今日もすばらしいハイキングにいってきました。
マウントクックハイキングはどんな様子でしょうか。


浪漫紀行 ミルフォードとマウントクック1日ハイキング8日間
のコースです。

(ルックJTBのパンフレット 
ニュージーランド方面: 東京31ページ 大阪27ページ 名古屋15ページ
に掲載されているコース) 
 ツアー番号 FH561〜FH569(東京発) PW531〜PW569(大阪発) 
JY181〜JY189(名古屋発)

6日目: マウントクック1日ハイキング 日本語ハイキングガイド同行
     ニュージーランドの最高峰、マウントクックの雄姿を眺めながら
フッカー氷河の末端にある氷河湖を目指してハイキングします。
    (歩行時間:約5時間 歩行距離:約14km)


今日は楽しみにしていたマウントクック1日ハイキング!
流れ星への願いごとが効いたようで、今日も快晴です。
日焼け止めとサングラス、帽子を忘れずに。

約5時間のハイキング、長いような気がするかもしれませんが、
高低差があまりなく、よく整備された歩きやすいコースです。
日本語ガイドが同行するので、
道中も植物を始めとして色々な話が聞けますよ。

これはデイジーです。

デイジー
デイジー






1時間くらい歩いて、振り返ったらマウントクック村が見えました。
本当に周囲の景色に溶け込むように造られているんですね。

フッカー1
振り返ればマウントクック村 
背の高い建物はハミテージホテルです。





氷河湖のひとつ、ミューラー湖に架かる第1吊橋にやってきました。
実は高所恐怖症のタカへ、ちょっとドキドキしましたが、
周りの景色に見とれている間に渡り終えていました。

フッカー3
第1の吊橋






ゴゴゴーッという雷に似た音がしたのでびっくりしたら、
それは氷河の崩れ落ちる音でした。
山に張り付いた懸垂氷河に白い煙が上がっています。
第2吊り橋を渡って少し歩くと・・・
目の前にマウントクックが見えてきました!!!
本当にきれいな山ですね〜。

フッカー5
フッカー谷からのマウントクック






このあとはずーっと
マウントクックの雄大な姿を眺めながらのハイキングです。
そしてとうとうフッカー湖に到着です。
氷河が溶けてできた湖、岩の成分で灰色です。
なんだか温泉のようで暖かそうですが、
当然そんなはずはなく、ものすごく冷たい!

マウントクックと氷河湖を眺めながら、皆でお昼ご飯。
運動をした後、
そしてこんなに見事な景色の中で食べるお弁当はやっぱり格別です。

帰りたくない・・・けど、帰らないと。
同じ道を歩いてホテルへ戻ります。

シャワーを浴びてさっぱりした後は夕飯。
今日は昨日と同じレストランでもバイキングではなく、
3コースのディナーです。
前菜、メイン、デザート、どれも選べるのが嬉しいですね。
タカへのチョイスは
大好きなムール貝、ビーフステーキ、チョコレートとキャラメルのムース。
あーー今日も幸せ。
たっぷり運動もしたし、ぐっすり眠れそうです。


フッカー と ラクダ
フッカー谷のラクだ このあとラクだはいずこへ・・・?