素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ザ・シンプソンスがやってきた!

アメリカの人気アニメ、ザ・シンプソンスはご存知ですか?

1989年に開始以来、アメリカの長寿番組です。
今回初めて映画を作ったので、アメリカでそのオープニングの街を探して
いました。
と、いうのもこのザ・シンプソンズが住んでいるのが<スプリングフィールド>
原作者いわく、アメリカで一番多い街の名前を付けたそうで、34もあるそうです。
その中で今回映画のプレミアをホストしたいと立候補したのが14のスプリング
フィールド インUSA。 インターネットで投票してきまったのはバーモント州の
スプリングフィールド。 赤い絨毯ならず、黄色い絨毯をひくそうです。

ここまで読んでふんふん、と頷けたら、シンプソンスをみたことがある方。

なんでアメリカの話題を??
ニュージーランドにもあるんです。 スプリングフィールドが。
オプショナルツアーのトランツアルパイン一日観光で高原列車に乗る時の
駅の名前もスプリングフィールド。

springfield


スプリングフィールド




そしてシンプソンズで有名な・・・


ドーナッツ


ドーナツ!!
これが大人気でした。
(コンクリート製です・・・)





看板



スプリングフィールドって書かれた看板。
映画の宣伝もいっしょ・・・







屋台のドーナツ


その広場には今日だけドーナツの屋台が・・
ホーマー シンプソンの好物です。








食べ物のドーナツ


買ってみました・・・






ホーマー


ホーマー発見!








バート


バート発見!!









黄色い羊


シンプソンスにあわせてスプリングフィールドの
羊は黄色でした・・・




のりのりのスプリングフィールド・・・
映画は7月27日公開です。(宣伝してどうする?)

日本に先乗りして映画をご覧になりたい方はマイバスセンターに
お越しくださいね。

(T_T)残念ながらトランツアルパイン一日観光ではこの看板とドーナツを見るために
立ち寄ることはいたしません・・・駅からちょっと離れているのでした。

オールブラックス トライネイションシリーズ 対南アフリカ(クライストチャーチ)

クライストチャーチで行なわれてたオールブラックス対南アフリカ。

結果は33対6でオールブラックスの勝ちでしたが、なんという
試合だったのでしょうか。
前半が終わった時点で6対3。 
オールブラックスのリードですが、スコアをみてわかるように
トライなし、ペナルティーのみ。
68分の時点で、最初のトライが始まり、3つトライして終わり。

ニュージーランド国内はそれこそ、負けた試合かのように
試合を非難。 
なぜかというと南アフリカチームは
”Bチーム”と言われている(監督も明言している)
国際試合に普段はでてこない選手達ばかりの集まりなのに
この試合運びはないだろう、ということです。
フォワードが活躍しすぎる位していて、バックスが上手く
動いておりませんでした。 
完全にボールが回らず、南アフリカの硬いデフェンスにさえぎられていました。

いまだにセンターが決まらず、ハーフバックもウィプが先発。
メイジャーもマクドナルドもベンチ入りもしていないオールブラックス。
注目はセンターのトエアバでしたが、期待はずれという酷評、
マックアリスターは右しかパスできないのではないかという疑惑、
途中ででたコンラッド スミスはウォームアップ時間が短いと非難され
さんざんなオールブラックスでした。

なぜ非難がでるか?
ワールドカップまであと53日しかありません。
なのにスタメンが確定していないため、国中が心配しているのです。
ジャスティン マーシャルの後のハーフバックが見つからない、
試合前まではダン カーターまでオールブラックスから落とされるなどと
うわさが出ている位混乱状態です。


ワールドカップまで、オールブラックスの試合はあと一試合しかありません。
そうです。
7月21日の対ワラビーズしかもう残されていないのです。
(オークランドで試合があるので、みにきてね!)
トライネイションはどうなったんだ〜という声が聞こえてきますが、
いまオーストラリアとニュージーランドは同点なので勝った方が
トライネイションとブレダスローカップを制すことになります。

しか〜し国民の関心は、誰がオールブラックスのスタメンなのか?!
悲しいことにオールブラックスのコーチたちも、”わからない”という
回答が。
たいへんだあ!
今回のワールドカップで優勝するつもりでいるニュージーランドの
国民達にはこの状態が許されないのでありました。

次の試合に最大の注目が集まります。
スタメンは誰?試合運びは?

お楽しみに!

大地熱地帯ロトルア 〜 その1: ワイマング ボルカニック バレー 〜後半

カカポさんのワイマング案内 前半は美しい写真で見に行きたくなり
ませんでしたか? 今日は後半です。


インフェルノ火口湖、ここまで来たら、コースは2手に分かれます。
健脚者向けのハザード山ハイキングコースと、歩きやすい通常コース。
ハザード山コースは急な坂があったり足元が悪かったりするので
ある程度の体力レベルが必要です。
今回は敢えてハザード山コースに挑戦。
ひたすら急な上り坂を登りきると目の前には原生林に囲まれたパノラマ景色が広がります。



5



歩いたご褒美!





ベンチもあるので小休憩。ここまで約1時間のハイキング。体力を充電したら、
再び歩き始めます。温泉が湧き出る小川に沿ってしばらく歩くと
ウォーブリックテラスに到着。ここにはトイレと雨よけの小屋があります。



6








小屋の目の前には、シリカが階段状に蓄積した珍しいテラス状の地形が見られます。





7










歩き始めてここまで約1時間30分。疲れた方はここからバスに乗って戻る事も出来ます。
バスの時刻表はスタート地点で貰った案内書に記載されているので確認しましょう。
今回はハイキング最終地まで歩くと決めていたので更に進みます。
ここからハイキング最終地点のロトマハナ湖までは平坦な道を焼く15分ほど。
ロトマハナ湖に到着後はバスにてスタート地点まで戻れます。
また、ロトマハナ湖では湖上から地熱活動を観察できるクルーズもあります。


8



時間に余裕のある方は、船長からチケットを購入して楽しむ事が出来ます。








こんな達成感と美しい景色を満喫したい方は
オークランドマイバスセンターまでどうぞ!

大地熱地帯ロトルア  〜 その1: ワイマング ボルカニック バレー 〜前半

カカポさんの旅日記です。

ロトルア市内から車で約20分程南に位置するワイマング ボルカニック バレーは、
活発な地熱活動や1886年の大噴火によって破壊された地から独自の生態系によって
再生された世界でも貴重な場所として知られています。
原生林に囲まれたハイキングコースではユニークな地熱活動を体験する事が出来ます。

ハイキングの出発点のレセプションで日本語の案内書を入手し出発しましょう!
歩き始めてまず見られるのは、エメラルド湖



1


エメラルド湖






噴火後の火口に出来たこの湖は、ミズゴケやシダの原生種である
赤み掛かった浮き草が見られます。水面に生息する植物や水温の変化によって
青、茶色、エメラルド色に変化する不思議な湖です。
今回は濃いエメラルド色でした。


次に見えてきたのはフライパン湖。



2


フライパン湖












その名の通りフライパンでお湯を沸かした様に水面からは湯気が漂っています。
この湖は世界最大の温泉の湖です。水温は約55℃。
二酸化炭素と水酸化硫黄ガスの反応によって水温が55℃でも煮えたぎったように見えます。
フライパン湖の側には1900年から1904年の間に活動していた
世界最大のワイマング間欠泉の跡地が見られます。
この間欠泉はなんと400メートル以上の高さまで噴き上げていました。






3


ワイマング間欠泉


提供ワイマング







フライパン湖から流れる温泉の川沿いを進んで行くと
神秘的な色のインフェルノ火口湖が見えてきます。



4


インフェルノ火口湖











ミルキーブルーの水面は規模は小さいもののテカポ湖に匹敵するほど
ミルキーブルーが鮮やかです。


後半はハイキングコースをお伝えしますね。

byカカポ

オークランド マイバスセンター便り その7 ★ZQNへ出張中編★

     ***Chieのクィーンズタウン便り***

私と同僚ユカちゃんの仕事のあとのお楽しみは・・・?

なんと暖炉の前で飲む冷えたビールとウエッジズ。


35


左はブラック、右はオリジナル
もちろん銘柄は・・・スパイツ♪





05


ウエッジズ
皮付きのフレンチフライ・・
これがおいしいの!!






普段は『ダイエット!お酒も高カロリーなものも避ける!』なんて
いってたけど、寒―いクィーンズタウンではそんな事を言ってられない。
寒さ防止には脂肪をつくらなければ。

おすすめパブはザ スパイツ エール ハウス<The Speight’s Ale House>. 
スパイツ<Speight’s> はダニーデンのビールです。
クィーンズタウンにいる人たちはみんなこのビール飲んでます。
クライストチャーチはカンタベリー ドラフト<Canterbury Draught>、
オークランドはスタインラガー<Steinlager>と地方に
よって飲むビールが違うようです。

マイバスセンタークィーンズタウンでは『パブめぐりツアー』があります。
スパイツエールハウスも含まれ3箇所訪れます。
自分たちでパブに入るのは緊張する!という方。是非ご参加ください。
詳しくはマイバスセンタークィーンズタウンまで♪

ニュージーランドに来た際は是非色々なビールためしてくださいね♪
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ