皆様 おはようございます。不定期参加Nです

先日は360度画像に沢山の拍手を頂きましてありがとうございます! 頑張ってコンテンツを増やして行きますので乞うご期待でもね・・・娘が言った「Googleマップのストリートビューとどう違うの?」と言う悪魔の質問にかなり納得 と言う事でGoogleマップが真似出来ない360度の「動画コンテンツ」路線で行こうと思います!

そんな中・・・3年振りにNが激風邪(インフルかな・・・背中を初め体中が痛かった)で土日に寝込んでしまって鬼の霍乱とまで言われる状況でございました

そんなNが月曜に何とか出社するまでの2日間の壮絶(嘘!)な治療法をご紹介

ニュージーランドではスーパー・薬局で日本の処方箋レベルの薬が簡単に買えます

そんなNがおススメする発熱・風邪・インフルエンザによ〜く効くお薬・・・Nの場合下記の順番で飲み始めます。

1番目 ベロッカ様 (余りにも偉大過ぎて敬称は「様」
Image1


これは尋常じゃ無いレベルでビタミンが詰まったタブレット。飲み方は1錠をコップ一杯の水に入れるとバスボム見たいに溶けて美味しい炭酸ジュースになります美味しいので軽く飲んじゃいますが次のおトイレでビックリレベルの色に驚く一品=それだけビタミン摂取したと解釈

2番目 ベロッカ様最新版
Img_4071[1]

今回Nがメインで服用したのがこれなんですが、最近出始めたのが「水不要」バージョン。ラムネの様に口の中で溶かすベロッカ様でお味も美味しい。ベットから起き上がって水も飲めないあなたにおススメ
因みに12歳以下は飲んじゃいけない「キツさ」です(でも普通にスーパーで売ってます・・)

3番目 パナドール(ラピッドバージョン)

Image4

ここからは「痛み止め系」です。歯痛を初めとする頭痛(今回は脈に合わせてキンキン痛かったです)を数分で止めてくれる鎮痛剤。主成分のパルセタモルが日本のお医者様に処方してもらう物と比べて1粒で約10倍・・・余程でない限り結構効きます。物凄く沢山の種類がありますがNは速攻で効く「ラピッド」がおススメ。

4番目 ニューロフェン 
Image5

日本でもお馴染みイブプロフェンですが・・1粒で400mg入ってます・・・Nの場合はパナドールでは効かなくなったレベルの歯痛の時にニューロフェンに切り替えたら結構効いた感じです。

5番目 ニューロモル
 Image3

さて、この辺りから「医者行けよ」レベルのはずなんですがお医者さん大嫌いNは何とか市販薬でどうにかしょうと悪あがきします
これも比較的最近売り出された印象の 何と3番パナドールと4番ニューロフェンを混ぜて一粒にしたと言う中々強烈な一品でございますでも暴れる一歩手前の歯痛の時これが劇的に効いたんです・・翌日歯医者が開くまでの凌ぎにおススメ

レベル最大級 レムジップ マックス

Image2

さあこれに手が出る時は色んな意味でマックスです頭痛い、目まいクラクラ、立てない、半分意識飛んでる なのに朝10時から会議で絶対休めない の時に良く効くお薬です

TVコマーシャルが正にこの状況を再現してて、ベッドで顔真っ青なお兄さんが汗と鼻水がダラダラで死にそうになってるのに「あ、会議がある・・・」その時! このレムジップマックスをカップ1杯のお湯に溶かしてホットレモンの様に飲むと・・・あ〜ら不思議 ベッドから出てスーツ着て会社で「お早う!」とハイファイブ出来ちゃう感じの宣伝で「マジ」と疑っちゃいますが・・・マジなんです

これねー 過去に何度かお世話になったんですが・・・ちょっとした麻酔ですよ 30分以内に何事も無かったかの様になりますので・・・おっそろしくキッツイ何かが配合されてる印象が・・・

と言うのも味は本当にホットレモン味なので3日間朝・昼・夜と紅茶の様に飲み続けたんですが、4日目の朝に下血。あの時私は命の覚悟をしましたよ

でググって見たらレムジップマックスを飲み続けた人で同じ症状の人が居てよくある話らしいです・・・強烈に内蔵を溶かすとかかな・・・

と言う訳で皆様、レムジップマックスは飲み続けるのではなく、「どうしても休めない時の緊急用」の認識ですよ!!

上記1〜5番は実は日本の家族・親戚から定期的にリクエストが来て送り続けてますので、皆様もNZにお越しの際はお土産にすると喜ばれるかもですよ!