8月12日にこちらのブログにてお知らせをさせていただいた、新型コロナウイルスCOVID-19に伴う、JTBニュージーランド マイバスセンター休業のお知らせの続報です。

本日夕方17時30分、ニュージーランド政府より、現在の警告レベルに関して、今後の対策が発表されました。

本日23時59分まで、オークランドの警告レベルは3、他の都市の警告レベルは2となっておりましたが、本日の発表により、こちらの対策が8月26日23時59分まで延長されることが決定されました。

そのため、現在、臨時休業中となっているオークランドマイバスセンターの休業期間が、8月14日(金)から8月26日(水)までと延長になっております。こちらの対策は、8月21日の会議にて、再度、見直しをされる予定となっており、その会議での決定次第では、変更となる可能性もございます。

メールでのお問い合わせは引き続き対応しておりますが、回答に少々お時間を頂く可能性がございます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦頂けますと幸いでございます。

JTBニュージーランド スタッフ一同、一丸となって、今後のニュージーランドの旅行業を盛り上げていくために、そして、いつでもお客様をお迎え出来るよう、引き続き、準備を続けてまいりますので、今後の地域情報や、観光情報、旅行関連のお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さいませ。

皆様の安全で、健康な毎日を心より願っております。
よい週末をお過ごし下さいませ。

JTBニュージーランド オークランドマイバスセンター 一同

こんにちは、アユミです

ブログをご覧頂いている皆様、お元気にお過ごしでしょうか

日本の夏はとっても暑く、ニュージーランドの冬は冷え込みが強い日があり、
現在世界的に猛威をふるっている新型コロナウィルスだけでなくても、
風邪や熱中症など、体調を崩しやすい時期でもありますよね

忙しい毎日を過ごされていらっしゃる方々も多いかと思いますが、
皆様、安全に、健康に、この大変な時期を乗り越えていきたいと心から願っています

昨日のブログで、昨日12日正午より、ニュージーランドの最大の都市オークランドは、
コロナウィルス感染拡大の警告システムレベルが3となり、それ以外の都市も、レベル1から、レベル2へと引き上げられました

102日間、完全にゼロだった市中感染ですが、南オークランドで感染経路不明の事例が確認されてしまったため、このような結果となったわけですが、では実際、レベル3になるとどんな生活になるのか、再度、ニュージーランド政府のウェブサイト『Unite Against COVID-19』より情報を抜粋して、日本語で紹介したいと思います

【その1:地域】
オークランド、といっても、オークランドは『Auckland Super City』と呼ばれるほど、範囲の広い大きな地域。ここで定義されるオークランドという地域は、北はウェルスフォード(Wellsford)という街から、南はプケコヘ(Pukekohe)という街までの範囲をさします。

【その2:現段階でいつまでレベル3が続くのでしょうか?】
11日の政府の発表によると、14日(金)の23時59分まで、レベル3となることが予定されています。これは、現在の状況を把握し、今後どのような対策を行っていくべきなのかを検討するための時間、そして、今後どのようなかたちで、新たな感染者や感染経路が増加していくのかを予測するための時間とされているようです。

、ということは、可能性ですが、レベル3が3日間からさらに伸びることもあるわけですね

【その3:レベル3ではどのように生活に影響するのでしょうか?】
体調が悪いと感じたら、、、
・自宅待機をし、学校や職場、公共の場所などへの外出は避けること
・症状がある場合は、すぐにかかりつけの医者もしくはヘルスラインに電話をして指示を受けること
・自主隔離をするよう要請されている場合は、すぐに自主隔離を行うこと

個人的な外出に関して、、、
・自宅待機が推奨され、同居している家族や同居人の1グループ(Bubble)以外との接触を避けること
・上記の件に関しては、必要とされる介護者を含むことが可能
・ソーシャル(フィジカル)ディスタンスを2m以上確保すること
・マスクを着用することが推奨される。
・スーパーマーケットでの買い物の際は、マスクの着用が義務ずけられる。

仕事やビジネスに関して、、、
・可能であれば、在宅勤務を行うこと
・在宅勤務が出来ない業種で、かつ安全に業務が行われ、接客を必要とするサービスでない場合は、オフィスからの業務が可能
・接客を必要とするサービス業や、飲食業は期間中、休業をすること
・飲食業のテイクアウェイ(テイクアウト)は引き続き営業可能。

公共施設の利用に関して、、、、
・原則、休館となる。(図書館、博物館、映画館、フードコート、ジム、プール、プレイグラウンド、マーケットなど)

公共交通機関(バス、電車)の利用、旅行に関して、、、
・不要不急の外出は控えること
・地域を超えての移動は原則禁止される(生活への必要性の高いビジネス従事者の移動は除外)
・公共交通機関は、機能するが、利用する際は、ソーシャル(フィジカル)ディスタンスによる乗車率の制限が発生する。
・公共交通機関を利用する際は、マスクの着用が推奨される

その他、学校が休校になり自宅での学習やオンライン学習が行われたり、チャイルドケア(保育園)は、生活への必要性の高いビジネス従事者の子供のみを受け入れるなどの規制があります。

また、集会や、習い事などの集まりは、1グループ、もしくは1施設につき10人までの人数制限があり、その中でもソーシャル(フィジカル)ディスタンスが求められます。基本的には、ウェディングやお葬式のみ許可されます。

このように、生活に大きな制限が出ており、また、スーパーマーケットや薬局、銀行、ガソリンスタンドなどの生活への必要性の高いビジネスにおける混雑や、
コロナウィルスのテストセンターでの混雑など、大きな範囲で影響が出ています

一刻も早く、この感染拡大を食い止めて、また普段通りの生活に戻れるように、
住民ひとりひとりが、安全に、健康に、そして思いやりをもって過ごしていくことが求められています

精神的にも、体力的にも大変なことも多いですが、みんな頑張っていると思って、
ニュージーランド民の1人として、安全に、健康に過ごしていこうと思います

日本の皆さんも、お体を大切に、お元気にお過ごしくださいませ

※恐れ入りますが、情報は随時、変更となる可能性がございます。
情報もとはこちらとなりますので、随時、ご確認下さいませ。

新型コロナウイルスCOVID-19に関するお知らせです。

昨日ニュージーランド政府より、感染経路の不明な新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表がございました。
これに伴い、本日正午より8月14日までの3日間、オークランド地区はコロナウイルス警戒システムレベル3、その他の全土がレベル2へと移行しております。

<新型コロナウイルス警戒システム>
・レベル1
コロナウイルスは存在するが、押さえ込まれている状態。国境管理措置の導入、感染者の接触先の追跡、大規模集会の取り止めといった措置を採る。
・レベル2 /オークランドを除くニュージーランド全土
感染は押さえ込まれているが、リスクが増大してきている状態。さらなる国境管理措置の導入、不要不急の旅行の取り止め、可能な場合には(職場に出勤しない)リモートワークとすることの推奨など、人間同士の接触を少なくする措置を採る。
・レベル3 /オークランド
感染の押さえ込みが加速度的に困難になりつつある状態。公共施設及び必要性の低い(non-essential)ビジネスの閉鎖を行う。

・レベル4 
持続的な感染があり、人間同士の接触をなしにする必要が出た状態。重要な(essential)サービスは機能を続けるが、可能であれば国民は自宅待機をする必要がある。

レベル3では15歳以下の児童を対象とした学校等の開校が認められておりますが、公共施設及び必要性の低い(non-essential)ビジネスは引き続き閉鎖となっておりますため、JTB New Zealand オークランドデスクも臨時休業致します。

臨時休業 8月12日(水)から8月14日(金)まで
※8月14日のニュージーランド政府の発表もって延長される可能性がございます。

メールでのお問い合わせは引き続き対応しておりますが、回答に少々お時間を頂く可能性がございます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦頂けますと幸いでございます。

昨日より、オークランドは市内、郊外ともに渋滞をしているところが多くなっております。
また、スーパーマーケットなどではかなりの待機列ができており人が集まり易い状況になっております。不要不急の外出はお控えください。
一日も早く新型コロナウイルス流行が落ち着くことを願っております。

皆様こんにちは、Mです

だんだん日が長くなり、お昼間の寒さは和らいできましたがいかがお過ごしでしょうか

先月世界遺産ミルフォードサウンドに行ってきました

当日は雨が降っていたのですが、雨ならではのミルフォードサウンドの魅力をお伝えします

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまで片道車で約4時間ほど掛かります
車窓からの風景はザニュージーランド
羊や牛、馬はもちろん自然が作り出した風景に圧巻されました

その道中にテアナウにてモーニングティー休憩や、モンキークリーク、ミラーレイクなどの見どころでフォトストップがありました

20200704_101137-1


20200704_111237-1


20200704_112757


休憩、フォトストップを経てミルフォードサウンドのクルーズ乗り場に到着し、クルーズに乗り込んで世界遺産ミルフォードサウンドクルーズに出発

20200704_140921


20200704_152842


20200704_141133


20200704_140914


20200704_125111


晴れている日には見ることのできない滝をたくさん見ることができ、迫力満点でした
クルーズ中、野生のイルカ、オットセイを見ることが出来ました

クルーズは1時間40分ありますが、飽きることなく楽しめます

雨でも魅力満載なクイーンズタウンに是非行かれてみてはいかがでしょうか

皆さん、こんにちは

コロナウイルスの影響により、現在多くの航空会社が特別編成スケジュールで運航しております。
本日は日本へのご帰国便情報を詳しくお伝えいたします

旅のスペシャリスト、JTBでは皆様へ最新の情報をもとに日本ご帰国便のご予約をご案内しております。
ニュージーランド航空直行便サービス、他の航空会社経由便にて日本へのご帰国も可能です。
各社東京到着(成田・羽田)を基本としており、各地へのご到着は大変厳しい状況です。

=現時点の運航状況と乗継条件等=

<直行便 到着地:成田>
ニュージーランド航空成田行き直行便は、10月24日まで週1往復の運航。オークランド発は毎週木曜日発、成田発は毎週土曜日発。
ただし、運航規定に満たない場合にはフライトキャンセルを予定。出発日の72時間前にNZ航空のウェブサイトにて運航状況確認が必要。
https://www.airnewzealand.jp/coming-flight-info


<シンガポール経由 到着地:成田・関空>
乗り継ぎはSIAグループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のみ、シンガポールにて乗り継ぎは48時間以内とする。
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることが条件。
ニュージーランド発シンガポール行きの運航は火曜、木曜、土曜。(ただし、スケジュールは2週間毎に見直し)

*関西空港利用ご希望の場合は、シンガポールでの乗り継ぎ時間は17.5時間〜21時間が必要。空港内のトランジットホテル利用可能(有料、24時間まで滞在可)

<シドニー経由 到着地:羽田>
全日空は9月末まで、週3便シドニー、羽田間を運航。
オークランド−、シドニー間はニュージーランド航空搭乗のため、シドニー乗継は木曜、土曜発のみご予約可能(ただし、シドニーでの乗り継ぎ時間は約10時間)
オーストラリア経由の場合、事前のトランジット申請が必要。8時間以上72時間以内のトランジットの場合以下(1)と(2)の申請が必要。
 (1)トランジットビザ
 (2)NSW州検疫免除

https://covid19.homeaffairs.gov.au/transiting-australia
https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/quarantine-exemptions.aspx

<ソウル経由 到着地:成田>
乗り継ぎは24時間以内であれば可能。オークランドからソウル経由で成田へ到着。
大韓航空の運航は月2往復、オークランド発は8月13日、27日、9月15日、9月29日の予定。
ニュージーランド航空も月1往復ソウル便を運航予定、オークランド発は8月21日、9月25日、10月16日の予定。

<香港経由 到着地:成田>
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることを条件として香港乗継が可能。
現在ニュージーランドからは、ニュージーランド航空香港行きが週2便運航。木曜発のみ香港乗継、成田到着が可能。

=その他のご案内=
*上記ご案内は日本国パスポートをお持ちの方を対象にしています。
*各空港、各航空会社、ご利用時はマスクの着用が義務付られています。
*日本到着後、各空港検疫検査官の指示に従うことが義務付られております。
*日本到着後、14日間自己隔離となります。そのため検疫検査官からのガイドラインに従う必要があります。
*検疫検査後空港を離れる許可を得ても、公共交通機関はご利用いただけません
*遠方への移動が必要で、かつ公共交通機関を除いての移動が困難な場合、到着地にて14日間自己隔離が必要となります。(自己負担)
*ニュージーランド到着後は14日間強制隔離となり、政府指示宿泊地にて隔離となります。(有料化予定)

上記情報は随時変更になる場合がありますので、各情報機関にてご確認下さい。

日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化(新たな措置)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C062.html

COVID-19 - Advice for travellers
https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-information-specific-audiences/covid-19-advice-travellers

上記情報は、各国状況のより随時変動いたしますのでご了承ください。
詳しいフライトスケジュールや料金に関しては、下記航空券担当までお気軽にお問い合わせください

◆お問い合わせ先
Email: akl.nz@jtbap.com
電話:09-303-2887(平日:9−16時まで)

このページのトップヘ