おはようございます、アユミです 
いつもブログをご覧頂きまして、本当にありがとうございます

オークランド市内のQueen StreetとVictoria Streetの交差点にあった、本屋『Whitcouls』の閉店が発表されてから約半年
とうとう先週木曜日11月12日に、『Farmaers』(ニュージーランドのデパートのようなお店)がオープンしましたっ

DSC_0111

正面エントランスを入ると、白を基調とした明るい雰囲気の店内に、まず目に入ってくるのが女性向けの化粧品やブランドコーナー、そしてその横に服飾雑貨コーナー
エスカレーターで2階へあがると、男性ファッションのコーナーとキッチンや日用品などの雑貨コーナー
なぜか、男性ファッションのコーナーの中心にあるLEGO(レゴ)(?笑)、そして3階が女性ファッションコーナーといったような感じになっています

DSC_0113 (2)DSC_0115DSC_0114

2階の男性ファッションと日用品コーナーの間に通路があり、なんとそこには、ひっそりと本屋『Whitcouls』がありました

DSC_0113

閉店したわけじゃなくて、規模を縮小しただけだったんですねあ〜、よかった

11月中旬のオープンということで、クリスマスに向けた店内の装飾や、ギフトボックスなどがたくさん
オープンセールも行っていた為に、たっくさんの人手賑わっていました

DSC_0114 (2)

そして、『Whitcouls』の閉店、改装、『Farmaers』のオープンということで、私としてはとっても気になっていた、今年のサンタクロース
毎年この時期に、この角の壁に大きなサンタクロースが出現し、私としては、季節の風物詩のように思っていました
去年はもうこの時期には作り始めていたような気がするのですが、まだまだ動きがないなぁと思ってみていたら、なにやら、角のところに、サンタクロースの土台になりそうなものが

da4964c4DSC_0112

なぁんて、心配していたら、週末の間に、サンタクロース出来上がってました
ここからさらに、街の中はクリスマスの雰囲気で盛り上がっていくんでしょうね

20151115_10595220151115_11002520151114_175136