皆さまおはようございます。不定期参加Nの連続カキコです

そろそろ3月3日のひな祭り。

12年前に長女が生まれてから毎年ひな祭りのお祝いをしておりますが日本から遠く8000キロ離れたN一家も押し入れから雛人形を出して居間飾り始めました

Img_2693


「五人囃子は」と突っ込まれ続けた12年ですがやはり高価な物でニュージーランドでもお家で雛人形があるご家庭は余り無いと思います。

家のは妻のお母さんが長女が生まれた時に海外発送で送って頂き、今でも大事にしておりますが毎年思い出す出来事があります。

それは・・・お母さんは関西では有名な人形のお店で購入して、そこのお店がそのまま海外発送頂いたのですが、法律上必ず「箱の中身の領収書を英語で」貼り付けないと行けなかったらしく、ニュージーランド人でも中身と値段が判る & ガラスのケースに入った結構重い壊れ物扱いでした。

そんな中私の携帯電話が鳴りまして、それは郵便局から。

内容は「こんな大きな荷物が貴方宛てに来てますが、関税が掛かります。$300払わないと届けません。拒否すると破棄します」と言う半ば脅しの様な内容でした

折角おばあちゃんが孫の為に大金を使って送って頂いたのに破棄って選択肢は酷く無いです

と言う事でここは誰にも言わず黙って払って「無事届きました〜ありがとうございました〜」の報告が出来たのですが今考えるとモヤっとする思い出です

後日色んな人に聞きますと、電話で対応した郵便局員と戦って払わなかった方もいらっしゃったので、もし私が英語でちゃんと戦えれば払わなくても良かったかも知れない「関税」。

ここは担当によって対応が変わるそうですので確約は出来ませんが

1)贈答品である事(それを転売したり利益を得るものでは無い)を説明
2)おばあちゃんから孫へのプレゼントなのでと心の叫びを訴える

と免除される可能性もあったりしますのでもし同じように高額商品を日本の家族から送って貰って郵便局から電話や手紙を受け取った方、是非交渉してみて下さい!!!

コンセント入れてボンボリに灯りを点してあげたい中その為にわざわざ変圧器使うのも面倒なので

Img_2694


今年からはソーラパワーのLEDでデコって見ました

心なしか皆顔が怒ってるかも・・

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ