素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

アメリカスカップへ挑戦☆チームニュージーランド その9

2勝2敗で迎えた第5レース。
リードを、と期待がかかった大事なレース。

スタートはさすがディーン バーカー。 エド バードを寄せつけない
素晴らしいスタートでリード。
第1風上マークも12秒のリード、アリンギが少し手間取ったので
距離の幅を広げ、まさに理想のレース。と国中が喜んだのもつかの間・・

ん?チーム ニュージーランドのクルーがおかしい?!

テレビもズームアップしたその画面に映ったものは・・
帆に穴があいている・・・(TДT)

ここから恐怖の劇場がはじまりました。

ヨットの上にはスペアがあるので、2つ目の帆をあげる準備を
している途中に、1つ目の帆が裂けました。
(((( ;゚д゚)))すごい状態・・・

そしてパニックに陥ったのか、2つ目の帆が固定される前に
帆をあげてしまい、糸の切れた凧みたいにマストの上で
2つ目の帆がゆらゆら・・・
。・゚・(ノД`)えらい状態になってしまった・・・あああ
アリンギに抜かれた・・・

いよいよ3つ目の帆をあげました。
すると、ワイングラス状態に。
(帆が絡まり、それがワイングラスに見えるため)
(;´Д`)あかん、アリンギのリードは200m・・

そのまま大量にリードされてしまうのかと思えば、ゴールラインは
19秒差。
(´;ω;`)これはさすがチームニュージーランド。

チームニュージーランドはこの日3つミスを犯しています。
1 帆に穴をあけたこと。(人為ミスなのか、作業の最中に穴があいたか
  不明ですが、いずれにしてもあってはならないミス)
2 帆の穴があいていた場所というのは一番風力が集まるところで、
  帆に負担がかからないよう、タックをすべきであった。
  (その結果帆が裂けた)
3 鉄壁だったチームワークがくずれ、2つ目の帆上げをミスした。
   
チームニュージーランドの暗いニュースばかりではありません。

スタートでディーン バーカーが優勢なので、エド バード(アリンギ)の
自信が崩れてきている。次のレースではスタートが重要。

大量にリードするはずのアリンギは思うように進まず、バターワースが
<うちのボートは遅いんじゃないか?>とレース中に心配していたこと。
(事実チームニュージーランドの追い上げは予想外でした。ここまで
追いつくとは誰も思っていなかったので)

さらにチームニュージーラランドは
<もしアメリカスカップレースに負けたら、この先帆で負けたと
言われていまう。 それはさせてはならない。 
勝って今日のアクシデントはレースの一部にしたい>
というコメントを残しています。

さて、今日のレースでタイにもちこめるのでしょうか。
週末なので、寝不足でも大丈夫。
おっと、トライネイション、ニュージーランド対
オーストラリアもあるので、今夜も忙しくなります。

ニュージーランドがんばれ!

オークランド マイバスセンター便り その4 ★ZQNへ出張中編★

**Chie のクィーンズタウン便り**

ミルフォードサウンドにいってきました!

年間220日が曇りもしくは雨のなか、SUPER 晴れ女の私。
快晴でした。
最高の景色がみれましたよ。


mfn








mfn2


クロスカット山







3mfn


エグリントン谷





4mfn


ピーカン



(クルーズの模様はクィーンズタウンスタッフのブログを楽しみに!)
 後日アップしま〜す


晴れていたので、遊覧飛行に乗って帰りました。





1plane


10人乗りの軽飛行機、テイクオフ!






2plane









3plane


こわーい!!と思いながら空の上へ。












4plane



今までの人生3?年の間でみたことのない景色に、ただ一言「!!!」









5plane


こちらグレノーキー。
映画<ロードオブザリング>撮影場所です。きれいでしょ。









クィーンズタウンが近づいてきたました。低空飛行に。



6plane









7 plane








行きはバスで約5時間かかった道のりも、40分でクィーンズタウンへ。
料金は$330と高めですが、日本でできない経験ができて
本当によかったと思いました。
ミルフォードに行かれる方、遊覧飛行おすすめですよ!
最高の景色と時間も節約でき、一石二鳥。夏の景色もすばらしいですが、
冬の山に雪がかかっている景色もきれいです。



アメリカスカップへ挑戦☆チームニュージーランド その8

チームニュージーランドは2対2に追いつかれました。


普段はスタート良しのチームニュージーランドでしたが、
第4レースはアリンギがいいスタートを切り、そのまま
ポジションを保ち、追い上げるチームニュージーランドを
近づけませんでした。

海面を空から見ると波がたっていないようでしたが、
実は波が荒く、テレビでみていて船酔いする位
バシャバシャ ヨットが揺れていました。 
8から9ノットの風。

レース中のジャイブ(方向転換)でチームニュージーランドはジャイブ中に
帆を絡めてしまうということもあり、帆が切れてしまうのではないか、と
ひやっとさせるシーンも。

アリンギは途中で、リードしているのに帆を変える作業をしていて、
解説者達もアリンギはどうかしたんじゃないのか?!
と心配しはじめました。(心配しなくてもいいのに・・(´−д−;`))
帆を変える直前にバターワースの大きな声。<やめた!> 

今回のレースの勝敗の分かれ目はコースの選定と
おそらくアリンギのマリー ジョーンズとブラッド バターワースの
絶妙なコンビネーションに負けたのではないでしょうか?

マリー ジョーンズはクルーの一人ですが、(詳細は省きますね)
昨日はマストの上に登って風を読んでいたのです。

最後のゴールに向かってチームニュージーランドとアリンギが
タックを繰り返す中でどこまでタックを行なうか?!
チームニュージーランドがタックを行なったとき、マリー ジョーンズが
大声で叫ぶ声が放送で入ってきました。 
バターワースとの短い会話の後そのままタックをせずにゴールへ向かいました。
ちなみにこの2人、マリージョーンズとブラッド バターワースは
ニュージーランド人でチームニュージーランドからアリンギに
移った方達です・・(`・д・´)

レース結果は30秒差でアリンギがゴールへ。
しかしながら、このレースも30秒以内のデッドヒートでアメリカスカップ
史上でもこれほど激戦はありませんでした。


試合終了後、審判員によるメインセイルチェックがはいりました。
アリンギ側に不備があったのではないか、とチームニュージーランドが
プロテスト中です。 もしアリンギに非があれば、再レースになる可能性が
ありますが、おそらく不問になるのでは・・というのがメディアの見方です。
ヨットは海の上だけでなく、陸の戦いもあるのです。 
思いおこせば、1992年のルイビトンカップ決勝でイタリアにバウスプリットが
違法であると審議に持ち込まれ、リードしていたニュージーランドチャレンジチームは
負けてしまいました。(ううう、苦い思い出・・)

あと3勝すればいい。と元気なニュージーランド人達は赤い目をしながら
応援してます。

今夜はお休み。 ゆっくり休みましょう。(●´ω`●)

クイーンズタウン マイバスセンター便り その2★ウィンターフェスティバル

ウィンターフェスティバル in クイーンズタウン

まちにまったウィンターフェスティバルがクイーンズタウンで始まりました!

本当は、22日(金)より開催の予定が、先日の大雪でずっと延期になっていましたが、
この日は朝から晴天!!
きれいに雪化粧をした周りの山々も冬のお祭りムードを盛り上げています



2


朝から、準備で大忙し!!






3


平日の夜とは思えないほど、おおもりあがりです!






4


カレー、スープ、クレープやワッフル♪ いろんな屋台があります。







5


6


マルディグラパレード(MARDIGRAS)は皆、仮装していてなんだか幻想的







普段はとっても静かなクイーンズタウンの街。
だけど、お祭りのこの日は、大人も子供も大賑わいのとっても楽しい夜でした!


by しのぶ

クイーンズタウン 雪化粧をしました。

今日届いたしのぶさんからのクイーンズタウンの写真が
あまりにも美しいので即アップしました。

先日大雪で大変だったクイーンズタウン。
リマーカブルズの山々が雪化粧をして皆様を
お出迎えしています。


6月25日のブログでしのぶさんが写っている写真のバックも
リマーカブルズ山脈とアーンスロー号です。
数日のうちで、こんなに変わってしまいました。


ポストカードのような町にぜひ遊びにきてください(・∀・)



zqn



アーンスロー号とリマーカブルズ山脈





明日はクイーンズタウンで行なわれるウィンターフェスティバルに
ついてアップしますね。お楽しみに。




プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ