素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

オマルに行ってきました。 その2

昨日アップしたペンギンの載った標識は
かわいいとの反響がすごかったです。
今日もモアさんのオマルの旅は続きます。


オマルでは、
日本人のご夫婦が経営するベット&ブレックファーストに泊まり、
ゆったりとした時間を過ごしました。
イギリス式民宿で
一般家庭の部屋を 朝食付きで宿泊施設として提供しており、
とても アットホーム! 
朝食は通常のクックとブレックファーストに、
お庭で採れた果物で作った自家製ジャムや
カスピ海ヨーグルトが加わり、
カフェ顔負けの贅沢メニュー。

ティマル 1690ティマル 1697ティマル 1702












滞在中はオマルの埠頭で釣りも満喫。
満潮時になると、地元の人も集まってきて、わいわい賑やか。
地元の人のアドバイスをもとに、
白身魚を餌にして、レッドコッド(鱈の一種)を釣上げました。 
夜、刺身にして、ポン酢ととろろで和え頂きました。

ティマル 1706





ティマル 1709







他にも、、、オマルは
この地で算出されるオマルストーンと呼ばれる
石灰石を使ったお洒落な建物が多いことでも知られており、
街歩きもお勧めだそうです。
もともと森林の少なかった地域で、
建築材料として木材は十分ではなかったので
石灰岩のブロックを切り出して使ったそうです。
今度行った時に挑戦します。

自然あふれるニュージーランド南島にぜひお越し下さい!

オマルへ行ってきました。 その1

さすが旅行会社、旅行好きが集まっています。 

今日はあまりガイドブックにも載っていない街、
オマル(マオリ語でOAMARUと書きますが、読み方はオマルです)
をモアさんがご紹介します。 

オマルはどこにあるか、ですか? 
ニュージーランドの地図を広げてください。 
南島の東海岸にあります。 
ティマル、じゃあありません。オマルです。


ペンギンと共存する街(?) オマル     

オマルは南島、クライストチャーチから約3時間ほど、
牧草地&海岸線を南下した所にある街。
この街は、ペンギンと共存(?)する街として有名です。
日没の時間になると、
あれよあれよと沢山のブルーペンギンが岸に戻ってきます。
ブルーペンギン(日本名:ハネジロペンギン)は
体調25センチ、体重1キロのとっても可愛らしいペンギン。
小さな体で一生懸命岩肌を登ってくる姿には感動! 
ツアーに参加すると間近で見ることができます。
人間の住む地域に隣接して生息しているのは世界でもまれだそうです。

『ペンギンに注意看板!』が海岸線の道に見られます。
けっして大げさではなく、最近事故が多いので、
車でお越しの観光客の方に注意を呼びかけているのです。
(ペンギンの写真は・・・夕暮れ時なので撮れませんでした。
 ぜひ実物を見に来てくださいね)

ティマル 198

ロトルアぶよぶよ旅行の巻

またまたプケコさんからの投稿です。
旅行にいかれたようです。


先日 ロトルアへ行ってきました!!

今回のテーマは癒しと慰安 
そして旅行の第一の目的は温泉とマッサージ!!
って、なんか 
おじいちゃん、おばあちゃんたちの団体旅行のようですが・・・・

さて テーマに沿った日程はというと・・
初日はファームの子羊と遊ぶ
と言う体験をし、癒される予定だった。
(が 子羊には逃げ回られ、 ちゃんと遊んでくれず・・ ) 

子羊と遊んでいる







定番のマオリショーを見た後 
露天の岩風呂へ。 
お〜 久々の露天風呂!(しかーし、水着着用) 
普段、シャワーばかりの私は
指がシワシワ、ぶよぶよになるまで 
1時間以上もお風呂につかっていたのでした。

スパ




翌日は、2時間ドラマに出てきそうな
湯煙もうもうの火山帯トレッキングの後、
別府にある地獄めぐりのような場所 ”ヘルズゲート”で 
泥風呂&ミリミリマッサージ
毛穴が99%開くというふれこみの泥風呂に20分つかり 
その後 マオリ式のミリミリマッサージ60分コース
もうヨダレたれまくりのイビキかきまくりの60分は最高でした!!

オークランドで遊ぼう! マーケット その1

マーケットが大好きなプケコさんからの情報です。


オークランドの週末は 
あちらこちらでマーケットが開かれています。
マーケットでは、新鮮な野菜やお花が安く売られているほか、
ハンドメイドのアクセサリーやオブジェ、
たまに“うっそ〜!!”と思うような 
変わったものなども売られていて 
なかなか面白いですよ。 

私のお気に入りは、パーネルのフレンチマーケット。
どちらかといえば、他のマーケットに比べ規模は小さいけれど 
小洒落たものが多く、来られているお客様もお上品系が多いです。 
このマーケットで人気なのは、パエリア。

パエリア







大きなお鍋に用意されていて 
仕上げに置かれるムール貝やレモンは 
シェフのこだわりがあるのか
とても丁寧に芸術的に置かれて行きます。 
できる前から長蛇の列!
関西人魂で人を掻き分け、めでたくGET!! 
できたてのパエリアをハフハフ言いながら食べた後は 
奥のお洒落なカフェで一休み。

土曜日の午前中だけですので
寝坊しないように早起きして行きましょう!!  

マーケット チーズ

2月のお勧めオプショナルツアー クライストチャーチ その4

2月のお勧めは、
ご紹介のアンカーのクライストチャーチよりお届けします。

ガーデンシティの2月のお勧めは
やっぱりガーデンツアー。 
これからご紹介するツアーは
マイバスセンターにて予約を受け付けております。


クライストチャーチは
別名ガーデンシティと呼ばれています。
その由来は、クライストチャーチの市全体が
一つの庭のようだ・・・と言われています。
市の1/3が公園と指定されているため、
緑が多く、箱庭と形容されています。
市を訪れる方も
四季折々の花々、草木に迎えられるため、
本当にガーデンシティの名前にふさわしいと賞賛されます。

あじさい


ばら







そんな中で
春と夏にはガーデンコンテストが行なわれています。 
個人宅や工場のお庭など、いろいろな部門があります。 
そんなコンテストに入賞したお庭や花が
きれいに咲いているストリートなどを案内してくれるのが、
大人気ツアー プチガーデン。  
なぜプチ、かというと、小さい庭を見にくのではなく、
簡単に手軽にガーデンが見れますよということで名前が付きました。

なぜ2月のお勧めかというと、
夏のガーデンコンテストの結果が
2月の第2週位に発表になります。 
できる限り入賞したガーデンをご覧いただくように設定してあります。
さらにお花の咲くいい季節。 
見逃せません。

プチガーデン1







このツアーの特徴は

その1) 約2時間で見所を要領よく見たい 
その2) コンテストで入賞するガーデンってどんな庭? 
その3) 自由時間がないからガーデンをみれない、
ということがないようにしてほしい
その4) きれいな通りってどこにあるの?

というお客様のご要望にお応えしてあります。 
日本からご到着後、夕食の間に参加できます。
(15時出発、17時ごろホテルへ)

ガーデン好きの方だけでなく、写真好きの方もぜひどうぞ。 
庭にお宅の方がでていると、
“ようこそ!”といいながら
ツアーに関係なく話しかけてくる方もいます。 
そんな出合いもあるかもしれないツアー。 
これぞ、ニュージーランド というツアーです。 

プチガーデン2







お花をみているだけで幸せな気分になれますね。
ご予約をお待ちしてま〜す。
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ