素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

いざ!水族館へ!!


こんにちは、インターン生のミサキです
ニュージーランドの方はとても親切で、ホームステイ先のファミリーもとても優しいです

さて、第三回でご紹介させていただくのは、ケリータールトンズ水族館です
ここはシティからバスで15分ほどに位置し、目の前に海が広がっています♪♪
しかし、私は公共バスを使わず、ブリトマート駅の近くから無料で出ているシャトルバスに乗りました

IMG_3018


これがシャトルバスです!なんとハンバーガーとサメの車で迎えに来てくれるんです♪
予約も必要ないですし、時間になると迎えに来てくれます!
街を歩いていてもこのバスを見かけることはなかなか無いのでバスが来る時間は決まっていますが水族館に行くならこのバスに乗ることをオススメします

IMG_3032


これが水族館の入り口の写真です
まさに水族館!という感じでワクワクしますね
日曜日の11時ごろに行ったのですがもう既にたくさんの方が並んでいました。
入って列が2つあると思いますが、一日入場券と定期入場券の列があるので注意してください (ずっと定期入場券の列に並んでしまっていて焦りました
予約が必要ですが、檻の中に入りシュノーケリングをして間近でサメを見たり、檻に入らず自由にサメと泳いだりも出来るんです

IMG_3234


ディズニーのセンターオブジアースのようなセットが一番最初に広がり船の中をイメージして船員の衣装などが飾られていました
そこを抜けるとこの写真のようなところに繋がります
氷河の中を歩いているような感覚で床が回転するので生き物を見る前から楽しむことができます

IMG_3232


先ほどのブースを抜けると可愛いペンギンたちを見ることができます
泳いでいるペンギンやヨチヨチ歩きをしているペンギンがたくさん見ることができ、この水族館の見所の1つにもなっています
ペンギンとの写真をたくさん撮れるのでオススメです
ペンギンは本当に可愛くて癒されますね〜

IMG_3037


大きさにびっくりする巨大イカの標本が展示してあります
こんなに大きいイカが海の中にいると思うと恐ろしいですね(笑)
両サイドから見ることが出来ます

AMAT3912


ここがケリータールトンズ水族館の一番の見所といってもいい程のドーム型の水槽です
回転式の床でゆっくり魚たちを鑑賞することが出来ます
サメやエイ、その他も大きな魚たちが優雅に泳いでいるところを見ることができます
魚たちを下から見ることはなかなか出来ないのでこの水槽は以前世界的に有名になったそうです
私もここの水槽がとても楽しくて2周してしまいました(笑)

もともと水族館に行くことが大好きだったので、今回海外の水族館にいって日本では見ることの出来ない魚や鑑賞の仕方があってワクワクしました
子供連れにとても人気で魚だけではなくアトラクションのようなセットもあってオススメです
ぜひオークランドに訪れた際にはケリータールトンズ水族館に行ってみてください

今回はこの辺で失礼します。

国内最大級の『オークランド動物園』

皆様、こんにちは
JTBオークランド支店で実習をさせていただいている研修生のルルです

今回は、週末に訪れた『オークランド動物園』について書いていきたいと思います
『オークランド動物園』は、ニュージーランド国内最大級の動物園で138種類、875匹以上の動物が飼育されており敷地は広く、ゾウ、キリン、ライオンといったおなじみの動物から、国鳥キーウィ、恐竜の生き残りといわれるトゥアタラなどニュージーランドの固有種まで揃い、大人でも見ごたえ十分です
IMG_0854IMG_0446

園内は大きく7つのエリアに分かれており、アフリカ、スリランカ、ニュージーランド、サウスアメリカ、オーストラリア、サウスイーストアジア、キッズゾーンとなっております
国別に分かれているのでものすごく見やすく面白かったです

その中でも私のお気に入りの動物をご紹介していきたいと思います

1匹目は、アフリカ代表の陸上で最も早く走れる動物“チーター”
見てくださいこのだらけ方を、リラックスしている姿は猫ちゃんと変わらないくらい愛らしいですね
猫好きの私としてはたまらないです
IMG_0556


2匹目は、ニュージーランド代表の国鳥“キーウィ”
夜行性のため真っ暗の室内にいるのとすばやく動くので写真を撮るのはものすごく難しかったです(フラッシュ禁止、大きな音立てるのも禁止)
私はキーウィを見るためにこの動物園を訪れたので見れたときは感動でした
IMG_0648


3匹目は、サウスアメリカ代表の日本では希少な動物 “ゴールデンライオンタマリン”
なんと日本では静岡県浜松市にある浜松市動物園でしか見ることが出来ないそうです
ものすごく貴重な動物をここで見ることが出来てよかったです
IMG_0779

もっともっとご紹介していきたいのですが、この辺で

オークランド動物園へはスカイタワー前のバス停からメトロリンクバスに乗り約30分ほどで着きます
そして入園料金は$24でした
園内にはいくつかご飯を食べれる場所があるので、10時ごろに動物園に行きお昼ご飯を園内で食べることをお勧めします

思ったよりも広いので早めに行くとゆっくり見ることが出来るのでGOOD

お子様がいるご家族もキッズゾーンがあるので楽しめること間違いなし
(ものすごく楽しそうでしたが私は大人なので断念

やはりオークランドに来たからにはオークランド動物園でキーウィを見て頂きたいのと、
さまざまな動物がいるのでぜひ目で見て肌で感じで楽しんで頂きたいです
IMG_0893


ニュージーランドに旅行へ行かれる方は参考にしていただけると嬉しいです

以上、現場からルルがお伝えいたしました

素敵なディナーでした♪

こんにちは、3週間オークランド支店で実習をさせていただいているミサキです

オークランドは"帆の街"と言われているほどたくさんのヨットが港に泊まっており、大きなクルーズ船も見ることができるんです

さて、第二回は先日参加したディナーセーリングについてご紹介したいと思います
ニュージーランドに来たら是非参加したいと思っていたのですごく嬉しかったです

6時に港を出発しいよいよセーリングが始まります。2月のニュージーランドは夜の8時頃まで明るくとても過ごしやすいです

IMG_3307


写真はメインのニュージーランドフィッシュです
船内で食べるか外で食べるかを選ぶことができ、メインもニュージランドフィッシュの他に、ツナポケボウル、レモン&ハーブチキン、ラムのランプステーキの4種類から選ぶことができました
またもし参加する機会があれば異なるメインを頼んでみようと思います

IMG_3313


次の写真はデザートのチョコレートテリーヌです
デザートも選択可能で、チーズケーキ、ココナッツヨーグルトから選ぶことができます
デザートもとても美味しくて海の上での食事はすごく豪華で最高でした

IMG_3329


天気も良く、夕日を見ることができました
セーリングをしたのは今回が初めてでこんなに綺麗な夕日が見れると思っていませんでした。
ヨットの先まで行くことができ、程よい船の揺れと心地よい風の中でゆっくり船からの景色を眺めることができ一日の疲れを癒してくれる、そんな時間を過ごすことができました
日が沈むとオレンジ色の空がだんだんピンク色に変わっていきその変わる様子も楽しんでいただけると思います

IMG_3337


これはなんと!!橋なんです
私たちの船が通るためだけに橋が上がり何だか贅沢な気持ちを感じ、ライトアップもされていてとても綺麗でした
船が港につく8時過ぎには日もすっかり沈みオークランド市内の夜景を楽しむことができます
なかなか8時過ぎまで市内にいることがなく夜景を見ることがなかったのでとても興奮しました

IMG_3341


船乗り場から見たスカイタワーです
壁がピンクにライトアップされ、近未来的な景色をセーリングの最後に楽しむことができます
また、港の近くは多くのレストラン・カフェ・バーが立ち並んでいて、わたしが参加したのが金曜日であったせいか早い時間からたくさんの人が食事をしていました

オークランドに来たらぜひセーリング、クルーズに乗ってみてください
なかなか出来ない貴重な体験をすることができ、本当に楽しい時間でした

ではでは、今回はこの辺で失礼します。

いざホビット村へ!

皆様、はじめまして
今回3週間、JTBオークランド支店で実習をさせていただいてる研修生のルルです
すでに2週間ほどオークランドで生活をしていますが、少しずつニュージーランドの魅力をお伝えしていきます

今回はオプショナルツアーで参加した『ホビット村』についてお話したいと思います
『ホビット村』とは、映画『ロード・オブ・ザリング』『ホビット』で活躍した村が映画そのままの世界で広がっている映画セットになりますファンの方必見です

ホビット村があるのはオークランドとロトルアの中間地点にあるマタマタ村の農場です
オークランドからバスに揺られ、途中牛や羊の群れに遭遇しながら約2時間半で到着
こちらに着くと、「ホビット村へようこそ」という看板が
思わずパシャリッ
IMG_1793

こちらはまだホビット村の手前で、カフェやお土産屋さん、トイレなどがありました
ここでの約20分程の自由時間を終え、いざホビット村へ

ガイドさんの案内で足を進めると、目の前にはホビット村が広がっており本当に映画の世界に迷い込んだかのようでした
IMG_1717

実は映画の内容をあまり覚えていなかった私ですが、来る方は必ず予習してからこられるとさらに楽しめること間違いなしそして日本語ガイドでツアーを予約したらよりGOOD(私は英語のみだったので説明はわからず

IMG_1807IMG_1804

こんな感じでホビットの大きなお家や小さなお家があり、写真も撮れます
右側の写真は唯一中に入れるお家で、ガイドさんが気前よく撮ってくださいました
ガイド付きでも写真を撮ったり自分で見て回れる時間はあるのでご安心を

煙突から煙が出たり、洗濯物が干してあったりとホビットたちが実際に生活しているかのようでした

IMG_1757

こちらのアーチ橋を抜けてグリーンドラゴンへ
映画の中ではホビットたちの社交場であったレストラン兼パブになっています
ツアー参加者は1ドリンク付で、ジンジャービールやアップルサイダー等をいただけます
(18歳以上の方のみ、パスポート提示で

そしてここからテントの中に入りビュッフェ式のお昼ご飯タイム
IMG_1771

盛り付け方が汚いのは御了承ください
パンやご飯、野菜やお肉、お魚とたくさんの料理やスイーツが並べられ、好きなものを取ることが出来ます
とても美味しくお腹いっぱいになりました

IMG_1772


ご飯のあとはお土産屋さんへ
映画にまつわるお土産がこちらで買うことが出来ます

ホビット村の見学は、ツアーのみなのでオプショナルツアーに参加して頂くと楽しむことができます

本当に素敵な場所でしたのでぜひニュージーランドへ旅行に行かれる方は、参考にして頂けると嬉しいです

以上、現場からルルがお伝えいたしました

絶景!ワイトモ鍾乳洞

こんにちは、現在3週間JTBオークランド支店で実習をさせていただいている研修生のミサキです
短い期間の滞在ですが、皆さんに自然豊かなニュージーランドについてお伝えできればと思っています

オークランドの第一印象は“自然”で緑豊かで雲ひとつ無いと言っていいほどの青空と南国を感じるような木に囲まれ、この時期のニュージーランドは真夏で夏が大好きな私にとって最高な場所だと思いました

さて、第一回目で私が紹介させていただくのは日帰りのオプショナルツアーで訪れた”ワイトモ鍾乳洞”です
オークランドから車で約2時間半の場所でここでは幻想的な土ボタルを見ることができます

IMG_3475IMG_3472


入り口はこんな感じです!この日は快晴で本当に観光日和な一日でした

余談ですが、ニュージーランドは天気がとても変わりやすいので晴れていても外に出かける際には雨具は持って出かけることをオススメします
(傘を持っていなくていきなり雨に降られたことが私もありました笑)

話はもどりますが、ワイトモ鍾乳洞は観光客の方にとても人気の観光地でこの日も多くの方が訪れていました!私は英語のガイド付きのツアーに参加したのですが、今思うと日本語ガイド付きのツアーに参加すればよかったと感じています

Waitomo Cave


鍾乳洞内は撮影が禁止されているので、あの素晴らしい光景を写真に残せないのはとても残念ですがその分しっかり目に焼き付けてきました
皆さんに少しでも良さが伝わればと思いイメージ写真を入れさせていただきました
本当にこれは自然のものなのかと目を疑ってしまうほどの美しさで想像を遥かに超えていました
ボートもオールで漕ぐのではなく、ガイドの方がロープを使って鍾乳洞内を案内してくださる形で、
ガイドの方が鍾乳洞の中でいろいろなお話をしてくださり、綺麗な歌声も披露してくれました

鍾乳洞内は少し寒く、足元が悪いところがあるので、羽織れるものとスニーカーでの参加をオススメします

日帰りツアーのバスの運転手さんはとても元気で移動中もずっとお話をしてくださるのでとても楽しかったです♪
また、受付の際にクッキータイムのクッキーを2つももらえました
本当に参加できて良かったです
ちなみに私が参加したツアーはワイトモとホビトンのツアーです!
ホビトンについては一緒に参加した友達が紹介してくれます

では今回はこの辺で失礼します。

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ