素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

豪華黄葉狩りプラン!ジェットボートからの黄葉鑑賞!

shotover jet

ショットオーバー川



秋のクィーンズタウンは本当にきれい。
湖畔をぐるりと囲む木々がすべてまっ黄色に色づいて、キラキラと輝かしい姿を
見せてくれる。
クィーンズタウンに暮らして7回目の秋を迎えたけれど、毎年見てもまったく
飽きることがない。それどころか、今年の黄葉は一段とキレイな気さえする。
赤、黄色が例年に比べ、とても鮮やかだ。秋色の町並みに、
ところどころ常緑樹の緑が顔を出し、まるで絵の具のパレットのようににぎやかだ。

今年は一風変わった黄葉鑑賞を企画してみた。
日本では体験することのできない?豪華黄葉狩りプラン!
カワラウジェットに乗ってジェットボートからの黄葉鑑賞だ!

今日の写真はすべて Kawarau Jet<カワラウ ジェット>より
写真提供です。


街

カワラウジェット桟橋に集合






当日、市内中心部のカワラウジェット桟橋でチェックイン。
救命胴衣、水しぶきよけのカッパを着込み、いざ準備は万端!
この日のために用意した一眼レフカメラを大切に小脇に抱え、
ワクワクとジェットボートに乗り込む。
全員が乗り込んだところで、ゆっくりとジェットボートは桟橋を離れ、
いよいよワカティプ湖へと走り出す。
クィーンズタウンの町並みがまだすぐ近くに見える桟橋から少しだけ離れたところで、
一旦停止。出発前の安全案内だ。
 “ウェルカム オンボード。マイネーム イズ ジム、キャプテン ジム!”
(僕の船へようこそ。僕はジム、船長のジムです!)

 ドライバーが私たちの方を振り返り、陽気に話しだす。
彼の笑顔と大げさなジェスチャーが、私たちの緊張を解きほぐし、
自然とこちらまで笑顔になってしまう。

“君はどこから来たの?”
“オーストラリアさ!こんなに近い国なのに雰囲気がまったく違って驚いているよ。”
“インドです。でも、私の息子はオークランドに住んでいるのよ。”
“イギリスから。娘夫婦に会いに。”
そして、私たちの順番に。
大きな声で“ジャパーン!”と答える私たちに、
ドライバーが大げさに驚いたようなおどけた表情を見せる。

 陽気な笑い声に包まれながら、いざボートはワカティプ湖へ出発だ。
ビュンビュンと気持ちのよい風をきりながら、ボートはどんどん進んでいく。
桟橋から離れるにしたがって、湖の青がどんどん深くなる。
サザンアルプスの山々が近づいてくる。
カラダ全身で感じる秋風がとても気持ちいい!
両手はしっかりと手すりにつかまりながら、目はこの美しい景色を
一秒たりとも見逃すまい!と瞬きも最小限にココロのアルバムに風景をどんどんと刻み込む。


3


サザンアルプスの山々




湖沿いのポプラが空に向かってまっすぐに伸びる姿は見ていても気持ちがいい。
空の青、湖の深い青にキラキラと輝く黄金のポプラ並木がとても美しい。
秋風にゆっくりと舞い落ちるポプラの葉っぱもクルクルと湖に
舞い落ちる金色の紙ふぶきみたいでなんだかゴージャスな気分になれる。



柳


黄金色の柳





 ジェットボートはどんどん進み、橋の下を通り抜け、カワラウ川へと向かっていく。
橋の下がちょっぴり急流になっている部分を大型ボートで勢いよく走り抜ける。
ボートが多少バウンドするのも冒険気分でおもしろい。
バウンバウンとボートが上下したのも束の間、
気がつくとなんともきれいなカワラウ川の風景が目の前に広がっていた。
すごい!これは、まさに映画の1シーンのよう!!



5


カワラウ川に反射する柳風景 




なんとも言えない青緑色の流れがとても神秘的!
水深数メートルはあると思われるのに、底が透き通って見えるほどの澄んだ水、
両岸にびっしりと並んだ黄金色の柳の木、
それぞれが空の青にはっきりと美しいコントラストを描いている。
しかも、カワラウ川のやさしい青緑色の流れに黄金の木々が鏡のように反射して、
思わずため息が出るような美しさ。
この景色はここでしか見ることができないのかもしれないと思うと、
さらに感動が高まってくる。
撮っても撮っても、まだまだいい写真、
さらにいい景色が登場するかもしれないと思うとカメラのシャッターを
押す手も止まらない。



6


カワラウ川にびっしりと並ぶ黄金柳






ジェットボートは少し進むごとに360度スピンを入れて私たちを盛り上げる。
気持ちよい水しぶきをあげて、ジェットボートが豪快に回転する。
私たちの大歓声がカワラウ川に響き渡る。



7


 360度スピン






ジム船長の軽快なトークも止まらない。
目の前に広がる山、川、木々の自然の話、映画撮影にまつわる話、
クィーンズタウンの紹介等を英語のわからない?私たちのために大きな身振り、
手ぶりも交えながら話してくれる。
私たちを楽しませることを彼自身が楽しんでいるようだ。



8


カワラウ川を疾走するカワラウジェット
(黄色いボートと黄色い柳がぴったり!)





ジェットボートでの豪華黄葉鑑賞も後半に入り、
ボートはさらに軽快にカワラウ川を走りぬける。
そして、秘密の黄葉スポットとも言えるだろう黄色のトンネルへと入っていく。
美しいカワラウ川の流れが狭くなった部分に両岸から生えている柳の枝が
大きく広がり、まさに柳のトンネルになっている。
それが、黄色に輝いているんだからなんともおもしろい。
ジェットボートから空を仰いでみると、まずは黄色の柳トンネル、
そのすきまに青空が顔を出している。
これも思わず、芸術的!とシャッターを勢いよく押し続ける。




9


黄色のトンネル






1時間のジェットボート体験は笑いと感動の連続であっというまに終わってしまった。
笑顔でジム船長に見送られながら、桟橋を後にする。写真の完成が楽しみだな。
あれだけ撮ったんだから、一枚くらいは超芸術的な作品があるに違いない・・・
と願いつつ、ちょっぴり豪華な黄葉鑑賞の余韻にひたるのだった。

鴨猟が解禁になりました。

5月になるとかも猟が解禁になります。
7月ごろまでのようです。



かも1


鴨たち




クライストチャーチの街にいてもすぐわかるんです。
ああ、猟がはじまったなと・・・
なぜかというと、街にいる鴨の数が増えるからです。


かも2


鴨で賑わうエイボン川





クライストチャーチの市内観光で立ち寄るモナベールでも
鴨の数が普段より多いのです。
お客様達も ”たくさんいますね”とおっしゃる方も多いくらい
鴨で賑わいます。
なぜか野生の鴨達が解禁になったことを知って山から街へ降りてくるのです。


かも3






だから、だんだん冬将軍が近づいてきても、エイボン川沿いの
お散歩はちょっと楽しみなんです。

餌も少ないのに、鴨の人口が増えたため、競争が激しいせいか
お腹を空かせている鴨が多く、人をみたら近寄ってきます。
真剣なまなざしで・・・


かも4



のんびり鴨もいます。
パラダイスダックはいつもオス、メスいっしょに行動してます。


今月5月7日から27日までは野生の鳥類フードフェスティバルが行なわれています。
全国の腕自慢のレストランが猟でしとめた鳥を料理するということをしています。 

このサイト内にフードフェスティバルの説明があります。

ニュージーランド猟獣サイト



こんなクライストチャーチで散歩してませんか?


大聖堂


秋の大聖堂

ニュージーランド版ゴールデンウィークの過ごし方 その2

イースター休暇を利用して、ニュージーランド南島の西海岸へ
行ってきました。

西海岸はとても雨の多い場所、乾燥した茶色の景色の
クライストチャーチ近郊とは違い、深い緑が広がります。

1


《西海岸の道路》










西海岸の名所といえばPancake Rocks(パンケーキロック)


2


《パンケーキロック》




名前のとおり、パンケーキが積み重なったような岩です。
海底に積み重なったものが隆起したそうですが、何だかおいしそう!?
今も波と風雨の影響で浸食され続け、姿を変えています。


クライストチャーチからアーサー峠経由でサザンアルプスを越えると、
4時間弱で西海岸のHokitika(ホキティカ)という町に到着します。
この町から約30km内陸に行くと、ガイドブックにも
あまり載っていないHokitika Gorge(ホキティカ峡谷)に辿り着きます。
小雨模様の日ではあったものの、透き通った青い川が流れる秘境でした。

3



《ホキティカゴージ》





ちょっと寄り道・・・のつもりがあまりのきれいさに時間が経つのも忘れて
長居してしまいました。



そして忘れちゃいけない西海岸の名所がもう1つ。
フォックス氷河近郊のマセソン湖です。
早朝の方が湖面が穏やかとの情報を得て、頑張って日の出前に起床。
車を走らせて、いざ湖へ。
湖畔のトラックを20分ほど歩くと、サザンアルプスを
きれいに写しこんだマセソン湖が目の前に!


4



《マセソン湖》



向かって右側がNZ最高峰のマウントクック、左側がマウントタスマンです。
降水量の多い西海岸で、これほどはっきりと山々が見られることは
あまり無いでしょう。本当にラッキーでした。


そして最後はその日の夕暮れ。
雲が西日を受けてピンク色に染まり、これもきれいな景色でした。


5



《夕暮れ》





西海岸は東海岸の美しさとは一味違ったダイナミックな自然が残っています。
人類が来る前のニュージーランドはきっとこんな所だったんだろうなぁと
思いながらの旅でした。
さされると猛烈にかゆい、サンドフライにだけは気をつけて・・・。

ワナカは今が旬です。

ワナカよりまたまたEco Wanaka Adventures Ltd様より
嬉しい写真が届きました。

早速アップしました。


黄葉した葉が地面に落ちて、綺麗な色の絨毯を作り出しました。

ワナカ1


黄葉とってもきれいです。

写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd






ワナカ2


ここを2人で歩きたいね

写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd






ワナカ3



写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd






ワナカ4




写真提供 Eco Wanaka Adventures Ltd



実際に感じてみませんか?
黄葉のニュージーランド

ニュージーランド黄葉状況 【第6弾 4月30日付】

クイーンズタウンより黄葉情報を送らせていただきます。

【クイーンズタウン黄葉情報】=========================
本日の気温は最高気温13℃前後、最低気温6℃前後。

ZQN週間天気予報:

クイーンズタウンの天気予報


今が見頃です。今週はちょっと天候が崩れそうです。暖かい服装でお越し下さい。
来週もお楽しみに!


zqn中心部



クイーンズタウン中心部



zqn郊外



クイーンズタウン郊外




アロータウン



アロータウン




アロー川



アロー川




ヘイズ湖


ヘイズ湖




クライストチャーチはこんな感じ




大聖堂



もう少しクライストチャーチをご案内


そろそろモルドワインがおいしくなってくる季節です。
え?モルドワインって何?
冬の楽しみなんですが・・・
今度お知らせしま〜す。続きを読む
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ