素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ルックJTB体験記 その16

好評のJTBスタッフによるルックJTB体験記。
今日はニュージーランドの最高峰
マウントクックにやってきました。

浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
JY181〜JY189(名古屋発)

5日目: クイーンズタウン=>マウントクックへ(約263km)
     マイバス サザンクロスに乗ります。


充実したクイーンズタウンでの滞在も終わり、
今日はマウントクックへ向けて出発です。
マイバスに乗ってきれいな景色に目を奪われながらの移動です。
日本語ガイドさんの面白いお話を聞き、
「へえええ」とついつい口走ってしまうこと間違いなし!
道中も楽しんでいただけます。


クィーンズタウンを出発して約45分、
フルーツの街、クロムウェルに隣接している湖、
ダンスタン湖が目の前に広がってきました。
この湖はフルーツ栽培の干害防止対策の一つとして作られた人口湖です。
人口湖といっても規模は比較的大きく、
天気の良い日は写真の様に周りの景色を湖面に映し出します・・・
実に美しいですね。

LakeDunstan

ダンスタン湖





ここ、リンディス峠は、
南島で鹿をはじめて放牧したところとなんですって。
標高965メートルもあるこのリンディス峠は、
今日宿泊するハーミテージホテルのあるマウントクック村よりも
200メートルも高い位置にあります。

先日ご紹介したタソックの色違い!
今度は緑色の「アルパインタソック」がたくさんです。
タソックは畳の原料、イグサの一種で13種類もあるそうです。
昔は日本の高速道路にたーくさん植えられていたのだとか。
「へえええええ!!」・・・古いですか??(汗) 

これまたニュージーランドらしい風景がごらんいただけます。
そして、今日は「バイパーズバゴラス」が今満開でした!
花のつぼみが毒蛇の頭の形に似ていることから、
この名がついたのだそうです。
舌を噛んでしまいそうなこの青い花からは、
とてもおいしい蜂蜜が取れるんですよ。
日本では、「マムシの蜂蜜は健康によい!」と密かなブームだとか?
マヌカ蜂蜜と共に、試食を見つけたら是非トライしてみてください。

Viper

リンディス峠のバイパーズバゴラス





マウントクック到着!!
南半球の最高峰のある村にやってきました。
ニュージーランド先住民、マオリ族の言葉では
アオラキ「AORAKI」と呼ばれています。 
アオ<AO>は雲、ラキ<RAKI>は突き抜けるほど高い、
と言う意味だそうで、マウントクックは雲を貫く高い山という意味です。

う、美しすぎる!!お天気にも恵まれ、
くっきりはっきりマウントクックを見ることが出来ました。
富士山より22メートル低い、3754メートルですが、
大変な斜度の為登山となると至難の業なのです。
雄大な景色を見ながら、
おいしい空気をおなかいっぱい吸い込みましたが・・・
やっぱりおなかがぐーぐーなっています。
さあ、ランチ!ランチ!

MtCook
 
こんな道を通ってマウントクックへ向かいます。





今日の夕飯は
アルパインレストランのバッフェ(バイキング)です。
前菜、メインそして外せないデザートまで豊富なメニューです。
「全部食べたい!」とついつい欲が出て、食べまくってしまいました。
夕暮れでピンクに染まったマウントクックもきれいでした。

夜はスターウォッチング(星見)ツアー。
日没後なので、夏の今は夜10時集合です。
日中は暑くても夜はぐぐっと冷え込むので暖かくして、
トイレも忘れずにすませてから出発。
ホテルの周りは山に囲まれているので、
バスで見晴らしの良いところへ移動です。

南半球に見える星座といえば「南十字星」。
天の川の中に輝いているのが良〜く見えました。
日本人ガイドが説明してくれて、
望遠鏡や双眼鏡も使うので他にも色んな星座を楽しめます。
動いている人工衛星、
そしてラッキーなことに今しか見られないマックノート彗星も見えました。
流れ星に「明日も晴れますように」と願いごとをしました
(その他の願いごとは秘密)。
お天気が悪い日にはスライドショーで楽しい説明が聞けますよ。

mt クック
夕暮れのマウントクック ハミテージホテル付近から撮影

ルックJTB体験記 その15

ミルフォードハイキングを楽しんだ後は
今度は船からミルフォードサウンドを観光しにいきます。
美しい景色がまだまだ続きます。


浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
       JY181〜JY189(名古屋発)

4日目:ミルフォードサウンド1日観光
    テアナウ=>ミルフォードサウンド=>クイーンズタウン
    (約412km) バスの旅


今日は世界遺産、ミルフォードサウンドに向けてテアナウより出発。
ミルフォードサウンドがあるフィヨルドランド国立公園は
日本の新潟県とほぼ同じ土地面積を誇ります。
その国立公園に入り、
突然、目の前に広がってきた大きな平野はエグリントン平野です。
今日は少し曇っていましたが
思いっきり深呼吸がしたくなる
そんな広大で空気がおいしいところです。

ZQN_EVALLEY

エグリントン谷




つづいては
鏡のような美しい湖その名もミラーレイクスです。
遊歩道から写真を撮ると山の景色がきれいに湖に写っていました。
まるで絵に描いたかのような美しさです。

ZQN_MLAKES

ミラーレイクス




世界的にも珍しい高地に生息するニュージーランドのオウム、ケアを発見!
愛嬌があるのですが、いたずら好きで
車のワイパーゴムをかじったりなど困った子なんです。

ZQN_KEA

ケア




テアナウを出発
あちらこちらカメラストップを取り約3時間、
美しい国立公園の景色を眺めながらミルフォードサウンドに到着。
船に乗り換え、いざ氷河が創造した秘境地、
ミルフォードサウンドの入り江へ!
今日は幸い?前日からの雨のお陰で
クルーズ船から見る滝は迫力たっぷり!
ミルフォードサウンドは雨の多い地域ですが、
実は雨の日のすばらしい滝も絶景の一つです。
晴れの日もいいですが雨の日はもっと良いですよ!

ZQN_MFN01

ミルフォードサウンド





いよいよクイーンズタウンに到着!
さすがはニュージーランドのリゾート地!
かわいい街並みと美しい景色を気に入って頂けること間違いなしです。

今日の夕食は、街中のレストランなので
食事の後もお買い物を楽しめます。
さあ、ガイドさんお勧めのニュージーランドサーモンをいただきまーす。
日本のサーモンよりこちらで採れるサーモンは、肉厚でとろけるのです。
思った以上に美味しくてびっくり!あーおなかいっぱい。

ZQN_BRI

ニュージーランド産サーモン





明日はマウントクックへ移動! 
ゆっくり休もう。

ルックJTB体験記 その14

ただいまご紹介しているコースは・・・

浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
JY181〜JY189(名古屋発)

3日目 ミルフォードハイキング 英語ハイキングガイド同行
    テアナウ湖を船で渡り、
クリントン川沿いのブナの原生林を歩きます。      
    歩行時間:約3時間 歩行距離:約10km

ミルフォードハイキングを最後まで歩きました。


鬱蒼とした森を抜けると、クリント川と1つ目のトイレを発見。 
トイレの中では虫が総攻撃を仕掛けてくるので
虫除けをシュッとスプレー。 
きれいな場所にしか生息しないといわれる「サンドフライ」
という蚋のような小さな虫は、
さされると1週間以上痛痒く、腫れが引きません。ご注意を。 
虫除けは日本のものよりニュージーランドのものの方が効く、と聞きました。 
2日目の夕方に買っておきましょう。

エメラルドグリーンの水を湛えるクリントン川の釣り橋を渡り、
対面の川沿いを歩きます。 
川の水は川底まで透き通っていてとってもきれい。
ウナギやマスを発見!

クリント川
クリント川吊り橋






途中、リチャードが
「僕のお気に入りの場所なんだ」という
ウェットランドウォーク「Wetland Walk」という
トラックへ立ち寄りました。
メインのトラックから
往復2分で気軽に行ける場所で見ることができるのは、
なんと赤いコケ!
枯れているのではありません。
辺り一体に広がる赤いコケは必見です。

赤いコケ
赤いコケ











トラックにはクリントハットという山小屋があり、
そこにはきれいな水洗トイレがあります。 
そこまで進んでトラックは終了です。 
帰りのフェリーの出発時間が決まっているので
少しゆっくりペースで歩いた私たちは
今度は急ぎ足で来た道を戻ります。
なんとか時間内にフェリー乗り場に到着して最後の写真撮影。 
「ミルフォードトラック」と書かれたサインの前で
リチャードと証拠の1枚。

看板
看板





ミルフォード1日コースは高低差もほとんどなく、
歩きやすくトレッキング初心者の私も
十分満喫できる見どころ満載のコースでした。 

今日の夜は土ボタル見学があるので、帰りのフェリー、車の中では熟睡。 
朝から夜まで盛りだくさんの1日です。

ニュージーランドは楽しい!旬のニュースをお届けします。

旬のニュージーランドニュースをお届けします。

まずはスポーツ関係から。

昨日お知らせしたスーパー14のオープニングゲーム  
オークランド ブルーズ 対 カンタベリー クルセーダーズは
34対25でオークランドブルーズの勝利に終わりました。
昨年の覇者クルセーダーズは主力選手を7名も欠いての試合でしたが、
大健闘。

ブルーズは4名主力が抜けています。 
ホームゲームで宿敵クルセーダーズを破ったチームを率いるのは
トロイ フラベル。 
ラグビーファンなら聞いたことのある名前でしょう。 
そうです、昨年まで日本のヴェルブリッツでプレイをしていた彼。 
今日の試合はイエローカードがなければ満点のプレイだったでしょう。

続いてラグビーセブンズ。 
今日、明日とウェリントンにて開催中。
予想通りニュージーランドは予選通過。 
明日の優勝を目指して戦います。
なんとびっくりは、オーストラリアが予選落ち。 
びっくり予選通過はケニア。 
などなど明日も我々を楽しませてくれそうです。

スポーツニュースだけではつまらないですか?

それではクライストチャーチのニュースをひとつ。
今週末に夏のガーデンコンテストが行われます。 
結果は来週にでますので、
優勝したガーデンのレポートをしてきますので、お楽しみに!

花1

花2

花3

ルックJTB体験記 その13

ミルフォードハイキングについて その2 です。
いよいよハイキングを始めました。

ただいまご紹介しているコースは・・・

浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
JY181〜JY189(名古屋発)


3日目 ミルフォードハイキング 英語ハイキングガイド同行
    テアナウ湖を船で渡り、
クリントン川沿いのブナの原生林を歩きます。      
    歩行時間:約3時間 歩行距離:約10km

今日の部分はテアナウ=>フェリーに乗る=>グレードハウス=>
13時のランチ終了後 また歩き始めた所まで


まず、車で「テアナウダウンズ」という場所まで移動し、
フェリーに乗船します。 
ここでたくさんのハイカーたちが
大きな荷物を抱えてフェリーに乗っているのをみてびっくり。 
彼らはガイド付き4泊5日コース、
ガイドなし3泊4日のコースを歩く人たちなんだそうです。 
私たちのコースはリュックサック1つで十分。 
お水とお弁当、日焼け止め、サングラス、簡単な雨具、虫除け、
そしてカメラさえあれば大丈夫。

テアナウダウンズフェリー
テアナウダウンズフェリー 






テアナウダウンズ
テアナウダウンズ







スタートポイント
ミルフォードトラックスタートポイント





フェリーを降りていよいよトラックスタート地点に到着。 
トラックに足を踏み入れる前に、
靴の裏についた土や泥を掃除します。 
こうすることで
靴についた原生ではない植物の種などが持ち込まれることを防ぐのだとか。 
昔のままの植生はこのように守られているのですね。 
さすがエコツーリズムの先進国、ニュージーランド。


トラック開始ポイントから少し高低差のあるルートを進みます。 
少し歩いたらテアナウ湖を一望できる見晴らしのよい場所に到着。 
今日は天気がいいのでここでランチです。

 ランチ場所
ランチ場所

メニューはサンドイッチとジュース、
そしてミルフォードトラックの天然水。 
川のお水は冷たくて安全。飲んでも大丈夫。

30分程でランチを済ませ、
ルートに戻り歩き始めると、
ルートとは全く違うシダやブナが鬱蒼としてきました。 
木や石がコケに覆われて、そこは神秘的な緑の世界。

鬱蒼した森
鬱蒼とした森 













運がよければ
ニュージーランドでしか見ることができない
ファーンテールやニュージーランドピジョンなどを見ることができます。
私たちが歩いたときは
ファーンテールをこんなに近くで見ることができました。 
石の上で羽を広げだし、
傾くファーンテールを見るのは初めてで感動。

ファーンテイル
みるみるうちに膨れていくファーンテール。

ファーンテール2







ミルフォードには
鳥を酔っ払わせてしまう不思議な木の実があるのだとか。
もしかしたら彼も酔っ払っていたのかもしれませんね。
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ