素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

魅力たっぷり! ロトルアのマオリパフォーマンス

皆さんこんにちはOです

2019年はラグビーワールドカップで日本でも盛り上がりましたが、ニュージーランドの代表チームが試合開始前に行うハカ(Haka)のパフォーマンスをご覧になった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか

ハカがマオリ族の伝統舞踊であることは有名ですが、ニュージーランドでは市内の広場でも子どもたちが練習しているところに出くわしたりすることがあるぐらいとても一般的な伝統舞踊です
結婚式や葬儀、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など本当に様々な場面でいろんな人に踊られているんですよ

ニュージーランドに旅行に来たからにはそんなハカを含むマオリ文化を体験したい、と思われる方も多いのでは
今日はマオリパフォーマンスが多く行われているロトルアで楽しめるマオリパフォーマンスのご紹介をいたします

圧巻のパフォーマンス!
Maori welcome at Te Puia@Te Puia
パフォーマー達は、伝統的な衣装に加え、マオリに伝わるモコと呼ばれる入れ墨を顔面や体に施しています。
槍のような武器を手にし、手を叩き足を踏み鳴らして相手を威嚇する様は圧巻

また、場所によってはポイと呼ばれる麻紐の先にボールを付けたものを使ったパフォーマンスの体験ができるところがあったり、マオリパフォーマーたちがカヌーに乗って川から登場するところがあったりするので、いろんなマオリパフォーマンスを見て比べるのもおすすめです
Mitai Waka@Mitai Maori Village

伝統料理ハンギ
DSC_00961
夜のマオリパフォーマンスはディナーが含まれているツアーが多く、そこではマオリの伝統料理ハンギが提供されています
ロトルアのハンギ料理は、地熱地帯である土地柄を利用して地熱で調理される場合が多く、鶏肉や魚、根菜類等がメインとなっています。
ハンギだけでなく、サラダやデザート等の料理もビュフェ形式で並びとっても豪華

是非マオリパフォーマンスを体験しにロトルアへいらっしゃってください

ミタイマオリビレッジ ハンギディナーショー
Mitai Maori Village
20150520095954mitai-waka-1


タマキマオリビレッジ マオリ文化体験&ショー(バッフェディナー付)
Tamaki Maori Village
20141024112618Picture1


テ ポ 〜マオリ文化体験&ディナー(テプイア)
Te Po
20160513175146Pic

北島のパラダイス半島!カリカリ半島でニュージーランドを感じよう!

こんにちは、Mです

新型コロナウイルスの影響で生活が一気に変わりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか
ニュージーランドは昨日からサマータイムが終わり、日本との時差が3時間となりました

今日はロックダウンが終了したらもう一度行きたい場所を紹介します
パイヒアより北へ車で約1時間半の場所にある「カリカリ半島」です

Mitai Bay-1


カリカリ半島は1年を通して温暖な気候で、海岸部には美しい白浜があり、海水浴やシュノーケリング、釣りなど、内陸部ではワイナリーやゴルフを思う存分楽しめる、まさにパラダイスです
私はカリカリ半島のマイタイベイで1日のんびり過ごしてきました
マイタイベイはカリカリ半島の奥にある静かなビーチで近くにキャンプ場があり、テントやキャンピングカーがあれば宿泊することも出来ます
今回はパイヒアに宿泊したのですが、次回は波の音を聞きながらキャンプしたいなと企んでいます
街灯が一切ないので、夜は天気が良ければ満点の星空に違いないはず
マイタイベイのビーチでピクニックをし、海水浴をしたり、昼寝をしたり、本を読んだり、周辺をハイキングしたりのんびり過ごしました
ビーチは日差しを避けるものがないので、パラソルかテントの持参をお薦めします

Mitai Bay-2


ビーチを眺めながらのハイキングはとても気持ちよかったです

Mitai Bay-3


丘からの景色も最高です

Mitai Bay-4


のんびりリフレッシュしたい方は、是非カリカリ半島を訪れてみてはいかがでしょうか

ニュージーランドのカフェの中でも特にここが好きなんです♪

こんにちは、アユミです

日本の皆さん、元気でお過ごしでしょうか?
ニュージーランドに住む私たちは、3月26日からロックダウンが開始されて、
在宅でお仕事を始めてから、やっと約2週間が立ちました

私は、昨年3月に出産をしたため、3月頭から1年間、出産・育児休暇を取らせて頂き、
今年の3月から、1歳になる子供は、チャイルドケアと呼ばれる保育園のような場所に行き、
私自身は、職場に復帰したのですが、その矢先に、ロックダウン、在宅勤務、チャイルドケア休園、
ということで、育児休暇中の生活(+アルファ)に戻ってしまったというわけです

なかなか慣れない保育園に、毎日泣いていた我が子も、今では家にみんないるからか、
毎日とっても楽しそうで、ぐんぐん、成長をしていってます

コロナウィルス感染拡大で、とっても不安な毎日な半面、そんな我が子の成長を近くで見れる毎日が
また戻ってきたと思うと、すこーしだけ、嬉しかったりもします

さて、前置きが長くなってしまったのですが、本題へ
こんな毎日になるとは思わず、職場復帰前の最後の家族旅行へっということで、
2月の頭に、クイーンズタウンへ4日間ほど、旅行にいっていたんです

クイーンズタウンには、カフェ好きな私達夫婦が、とっても大好きなカフェがあって、
数年前にクイーンズタウンを訪れた時も、ここでティータイムを過ごしてのんびりしてました

その場所というのが、ワカティプ湖畔にあって、レイクビューが素敵なカフェ『Patagonia's Ice Creamery & Chocolaterie』

20200202_180317

『Patagonia』はチョコレートの専門店で、数多くの種類のチョコレートブロックを販売しているのが特徴で、
特に、私は、ホワイトチョコ&アプリコットが大好きなのですが、このとっても美味しいチョコレートは、
ニュージーランドの南島にしか店舗がないため、こっちに旅行に来た際じゃないと食べられないのです

今回は、チョコレートは食べなかったのですが、デザートのティラミスパフェを注文して、
冷たいアイスカフェラテと一緒に、2階のレイクビューのお席へ

20200202_174605

この日は、少し曇っていて、時々雨も降っていたのですが、この時はとってもタイミングがよく外が晴れていて、
とても綺麗な湖の景色をみることが出来ました

20200202_180826

このカフェは、クイーンズタウンの街中の、本当に中心のところにあるので、
街歩きや、お買い物の後の休憩タイムや、ランチやディナーの後のデザートにぴったり

ここでしか楽しめないカフェなので、南島に旅行に行った際には、必ず立ち寄ってほしいお勧めのカフェです

今の世の中のいろいろが落ち着いて、また、旅行出来るようになったら、みなさんもぜひ、行ってみてくださいね

ではではまた〜

Wellingtonでフラットホワイト飲み比べ!

皆さん、おまたせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

世界的にコロナウイルスが甚大な影響を及ぼしておりますが、皆さんは元気にお過ごしでしょうか。
今日は、このウイルスが終息した際に、ご旅行の計画の為の情報をお届けしますね!

ニュージーランドのWellingtonという都市は、世界的にもカフェがとても多いことで有名なのです!
先日訪れた際に、こちらのカフェのがとても美味しかったので、ご紹介です!

The Hanger

ニュージーランドではフラットホワイトというコーヒーが非常に人気ですなのですが、
今回僕が試したのは、
3種類別のコーヒー豆で作ったフラットホワイトの飲み比べ(´∀`*)

line_668013069208452


いざ並べられると、豆の種類によって色も、香りも、味も全然違うので驚きます
個人的には写真一番右の Doi Saketという豆のフラットホワイトが、
一番フルーティな香りがして美味しかったです

もちろん、他の2つも薫り高いコーヒーでした

こちらのカフェで昼食も取ったのですが、
line_668200164088589


これまた美味しいランチを作ること
カフェ好きの皆さん、ウェリントンにご旅行される際には、
ぜひぜひこちらのお店まで足を運んでみてくださいね

ニュージーランド秋の味覚!ブラフオイスター

こんにちは、Oです

コロナウイルスの影響で世界中が混乱しており大変な時期ではありますが、こんな時こそニュージーランドの魅力をお伝えできればと思います

ニュージーランドは日本と同じ島国ですので、海産物も多くシーフードは多くのレストランで提供されています
牡蠣を始めとする貝類も一年を通して楽しまれていますが、今回ご紹介したいのは期間限定のブラフオイスター

ブラフオイスターは、ニュージーランド南島の最南端近くにある町「ブラフ」で獲れる牡蠣で、日本の牡蠣と比べると丸みを帯びた小さな殻をしています。
oyster


毎年ニュージーランドの初秋 3月頃から出回り始め、4月から6月に旬を迎え、その後はなくなり次第終了となる限定品
限られた地域だけでしか獲れず、ニュージーランド国外に輸出されることは少ないためまさにニュージーランドならではのグルメです

oyster3

ブラフオイスターはほとんどが生牡蠣として消費されており、その味は甘みが強くまろやか
エシャロットとビネガーの「ミニョネットソース」やレモンを絞って。。。想像しただけでもよだれが出そうになります

皆様もニュージーランドに秋にいらっしゃることがあれば是非お試しあれ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ