素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランドのワインについて その1

これからニュージーランドのワインのお話をご紹介します。
旅を続けるモアさんがおいしいワインも教えてくれます。


クライストチャーチ「ワインとチーズのお勉強会」


最近話題になっているニュージーランドワイン。
ニュージーランド各地にワイン産地が点在しています。
代表するのはマールボロ、ホークスベイ、オタゴ、マーティンボロ、
ワイパラ地区ですが、郊外に点在しているので、
移動手段がないとなかなか気軽にいけません。

そこでワイパラ地区を中心に、ニュージーランド各地の有名な銘柄から、
かなりレアな銘柄まで、取り揃えているシティワイナリーで
「ワインとチーズのお勉強会」に参加することにしました。

クライストチャーチの郊外にあるワイパラ地区やオタゴ、ホークスベイの銘柄も
含めて約12種のワインを、タルボットフォレスト社のチーズ約7種と共に試飲をしました。



2047


シティーワイナリーの店内




2022



こんな感じでワインテイスティング。
この間にもいろいろワインのこと教えてもらいました。





2033


試したワインとチーズの1部。









まずはソーヴィニヨンブラン。程よい酸味と柔らかな果実味があり、
青草のような爽やかさとスパイシーな香りをもつソーヴィニヨンブランは
ニュージーランドワインを世界に広めた白ワインの品種。
目が覚めるような味わいでした。
他には白ワイン品種のシャルドネ、リースリング、赤ワイン品種のピノノワール、
カベルネソーヴィニヨン、シラー、メルロなど様々な種類を試飲しました。
飲み比べてみるとそれぞれ違った風味がありました。 
この勉強会に参加するとるいてくる小冊子にワイン品種についての詳しい説明が
ついているので、それに自分の気に入ったワインの感想を書き込みながら、
自分好みのワインを見つけることができます。ショップ内に陳列されているワインには
それぞれ英語と日本語でわかりやすく説明が書かれているのもうれしい。
試食したチーズにもそれぞれ特徴があり、野菜のエキスが入った女性に
人気のチーズや、マヌカハニーの風味がするスモークチーズ、
噛むほどに味が増すチーズなど、、、グルメな方にはお勧めです。
保存パック/保冷剤を無料でつけてくれるということでお気に入りの3種を購入しました。 
そしてショップお勧めのデザートワイン(アイスワイン)を購入。




2038


思わず購入を決めたデザートワイン。





2046

おいしいシラー こちらもお勧め










2051

お酒が飲めなくてもこのチーズには感激。
もちろんワインといっしょに楽しめば2倍感激?






ワインの日本への発送も受け付けており、銘柄によってはお得な3本セット、
6本セットがあります。日本人スタッフがいるので気軽に聞けます。
またお勉強会ですので、ワイン初めての方でも参加できます。 
とにかくワインを楽しんで!というスタンスのお勉強会です。
もちろんワインに詳しい方でもお楽しみいただけます。
日本のソムリエさんもニュージーランドのワインは良くわからないから・・・
といってこのお店に訪れることもあるそうです。

* * *

シティワイナリーでお食事の美味しいワイナリーを紹介していただき、
翌日はレンタカーを借りて、ワイパラ地区のペガサスベイワイナリーに行きました。
(人気があるので予約が必要です!)
ラベンダーが香る庭を眺めながら、カウンターで試飲して選んだワインと
共にラム肉を頂きました。


0719


ペガサスペイワイナリー



0711

ラムも美味しかったです!









0715


こんなワイナリーでワインを飲むとついつい
飲む量が・・・
満足・・・




クライストチャーチでも美味しい食事とワインが揃う地元で人気のレストランがあります。
大聖堂から歩いてすぐ、アートセンターの近くにある「ルボンボリ(Le Bon Bolli)」です。
いろんな美味しい素材を少しずつ食べられるお得なミールクーポンのお食事を
種類豊富なワインと共にお楽しみ下さい。

ルックJTB 体験島ニュージーランド ホットジェネレーション オプショナルツアー 「JTBオリジナル ワインとチーズのお勉強会」にぜひご参加下さい。 マイバスセンターまでお気軽にお問合せ下さい。

ニュージーランドのグルメ処はまだまだありますよ。

モア

秋のクライストチャーチ

黄葉はやはりクイーンズタウン、ワナカですが、
クライストチャーチはどうなの?という声が寄せられましたので
早速パチリしてきました。

大聖堂





大聖堂広場
黄葉へはまだという感じですね



大聖堂2




この木ももう少しという感じでしょうか


大聖堂3



こちらは葉が散ってしまいました。






秋の雰囲気は充分たのしめます。
今は大聖堂広場よりもすぐ近くのビクトリア広場の方が紅葉がきれいです。

ビクトリア広場



こんな感じ


日々自然を感じることのできるニュージーランド。
赤ワインがおいしく感じる季節になりました。

ニュージーランド クイーンズタウン黄葉状況 【第4弾 4月16日付】

クイーンズタウンより黄葉情報を送らせていただきます。

【ZQN黄葉情報】=========================
本日のZQNの気温は最高気温17℃前後、最低気温9℃前後。
今週は先週に比べると少しだけ、日中は暖かいようです。
朝晩は冷え込みますのでいらっしゃる方は暖かい格好をお忘れなく。

ZQN週間天気予報:

クイーンズタウンの天気予報


気温が下がり、木々も秋の気配を感じ、本格的に色づきはじめています。
来週もお楽しみに!

zqn中心部




クイーンズタウン中心部



ZQN郊外




クイーンズタウン郊外


アロータウン
アロータウン






アロー川



アロー川









ヘイズ




ヘイズ湖

この街で黄葉をご覧になりたい方はこのツアーがお勧め!
ここをクリック
ルックJTB黄葉のニュージーランド



続きを読む

マタカナ マーケットへ行ってきました!

オークランドから北へ車で1時間ちょっと行ったところに、
こじんまりとしたワイナリーが点在しています。
その先で、毎週 土曜日 9時〜13時まで
(冬季)ファーマーズ・マーケットが行われています。
場所: Corner of Leigh Rd and Matakana Valley Rd (Matakana Village内)



ワタナカマーケット





マタカナマーケット





ところ狭しとお店が並んでいて、地元の新鮮な野菜、果物、手作りジャム、
パン、オイスター、はちみつ、マスタードなどが売られています。
書き始めるとキリがありません・・・。
今回、私のお目当てはポルトガル風カスタードタルト(Portugese Custard Tarts)
だったのですが
(オークランドの地元情報誌<city mix>のThe Best of favourite meals & treatsで
紹介されていました。)
甘く見すぎており、売り切れていました。雑誌のパワーはすごいですね。残念!
一先ず、小腹を満たすため、チリ&チャツネソースのホットドックを食べました。
本格的なハーブソーセージを使用しており、ソースの甘辛具合とよくマッチしてました。
マーケットの入り口から隈なく見て回った後はお腹も心も大満足!

マーケットにて




マーケットで楽しそうに買い物をしていた方
カメラを向けるとにっこりしてくれました。




途中、マーケットの一角で地元のおじいちゃん3人組みのジャズ生演奏をしていて、
ド素人っぷりがおちゃめでした。
地元のワイナリーやチーズ工場からの直販なので、一度にお目当てのものを
買うことができるのも、このマーケットの魅力の一つかもしれません。

ここで、私のオススメ・ベスト3をご紹介します!
◆バジル・ソース
フランスパンに塗ったり、パスタにからめたり、用途が盛りだくさんです!
◆ハニー・マスタード・ドレッシング
どんな種類のサラダにもマッチします。ホクホクのジャガイモとの相性が最高です!
◆チリ・チョコレート 
薄型のダーク・チョコレートにチリパウダーがかかっていて、大人な味わいになっています。一度食べたら、止められません!

軽快な音楽を聴き、美味しい食べ物を楽しみ、マルシェの雰囲気を楽しむ! 
これぞ、オークランダーの醍醐味なのです♪

ニュージーランド 黄葉のシーズンを楽しむ ワナカ その2

昨日お約束したワナカの続きです。
今回の投稿はニュージーランド全国を旅するモアさんからです。
さすがきれいなところをご存知です。


季節を楽しむ  秋の黄葉をワナカで・・・

■アウトレットトラックウォーキング■ 所要時間約2時間半

アウトレット1





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 


アウトレット2





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






誰でも気軽に楽しめるトレッキングコース!
ワナカのホテルを後にして、トレッキングのスタート地点アルバートタウンへと車で出発します。コースはまずワナカ湖に注ぐクルーサ川に沿って歩き始めます。春には白や黄色などさまざまな色の花が咲き乱れ、秋には紅葉でロマンチックな表情を見せる川沿いの景色を楽しめます。季節毎に変化に富んだ美しい景観をご堪能ください。ここで観られる植物はニュージーランド原産種と外来種の両方がミックスしています。一番の見頃はやはり黄葉する秋。
高度 : 最低地点 260m、最高地点280m
催行期間 : 11月〜5月

黄葉ハイキングで観られるのは・・・
植物: マヌカ(ティーツリー)、カヌカ、ロンバロイ ポピュラー、ブラック ポピュラー、ウィロー(ヤナギ)、松、フラックス(ユリ科)、マタゴウリ、キャベッジ ツリー、トゥトゥ、ブリア ローズ、ブラックン ファーン(シダ)、タイム、タソック、ルーピン(ルピナス)、ウーリー マギンズ、 3フィンガー、フューシャ(フクシャ) など

生物: パラダイス ダック、スカウプ ダック、グレイ ダック、ブラック スタッグ、ホワイトヘロン(サギ)、オイスターキャッチャー、ハリヤー ホーク(タカ)、ファンテイル、トムティット(シジュウカラ)ワックスアイ、ベルバード(ニュージーランドミツスイ)、ハト、チャット フィンチ、ブラックバード、スラッシュ(ツグミ)、ブラウン&レインボー トラウト(鱒)、オポッサム(フクロネズミ)、ウサギ など

ワナカでは4月24〜29日に「フェスティバル オブ カラー」というお祭りが開催され、ライブミュージック、ストリートパフォーマンス、アート展示、コメディショー、ガーデンツアーなどがお楽しみ頂けます。フェスティバル限定のアートなラベルのリースリングワインとピノノアールワインも販売予定です。
ウェブサイト フェスティバル オブ カラー

アーミーバンド
ニュージーランド アーミーバンド 





写真提供 Festival of colour







ストリート1
ストリートパフォーマンス 4/28に開催




写真提供 Festival of colour





ストリート2
ストリートパフォーマンス 4/28に開催




写真提供 Festival of colour


ぜひこの時期にセントラルオタゴ地方を訪れ、、、秋を感じてください

詳しいツアーのお問い合わせはマイバスセンターまで・・・
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ