素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランドのワインについて その3

世界最南端のワイナリー地方 セントラルオタゴ地方へ


ワイナリー



オタゴ地方の空の下のワイナリー




クイーンズタウン街中のワインテイストでいろんなワインを試飲して、
すっかりセントラルオタゴ地方のワインを気に入ってしまい、、、
レンタカーを借りて、郊外のワイナリーを訪ねてみました。 
このあたりでメジャーなワイナリーは、ギブストンバレー、チャードファーム、
マウントディフィカルティ、ペリグリンなどが挙げられます。

ゲート




ペリグリンのゲート




クイーンズタウンに住む友人のお勧めである「ぺリグリン(Peregrine wines)」 
に行ってみました。セントラルオタゴ地方は最南端のワイナリー地方で、
世界プレミアワインの生産地として、名を広めつつあります。                                                            
ぺリグリンはリースリング、シャルドネ、ゲブールツトラミーナーといった
芳香な白ワインや数々の賞を受賞しているピノ・ノワールを作りだす
スペシャリストとして、今、注目されています。
ぺリグリンワイナリーでは、葡萄の品質から製造方法までこだわりを持ち、
限られた量しか生産していないそうです。
ワイナリーで試飲をして「これだ!」と思うワインを見つけたら、
ぜひこちらでご購入を。。。オタゴ地方には他にもブティークワイナリーと
呼ばれる小規模なワイナリーも沢山あります。
場所によっては予約が必要なので事前にご確認を。

入り口



写真提供 Peregrine Winery




中1




写真提供 Peregrine Winery










中2



写真提供 Peregrine Winery



ペリグリン


ペリグリンのピノノワール。 
これはお勧めです。 でもあまり人気がでると
手に入りにくくて実は教えたくないワインなんです・・
でも簡単に手に入る方法があるので、マイバスセンターに
問い合わせてね!


写真提供 Peregrine Winery


ニュージーランド育ちで、映画「ジェラシックパーク」や「ピアノレッスン」に
主演した俳優サム・ニ−ル氏のワイン「Two Paddocks」も、
ここセントラルオタゴで作られています。

すでに各地ではワイン用葡萄の収穫が行われています。
2007年度は去年を上回り、19万から21万トンの葡萄の収穫が見込まれているそうです。
収穫が始まる2月の天候が恵まれていたからでしょう。
高品質のニュージーランドビンテージワインが期待されます! 
5月には葡萄畑の葉が紅葉し、これもまた風情があります。

味覚の秋はクイーンズタウンで・・・

モア

ニュージーランドのワインについて その2

クイーンズタウンで欲張りワイン試飲

ワイン好きな方には必見!クイーンズタウンの街中で
気軽にワインを試飲出来る所があります。
オコーネルショッピングセンターのビーチ通り側にある石造りの
お洒落な入り口を構えるワイン テイスト セントラル オタゴ
「Wine Tastes Central Otago」♪ 


ここでは選び抜かれた80種類以上もの国内外のワインを試飲することができます。
リラックスできるワインラウンジのソファーに座って、
お友達とおしゃべりしながら、ゆっくりワイン試飲をお楽しみ頂けます。
ワインに良く合う美味しいチーズもあります。


 wine lounge



ワインラウンジ 
ここでゆっくり過ごせます。

pino



こんなにたくさんのピノが・・・





shiin


ワインをサーブ中






ここでの特徴は エノマティック(Enomatic Wine Serving System)という
ワインの風味を保つイタリアの最新技術「ワインサーバー」が使われています。
ワインは一度栓を抜いてしまうと空気が入って早いうちに飲まないと
風味が変わってしまいますが、ここではこのシステムを使っている為、
この風味&品質が保たれ、いつでも最高の状態のワインをお試し頂けます。
こんなに沢山の種類のワインを試飲出来る所はここくらいでしょう!

方法は簡単! カウンターでワインカード(プリペイド式または後払い式)を
購入して、試飲用グラスを受け取り、好きなワインを選びます。
ブドウの種類ごとに分類され、ワインの特徴の説明も書いてあるので、
ゆっくりお好きなワインをお選び下さい。
ワインを選んだ後は機械にワインカードを挿入。
試飲料金は各ワインボトルの上部に、赤くデジタル表記されています。
分量も「ワイン購入の前の味見」としてなら25ml、
「気になるワインの飲み比べ」なら75ml、「たっぷり飲みたい方」には150mlと
好きな量を選べるのは嬉しい。
店内にはチーズの他に、パンやクラッカーをディップすると
美味しいオリーブオイルやジャム、チャツネなど・・・
素敵な瓶に入ったものが揃っており、贈り物に最適です。
重いワインはここで郵送の手続きもしてくれるので安心です。


グラスとワインカード


このグラスとカードで試飲ができます。





試飲中


プロになった気分?











ワインやチャツネ



選ぶのに迷うそうなくらい豊富なラインアップ



車がないとなかなか郊外のワイナリーには気軽に行けません。 
ここならお気軽にお試しいただけますよ。
世界最南端のワイン産地、セントラルオタゴ地方特産のピノノワールを
ぜひお試し下さい。

次回はワインテイストをして見つけたお気に入りの
オタゴセントラルのワインを求めて・・・ワイナリーへ。

モア




ワナカは今が旬です。

今まさに見頃です。青空に黄金色の木々が映えます。
風のない日には、ポプラ並木が水面に写ってとても綺麗です。


今回写真を提供いただいたのはワナカで活躍中のEco Wanaka Adventures Ltd様より
いただきました。
あまりに綺麗なので早速アップしました。

写真の殆どは「アウトレットトラック」とよばれるワナカのクルーサ川
沿いのハイキングコースです。4月15-17日の間に撮影されたものです。

wanaka



写真提供Eco Wanaka Adventures Ltd



wanaka3



写真提供Eco Wanaka Adventures Ltd










wanaka4


写真提供Eco Wanaka Adventures Ltd







wanaka6
上を見上げたら・・・




写真提供Eco Wanaka Adventures Ltd






wanaka5
この写真はワナカ湖畔で撮影されました。




写真提供Eco Wanaka Adventures Ltd




行ってみたくなる、絵のようなワナカ。


この<アウトレットトラック>はマイバスセンターにて予約承っております。
ゴールデンウィークなら間に合うかも?

このゴールデンウィークに心の洗濯をしにニュージーランドへ
きませんか?


ニュージーランドのワインについて その1

これからニュージーランドのワインのお話をご紹介します。
旅を続けるモアさんがおいしいワインも教えてくれます。


クライストチャーチ「ワインとチーズのお勉強会」


最近話題になっているニュージーランドワイン。
ニュージーランド各地にワイン産地が点在しています。
代表するのはマールボロ、ホークスベイ、オタゴ、マーティンボロ、
ワイパラ地区ですが、郊外に点在しているので、
移動手段がないとなかなか気軽にいけません。

そこでワイパラ地区を中心に、ニュージーランド各地の有名な銘柄から、
かなりレアな銘柄まで、取り揃えているシティワイナリーで
「ワインとチーズのお勉強会」に参加することにしました。

クライストチャーチの郊外にあるワイパラ地区やオタゴ、ホークスベイの銘柄も
含めて約12種のワインを、タルボットフォレスト社のチーズ約7種と共に試飲をしました。



2047


シティーワイナリーの店内




2022



こんな感じでワインテイスティング。
この間にもいろいろワインのこと教えてもらいました。





2033


試したワインとチーズの1部。









まずはソーヴィニヨンブラン。程よい酸味と柔らかな果実味があり、
青草のような爽やかさとスパイシーな香りをもつソーヴィニヨンブランは
ニュージーランドワインを世界に広めた白ワインの品種。
目が覚めるような味わいでした。
他には白ワイン品種のシャルドネ、リースリング、赤ワイン品種のピノノワール、
カベルネソーヴィニヨン、シラー、メルロなど様々な種類を試飲しました。
飲み比べてみるとそれぞれ違った風味がありました。 
この勉強会に参加するとるいてくる小冊子にワイン品種についての詳しい説明が
ついているので、それに自分の気に入ったワインの感想を書き込みながら、
自分好みのワインを見つけることができます。ショップ内に陳列されているワインには
それぞれ英語と日本語でわかりやすく説明が書かれているのもうれしい。
試食したチーズにもそれぞれ特徴があり、野菜のエキスが入った女性に
人気のチーズや、マヌカハニーの風味がするスモークチーズ、
噛むほどに味が増すチーズなど、、、グルメな方にはお勧めです。
保存パック/保冷剤を無料でつけてくれるということでお気に入りの3種を購入しました。 
そしてショップお勧めのデザートワイン(アイスワイン)を購入。




2038


思わず購入を決めたデザートワイン。





2046

おいしいシラー こちらもお勧め










2051

お酒が飲めなくてもこのチーズには感激。
もちろんワインといっしょに楽しめば2倍感激?






ワインの日本への発送も受け付けており、銘柄によってはお得な3本セット、
6本セットがあります。日本人スタッフがいるので気軽に聞けます。
またお勉強会ですので、ワイン初めての方でも参加できます。 
とにかくワインを楽しんで!というスタンスのお勉強会です。
もちろんワインに詳しい方でもお楽しみいただけます。
日本のソムリエさんもニュージーランドのワインは良くわからないから・・・
といってこのお店に訪れることもあるそうです。

* * *

シティワイナリーでお食事の美味しいワイナリーを紹介していただき、
翌日はレンタカーを借りて、ワイパラ地区のペガサスベイワイナリーに行きました。
(人気があるので予約が必要です!)
ラベンダーが香る庭を眺めながら、カウンターで試飲して選んだワインと
共にラム肉を頂きました。


0719


ペガサスペイワイナリー



0711

ラムも美味しかったです!









0715


こんなワイナリーでワインを飲むとついつい
飲む量が・・・
満足・・・




クライストチャーチでも美味しい食事とワインが揃う地元で人気のレストランがあります。
大聖堂から歩いてすぐ、アートセンターの近くにある「ルボンボリ(Le Bon Bolli)」です。
いろんな美味しい素材を少しずつ食べられるお得なミールクーポンのお食事を
種類豊富なワインと共にお楽しみ下さい。

ルックJTB 体験島ニュージーランド ホットジェネレーション オプショナルツアー 「JTBオリジナル ワインとチーズのお勉強会」にぜひご参加下さい。 マイバスセンターまでお気軽にお問合せ下さい。

ニュージーランドのグルメ処はまだまだありますよ。

モア

秋のクライストチャーチ

黄葉はやはりクイーンズタウン、ワナカですが、
クライストチャーチはどうなの?という声が寄せられましたので
早速パチリしてきました。

大聖堂





大聖堂広場
黄葉へはまだという感じですね



大聖堂2




この木ももう少しという感じでしょうか


大聖堂3



こちらは葉が散ってしまいました。






秋の雰囲気は充分たのしめます。
今は大聖堂広場よりもすぐ近くのビクトリア広場の方が紅葉がきれいです。

ビクトリア広場



こんな感じ


日々自然を感じることのできるニュージーランド。
赤ワインがおいしく感じる季節になりました。

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ