こんにちは、アユミです

いつものように、携帯電話のグーグルアプリに表示されるニュースを、
さら〜っとみていたら、なんとも気になる記事があったので、ご紹介したいと思います

目に飛び込んできた、ニュースのタイトルは、これ

Cars will be banned from Auckland's Queen St, and it could spread
『オークランドのクイーンストリートで、車両が禁止され、それが広がる可能性がある

、っという感じでしょうか
(私は、決して英語が達者ではないので、間違っていたらすみません。。。)

オークランド住民、かつ日々、職場のあるクイーンストリートを利用しているものとしては、はっとするニュース

掲載元:Stuff News (元記事はこちら)

そして一番最初に目に飛び込んできた、オークランド市議会が提供しているイメージ写真

1543302000189

クイーンストリート上を、たくさんの人が歩いていて、現在、車両が走っている道路には、
(おそらく、、)トラムとよばれる路面電車のレールがひかれ、その上をトラムが走っているという構図

私、この写真にものすごく惹かれました

昔、オーストラリアのメルボルンに2年ほど住んでいたとき、街中を格子のように走る通りには、
それぞれトラムが走っていて、街の中心部を移動するのに、簡単にトラムに乗車でき、簡単にどこへでも
移動できるという生活スタイルが、とっても便利だったんです

オークランドでも、港のほうに、一部トラムが走っている箇所がありますが、街中にまではレールはなく、機能してるのかどうかわからないです

現在、オークランドのクイーンストリート周辺は、車両で溢れ、一般の車だけでなく、赤や黄緑、オレンジの循環バス、
そして、郊外との交通を結ぶ、たくさんの路線バスが走っているため、毎日毎日、とっても混雑しているんです

そして、このStuffのニュースによると、先月11月27日(火)に、オークランド議会が、6年間にもわたって構想している、
シティセンターマスタープランの最新バージョンとして、クイーンストリートおよび、その周辺の通りでの車両禁止令の試験を加速するという理念が、
満場一致で承認されたことを発表したそうです

フィル・ゴフ市長は、
『クイーン・ストリートの歩行者専用化により、オークランドの主要道路が交通網から人が楽しめる場所に変わり、
街頭や郊外の限られたエリアが車で閉鎖され、人や街、イベントに利用できるようになるだろう』
『クイーンストリートは歩き、集まり、リラックスして楽しむのに最適な場所であることを願っています。現在の、最悪レベルの車両汚染から、快適で健康的な場所に変えてほしい』
と発言されたそうです

、とはいえ、この構想は、クイーンストリートの地下に、現在建設中のライトレールラインの建設後のお話ということで、約7年かそれ以上はかかるそうです

それでも、市内中心部の一角、ハイストリートという、クイーンストリートと並行した狭い一度のブティック通りなどは、
以前から、そこにお店を構える企業達が主張していたこともあり、クイーンストリートの構想よりももっと早く、
早ければ来年くらいから、車両禁止の動きが出てくるのではないかと、考えられているそうです

まだまだ、この構想に関しては、お金の面でも、また、オークランドトランスポートなどの企業の協力も多く必要とし、
問題もまだまだたくさんあるそうですが、ニュージーランド最大の都市の、メインストリートで、もっともっと、車両よりも、
たくさんの人が溢れ、ショッピングなどを楽しんだり、活気の溢れる、素敵な街を目指す変化が、進められていくといいですね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ