素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

子供は無料!

皆さまおはようございます。 オリジナルNです。

タウポのお話も視察3日目のお昼前となり、残す所後わずか

本日はタウポでちょっと珍しい施設を視察して参りましたのでご報告

そこは「Tongariro National Trout Centre」と呼ばれる・・・日本語で表現します所・・・「ニジマス ミュージアム」って感じでしょうか

Img_1698


駐車場に着きますとサラサラと河の音が鳥の声と混じって本当に心地良い気持ちになれます。

看板に近づきますと
Img_1699


「子供無料」の文字があり2児の父としては見逃せない一文
(何歳までが子供扱いかが重要かもですが・・)

Img_1737


ビジターセンターを兼ねました施設入口に着きますと結構な数の9〜10歳児前後の集団+その両親が

聞きましたら小学校の遠足だそうで(そう。ニュージーランドの小学校の遠足は親がサポートの為同行するケースがあります)逆に子供達の反応が見れると思いラッキーと感じました。

中に入りますと
Img_1703


怪しいマネキンを皮切りにニジマス釣りの歴史やその背景、ニジマスの生態や昔の釣り具等を博物館形式で展示物をご覧いただけます。(子供達はこの辺り退屈そうですが、課題(クイズ?)が与えられてるので皆騒ぎつつも必死に調べ物

行き止まりが行列になってますが
Img_1707


ここから先は大型水槽や孵化装置等、実際生きてるニジマスを見る事が出来ます。
Img_1709


施設の外に出ると川の中で女性が川をせき止めてニジマスを集めておりまして、「何してるの〜〜」と叫んだら「子供達待ってるの〜〜」との返事(途中で遠足グループをわたし達が追い越した

Img_1713


ここでは実際に川に入って触れ合ったりお手伝いしたりの体験が出来る様子です。

そのすぐ隣には階段で地下に降りれて
Img_1717


その女性が河の中で作業してる様子を見る事が出来ます
水の透明度が凄く驚き (ちょっと写真では伝わりにくいですね・・!)
Nは家で熱帯魚水槽を持ってて日々「どうやったらガラスの様なクリアな水になるか」で戦っておりますのでこの透明度は自然のパワーと環境のすばらしさを感じます。

更に進みますと大きな教室があり
Img_1726


遠足の子供達はここに集合してレクチャーを受けるそうです。そしてその目の前は大きな「釣り堀」があり、ここでフライフィッシング体験をするそうです。(うまく写真撮れなかったので割愛しますがもおおおおんの凄い数のニジマスが上から見えるので釣れない訳は無い

そこも進みますと大きな河の横を歩く遊歩道に出て、結構激流な河の中にマジ釣りしてるおじさんを発見
Img_1731


日本の様に「釣れますか〜〜〜」と声を掛けましたら「いい感じ〜〜〜」との返事が有りましたので結構良いスポットの様子です

遊歩道を五分ほど歩くと元の入口に戻ってくる感じですので中で迷う事もありません。

旅行会社の人間としましては「学べる」「体験出来る」「皆で」「安全に」の条件が全部揃ってるので団体の修学旅行のツアー等に是非!と感じました。

こちらをご覧の学校関係者の皆様、是非ご検討を

Nは子供連れてたま〜に桟橋からアジ2〜3匹釣って喜ぶレベルなのでちょっと一回本格的にフライフィッシングやってみたくなりました。

これを見てるNの身近な人!誰か私を釣りに連れてって〜(そして教えて!)

と言う感じで最終日3日目の13時。 私はこの日の18時の飛行機で戻るんですが、ここから更にもう一つのアクティビティーに参加しました! それは明日の「最終話」にてご報告します!

乞うご期待


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ




3日目はタウポの宿泊施設視察

皆さまおはようございます。オリジナルNです。

徐々にあゆみさんの記事が溜まって来てるらしいですが今しばらく占有させて頂きます

2日目の夜はHilton Lake Taupoで

Image1


こんなゴージャスな夕食を頂きました。

「ハイクラス」なレストランで、小さなお子様連れの家族もメッチャおしゃれでN一家の様な騒がしさは無く、本当にゴージャスな夕食を頂きました 

ちなみにここのレストランには日本人スタッフが居ますので困った時にも安心

夕食後はヒルトンの全てのお部屋を見せて頂きましたが、アパートメントタイプのお部屋なんて
Img_1624


キッチンも完璧で明日からでも引っ越してここに住めそう

夜で真っ暗だったので外観写真等は撮れませんでしたがウェディングの施設等も充実しておりおススメです

そして迎えた3日目。

この日は朝から色んな宿泊施設等を視察し、午後はアドレナリン大放出のアクティビティ等に参加しました

まずは朝から、本当に、昔から、一度行ってみたかった宿泊施設 Tongariro Lodge

そこはタウポ湖の南部にありますフィッシングロッジ。 すぐ横に川が流れておりすぐ目の前でフライフィッシングを楽しむ事が出来ます。

その昔ここはフライフィッシングをする方が泊まるロッジで、女性が宿泊するイメージが少ないロッジでしたが近年イメージチェンジしてお洒落な高級ロッジとして人気です

普通の海釣りなどと違い、フライフィッシングは胸まで川に入ってムチの様に狙ったドンピシャの場所に針を落とす必要があるという素人には敷居が高いスポーツなのでその昔は沢山のプロの釣り師()が宿泊していました。

入口に入ると
Img_1649


歴代の有名人宿泊者の写真がイイイイイッツパイ飾ってあります(お!!マジ!? って人も・・

私が何故釣り師でも無いのにここを知ってたか・・・それは・・・

その昔、映画の「ロードオブザリングス」の公開後、日本から大ファンの女性4名様グループが「ど〜〜〜〜しても出演者が泊まった部屋に泊まりたい」と仰り、全力を尽くして調べ上げ、ここの某お部屋に女性4名に泊まり頂いた思い出がございます

当時は「釣りしないのに 」と言う印象が強かったのですが今は
Image


本当に「高級ロッジ」

ここも明日からN一家住めます

若干お値段は高額になりますが、フライフィッシュされる方には目の前が川でしかも最高のポイントらしく天国、そして有名人等他のお客様の目を避けたい方、都会の音を一切遮断したい方等にはうってつけのロッジです。

是非ご利用下さい!

さて、午前中にもう一軒視察に行ったのですが長くなりますので本日はここまで〜

続きは又明日!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ




今日は地熱地帯とグルメと怒り(笑)

皆さまおはようございます。タウポ視察2日目の午後をお伝えしたいオリジナルNです

タイトルの通り本日 まずは地熱地帯のご報告!

午前のクルーズの後車でで少し移動して今度は地熱地帯の地獄巡りです

訪れた場所は「Hidden Valley of Orakei Korako」=隠された谷 と言う名の今まで私も行った事の無い所

Img_1502


中に入りますとまずは小さな船に乗り
Img_1506


約1分の対岸に移動します(ここで既に普通に歩いては行けないって事ですね)

付近は地熱地帯ならではであっちこっちの岩の間から湯気が黙黙と出ていますが、ここの特徴は
Img_1513


異なるバクテリアが沢山生息してて岩に色が付くと言う所。目の前は真っ黄色に変色してます

ここから約1時間の散策(階段多し)ですが、要所要所の説明文は
Img_1556

日本語でも書いてますし、基本ぐるっと1週なのでガイドさんとか居なくても安心

高台にある「芸術家のパレット」と呼ばれる場所からは
Img_1518


色とりどりの風景がご覧いただけます。(本当はもっと赤い色とかも出るらしいですが、この週は延々とピーカンだったので色が減ってしまったそうです・・

さすが地熱地帯と言う事で秋後半なのに汗が出る出る! 寒いのは苦手!と言う方にお勧めの施設です

1時間の散策後はトリップアドバイザーの方が一番楽しみにされていた施設「Huka Prawn Park」と呼ばれる河エビの養殖施設へGO

Img_1564


結構お腹一杯なんですが折角ここまで来たのにエビを食べない訳が無いとなり皆でシェアしてエビ三昧(これが超ウマイ
Img_1573


サクッとエビを頂いた後は養殖施設を巡るツアーに参加させて頂きました。

この施設では卵の孵化から最後食用になるまでの過程を学ぶ事が出来ます

Img_1589


そして私が楽しみにしてた「エビ釣り」

ここではエビの一本釣りが楽しめます!
Img_1604


私たちは時間が無くって15分しかやってないのですが、周りは小さなお子様を含む家族連れが一杯!

最初女性達は「餌が触れない〜」 「もし釣れたら私触れないからNさん取ってね!」とかキャーキャー言ってましたが・・・

5分経ち、10分経ち・・・徐々に皆明らかに顔がイラっ

餌が触れなかったはずのトリップアドバイザーの方も「今回は針に3回通したわ」となり始め

結局15分間誰も釣れませんでした・・・(真正面の子供が「釣れた〜〜と騒ぐのを横目に・・

オーストラリアから来たこの女性、「私の人生をこの状況で終わらず訳にはいかない 絶対この為だけにここに帰ってくる」との意見に皆大笑いで、来年このメンバーでここでリベンジ同窓会をしよう!となりました

そう、エビ釣りは忍耐との勝負です。 どれだけ引いても(結構当たりが強い)引っかかるまでじっと我慢が必要なのでいっそお子さんの方が向いてるかもでした

少し寒くなった夕方でしたが、竿を返す場所にエビの顔()が描いたドラム缶。

Img_1607


よく見ると「私にハグしてください・・暖かいですよ・・・寂しいんです」と書いてあったので全員でハグして手を温めまてホテルに戻りました(Goodアイデア

さて、まだまだ続くタウポ視察!明日も乞うご期待〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

遂に夢が叶った! タウポでの幻想的な彫刻と遭遇!

皆さま おはようございます。 オリジナルNです。

本日はタウポ2日目のご報告

朝から思いっきりホテルで朝食とコーヒーを堪能し結構お腹一杯に状況で今回一番楽しみにしてたクルーズの「Chris Jolly」と言う会社のブランチクルーズに参加させて頂きました

WEB担当と言う事で何度も写真で目にしたこの光景・・

Img_1465


この謎のマオリ族の彫刻は船に乗って湖側からしか見れないんですが、やっと見る事が出来ました

メンバーと共に船乗り場に到着(ホテルから車で5分♪)
Img_1441


船内はこれまた無料wifiが利用できてyoutuberな私はウキウキ

船は真っ青な空の下をゆ〜〜〜っくりと進みます。

そうすると何やら良い香りが漂い始めます。そう、私が参加させて頂いたクルーズは「ブランチクルーズ」

Img_1450

ホテルでシコタマお腹いっぱいにして来た事を少し後悔しつつ、目の前のオーブンから焼きたてのクロワッサンが出てきたらスルスルとお腹に入るに決まってるじゃないですか

もうお腹が一杯で動けません! となった頃に丁度お目当てのカービングと呼ばれるマオリ族の彫刻の岩肌に到着!




見てください!この湖の色(加工してませんよ〜

このカービングの前で結構長時間停泊し、今度はソーセージとか更にしっかりした食事が提供されます。

その間に船の最後尾から
Img_1488


釣り糸が垂らされ「何??」と思いきや速攻でヒット! 女の子が選ばれて引き上げると
Img_1497


でっかいトラウト(マス)が (釣り上げたマスはクーラーボックスに入れてましたのでお持ち帰りとかその場で調理・・とかではありませんでした

ちなみにもう一本の竿に掛かったのはNが選ばれて私が釣り上げたんですが、自分のカメラで撮ってもらう暇が無かったのでここではご紹介出来ません

船はここでしばらく停泊しますがカヌーで参加するツアーなどもあり混みあって来ますので又同じ港に戻ります。

この食事付の「ブランチ」クルーズは日曜しか催行されてませんのでご注意ください
(食事無しのクルーズは勿論毎日催行です)

こちらのツアーも近日発売しますので乞うご期待!

2日目はまだまだ続きます 続きは月曜日〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

今夜のお宿は一人でゴージャス IN タウポ

皆さま おはようございます。オリジナルNです!

3日間のタウポ視察の1日目はまだまだ続きますよ〜

フカ滝クルーズを終えましたらバンジージャンプした方とジェットボートした方とで全員合流して今度は地熱地帯ならではの施設を訪問しました

Img_1353


名前を「Wairakei Terraces & thermal health spa」と言いまして、ちょっとした地獄巡りも出来る温泉施設です

日本人と言えば温泉大好きですよね!でも・・・この日は時間が無かったので見ただけでした・・

Img_1357


ニュージーランドの温泉と言えばロトルアって印象ですが、ここタウポも同様の施設がい〜っぱいあります。

ロトルアは町中が硫黄の香りが凄いんですが、タウポの温泉地帯は香りがマイルド・・・と言うか殆ど臭いません。

ロトルアの成分と全く違うそうで、ネックレスとか指輪など貴金属がピカピカになるそうです

敷地内の地獄巡りでは
Img_1372


ちょっと驚き顔のマオリ族の象徴の彫刻が湯気の中でお出迎え

Img_1373


規模は小さいですが間欠泉もあってゴッボゴッボ沸いてる所がご覧頂けます。

(ゆっくり湯に浸かりたかった〜〜〜〜〜又次回!)

ここの視察を終えましたら本日のホテル「Millennium Hotel and Resort Manuels Taupo」に案内頂きました。
Img_1375


こちらのホテルは無料WIFIが1日1ギガ使えると言う事で既に高得点

お部屋に入りますと
Img_1381


何と「スーパーキングサイズ」のベッドが! 今夜は縦でも横でも斜めでも寝れる〜〜と一人大喜び

さ〜っとカーテンを開けてみましたら
Img_1382


これまた絶景の「レイクビュー」
(しかも毎朝目の前にカモがやってきてつぶらな瞳でこっち見るんです・・

中々テンションが上がる中、旅行会社の人間として勿論お風呂場チェック

Img_1386


巨大なジャグジーやん〜 (勿論すぐ横にシャワーもあります)

と言う事でこの日は一人グォングォンとジャグジーの泡マッサージを堪能した中年おじさんでした!

ちなみに今回私は利用しませんでしたが、予約制で貸し切りの小さなプライベート温泉(?)が施設内にあるんですが、中は何と

Image1


鍾乳洞なんですよ〜〜〜〜

土ボタルが居れば最高なんですけどね  

では2日目に続きます〜



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ




プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ