素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランド航空のオークランドー羽田空港直行便10月28日からなくなってしまいます。。。><

こんにちは、アユミです

ここ数日、また冬が舞い戻ってきたのか、寒さが復活してきました
夕方の外吹く風が肌寒く、朝は、ざーざーと激しく降る雨、そして、時折やんだかと思うと、
空の晴れ間はあるものの、どこからともなくやって来た、たった一つの雲の塊が、また雨を降らすという。。。。

なんとも、やっぱり、ニュージーランドのお天気は変わりやすく、これがニュージーランドか
と慣れたような気もするのですが、突然の雨には、やっぱり慣れるのは難しいですね
こっちの人は、雨が降っても傘をささない人も多いようですし、最近気づいたのですが、
この前日本に帰ったときに買ってきた、風にも強い耐久性のある傘が、今朝、壊れそうになりました。。。。
日本国内での風には耐えられるけれども、ニュージーランドの風にはやっぱり耐えられないということなのでしょうか。。。

さて、ついつい、いつも前置きが長くなってしまうのですが、今日のお話は、
1ヶ月ほど前のトピックなのですが、以前、今年の6月頃に、
『ニュージーランド航空 羽田空港直行便 2018年7月から復活するようですよ!』というタイトルでブログを更新して、
2018年7月18日〜2019年5月2日の期間で、また、羽田空港ーオークランド間の直行便が利用出来る〜と喜んだのもつかの間、
なんと、約1ヶ月ほど前、9月19日頃のニュージーランド航空の発表により、2018年10月28日〜3月19日までの羽田空港便、運行中止になってしまったのです

>>詳細はこちら

理由は、利用していた機材の点検および、今後のサービス向上のため、羽田空港への出入りを一時的に中止し、
かつ、引き続き、今までと同じように多くのお客様にご利用いただけるように、オークランドー成田空港直行便サービスを追加したのです

8f994b9e


成田空港ーオークランド間で毎日運行されているNZ90便、NZ99便のほかに、
成田空港を夜の20時55分もしくは21時25分に出発して、翌日の11時30分もしくは12時時にオークランドに到着するNZ94便、そして、
オークランドを昼の12時30分、もしくは13時、13時10分に出発して、同日夜19時25分、もしくは19時55分、20時05分に成田空港に到着するNZ95便、
こちらの2便が、月、木、土に追加されたのです

Picture1

これは、すでに該当期間で、航空券の予約をしているお客様にも影響が出ているということなので、
この期間に、ご旅行予定のある方は、今一度、航空券の内容の変更がないか、ぜひ、チェックをしてみて下さいね

、とはいえ、首都圏にお住まいの方、そして、他県の空港からの乗り継ぎのある方、
とくに他県の空港の到着場所が羽田空港のみだったりすると、羽田空港から、国際線利用のある
成田空港への移動が発生してしまうので、やっぱりちょっと前と比べると不便になってしまいますよね

この先、機材の点検が順調にすすんで、羽田空港直行便が再開されることを願うばかりです


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クリスピークリームドーナッツの新店舗!オークランド空港国内線ターミナルにオープンしたそうですよ♪

こんにちは、アユミです

皆様、お元気にお過ごしですか

今年2月下旬に、ニュージーランド初オープンした、クリスピークリームドーナッツの新しい情報

つい先日、10月8日に、オークランド空港 国内線ターミナル 出発/到着エリア内に、新しい店舗がオープンしたそうです

KKNZ_NewsArticle_02
画像元:クリスピークリームドーナッツ公式ホームページ

そして、オークランド市内ニューマーケットという場所にある、BP(ビーピー)というガソリンスタンドのショップ内でも、
現在では、クリスピークリームドーナッツコーナーがドーンと出来て、マヌカウまでいかなくても、クリスピークリームドーナッツが食べられるようになりました

20180920_091918

この先、オークランド市内中心部にも店舗オープン予定ということなので、
クリスピークリーム好きの私としては、待ち遠しい限りです

日本では、ミスタードーナッツが、最大手として、上位に君臨しているため、
なかなか、クリスピークリームは流行らなかったようで、店舗が縮小されているっていうお話も聞きますが、
ミスタードーナッツを楽しむことの出来ないニュージーランドでは、クリスピークリームはとっても人気だと思います

すみません、、、ものすごく自分好みな内容のブログになってしまいましたが、
これをみて、『おっ!そうなんだ!いってみよ』って、思ってくださる、現地在住民の方とかいたら嬉しいです


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド政府から発表!2019年後半からニュージーランド旅行にもETA(旅行ビザ)が必要になるそうです!

ブログをご覧の皆様、こんにちは

先日、2018年10月1日にニュージーランド政府から正式に発表のあった、ETAなるものの情報って、皆さんご存知ですか

ETAとは・・・Electronic Travel Authority System、つまり海外旅行の際に必要な電子入国許可証のことで、
日本では、電子ビザとか、イータスとか、そういったよび方で知られているかと思いますが、
オーストラリアを旅行したことのある方なら、皆さんご存知かと思います

Electronic Travel Authority System(電子ビザ)が、とうとう、来年2019年後半から、ニュージーランドへの渡航に際しても、導入予定となりそう、というのが今回の発表だそうです

<詳細>
【ETA導入開始時期と対象者】
ETA対象者:ニュージーランドへの入国にビザを必要としない渡航者
2019年後半 対象:飛行機でのニュージーランドへの渡航
2020年 対象:クルーズシップでのニュージーランドへの渡航

【ETA申請に必要な情報】
氏名、生年月日、パスポート詳細、緊急連絡先、パスポート写真、署名(犯罪暦、旅行の目的等)

【申請料金】
1人当たり$9.00-$12.50が検討されているそうです!

【ETA申請方法】
未定

【ETA導入の狙い】
・渡航者入国の際のセキュリティを強化し、移民のリスクを減らすこと
・密輸とバイオセキュリティのリスクに対処すること
・渡航者の旅行による体験をより発展させること
・ニュージーランドと他国との国際関係をサポートすること
などがあげられるそうです。

ニュージーランドへの入国をよりスムーズかつ迅速に行い、また、現在ビザを申請する必要のない渡航者の事前に審査、調査、することにより、
より早く、渡航者の情報を把握し、今後のニュージーランド渡航をより発展させていこうということが目的のようです

ニュージーランド政府の正式発表掲載ページはこちら

ここ数年、ニュージーランドへの旅行者は、とても増えていて、かつ、旅行のトップシーズンは、予約の動きがとても早く感じます

人気の都市のホテルはすぐに満室になってしまい、あとから予約を入れようとしても、遅かったーという経験があるかたも少なくないと思います

これからは、より、旅行予約の時期が早まることを考えると、このETAの導入が、2019年後半だとしても、
なんだか、あっという間に2019年になり、2019年の旅行を考え始める方にとっては、重要な情報だと思ったので、こちらでご紹介させてもらいました

皆さんも、ニュージーランド渡航を考えていらっしゃる方、ぜひぜひ、こちらの情報をチェックしてみて下さいね


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

JTBニュージーランドより春のラインナップ☆オプショナルツアー新商品のご紹介!<素敵な特典付>

ブログをご覧の皆様、こんにちは

日本は、秋へと移り変わっていく季節、ニュージーランドはその逆で、春へと移り変わっていく季節です

これから、冬を抜けて、徐々に暖かくなってくるのですが、
この時期から夏の12月になるまでは、アレルギーシーズンともよばれて、花粉症などのアレルギー症状にも、多くの人が悩まされる時期

日本で花粉症などをお持ちの方、これからニュージーランドに来る際は、気をつけてくださいね

とはいえ、寒さを超えて春を迎えるこのシーズンは、旅行にとっては、良い時期を向かえ、
雨の日や曇りの日も次第に少なくなってきて、昼間は薄着でも大丈夫なってくる季節ともいえます

もちろん、年間を通して、ニュージーランドの旅行は、さまざまな景色があるので、いつでもお楽しみ頂けるのですが、やっぱり、これから、
10月〜12月、そして、1月〜3月の時期が、旅行のトップシーズンといえるかと思います

JTBニュージーランドのウェブサイトでは、この春、そして夏おすすめの、
新しいオプショナルツアーのラインナップを、一挙、ご紹介中でございます

こちらから
spring

今まで販売が出来なかった、ブラックウォーターラフティングや、
ニュージーランド北島を2泊3日でおススメ箇所すべて回る宿泊付パッケージプランや、
初心者の方でも挑戦できるフィッシングツアーなどをご紹介しています

まだ、これからのご旅行のプランを立てられていない方、どこに行こうか迷ってしまっている方、
どんなところに旅行にいったら良いか、なかなか決められない方は、ぜひ、こちらのページを見てみて下さい

そして、ブログ限定お申し込みの際に、【ブログを見ました】と、連絡欄に入れて頂けましたら、
【通常料金からさらに1名様あたり5%のご料金を割り引き】させて頂きます

ぜひぜひ、この機会に、JTBニュージーランドのウェブサイトで、オプショナルツアーのご利用をしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

世界初!電子機器の中身検査!!

皆様おはようございます 不定期参加Nです。

先週私が書いた「Nと歩くツアー」の記事は24時間で過去記事を押しのけてブログランキング1位を取ってしまった程皆様にご周知頂けた様子で感謝です(まだ予約は来てませんけど

そんな中・・・ちょっと「ハイ」と思ってしまった記事のご紹介。

10月1日から開始した新しい関税法。それは・・・

旅行者を含む皆様がニュージーランドに入国する際に「持ち込み電子機器の検査を行う認可をした」との事

恐らく全員が全員では無いでしょうけど・・ 要するに入国の際持ってる携帯・PC、タブレット、全てのパスワードを解除して中身を見せる必要があって、もしこれを拒否したら最大でN$5000(約40万円)の罰金が科されるとの事

ざっとググりましたら色んなサイトでこのニュースが出ており、やはり市民団体が強く反発してるとの事。(そりゃそうでしょう・・・)

税関当局の言い分としましては「見られちゃ困るDATAは事前に削除してどこかにバックアップ取っておきなさい」との事ですが・・・ ちょっと非現実的ですねえ・・

私が出張の際は

Img_3270


最低でも個人携帯・会社携帯・ラップトップに更に今は手元に無いですがタブレットの4つを毎回X線に出してバッタバタなんですけど、これが妻・娘二人の家族で移動となると3DS+任天堂スイッチ、妻携帯に娘携帯に娘達タブレットで軽く10台以上の電子機器を持ち歩く事になるんですけどこれ入国の際全部パスワード解除して中に刺さってるSDカードの中身とか見せろと言われチェックとなるとエッライ時間掛かると思います・・

何時も帰国の際は20キロ以上の食べ物を段ボールで持って帰って来るので食品検査だけでもメチャ時間掛かるのに更に電気機器全部チェックされたらと考えたら頭痛が・・

そもそも私達のプライバシーは? とか人によっては見られたく無い物を入れてる事もありますのでこれはチョットどうよと思います。

どこかのサイトにも書いてますが、そもそも犯罪に使われるDATAなんかとっくに削除・移動済でしょうし、もし消し忘れてても40万円で無罪になるのならばササッと払って素通りする人も出て来ると思うので何か・・アンマリ意味無いような・・

さて、旅行業のNとしましては基本的に皆様が飛行機で到着されたら30分前後で到着ゲートまで出てきて頂ける計算をしておりますが、もしこのチェックに引っかかった方は・・・1時間半以上掛かるのでは?と言う印象です。(で乗り継ぎの国内線を逃すとか・・・やめて〜〜〜〜〜

と言う訳で電子機器をお持ちの皆様、一応「チェックされる」心づもりで、そして見られたら嫌なデータはどこかに移動してからお持ちくださいね
(USBスティックとか外付けHDDに移してもそれチェックするだけなので同じですよ!) 


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ