素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ゾロが教えます! オークランドの街歩き コーヒー事情

ルックJTB「トクトクブック」、街歩きのためのワンポイントアドバイス

ルックJTBでは、ニュージーランド主要都市で街歩きが楽しめるように、
「トクトクブック」をご用意しておりますが、今日は、その特典以外に
ニュージーランド滞在中のちょっとした楽しみ方のワンポイント・アドバイスです。

皆さん、滞在中や街歩き中にちょっと、休憩がてらドリンク等を飲まれる
機会があるかと思いますが、そんな時に、ちょっと
出てくるコーヒーを飲む前に、目で楽しんでみてはいかがでしょうか?

最近ニュージーランドでは、いろんな所におしゃれなカフェがあり、
それぞれオリジナルの飲み物もあり、コーヒー好きな人には、
カフェめぐりをするだけでもニュージーランドをエンジョイできちゃいます!
昔はコーヒーといえば、「ブラック」か「ホワイト」しか聞かれず、
しかも1杯N$1.00が相場でしたが(この話をすると私の年がばれますが…笑)、
最近は、「フラット・ホワイト」、「カプチーノ」、「ラテ」、「エスプレッソ」、
「ロング・ブラック」などなど、いろいろな飲み方が楽しめます。
しかも、昔では「アイス・コーヒー」というものが無かったのに、
最近ではほとんどのカフェで「アイス・コーヒー」や「フラッペ」などが楽しめます。 
(時代の流れは怖い! 笑)
金額も大体N$3.00くらいから、アイスになればN$5.00前後、
ホテルなんかで飲むともう少し高くなりますが、皆それぞれオリジナルの作り方で、
味もいろいろと楽しめますよぉ〜!


1 フラットホワイト


これがフラットホワイト
ニュージーランドの代表する植物
シルバーファーンが描かれています。





2カプチーノ


カプチーノ






4 ラテ


ラテ
これは日本のカフェオレに近いです






それに忘れちゃいけないのが、オーダーをする際、カップのサイズがあったり、
お持ち帰り(「テイク・アウェイ」って言います)があったり、
各カフェによってサイズもバラバラ。 
コーヒーをたくさん飲みたい方は、大きいサイズを! 
また時間がないけど、コーヒーが飲みたいって方は、「テイク・アウェイ」をどうぞ!


続きを読む

アメリカスカップへ挑戦☆チームニュージーランド その12

なんという第7レースだったのでしょう。
アリンギを止められるか?チームニュージーランド・・・

このレースは歴史に残るものになりました。
スタートはディーン バーカーがうまくさばきましたが、
なぜか有利と言われている右側に航路を取らず、左へ。
第1風上マークでは接戦になり、アリンギとオーバーラップで
右側にいたアリンギが優先されるため、7秒遅れ。

その後、第2風下マークにいく途中で、チームニュージーランドが
アリンギを抜いきました。 アリンギが風洞の中にはいり、スピードが
落ちたためです。 
第2マークで、チームニュージーランド14秒のリード。
ここで、国民の期待が高まります。 (もしや、もしや このまま・・・)
次の瞬間、ニュージーランド国民だけでなく、このレースをみていた
全世界が固まりました。 (え?(つд⊂)ゴシゴシ)
チームニュージーランドは再び左へ航路を取ったのです。
(なんで、不利といわれている左にいくんだ!?)
(第1風上マークでも右側が優先されたのが、わかってないのか?)
解説者達もなぜ、右に行かないのか 誰も説明できません。
そして次のマークでドラマが待っておりました。

やはり右の風の有利をとったアリンギが追い上げてきました。
バターワースの声が聞こえます。 
<うーん、NZとは30mくらい離れているから、大丈夫だよ。いける、いける>
でも実は解説者も言っていましたが、画面上では24m以下しか離れておらず、
バターワースが目測をちょっと長めにみていたようです。
で、問題のシーン。
チームニュージーランドが右側にあるマークを回るには2つ方法があって
1.位置をホールドしてアリンギのすぐ後ろにつけて幅を離れさせないで
  ターン。 マークを超えたら、一機に追い抜く。
  (もう少しテクニカルなんですが、省略。)
2.方向転換をしてアリンギの後ろに回って右側に位置を持っていって、マークを越える。

チームニュージーランドは2の方法をとり、直線に向かってきたアリンギと
あわや正面衝突。 
その直後ペナルティがチームニュージーランドにつけれらてしまいました。ε=ε=(;´Д`) 
ペナルティって何か?それはレース中に360度回転を行なわなければ
ならなくなりました。 
なぜチームニュージーランドが2の方法をとったのか、解説者達もさすがに説明
できませんでした。 
レースはあとゴールへ一直線しか残っておりません。 
その時点で、アリンギは100m以上リードしておりました。
だれもが、(もしや・・・確実に・・・ま、負け・・・)

解説者もチームニュージーランドが勝つには
1 風がなくなってその間にチームニュージーランドが追いつく
2 そうしてどんどんアリンギに攻撃をかけ、アリンギにもペナルティがつくように
  しかける
しか勝てないね〜とコメント。(もう、皆負けムード)(゚皿゚メ)

しかし、自然は小説よりも奇なり。 
ゴール300mくらい直前でアリンギに風が吹かなくなりました。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
4ノットくらいまで下がっています。 チームニュージーランドは8ノットくらいの
風をうけて、ぐんぐん抜きていきます。
さらにアリンギは帆などのトラブルが続き、もたもた状態。

チームニュージーランドはゴール前40mリード、逆点か?!
しか〜し、ペナルティがありました。
くるっと回ると、ニュージーランド国民は一斉に叫びました。
(早く!!!!いけ〜〜〜)
解説者達も<YES!>、すぐ訂正、アリンギも画面に映った・・

ゴール。

その瞬間テレビも誰も話しておりませんでした。
目で見たものが信じられない・・奇跡がおこったのか・・

結果は1秒差でチームニュージーランドが負けてしまい、
アメリカスカップはスイスのアリンギが防衛に成功したのです。

なんというレース。
アメリカスカップ史上こんなレースはなかったのではないでしょうか。
ハラハラ、どきどき・・・すごいレースでした。

長くなったので、チームの様子など明日にしますね。
お休みなさい・・

オークランド マイバスセンター便り その5 ★ZQNへ出張中編★

**Chie のクィーンズタウン便り**

アロータウンにいってきました。

クィーンズタウンよりコネクトバスにのり30分。(デイパス$13)
1860年代ゴールドラッシュで栄えた町です。
当時の建物を利用したショップ、レストランがたちならんでます。


1



とても小さな町なので、2時間もあれば十分観光できます。



2



レイク地方博物館  入場料$5 






3


秋は黄葉がきれいです。






4



そのほか、昔のチャイニーズビレッジがあります。




5


パイで有名なアロータウンベーカリー




6


私はクリームチキンパイ<CREAM OF CHICKEN>を食べました。
おいしかった♪♪






7


メニューボード
たくさんのパイがあります!










クイーンズタウンで午後時間をもてあますな〜と思ったときにおすすめの町です。
バスにのってでかけてみては?

by ちえ

クライストチャーチ スキー場情報 マウントハット

マウントハットスキー場が6月13日にオープンしました。

今年は雪が少ない?!と懸念しておりましたが、
マウントハットに近づいていくとそんな懸念は消えました!


1


わーい、マウントハットだ〜(・◇・)ゞ
久しぶり〜(1年ぶりだね〜)





2


着いた!
まずは、準備体操・・・






3



リフトにのっていく時にはだんだんと高まる
どきどき感(☆゚∀゚)
興奮してきた・・・



4



イエーイ!今年一番のスキー(′∀`)
割と雪質いいじゃん♪




と大満足のマウントハットでした。


スキーに行きたい!方はこちらへ!

マウントハットスキーツアー



(^∀^)写真撮影は6月20日ごろです。

アメリカスカップへ挑戦☆チームニュージーランド その11

アメリカスカップ 第7レースは風が弱いため
延期となりました。
次のレースは7月3日です。

どちらのチームもゆっくり休養して次のレースに
備えるそうです。

レマン湖のエルネスト・ベルタレリがこのまま勝つか、
帆の街、オークランドの底力が追いつくか
勝負の行方は火曜日になります。

昨日はジェームス スピットヒルがTVNZで解説担当。
スピットヒルはルナロッサのヘルムスマンで、オーストラリア人。
アナウンサーがレースを待っている間に
<ちょっと待ってよ。ジェームスが解説の時はチームニュージーランドが
勝ったことがないんじゃない? この前はオールブラックスまで負けたし・・>
とつっこみが入り、スピットヒルはあわてて、
<いやいや、勝ったことあるよ!!>と返答する姿もありました。

ヨットをみていても、解説中にラグビーの結果はどうなった?!なんて
コメントも入るので、ヨットマンでもラグビーは大好きなお国柄が
でていました。

では火曜日をお楽しみに!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ