ただいまご紹介しているコースは・・・

浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
JY181〜JY189(名古屋発)

3日目 ミルフォードハイキング 英語ハイキングガイド同行
    テアナウ湖を船で渡り、
クリントン川沿いのブナの原生林を歩きます。      
    歩行時間:約3時間 歩行距離:約10km

ミルフォードハイキングを最後まで歩きました。


鬱蒼とした森を抜けると、クリント川と1つ目のトイレを発見。 
トイレの中では虫が総攻撃を仕掛けてくるので
虫除けをシュッとスプレー。 
きれいな場所にしか生息しないといわれる「サンドフライ」
という蚋のような小さな虫は、
さされると1週間以上痛痒く、腫れが引きません。ご注意を。 
虫除けは日本のものよりニュージーランドのものの方が効く、と聞きました。 
2日目の夕方に買っておきましょう。

エメラルドグリーンの水を湛えるクリントン川の釣り橋を渡り、
対面の川沿いを歩きます。 
川の水は川底まで透き通っていてとってもきれい。
ウナギやマスを発見!

クリント川
クリント川吊り橋






途中、リチャードが
「僕のお気に入りの場所なんだ」という
ウェットランドウォーク「Wetland Walk」という
トラックへ立ち寄りました。
メインのトラックから
往復2分で気軽に行ける場所で見ることができるのは、
なんと赤いコケ!
枯れているのではありません。
辺り一体に広がる赤いコケは必見です。

赤いコケ
赤いコケ











トラックにはクリントハットという山小屋があり、
そこにはきれいな水洗トイレがあります。 
そこまで進んでトラックは終了です。 
帰りのフェリーの出発時間が決まっているので
少しゆっくりペースで歩いた私たちは
今度は急ぎ足で来た道を戻ります。
なんとか時間内にフェリー乗り場に到着して最後の写真撮影。 
「ミルフォードトラック」と書かれたサインの前で
リチャードと証拠の1枚。

看板
看板





ミルフォード1日コースは高低差もほとんどなく、
歩きやすくトレッキング初心者の私も
十分満喫できる見どころ満載のコースでした。 

今日の夜は土ボタル見学があるので、帰りのフェリー、車の中では熟睡。 
朝から夜まで盛りだくさんの1日です。