素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランド 黄葉のシーズンを楽しむ ワナカ その1

全国を旅するモアさんが黄葉シーズンの美しいワナカをご紹介します。
今ニュージーランドは美しい黄金色へと変わりつつあります。


季節を楽しむ  秋の黄葉をワナカで・・・
    
4月上旬〜5月上旬、セントラルオタゴ地方は黄金色に変わります。
そのなかでも一番きれいな地域はワナカとクイーンズタウンです。
今日はワナカをご紹介。

ワナカはクイーンズタウンから国道89線を通り、車で約1時間半で行くことが
できます。ワナカ湖は国内で4番目に大きな湖。
湖越しにマウントアスパイアリング(Mt Aspiring) の連山が見渡せる景観に
恵まれた静かな街です。湖沿いにはポプラ並木の散歩道が続き、特にこの季節は
葉が黄金色に変わり、格別です。

そんなワナカで体験できる、秋のお勧めコースをご紹介します。

■ モウ・ワホ島クルーズ&ウォーキング■ 所要時間約3時間
クルーズとウォーキングの両方を楽しめるコース。

クルーズ1





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd



クルーズ2





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd






ワナカの宿泊施設を出発。 ワナカから船で出発して約30分、ワナカ湖の真中に
浮かんでいる、モウ・ワホ島に到着します。
氷河期時代の名残の氷河でできためずらしい島。
かつて、蒸気船や丸船が湖を定期的に往き来していた時代、モウ・ワホ島は
船の係留所として使われていたそうです。石造りの港と小屋が、高くそびえる
松の木々に囲まれ、初期開拓時代のおもかげをいまでも残しています。
船着き場からの小道をたどっていくと、道は次第に登ぼり坂になり、森林を抜けて、
ティラウィット・ピークの山頂付近に出ます。
山頂の一歩手前には、アレテゥサプールという名の小さな湖があります。
山頂からは、360度、ワナカ湖の景色が広がります。
山、渓谷に囲まれ、眼下にはアレテゥサプール湖、言葉にできない、
大パノラマが一望できます。
帰り道はもう少し時間をかけて、鳥のさえずりに耳をかたむけたり、
バードウォッチングを楽しみながら歩きます。めずらしい野鳥の生息をガイドさんが
教えてくれます。再びボートに乗ってワナカに戻る頃には、心も体もすっかり
リフレッシュしていることでしょう。
(ツアーは天候と湖の状況によって、運行を中止する場合があります)

クルーズ3





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






クルーズ4





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 








クルーズ5





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 





クルーズ6





写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd 






モウ・ワホ島クルーズ&ウォークで観られるのは・・・
植物: ニュージーランド ヤドリギ、フィアース ラーンスウッド(ウコギ科)、ミンギミンギ、サザン ラータ、マーブル リーフ、マホエ、3フィンガーブラケット、マヌカ(ティーツリー)、カヌカ、ブロードリーフ(ミズキ科)、カリフォルニアン セコイア、オーストラリア ブルーガム(ゴム)、アメリカン モントレー、ラジアータ松、ブラック ポピュラー など
生物:ニュージーランド ハヤブサ、ウッドピジョン(ハト)、ベルバード(ニュージーランドミツスイ)、トムティット(シジュウカラ)、ワックスアイ、グレイワーブラー、カカ、トカゲ、虹鱒(モウ・ワホにある湖に生息)、ブラッフ・ウェカ(飛べない鳥) など

明日もワナカの美しいところを教えます。
でもその前に予告版続きを読む

ニュージーランド クイーンズタウン黄葉状況 【第3弾 4月9日付】

お待たせしました。
クイーンズタウンより黄葉情報を送らせていただきます♪


【ZQN黄葉情報】=========================
本日のZQNの気温は最高気温18度前後、最低気温8℃前後。
今週は木曜日あたりからと冷え込むようです。


クイーンズタウンの週間天気予報: 

クイーンズタウンの天気予報


木の種類や場所により、更に色づいているところがみられます。
今週は気温が下がるので、変化が期待されます。来週、お楽しみに!
====================================================


クイーンズタウンの中心部

zqn中心部





クイーンズタウン郊外
zqn郊外








アロータウン
アロータウン



アロー川
アロー川








ヘイズ湖
ヘイズ湖



来週もお見逃しなく

クイーンズタウンは今とても美しい季節です。
見にきてね。

クイーンズタウンに住んでます。 その3

住んでみたクイーンズタウンシリーズもこれで最終回。
今日はクィーンズタウンに住んで丸3年経ったスタッフからの投稿です。

クィーンズタウンに最初来た時の印象はただ一言、「綺麗な街」という感想でした。
そして3年間住んでの感想は・・・やはり同じですね。
特にクィーンズタウンはこんな人に合う街です。

■日本の忙しさに疲れた、気分をリフレッシュしたい!■
人も少なく、交通量も少なく、空気も新鮮。
周りを囲むのは美しい湖と山々・・・心をリセットしてくれます。

■四季それぞれの魅力を楽しみたい!■
「春」
周りの草木が青々とし、郊外の牧場ではかわいい子羊のしぐさが人の目を楽しませてくれます。
「夏」
とにかく日本の夏とは比較できないほど、快適で涼しいです(エアコンも扇風機も必要ないんです!)。
そして夜遅くまで明るいので21時でもゴルフができる上、周囲の山や日帰りでルートバーントラックなどのハイキングも楽しむ事が出来ます。


Remarkables
クィーンズタウンの象徴「リマーカブルズ山脈」






「秋」
紅葉ではなく金色の黄葉が広がります。
特にポプラや柳は美しいの一言です。
「冬」
ウィンタースポーツが好きな方には贅沢なぐらいすぐそこにスキー場があり、毎日でも思い存分、スキー、スノーボードを楽しめます。



CoronetPeak
冬の夕焼けコロネットピークスキー場







■多文化も感じたい!■
世界各国から移住目的で来るこの街はアジア、ヨーロッパ、南米、北米と様々な人種がいます。
それぞれの文化や人との交流を体感するのも楽しみの一つです。

クィーンズタウンは田舎だ!と言われますが最近は便利になってきまして、大型のショッピングセンターや家が建ち始めています。
周りには楽しみや壮大な景色が広がっているので一年中飽きがこない、そして何よりも疲れた体を癒してくれる魅力ある街です。
特に長期滞在の方にお勧めです。
一度クィーンズタウンに足を運ぶとその魅力を実感できます!
ちょっと高めの電気代?ちょっと高めの物価?私はそんな事は気にする暇が無いくらい楽しんでいます!
ニュージーランド国内で一番のお勧め街ですよ・・・(^o^)

今日はグッドフライデーです。

今日はイースターの最初の祭日、グッドフライデーです。
キリスト教の信者達は教会に行き、十字架で亡くなったイエスキリストを
偲びます。 キリスト教信者によれば、クリスマスよりも神聖であり、
大事な日でもあります。 日本語では復活祭と訳されていますね。

お店もほとんど閉まってしまいます。
まるで元旦。
グッドフライデーの後、土曜日、日曜日、そしてイースターマンディと4連休なので
ニュージーランドの人々は旅行に出かける人たちも多いです。

子供達はイースターといえば、卵とウサギ。
それをかたどったチョコレートがニュージーランドでは主流です。
アメリカなどは本物の卵を使ってエッグハンティングをしますが、
こちらでは卵型のチョコレートを使ってエッグハンティングをします。
これをあちこちに隠しておいて(もちろん庭にも)見つけた人のものになる
という子供の遊びです。
tamago
卵型のチョコ 
こんな感じが主流・・・





ばにー
ウサギのチョコ
中は空洞が多いです。











欧米やアメリカでは復活祭のため、ご馳走を食べたり、春の訪れを
祝うようですが、ニュージーランドではあまり見かけません。
(しかも秋だし)

とにかく、イースターというとウサギや卵の形をしたチョコレートが
山積みになってスーパーで売られているっていう感じです。

もちろんクライストチャーチ大聖堂でもイースターのお祈りがございます。
お祈り中は写真は厳禁ですが、参加されてみたらいかがでしょうか。

大聖堂
クライストチャーチ大聖堂

クイーンズタウンに住んでます。 その2

昨日に引き続き、クイーンズタウンに住むJTBのスタッフの
住んでみたら、の体験談をお届けします。


こんにちは。
クイーンズタウン支店に入社して2週間弱が立ちました。
今回は、どのようにすむところを探したかをお届けします。

探し方はいろいろありますが、
新聞のフラットメイト募集欄
スーパーマーケットの掲示板
日本人経営のお店の掲示板
インターネット

などがありますが、クイーンズタウンはニュージーランド国内でも、
オークランドと並んでもしくはそれ以上に住居費が高く、
冬は極寒となり、電気代も跳ね上がるということなので、
電気代込みの部屋を重点的に探しました。
そして、何軒か部屋を見に行き、一緒に住むオーナーと
気が合うかということも大事だと思います。
クイーンズタウンは、夏は長期滞在者、冬はスキー、スノーボードでの
長期滞在者が多く、今はまだ夏の長期滞在者が帰っていないので、
フラットを探すのにとても苦労しました。
が!やっと見つけた家は一軒家で犬も居て、庭にはバラが咲き、
部屋からは、ベッドで寝ながらでも見えるすばらしい山脈が広がっています。
家まで歩いていくと急な坂もあり徒歩20分ですが、この景色にはかえられません!

家
家の例。実際にスタッフが住んでいるわけではありません







部屋探しは苦労しましたが、それさえクリアすれば、クイーンズタウンの人々は観光の町ということもあり、とてもフレンドリーですし、自然の中心部で暮らしているような感じです。



黄葉
黄葉がきれいです。










ちょっと秋
ちょっと秋を感じてます。







ぜひこれからの秋の季節、すばらしいポプラ並木をみにお越しください。

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ