素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

秋のクライストチャーチ

黄葉はやはりクイーンズタウン、ワナカですが、
クライストチャーチはどうなの?という声が寄せられましたので
早速パチリしてきました。

大聖堂





大聖堂広場
黄葉へはまだという感じですね



大聖堂2




この木ももう少しという感じでしょうか


大聖堂3



こちらは葉が散ってしまいました。






秋の雰囲気は充分たのしめます。
今は大聖堂広場よりもすぐ近くのビクトリア広場の方が紅葉がきれいです。

ビクトリア広場



こんな感じ


日々自然を感じることのできるニュージーランド。
赤ワインがおいしく感じる季節になりました。

ニュージーランド クイーンズタウン黄葉状況 【第4弾 4月16日付】

クイーンズタウンより黄葉情報を送らせていただきます。

【ZQN黄葉情報】=========================
本日のZQNの気温は最高気温17℃前後、最低気温9℃前後。
今週は先週に比べると少しだけ、日中は暖かいようです。
朝晩は冷え込みますのでいらっしゃる方は暖かい格好をお忘れなく。

ZQN週間天気予報:

クイーンズタウンの天気予報


気温が下がり、木々も秋の気配を感じ、本格的に色づきはじめています。
来週もお楽しみに!

zqn中心部




クイーンズタウン中心部



ZQN郊外




クイーンズタウン郊外


アロータウン
アロータウン






アロー川



アロー川









ヘイズ




ヘイズ湖

この街で黄葉をご覧になりたい方はこのツアーがお勧め!
ここをクリック
ルックJTB黄葉のニュージーランド



続きを読む

マタカナ マーケットへ行ってきました!

オークランドから北へ車で1時間ちょっと行ったところに、
こじんまりとしたワイナリーが点在しています。
その先で、毎週 土曜日 9時〜13時まで
(冬季)ファーマーズ・マーケットが行われています。
場所: Corner of Leigh Rd and Matakana Valley Rd (Matakana Village内)



ワタナカマーケット





マタカナマーケット





ところ狭しとお店が並んでいて、地元の新鮮な野菜、果物、手作りジャム、
パン、オイスター、はちみつ、マスタードなどが売られています。
書き始めるとキリがありません・・・。
今回、私のお目当てはポルトガル風カスタードタルト(Portugese Custard Tarts)
だったのですが
(オークランドの地元情報誌<city mix>のThe Best of favourite meals & treatsで
紹介されていました。)
甘く見すぎており、売り切れていました。雑誌のパワーはすごいですね。残念!
一先ず、小腹を満たすため、チリ&チャツネソースのホットドックを食べました。
本格的なハーブソーセージを使用しており、ソースの甘辛具合とよくマッチしてました。
マーケットの入り口から隈なく見て回った後はお腹も心も大満足!

マーケットにて




マーケットで楽しそうに買い物をしていた方
カメラを向けるとにっこりしてくれました。




途中、マーケットの一角で地元のおじいちゃん3人組みのジャズ生演奏をしていて、
ド素人っぷりがおちゃめでした。
地元のワイナリーやチーズ工場からの直販なので、一度にお目当てのものを
買うことができるのも、このマーケットの魅力の一つかもしれません。

ここで、私のオススメ・ベスト3をご紹介します!
◆バジル・ソース
フランスパンに塗ったり、パスタにからめたり、用途が盛りだくさんです!
◆ハニー・マスタード・ドレッシング
どんな種類のサラダにもマッチします。ホクホクのジャガイモとの相性が最高です!
◆チリ・チョコレート 
薄型のダーク・チョコレートにチリパウダーがかかっていて、大人な味わいになっています。一度食べたら、止められません!

軽快な音楽を聴き、美味しい食べ物を楽しみ、マルシェの雰囲気を楽しむ! 
これぞ、オークランダーの醍醐味なのです♪

ニュージーランド 黄葉のシーズンを楽しむ ワナカ その2

昨日お約束したワナカの続きです。
今回の投稿はニュージーランド全国を旅するモアさんからです。
さすがきれいなところをご存知です。


季節を楽しむ  秋の黄葉をワナカで・・・

■アウトレットトラックウォーキング■ 所要時間約2時間半

アウトレット1





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 


アウトレット2





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






誰でも気軽に楽しめるトレッキングコース!
ワナカのホテルを後にして、トレッキングのスタート地点アルバートタウンへと車で出発します。コースはまずワナカ湖に注ぐクルーサ川に沿って歩き始めます。春には白や黄色などさまざまな色の花が咲き乱れ、秋には紅葉でロマンチックな表情を見せる川沿いの景色を楽しめます。季節毎に変化に富んだ美しい景観をご堪能ください。ここで観られる植物はニュージーランド原産種と外来種の両方がミックスしています。一番の見頃はやはり黄葉する秋。
高度 : 最低地点 260m、最高地点280m
催行期間 : 11月〜5月

黄葉ハイキングで観られるのは・・・
植物: マヌカ(ティーツリー)、カヌカ、ロンバロイ ポピュラー、ブラック ポピュラー、ウィロー(ヤナギ)、松、フラックス(ユリ科)、マタゴウリ、キャベッジ ツリー、トゥトゥ、ブリア ローズ、ブラックン ファーン(シダ)、タイム、タソック、ルーピン(ルピナス)、ウーリー マギンズ、 3フィンガー、フューシャ(フクシャ) など

生物: パラダイス ダック、スカウプ ダック、グレイ ダック、ブラック スタッグ、ホワイトヘロン(サギ)、オイスターキャッチャー、ハリヤー ホーク(タカ)、ファンテイル、トムティット(シジュウカラ)ワックスアイ、ベルバード(ニュージーランドミツスイ)、ハト、チャット フィンチ、ブラックバード、スラッシュ(ツグミ)、ブラウン&レインボー トラウト(鱒)、オポッサム(フクロネズミ)、ウサギ など

ワナカでは4月24〜29日に「フェスティバル オブ カラー」というお祭りが開催され、ライブミュージック、ストリートパフォーマンス、アート展示、コメディショー、ガーデンツアーなどがお楽しみ頂けます。フェスティバル限定のアートなラベルのリースリングワインとピノノアールワインも販売予定です。
ウェブサイト フェスティバル オブ カラー

アーミーバンド
ニュージーランド アーミーバンド 





写真提供 Festival of colour







ストリート1
ストリートパフォーマンス 4/28に開催




写真提供 Festival of colour





ストリート2
ストリートパフォーマンス 4/28に開催




写真提供 Festival of colour


ぜひこの時期にセントラルオタゴ地方を訪れ、、、秋を感じてください

詳しいツアーのお問い合わせはマイバスセンターまで・・・

ニュージーランド 黄葉のシーズンを楽しむ ワナカ その1

全国を旅するモアさんが黄葉シーズンの美しいワナカをご紹介します。
今ニュージーランドは美しい黄金色へと変わりつつあります。


季節を楽しむ  秋の黄葉をワナカで・・・
    
4月上旬〜5月上旬、セントラルオタゴ地方は黄金色に変わります。
そのなかでも一番きれいな地域はワナカとクイーンズタウンです。
今日はワナカをご紹介。

ワナカはクイーンズタウンから国道89線を通り、車で約1時間半で行くことが
できます。ワナカ湖は国内で4番目に大きな湖。
湖越しにマウントアスパイアリング(Mt Aspiring) の連山が見渡せる景観に
恵まれた静かな街です。湖沿いにはポプラ並木の散歩道が続き、特にこの季節は
葉が黄金色に変わり、格別です。

そんなワナカで体験できる、秋のお勧めコースをご紹介します。

■ モウ・ワホ島クルーズ&ウォーキング■ 所要時間約3時間
クルーズとウォーキングの両方を楽しめるコース。

クルーズ1





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd



クルーズ2





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd






ワナカの宿泊施設を出発。 ワナカから船で出発して約30分、ワナカ湖の真中に
浮かんでいる、モウ・ワホ島に到着します。
氷河期時代の名残の氷河でできためずらしい島。
かつて、蒸気船や丸船が湖を定期的に往き来していた時代、モウ・ワホ島は
船の係留所として使われていたそうです。石造りの港と小屋が、高くそびえる
松の木々に囲まれ、初期開拓時代のおもかげをいまでも残しています。
船着き場からの小道をたどっていくと、道は次第に登ぼり坂になり、森林を抜けて、
ティラウィット・ピークの山頂付近に出ます。
山頂の一歩手前には、アレテゥサプールという名の小さな湖があります。
山頂からは、360度、ワナカ湖の景色が広がります。
山、渓谷に囲まれ、眼下にはアレテゥサプール湖、言葉にできない、
大パノラマが一望できます。
帰り道はもう少し時間をかけて、鳥のさえずりに耳をかたむけたり、
バードウォッチングを楽しみながら歩きます。めずらしい野鳥の生息をガイドさんが
教えてくれます。再びボートに乗ってワナカに戻る頃には、心も体もすっかり
リフレッシュしていることでしょう。
(ツアーは天候と湖の状況によって、運行を中止する場合があります)

クルーズ3





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






クルーズ4





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 








クルーズ5





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 





クルーズ6





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






モウ・ワホ島クルーズ&ウォークで観られるのは・・・
植物: ニュージーランド ヤドリギ、フィアース ラーンスウッド(ウコギ科)、ミンギミンギ、サザン ラータ、マーブル リーフ、マホエ、3フィンガーブラケット、マヌカ(ティーツリー)、カヌカ、ブロードリーフ(ミズキ科)、カリフォルニアン セコイア、オーストラリア ブルーガム(ゴム)、アメリカン モントレー、ラジアータ松、ブラック ポピュラー など
生物:ニュージーランド ハヤブサ、ウッドピジョン(ハト)、ベルバード(ニュージーランドミツスイ)、トムティット(シジュウカラ)、ワックスアイ、グレイワーブラー、カカ、トカゲ、虹鱒(モウ・ワホにある湖に生息)、ブラッフ・ウェカ(飛べない鳥) など

明日もワナカの美しいところを教えます。
でもその前に予告版続きを読む
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ