今日は3月3日。
日本ではひな祭りですね。
ニュージーランドはひな祭りや子供の日のような祭日はありません。


今日のクライストチャーチの街を車で走ると・・・


1464
こんな風船があちらこちらにあります。







これは毎年一回、3月の第一土曜日に販売される
ガールズガイドビスケットのにわか販売スタンドです。


1460
販売スタンドの様子





この上にガールズガイドビスケットがおいてあります。
オリジナル(普通のビスケット)とチョコレートがかけてあるものと2種類あります。

1461
ガールズガイドビスケット 
こちらはチョコ付のほうです。




ここにいって何個ちょうだい、とか、箱ごと買っていく人もいます。
ちなみにどれ位の歴史があるの?と聞くと、販売スタンドの人は皆答えられません。
お母さん方は決まって、私の子供のころからよ!私がこの子の年から
売ってるの!といいます。 
今日のお母さんは47歳で、子供は10歳でした。
(年までおおらかに教えてくれるんです、ニュージーランドの方達・・・)



販売スタンドの横にはたくさんの箱があります。

クッキーの箱







ガールズガイドって?
簡単にいえばボーイスカウトの女の子版。 
ここがビスケット会社に委託して
ガールズガイド用のビスケットをつくり、ガールズガイド達が
あちこちで販売してます。
これがガールズガイドの収入になるというわけ。

1つ2ドル50セントと普通のビスケットよりは高めですが、
ニュージーランドの伝統、といって皆絶対に買っています。

昔は各家に売りにきたのですが、最近では販売スタンドが主流。
八百屋さんを出ると販売スタンドがあったり、
スーパーの前にも陣どってたりして
前を歩く人々にガールズガイドのかわいい女の子達が
<ガールズガイド ビスケットはいかが?> と呼びかけています。
皆さんはこの子達の前を素通りできますか?


販売スタンドにはとてもかわいい犬もいておもわずパチリ
ガールズガイドのスカーフをしています。

犬











道路わきの販売スタンド。 車や歩いている人に家族皆で販売中。

全体ストール







今日のアフタヌーンティは1年ぶりのガールズガイドビスケットと紅茶を飲もう。
来年まで食べれないので、ゆっくり楽しまなくては。

ちょっとひな祭りに似ていませんか?