素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランド クイーンズタウン黄葉状況 【第1弾 3月26日付】

クイーンズタウンはニュージーランド国内でも有数の黄葉が
美しい街として有名です。
これから黄葉へ移り変わる姿を毎週お届けします。

第1弾は秋の足音が聞こえはじめたクイーンズタウンの様子を
お届けします。

黄葉の深まるこの街で、ピノノワールのグラスを傾けながら
ゆっくり景色を堪能してみてはいかがですか?


【ZQN黄葉情報】=========================
3月25日の気温は最高気温21度前後、最低気温9℃前後。
クイーンズタウンの週間天気予報: 

クイーンズタウンの天気予報


場所によっては木々の葉も黄色にうっすら変わってきているところがあります。
これからの変化が楽しみです。
=================================

クイーンズタウンの街の中心
ZQN中心部




クイーンズタウンの郊外
ZQN近郊









アロータウン
アロータウン


アロー川
アロー川









ヘイズ湖
ヘイズ湖







私のお勧めピノはギブストンバレーのピノノワール。
この街で黄葉をご覧になりたい方はこのツアーがお勧め!
ここをクリック
ルックJTB黄葉のニュージーランド

お待ちしてます。

ラグビー観戦

ラグビーの試合をみにいきました。
オールブラックス復帰試合です。
特にクルセーダーズは7人のオールブラックスのプロテクト選手だったので
また強いチームに復活。(*^o^*)

試合開始は19時35分。 

ジェイドスタジアム
夜のジェイドスタジアム前。



ジェイドのクルセード
クルセーダーズは日本語では<十字軍>とか<聖戦>という意味。
ラグビー界の十字軍ということで、スタジアム前にも
巨大なクルセーダーが。



中に入れば、いたいた、アップ中のクルセーダーズが!(・∀・)

練習中







ジェイドスタジアムの観客席

観客1 



上からみたところ。 子供も多かったです。

観客2








観客はユニフォームを着たり、クルセーダーズの赤と黒の帽子やマフラーなど
思い思いのスタイルで観戦。
試合の途中にはメキシカンウェイブもありました。




試合直前に場内を走りまわる<クルセイダーズ>
彼らが通ると大歓声が上がります。
馬







そして試合開始。


試合開始



ラグビーの試合もいいですよ。ぜひ見にきてください。
ちなみにこの試合は南アフリカのストーマーズ戦。 
もちろんクルセーダーズの勝利に終わりました。(*´∀`*)


今後オールブラックスが戦うテストマッチ(公式国際試合)も
マイバスセンターで販売する予定なので、どんどん紹介していきますね。
これからもブログをお見逃しなく!

街歩きで発見!懐かしいクルマ

ライオンレッドさんが今日も街を闊歩してきて
おもしろいものをみつけてきてくれました。

ニュージーランドではクルマは左側通行。日本と一緒です。
そんな事もあってか、日本から中古車が沢山輸入されています。
元々モノを大事にするニュージーランド人が所有するからか、
日本では見掛けなくなった懐かしいクルマに出会う事もしばしばです。
今回はそんなクルマをいくつか紹介します。


シビック1986

15年以上前に、初めて自分で買ったやつ♪
(1986年製 ホンダ シビック)



RX-7
これが出た時は、憧れだった。
(1980年製 マツダ サバンナRX-7)






シビック1979
小学生の頃、家族で伊豆に行ったなぁ。
(1979年製 ホンダ シビック)








セリカ1974


親父が最初に買ったクルマだ(汗)。
(1974年製 トヨタ セリカ)




クラウン


・・・同い年。生涯現役って素晴らしい。
(197X年製 トヨタ クラウン)


懐かしいクルマの他にも、時々ビックリするクルマにも出会えます。それはまたの機会に。

思い出の夏 <TASTE OF SUMMER> その10

思い出の夏シリーズも今日で終わりです。
最後を飾るのは永遠の若大将さんから思い出です。
夏、と言えばやっぱり海。
ニュージーランド風な楽しみ方をご紹介します。


海(ビーチ)に行ってきました。
ニュージーランドと言うと羊・牧草地帯と言うイメージが強いですが、
白い砂浜・透き通った水、まるで南太平洋を思わせる綺麗なビーチがあります。

ビーチ


オークランド北部 マタカナ地方のゴート(Goat)アイランドのビーチの写真。





そんな中、夏なのでビーチへ遊びに行きました。
日本と違い海の家がないので自分達で弁当を作り、
チーズ、ワイン、読書用の本を持参して出かけました。
ビーチマットもないので使い古したシーツを敷き物にして広げれば準備万端。
忘れていけないのが日焼け対策の日焼け止めクリームを塗る事です。
これを忘れると日本の約7倍にもなる紫外線を浴びる事になりますのでご注意を。
周りを見ても、日本と違い人が少なく、のんびりとした時間が過ごせます。
準備が整えば、あとは日が暮れるかお腹がすくまではのんびりと自分の時間です。
これぞ、究極の癒し?!。
是非、来年はニュージーランドのビーチへ遊びに来てみてはいかがですか?

ラクダ


思い出の夏 <TASTE OF SUMMER> その9

MOONさんは無事山頂へたどりつけるのでしょうか?
続きをどうぞ!


「登ってきました!その2」
標高1700mを過ぎると雪がまだまだ残っています。
そしてお天気も怪しくなってきました。
写真9

写真 9−2










そして足元には可憐に咲く花。気候の影響を大きく受け地面に這う様に咲いてます。
写真10









一瞬雲が晴れました!ポールを目印に山頂を目指します。
足場はかなり悪く、1歩あがれば2歩下がる勢い、頂上はまだかなぁ???
この日は週末ということもあり、家族連れのグループ、山登りのグループ、
そして2〜3人の若者グループと多くの人が頂上を目指していました。
写真11


写真12
















自分のペースでゆっくりゆっくり登っていくと、こんなところに「とんぼ!!」
近づいても全然動きません、そりぁ寒いもんなぁ。。。
写真13











やっとのことで頂上?と思いきやまだまだ先がありました。
一面の銀世界、そして運良く青空が広がりました。
ごつごつしている岩が鮫の歯<Sharks Tooth>(2510m)、
これを背にしてさらに頂上を目指します。あと80m弱。
写真14









ここまでくるとあとひと踏ん張り、最後の力を振り絞って登るとそこが頂上でした!!
やっとこさ着いたよ〜!タラナキ山<Mt. TARANAKI> (2518m)。
残念ながら雲がかかっていて眺望は楽しめませんでしたが、登り応えがある山です。
写真15−1

写真15-2















同じ道を帰らねばならないので、下りは十分注意してくださいね、すべりやすいです。
また天候が非常に変わりやすいのでご注意を!
そして首長たちの埋葬の場でもあり、危険が迫ったときの隠れ場所であるタラナキ山は、
マオリの人々にとっては極めて神聖な地であることもお忘れなく。

重宝するもの:手袋、帽子、ストック

=おまけ=
マナマホエ湖<Lake Mangamahoe>からの写真です。
自分があの頂上に立ったかと思うと「よくがんばったなぁ」とちょっとだけ自画自賛。
写真16
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ