素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

クライストチャーチ大聖堂広場って・・

ガイドブックを広げると必ず紹介される場所のひとつに
クライストチャーチ大聖堂広場があります。

文字通り、広場に大聖堂が立っていて、クライストチャーチの街の
中心地で、ここから四方八方へと街が広がっています。


2451



クライストチャーチ大聖堂  
秋も終わりで葉が落ちてしまいました。










この広場は市民の憩いの場でもあります。
大道芸人や、昼のコンサート、集会したり、お弁当を持って腰かけたり・・・
毎日通っても違う顔があります。

最近は???というものがありました。


ある日、通ると大聖堂の前に・・・


1689



1690



どうやらタイムボム(時限爆弾)となんとか読めます。








なんのために置いてあるのか・・・わかりませんでした。
用があったので、とりあえず写真を撮って戻ってくると何も残って
おりませんでした。 さすが・・


その翌々日にも怪しい?ものがまたまた置いてありました。


1697







何かのアピールのような感じですが、ただ置いてあるだけでした。
普通はキャンペーンをするなら、スタッフが近くにいてビラを配ったり
看板を立てるのですが、この2つはひっとりと置いてあっただけでした。



2454


5月中旬の大聖堂広場





葉が落ちて冬支度を始めています。




2452




大聖堂広場にある花壇にはまだお花が咲いています。



時間があれば、近くのカフェでお持ち帰り用のコーヒーを買って
大聖堂広場で過ごしてみてはいかがですか?

何かが起こっているかもしれません?!
ぜひ見に来てください。

ニュージーランドでカヤック! 後半

昨日楽しくカヤックを楽しんだキーウィさん。
後半はどうなったでしょうか?


12:20 ランチ休憩
待ってました!のランチ休憩です。
ここで緊急事態!!
通常カメラは防水パックに入れてカヤックにくくりつけますが、
写真がとりたい!とお願いしたところ、
落とさないように気をつけて!とインストラクターに念を押され、
パチリパチリと写真をとってはライフジャケットのポケットに入れていましたが、
ついついカヤックを降りる直前に写真を撮り、ポケットに入れ忘れていた私は
海にデジカメを「ぽちゃん」。(´−д−;`)
データは残っていましたが、カメラは壊れてしまいました。
ガイドさんは、きっと「だから言ったでしょ」と思ったことでしょう・・・。
あとは、一緒に行った友人にカメラを借りたのでした・・・。
さ、気を取り直して!インストラクターがランチの準備をしてくれる間に、
フリスビーをしたり、お散歩をして時間を過ごします。


ランチ準備


ランチ準備2


ランチの準備中・・・






「ランチだよー!」の声にみんなダッシュで駆け寄り、ランチスタート!!



ランチ


ランチ





<本日のメニュー>
ピタパンサンド(焼いたビーフ、サラダ)
マッスルのアップルジュース蒸し⇒その場で蒸してくれるんですよ!
チョコデニッシュ
チョコチップクッキー
りんご
ジュース・紅茶・コーヒー
青空の下、ビーチで食べるランチは最高です!
また、このランチが本当においしいのです。
またここでのーんびり癒しの時間を過ごし、あとはベースに戻ります。

14:00 出発!
帰りは、追い風になることが多く、その日の風の状態によっては、
カヤックに帆を張って進めるときもあるのだそうです。
今日は静かな風が吹いていたので、またオールをこいで帰ります。


カヤック



カヤック





ランチを食べ、心地よい風が吹き、午後の日差しに眠気が・・・・と思っていると
今度は、ペンギンを発見!!
ブルーペンギンという種類だそうです。カヤックが近づくと隠れてしまい、
写真に収めることはできませんでしたが、とても小さくてちょこちょこ
動く姿に感動しました。とにかくかわいいのです!



海








たくさんの野生動物に出会いながら、帰路を進むこと90分!
15:30ベースのあるマラハウに到着しました。
浅瀬には、トラックが迎えに来てくれていました。
自分たちの乗ったカヤックを載せ、ベースに戻ります。


ベースへ戻ります


ベースへ戻ります。





ライフジャケットを水洗いし、借りた防水ケースなどを返却して、ツアー終了です。
タオルの貸し出しもあるので、洗面道具があればばっちりです。
潮を洗い流した後は、インストラクターに今日進んだコースを地図で
教えてもらいました。

ああ、楽しかった。ああ疲れた、でも本当に来て良かった!
カヤックが夢!と言っておきながら体力に自信のない私でしたが、
本当に楽しい1日を過ごすことが出来ました。
もちろん、翌日・翌々日の筋肉痛からは逃れられませんでしたが・・・(汗
雨でも催行するようですが、今回は、お天気にも恵まれ
このエイベルタズマンの美しさを堪能できました。
野性動物に出会い、大自然の中でのカヤックをする楽しさ、
是非この感動をみなさんにも味わっていただきたいものです。
あー、満足満足!

ニュージーランドでカヤック!前半

JTBスタッフのキーウィさんよりです。

エイベルタズマンでカヤック!
これが、私のニュージーランドでの一番の夢・・・
先日、この夢を叶えてきました!!

今回私は、1日カヤックコースに参加してきました。
その1日をご紹介します。

場所はネルソンにあるエイベルタズマン国立公園内です。

8:30 催行会社のベースでチェックイン!
最初、担当のカヤックインストラクター(Jaredさん)より、
一緒にグループを組む他の御客様を紹介されました。
かっこいいインストラクターにときめきつつ、服装・持ち物のアドバイスを受け、
参加同意書を読んでサインをし、カヤックに乗せる荷物を入れるビニール袋・
カメラの防水ケースを借りました。

<当日の私の服装>
帽子・サングラス・長袖Tシャツ・ショートパンツ・ビーチサンダル(中に水着着用)

<持って行ったもの>
日焼け止め・デジタルカメラ・タオル・お菓子・お財布
(これをウェストポーチに詰め込みました。)
希望があれば、寒いとき用に防風防水のカッパを借りることが出来ました。

着替えが済むと、ブリーフィングがあります。
まずは、今までにカヤックの経験があるか?体力がありそうか?を
インストラクターが(見た目で?)判断し
全てのカヤックが同じ位のペースになるようにパートナーを決めていきます。
このカヤックは2人乗りなのです。私は、初心者のちびすけの為、
ガイドさんとペアを組むことができました。
後ろのこぎ手は、方向を操る係の為、前のこぎ手より力持ちのほうがよいそうです。
ベースに並べられたカヤックにそれぞれが荷物を入れ、
防水ケースに入れたカメラをくくりつけます。



準備1


準備中・・・





準備2


準備中・・





実際にカヤックに乗って足の位置を調整、その後からだとカヤックを一体化させる蓋をする練習をしました。




準備3


準備中・・・







何しろはじめての経験の為、「ほー。あぁー。」の連続です。
そしてやっとパドリングの練習!「上手だね」というインストラクターのお世辞に勝手に調子に乗って
たくさん練習したことは言うまでもありません。


パドリング練習


パドリング練習




と、練習もばっちりで、海に向けて出発です。
みんなでトレーラーに自分たちのカヤックを乗せ、出発!!


雨女の私も、今回ばかりは太陽を味方につけることが出来、快晴!グリーンに透き通る海に出会えました。
素晴らしいことこの上ない!車で5分ほど行った砂浜からスタートです!


スタート時点


スタート時点




9:30いよいよエイベルタズマンの海に!
心地よく静かな風が吹き、すいすいとカヤックは進みます。
きっとインストラクターさんが上手なのでしょう・・・。



いわば



岩場


途中エイベルタズマン一帯の説明を受け、岩と岩の間をくぐりぬけ、
きょろきょろと景色を眺めながら
進んで行くこと約45分、小さな砂浜で休憩することになりました。







休憩所


休憩場所・ゴールデンサンド・ゴールデンビーチ







「ゴールデンビーチ」と呼ばれるエイベルタズマンのビーチの砂は、まさにゴールド!
日差しを浴びてキラキラ光る砂浜は、本当に美しいものでした。
やはり泳ぐには少し寒いので、ビーチでのーんびり過ごしました。
ここでモーニングティタイム!インストラクターの方が
おいしいコーヒーを入れてくれました。



モーニングティ


モーニングティ




すばらしい景色を見ながらのモーニングティはまた格別!
さすがにきれいなお手洗いはありませんが、休憩をするところにもトイレがありました。
ほっと一息ついて、次の目的地まで張り切ってまた進みます!
日が高くなってたので寒がりの私も、上着を脱いで長袖Tシャツに
ライフジャケットだけにしましたが、暑くも寒くもなく、ちょうどよい感じでした。

10:45いざ、出発!
景色もさることながら、たくさんの鳥たちもみることができました。鵜がたくさん!!
そろそろ疲れもでてきたところで、アザラシを発見!!


アザラシ


アザラシ





アザラシ見学



アザラシ見学




ラッキーなことに今回はたくさんのアザラシくんたちと出会うことができました。
岩の上で日光浴をしていたり、カヤックの周りを泳いでいる姿、かわいいものです。
クルーズでであう動物はたちは、やはり遠くでしか見ることができませんが、
カヤックだととても近くで見ることができます。途中のんびりと動物たちを
見ながら進んでいくと、ランチを取るビーチへ到着!


明日はランチの後をお伝えします。


黄葉 いよいよ最後の写真?!

クイーンズタウン・アロータウンの近郊にある
ミルブルックリゾートより
黄葉写真が届きましたので早速アップしました。
リゾート内にあるので、なかなか一般の方には
みることのできない写真ばかりです。


1



ポプラ並木










ミルブルックリゾートの入り口です。


ミルブルックリゾートでは大自然の中、素敵なリゾートライフを過ごせます。
お洒落なインテリアの宿泊施設、
ニュージーランドが誇る世界的に有名なゴルファーボブ チャールズ卿に
よってデザインされたチャンピオンシップゴルフコース、
女性やカップルに大人気のスパ施設、
ロマンティックな雰囲気のレストランなど・・・
ここに泊まれば十分ご滞在をお楽しみいただけます。

そんなリゾートホテルはクイーンズタウンよりも
黄葉がちょっと遅めに始まります。





2


ホテルヴィラの前










3



リゾート内ミルハウスカフェ前








4


リゾート内で歩くとこういう
景色に出会えます。







6


お部屋からの景色・・・






今度の旅行にここに連れていってほしいなあ・・と
思ったら

ミルブルックリゾートに泊まりたい

もちろんルックJTBでもミルブルックリゾートに宿泊するコースは
たくさんあります。





7









こんなところでゴルフしたり、カップルでスパに入ったり
ゆっくりしたいですね
なるほど、各国の著名人がくるのもうなずける・・・
お勧めリゾートからの黄葉フォトでした。




<すべての写真は・・・写真提供 Millbrook Resort 写真の転用はご遠慮下さい。>



ルイビトンカップの熱い戦いをみるときは・・

アメリカズカップへの挑戦権をかけたルイビトンカップの
準決勝は続きます。


AKLの街


アメリカズカップの街、オークランド
次回ここで開催予定?と期待が広がります。













昨日はニュージーランドが負けて、結果は
チームニュージーランド(ニュージーランド) 2勝、 
デサフィオ・エスパニョール(スペイン)は1勝。

今日はお休みなので、また明日からの試合が楽しみです。

準決勝も9レース中、5勝先に勝ったチームが決勝にすすみます。

もう一つの準決勝はイタイアが勝ちました。

ルナロッサ(イタリア) 2勝、
BMWオラクルレーシング(米国)が1勝。

どちらのレースもどこが勝ってもおかしくない接戦です。

ご存知だとは思いますが、ルナロッサには脇永 達也さんが、
BMWオラクルレーシングには 早福 和彦さんが
乗っており、日本人としてもどちらを応援しようか、と悩むとともに
気の早い私は 決勝になったら、ニュージーランドを応援するんだけど、
複雑・・・な心境になりそうです。


とそんな熱いレースを見ながら、お勧めのニュージーランドの食べ物は・・

冷たいホーキーポーキーアイスクリーム!
だって・・海をみながら、暖かい暖炉のある部屋でみているんですもん。
(しかも時間は午前1時ですから・・・)


アイス


バニラアイスにキャラメルの粒の食感がぴったりと
マッチしてニュージーランドでアイスクリームといえば、
これが最も有名です。 



大人の男性も大盛りにしてこのホーキーポーキーを
うれしそうに食べています。


ニュージーランドで食べた方も日本で・・・という要望が
あまりにも高いのでついに宅配サービスもはじめました。



2449 アイスのふた









アイスクリームって外国のものでも日本人の嗜好に合うように
味を変えているそうですが、このホーキーポーキーアイスは
本国ニュージーランドで食べるそのままの味を再現しています。







とっても美味しい。
JTBのスタッフもファンがたくさんいて
自分の家の冷蔵庫に必ずあるそうです。 
納得!

ニュージーランドにきたら、こーんなアイスクリームも
忘れずに食べていってください。 
もちろん、マイバスセンターで日本への宅配も受け付けてます。
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ