大人 NZ$129 子供 NZ$64.50 (5歳〜12歳)
 日曜日 NZ$109 子供 NZ$54.50 (5歳〜12歳)
です

そう、、、、このお料理の種類と、質と、満足感を考えると、このお値段でも納得です

それでもやっぱり、何度も何度も、来れないので、1年に1回あるかないか、それでもまた、行きたくなるほど、お料理はぜーんぶ美味しかったです

なにか特別な記念日や、旅行に来られた際には、ぜひぜひ、Cordis(コーディス)のEight Restaurantいってみてくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド特有の地熱地帯を歩く《オラケイ・コラコ》地熱パークにいってきました!

こんにちは、アユミです

昨日紹介した、タウポ湖からのフロートプレーンに乗って、約30分ほどの遊覧飛行の後に辿りついたのが、
タウポの中でも最大級の地熱パーク とても魅力的な場所として知られる オラケイ・コラコ(ORAKEI KORAKO)

20180318_115944

タウポは、活火山であるタウハラ山の地熱活動による地熱発電の活発な地域の中心部に位置しているため、
オラケイ・コラコのような、ニュージーランドの独特な地熱活動を、ご覧頂くことが出来ます

カフェのある施設から、小さな船に乗って、対岸の地熱地帯へと進みます

20180318_12053720180318_12101020180318_121227

船が到着した対岸には、もうすぐ目の前に、太陽の光を煌々と跳ね返す、広大な地熱の岩と、その活動を見ることが出来ます

20180318_121616

地熱地帯の上に作られた遊歩道を進んでいくと、なんとも強烈な色の地熱帯の姿が

20180318_12170220180318_121740

さらに奥に進んでいくと、世界最大級のシリカ(二酸化ケイ素)の段丘と23を数える間欠泉、
ぽこぽこと熱気をわきだしている泥の沼などが現れ、

20180318_124655

さらに奥へいくと、Rautapu Caveという名前の、世界で唯一ともいわれる地熱洞窟で、世界にある二箇所のうちの1つをご覧いただけます

20180318_12354120180318_12362320180318_123705

世界的にも結う目否、地熱パークを囲む景色は、壮大で、息を飲む景色のものもあれば、
とても不思議なもの、目を奪われるものが豊富にあります

地熱パークに設置された遊歩道は、1時間〜1時間ほどでみてまわることが出来るので、
滞在時間の少ない人や、小さなお子様ずれの方でも、充分に楽しむことが出来ます

タウポの街中からだと、車で約30分ほど、かかるので、ぜひ、遊覧飛行と一緒にお楽しみ下さい




※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

いつもとちょっと違った景色を楽しむ!水上発進セスナで遊覧飛行をしてきました!

こんにちは、アユミです

ワイカト川でのウォーターアクティビティー、カヤックを楽しんだあとは、タウポ湖のボートハーバーへ移動して、今度はお空のアクティビティ

20180318_110833

参加してきたのが、Taupo Floatplaneという、水上から飛び立つセスナ機に乗って、タウポの上空を遊覧飛行

20180318_11262720180318_112651

タウポの上空の遊覧飛行は、10分のフライトや、ロトルアのほうまでいく50分のフライト、一番長いもので、
ファカタネにあるホワイトアイランドへいく、2時間のコースと、全部で7つのコースがあります

今回、私が参加したのは、タウポ湖からオラケイコラコという場所までの約20分ほどのフライト

タウポ湖を水上から飛び立ったセスナ機は、湖の上をゆったりと旋回して、湖周辺の街の様子を眺めます

20180318_113411

しばらくいくと、私たちがジェットボートを体験した、フカ滝が見えてきます
空からの遊覧飛行でないと、こんな景色はなかなか見られないですよね

20180318_113801

そして、ニュージーランドの広大で、独特な地形を眺め、遊覧飛行を楽しみます

20180318_11402920180318_113723

またしばらくいくと、左右に曲折するワイカト川が見えてきて、

20180318_114558

オラケイコラコのある、ワイカト川の水上へ、無事、着水

20180318_115432

とても小さなセスナ機で、パイロットを入れて、5人か6人ほどしか乗れないため、
狭いところが嫌いな人や、ちょっと乗り物酔いをしそうな人にはお勧め出来ませんが、
飛行機が大好きな人、空からの景色を楽しみたい人、ちょっといつもと違ったものをみてみたい人にはとってもおススメのアクティビティです

さて、セスナがオラケイコラコに到着したので、明日のブログでは、オラケイコラコをご紹介します

引き続き、お付き合い下さいませ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ワイカト川でリバーカヤックに挑戦してきました♪

こんにちは、アユミです

タウポ&トンガリロ視察旅行も、とうとう最終日3日目
なのですが、新しくご紹介する、タウポのおすすめアトラクションが満載です
今日もまた、お付き合い頂けると嬉しいです

さて、3日目の朝、ホテルを出発して向かった先は、Taupo Canoe & Kayak Tour(タウポ カヌー&カヤックツアー)
※オフィスはタウポの街中にあるので、タウポに泊まっている方なら簡単に参加出来ます

オフィスに到着して、安全の資料を確認したり、濡れてもいい服装に着替えて、ワイカト川へ出発

川もタウポの街中からすぐ近くで、車でほんの数分で到着します
川に到着したら、みんなでカヤックを車から降ろし、スプラッシュジャケットと、ライフジャケットを着用して、
念のため、日焼け止めを塗って、サングラスをして、準備完了

0001

自分の乗るカヤックを川岸まで運んでいって、ある程度の深さのところで乗り込みます
このとき、足が濡れるので、濡れてもいい靴を履いていくか、ビーチサンダルなどで行くことをおススメします

Canoe and Kayak 50003

操作がとっても簡単なカヤックは、パドルの真ん中を持ち、両サイドの水かきを使って進むことが出来るカヌーの一種で、1人乗り用と2人乗り用が選べます

0005

ワイカト川は、流れもゆるやかで、幅も広く、自分で方向を定めながら、ゆっくりゆっくりと川を進んでいきます
ワイカト川の水はとても澄んだ、エメラルドグリーンの色をしていて、川の底まで見えるほど綺麗で、
静かな川をゆっくりと、自然を眺めながら、ときどき聞こえてくる鳥の声を聞きながら、のんびりとした時間を楽しむことが出来ます

途中、川岸のところが、天然のホットプールになっていて、暖かいお湯が流れ込み、露天風呂のようになっているところに立ち寄り、しばし休憩

20180402_11130220180402_110805

このとき、あんまり時間がなかったので、足をつけるくらいしか、お湯を楽しめなかったのですが、
実は、次の週末も、タウポに旅行に来る予定だったので、この温泉に立ち寄って、入ってみたところ、熱さもちょうどよく、とっても気持ちがよかったです
ここは、タウポ スパ サーマルパークといって、観光客に人気の天然のホットプールなのです



ホットプールで足を暖めたあとは、またカヤックに乗って、ゴール地点までラストスパート

朝のツアーに参加しても、お昼までには戻ってこれるので、タウポ滞在の半日を使って楽しめる、比較的のんびりしたウォーターアクティビティです

私、シーカヤックは、酔ってしまって苦手だったのですが、リバーカヤックは、揺れも少なかったので、
酔うこともなく、楽しむことが出来ました

こちらもタウポ おすすめのオプショナルツアーです

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

タウポ湖の夜はクルージング&ロックカービングアート、そしてトラウト フィッシング&新鮮なお刺身!!

こんにちは、アユミです
ブログを読んで下さっている皆様、いつもありがとうございます

引き続き、タウポの研修旅行のお話ですが、タウポ2日目の夜は、
湖の街、タウポ湖を存分に楽しむ、ちょっとだけラグジュアリーなアクティビティ
タウポ湖でのクルージング、そして世界的にも有名なトラウト フィッシングを満喫するべくChris Jolly Outdoors主催のクルージングへ

20180317_18230620180317_183204

この後ろ姿は、船長のサイモンさん
なんとサイモンさん、ご自身でビールも作っていて、こんなふうにボトルにラベルも貼って、お客様へ提供しているそうです

20180317_183730

少し曇っていましたが、キレイなサンセットを楽しみながらのクルージング

20180317_183216Sunset 2

しばらく船が進み、到着したのが、こちらっ
岩壁のに突然現れる、とっても不思議なマオリ族の彫刻(ロックカービングアート)

20180317_19110120180317_191115

湖側からしか見ることの出来ないこの彫刻は、クルージングか、もしくはカヤックのツアーに乗って、見に行くことが出来ます
しばらく岩壁の彫刻をじっくりとみながら、楽しんだあとは、船の後ろに釣竿をセットして、トラウト フィッシングに挑戦です

20180317_18405120180317_19182420180317_192742

このフィッシングは、誰でも、好きに釣りが出来るというわけではなく、1人だいたい20ドルくらいのライセンス費用を支払って、
しっかりと許可をとって、楽しむものなんだそうです
ゆっくりゆっくりと船は進み、あまり時間も経たないうちに、何匹か釣れていくのですが、これもまた、
しっかりと、釣ってよい魚のサイズが決まっているらしく、小さいサイズの魚は、そこでリリースされます

大きく育った魚だけ、釣り上げて

20180317_19433420180317_19283020180317_194359

その場でお刺身にして食べます

20180317_211436

とーっても新鮮なお刺身を、こんなところで楽しめるとは、とっても幸せ、とっても贅沢です

タウポでは、トラウト(マス)フィッシングが人気なのですが、こうやって釣ったお魚は、
ホテルやレストランへ持っていけば、その場で調理してくれるところが多いそうです

Chris Jolly Outdoorsは、タウポ湖のクルージングや、クルージング&ランチ、貸切でのチャーター、クルージング&ディナー、そしてフィッシング体験などのオプショナルツアーを提供しています

タウポ旅行にいく際は、ここでしか体験できない、クルージング&トラウト フィッシング、体験してみてくださいね

タウポ湖クルージング&ブランチのお問い合わせはこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ