カテゴリ: クライストチャーチ周辺・カイコウラ

こんにちはもえPです

前回のクライストチャーチブログの続きです
クライストチャーチに行ってきましたああ!!!

夜ご飯は、Kinji Japanese Restaurantにお邪魔してきました
クライストチャーチに行ったら必ずここでご飯を食べます
美味しい日本食を食べたいというのとだいすきなKinjiファミリーに会いに、、
実は大学2年の夏から卒業までの間、1年半ほどアルバイトをさせていただいておりました

Kinjiでは採れたて新鮮なお魚を使ったお刺身やお寿司、旬の食材を用いた期間限定のお料理、こだわりぬいたニュージーランドの食材を使った本格的な日本食が味わえます

そのお料理に合う日本酒やワインの品揃えも豊富で、日本から直接取り寄せたここでしか飲めないお酒もあるので、ぜひクライストチャーチに行かれた際には美味しい日本食とお酒を堪能しに行ってみてくださいね

今回私たちがオーダーしたものをさらっとご紹介
まずサッポロ生ビールと梅酒のソーダ割りで乾杯

席について乾杯が済んだら、
1品目はサービスでサーモンのカマの唐揚げをいただきました
IMG_7740

2品目はタコの唐揚げ
IMG_7741

3品目は3種刺し身盛り
3種盛りなはずなのに、キンジさんのご好意で、7種類ものお刺身をいただきました
ハマチ、クエ、ブルーコッド、サバ、サーモン、マグロ、赤エビです
IMG_7743

後に先程の刺身盛りでいただいた赤エビの頭を唐揚げにしてくださいました
IMG_7747

5品目はNZ産和牛のタタキ with 大根おろしポン酢
IMG_7744

6品目は炙りホタテと炙りサーモンの握り
IMG_7746

7品目はKFC(キンジフライドチキン)
IMG_7748

8品目は天ぷらの盛り合わせ
IMG_7751

食べ過ぎですよね笑 
なかなかクライストチャーチに来る機会がないので、ここぞとばかり欲張ってたくさんオーダーしちゃいました
全部ほんっとうに美味しかったです
私の彼もあまりの美味しさに感動しておりました
こんなに美味しい日本食を食べたのは初めてだと

オークランドに比べるとお値段もとってもリーズナブルです
たくさんサービスしていただき、頭が上がらないです。。

見て美しい、食べて美味しいお料理と心温まる丁寧なおもてなし、これがKinjiの最大の魅力です
火曜日の夜でも満席だったKinji、行かれる際には予約することをおすすめ致します
Kinji Japanese Restaurantのウェブサイトはこちらから!

ばいばーーい

こんにちはもえPです

ロックダウンで2度も延期になったクライストチャーチ訪問、、やっと行けました
でも今回の旅の目的は観光ではなかったので、空き時間にサクッと観光してきました

空港でレンタカーを借りて、いざ出発
まずC1 Espressoで休憩
天井に通っているパイプが見えますか?
IMG_7642

このパイプを通って、私達が座っているテーブルの近くまでフライが届きます
IMG_7646

大好きなカーリフライ
他にはないユニークなカフェです
IMG_7650

コーヒーもとっても美味しいです
IMG_7645

IMG_7647

少し時間があったので、私の大好きなカンタベリーミュージアムとリバーサイドマーケットに行ってきました
IMG_7656

ミュージアムはほんとに無料でいいの?っていうくらいクオリティー高いです
IMG_7658

日本の将軍さんも隣で彼が「サムライ!」って叫んでいました笑
IMG_7673

リバーサイドマーケットは、とってもおしゃれなフードコートです
IMG_7800

ベトナム料理食べました
IMG_7708

食後のデザートには美味しいジェラート屋さん【Rollickin Gelato】に行きました
ここのチョコミントアイスがいっちばん美味しいです
IMG_7716

そしてこの旅のメイン!彼がずっっと欲しがっていたフードトラック兼キャンパーバンを見に行って、ついに手に入れることができましたああ
IMG_7727

バンを見た後、*エアビーのチェックインに行きました
*Airbnb(エアビーアンドビー)とは地元のホストがゲストに空いているお部屋を貸す民泊のようなものです
今回泊まったのはこちら一泊$81でした
空港近くで検索して、適当に取ったお部屋ですが、まさかの私が行こうとしてた【Kinji Japanese Restaurant】の隣にあるお家でした
IMG_7796

IMG_7798

IMG_7799 (1)

夜ご飯で行った【Kinji Japanese Restaurant】に関しては長くなりそうなので、また別記事でご紹介致します

それでは市内の写真でお別れします
この後、どしゃ降りになって、びしょ濡れになりながら帰りました。。
IMG_7677

IMG_7693 (1)

IMG_7679

IMG_7683

IMG_7689

ばいばーい

こんにちはもえPです

2/16からクライストチャーチに行く予定が3回目のロックダウンで延期になり、
仕切り直して3/2に行くはずが4回目のロックダウンでさらに延期になってしまいました
なんて運が悪いんでしょうか。。。

ネタがないので、、、思い出の写真と共に私の大学留学について語ります
ニュージーランドには国立大学が8つしかありません
その8つの全ての大学が世界の上位5%にランクインしており、教育レベルが高い国として知られています
授業は1コマ50分で終わり、「量よりも質」を大事にしています
日本とはちがい、入るのは簡単だが、出るのは難しいとも言われています

インターナショナルナイトの様子
IMG_7337

私は日本の高校を卒業後、ニュージーランドの大学へ進学しました
高校のときに2週間ほどイギリスでホームステイをして以来、イギリスが大好きになり、大学進学もイギリスを目指していましたが、学費が高い為、断念
イギリスのような街並みで、学費もそこまで高くなく、過ごしやすくて、治安もいいところを探していたところ見つかったのが、クライストチャーチでした
日本のように四季があり、治安がよく、人々もフレンドリー、そしてその当時1ドル58円とかでした
しかし大学入って一時期92円まで上がりました
両親には金銭面でだいぶ迷惑をかけました。。。

よく聞かれるのですが、私の両親は私よりも私の留学に対してかなり前向きでした
先に大学留学の話を持ち出したのも両親です
なぜなら私は長女ということもあり、かなりのspoiled babyだったからです。。笑
父も母も甘やかして育ててしまったことを後悔していて、外国で一人暮らしして、甘ったれた根性叩き直してこい!という感じでした

入学の手続きは現地の日本エージェントが仲介に入って、無料で資料や書類の取り寄せや、寮の手配等してくださいました
ニュージーランドに着いてからは、空港へお迎え、ショッピングモールで換金のお手伝い、大学までの送迎をしてくださいましたここだけは有料
大学には日本人スタッフがいらっしゃったので、現地に着いてからはその他必要な書類等を丁寧に説明してくださいました

当時、私は客室乗務員になることを夢見ていたので、観光マネージメント学科のあるリンカーン大学への進学を決めました
リンカーン大学は市内から車で25-30分ほど離れた場所にあります
周りは全部緑、遊ぶ所なんてありません
勉強に集中できるし、日本人も少ないので、いい環境であったことは間違いないです

フラットメイトとプチ旅行に行った日
IMG_7338

私がニュージーランドに来た当初Hello how are you? I'm good and you?くらいしか話せず、聞き取りも全くできませんでした。。
私はアイエルツのようなイングリッシュテストは受けたことがありません
まず一番にリンカーン大学内の語学学校に入りました
毎日ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの授業を受けて、月1テストがありました。(4月〜10月:約7ヶ月間)
意識高い系生徒だったので、毎日追加で宿題をもらい、先生に添削してもらっていました
私は一番下のクラスから始まりましたが、毎月1つずつクラスが上がり、半年間で上から2番目のクラスまで行くことができました

語学学校のテストに合格すると、(私は高校を卒業後、すぐ来た為)ファンデーションコースに入学しました
そこでは数学、統計学、会計学、経済学、エッセイの書き方等大学に入る上で必要な基礎知識を勉強しました。(11月〜6月:約8ヶ月間)
このコースの終わりにあるテストで、全ての科目を合格すると、ついに大学へ入学できます

大学は1学期で4科目、1年で8科目、3年間で24科目合格する必要があります
ニュージーランドは2学期制で(2月〜7月、7月〜11月)、学期の間にながーい夏休みがあります
夏休み期間にはサマースクールといって、単位を落とした人や、単位を先取りしたい人が受けられる短期間集中コースがあります

1学期4科目簡単じゃんと思う方
4教科それぞれで、テストや、エッセイ、レポートや、プレゼンテーションが重なったときには、やることがたくさんあって本当に大変です
課題提出前は毎日深夜まで勉強していました

課題、ファイナルテストの内訳は大体テストやエッセイ、プレゼンテーションが50-60%、ファイナルテストが40%-50%を占めます
100%中合計で50%を取れば合格なので、一生懸命勉強すれば、そこまで難しくありません
私はいつも課題は早く終わらせて、先生に見せて、アドバイスをもらってから、提出していました
なぜならファイナルテストは苦手なので、課題で頑張って点数稼いでいました
高い学費を払っているのだからと、たくさん先生を使いました
全く英語ができなかった私でも、ネイティブの中で1位を取ることもありました

ここからは少し生々しいですが、お金のお話です
語学学校は4週間で$1,800、7ヶ月間で$12,600。
ファンデーションコースは1学期$10,000、2学期で$20,000。
大学の学費は1科目$3,500でした。年間で$28,000、3年間で$84,000。
単純計算で、4年3ヶ月で学費だけだと$116,600かかります
大学内の寮に住んでいた為、年間寮代で$7,000、食費、生活費も別途でかかりました
寮は高いので、慣れたらフラットをすることをおすすめしますフラットは週$150ほどでした
寮はこんな感じ
IMG_7330

IMG_7331

IMG_7332

生活費は年間$15,000と言われています。4年間で約$60,000
ざっと単純計算で学費+生活費は4年3ヶ月で$176,600(1ドル75円計算で1324万5千円、、当時1ドル92円とかだったので、恐ろしい額になります)です
*その他、保険料、ビザ申請料等もあるので、上記の料金はあくまで参考程度にお願いします
学生ビザであれば、週20時間アルバイトができるので、アルバイトをしてまかないをもらうと食費を浮かせられます

私は高校を卒業して、4年3ヶ月で卒業することができました
日本の同級生と卒業時期は3ヶ月しか変わりませんでした
大学を卒業すると3年間のビザがもらえた為、こちらのビザを使って就職しました
残念ながら、客室乗務員は永住権がないとなれなかった為、日本とニュージーランドの架け橋になりたいという思いからJTBに就職致しました
様々なバックグランドの方と旅行業のノウハウを学びながら、日々成長できる場で、素敵な先輩方と楽しいワークライフを送っています

帽子のビラビラが帽子の中に入り込んでますが、、卒業式の写真
IMG_7342

大学の勉強は大変でしたが、頼りになる先生方とフレンドリーで優しくていつでも助けてくれる友達と毎日一緒に勉強して、遊んで、楽しい思い出の方がたくさんです
私のように英語が全くできなくても日々少しずつ勉強すれば、意外となんとかなるもんです
奨学金を借りれたりもするようなので、一歩踏み出してみませんか
自分を大きく成長させられるチャンスです

いつもしていたホームパーティー
IMG_7336

リンカーン大学の写真でさようなら〜
IMG_7326

皆様こんにちは、Mです

先日クライストチャーチに行ってきました

今回はクライストチャーチで1泊してゆっくりと市内を観光できたので、その様子をご紹介します

まずはニューリージェントストリート (New Regent Street)
20210104_110517

20210104_110627

イギリス以外で一番イギリスらしいと言われているクライストチャーチ

建物がカラフルでどこを切り取って写真を撮っても映えること間違いなし

この建物はカフェやレストラン、スイーツ屋さんなどいろんなお店が並んでいて、通るだけでもワクワクします
line_10615571049714

line_10597990544073


更にここはトラム (Tram City Tour)が通るので、トラムを見ながらカフェでコーヒーをなんてこともできます

今回は時間がなくて乗れなかったのですが、次回乗りたいと思います

次は仮大聖堂 (Transitional Cathedral)
20210104_125518

大聖堂が地震の被害にあったのち、日本人デザイナーの坂茂さんにデザインを手掛けてもらって建てられた仮の大聖堂
ダンボールが使用されており、「紙の大聖堂」とも呼ばれています
20210104_132658

line_10464104930207

20210104_132702

中はステンドガラスがすごくきれいで、間近でダンボールを使用して建てられている様子がみられます
ボランティアで当時の地震の様子などを案内してくれる方がいるので、もし会えたらいろいろ教えてくださいます

最後にクライストチャーチ・ゴンドラ
20210104_150327

お天気のいい日にオススメなのがこのゴンドラ

クライストチャーチ市内からリトルトンへ向かう途中にある標高400mの丘マウント・キャベンディッシュにあるロープウェイです

山頂から眺めるサザン・アルプスやリトルトンは素晴らしく、山頂にはカフェがあるので、のんびり絶景を眺めながら軽食が取れます
line_10211067317311

line_10235788177794

また、ハイキングコースもあるので、絶景を見ながらのハイキングもオススメです

他にもカンタベリー博物館やエイボン川のパンティング、植物園やアートセンター、南極センターなど見どころたくさんのクライストチャーチ

皆様もぜひ訪れてはいかがでしょうか

こんにちは
先週末はクライストチャーチ市内のほぼ中心に位置するハグレーパーク、その中のボタニックガーデンに行ってきました多くの花が咲き、家族でお散歩する人、ピクニックを楽しむ人、ペットと一緒に散歩をする人で賑わっていました
garden 1
garden
avon river2
cycling
garden2



ここは165ヘクタール(東京ドーム約35倍分)もの敷地があり、園内には出入口が数ヵ所あるのが便利公立の公園で入場料無料なのもありがたいです
cafe

こちらの真っ白な建物はビジターセンタです。インフォメーション意外にもファンクションルーム、カフェ、ギフトショップ、ガーデンニングに関する展示スペースとしても利用されています。
広大な敷地内を歩いて疲れたあとは、おしゃれなカフェでゆっくりくつろぐのもいいですね

公園内にはプレイグラウンドがあり、子供が遊べる場所も充実しています。子供から大人まで幅広い年齢層の方が共にゆっくり時間を楽しめる場所であることが確認できます
park



ボタニックガーデン内には、熱帯植物や多肉植物が見られる温室や、ロックガーデン、シダ植物を集めたニュージーランドガーデンなどがあり、様々なテーマに沿った植物が見れます
garden10
rokkuga-denn
温室
garden7
garden6
garden9



pine
こちらの木は世界で最も古くからあり、最も珍しい植物の一つで、Wollemi pine (ウォレマイ パイン )という名の松の木です。自然界で自生しているウォレマイパインは約100本ほどしかないそうです。 現存する樹木では 最古の部類に入るといわれています。絶滅阻止のため厳重に保護されており柵の中での展示されてありました2004年に愛知県で開催された浜名湖花博 で紹介され話題になったウォレマイパイン。花博では「ジュラシック・ツリー」と呼ばれ、ジュラ紀 からの古代の生物であるとアピールされました。ちなみのこの名称は日本独自のもので あり、世界的な通称名はウォレマイ・パイン(Wollemi Pine)です。 2億年の時を超える小さな命に、ただただ驚くばかりです そんな貴重で珍しい植物もここボタニックガーデンで見れちゃいます

今回、園内のエイボン川ではアヒルの子、ウナギも見かけました
Duckling
ウナギ


日中の気温も上がり随分過ごしやすい天候になってきました週末や休暇を利用してガーデンシティでゆっくり癒されてみませんか?

Christchurch Botanic Garden

弊社では数多くのツアーをはじめ、交通機関のご予約も随時承っております。
ご予約、お問い合わせは下記マイバスセンターまでご連絡下さい
皆さまからのご連絡スタッフ一同お待ちしております

mailto:mybus.nz@jtbap.com
☎09-379-6415
https://www.mybus-asia.com/newzealand/


こんにちは、オークランドマイバスセンターです
ブログをご欄の皆様、いかがおすごしでしょうか

今日は少しだけ曇り空のオークランド、朝晩の冷え込みも少しずつ強くなってきて、うちではすでにヒーターが出ております

こんな季節は、おうちに引きこもりがちになりますが、こんな季節だからこその、フレッシュな空気を吸いに外に出てみませんか
そして、今までなかなか行くことの出来なかった観光スポットや、私達の住んでいる場所を知る旅に出てみませんか

JTBニュージーランドでは、皆さまの国内旅行を応援しております

さて、今日のキャンペーン情報は、クライストチャーチの見どころを1日でまるっと観光してしまう、
『クライストチャーチ探訪ツアー』の割引キャンペーンのご紹介です

0001

★クライストチャーチ 人気デイツアーを通常料金から5%OFF★
クライストチャーチでの滞在が1日以上、空き時間が半日あれば、どなたでもご参加いただける、
クライストチャーチ市内1日観光ツアーです!ありきたりな市内観光ツアーではなく、
よりローカル感にこだわり、日本語ガイドの案内の面白さや、お客様の感動ある旅の想い出をお約束いたします!

市内観光箇所:大聖堂広場、追憶の橋、リバーサイドマーケット、震災ナショナルメモリアル、ボタニックガーデン、
アートセンター、リージェントストリート、仮大聖堂、マウント・プレザントの景色とサムナービーチなど
※当日の状況により変更となる場合がございます。

この機会に、ぜひ、クライストチャーチ在住のベテランガイドと一緒に、クライストチャーチの見どころを巡る旅へご参加下さい

Winter Campaign Banner  (1)
Aotea-Gifts-728x90

こんにちは、オークランドマイバスセンターです
本日ご紹介する、オークランドマイバスセンターで開催中の期間限定キャンペーンは。。。。
ニュージーランド南島の玄関口、クライストチャーチで楽しめる人気アクティビティです

クライストチャーチにご1泊以上する方、1日フリータイムがある方にお勧め!
大人から子供までどなたでも楽しめて、ニュージーランドならではの自然や動植物を楽しめる人気のテーマパーク、
『クライストチャーチ南極センター』、『ウィローバンクワイルドライフリザーブ』、『クライストチャーチ ゴンドラ』の
入場券をこちらのウェブサイトより、2つ以上を同時にご購入いただいたお客様へ、
通常の金額より5%OFFでご提供させて頂きます!プラン選択より、2つ以上の入場券を別々にご購入いただいたお客様は、
ご予約完了後、合計料金の5%をキャッシュバックさせて頂きます。

0001

国内旅行で、クライストチャーチに行かれる方は、ぜひ、ご利用下さい

それでは、皆様、また明日〜

Winter Campaign Banner  (1)
Aotea-Gifts-728x90

皆さんこんにちは、Mです

皆さん、カイコウラと聞いて何を思い浮かべるでしょうか??
伊勢えびやロブスターの一種であるクレイフィッシュ、ホエールウォッチングなどが人気ですね
そんなカイコウラではクジラやオットセイなどの野生動物を見ることができます!
0910-2019-111959388349181813272

カイコウラの中心部から少し離れていますが、カイコウラ半島のハイキングがおすすめです
なぜおすすめかと言うと・・・綺麗な景色はもちろん、オットセイコロニーがあるからです!!
Kaikōura Peninsula Walkwayというコースは坂もなく歩きやすいので初心者の方でも楽しめます(。・ω・)ノ゙
日陰がないので日焼け止め、サングラス、帽子は必須です!!
全てのコースを歩くには約3時間くらいかかりましたが、下記の写真のように景色が変わるので苦痛ではありませんでした
IMG_20180210_184935_939 IMG_20180210_184935_937

ハイキングコースに行く道中にオットセイがいる場合があるから気をつけてね、という道路標識もありました
DSC_6840

オットセイコロニーの近くでは気持ちよさそうに日向ぼっこしたり、海の中で泳いでいる野性のオットセイたちが・・・!
仲間と離れて岩陰に隠れて休んでいるオットセイもいましたよ
カイコウラで見ることができるオットセイは野生動物なので必要以上に近づきすぎないように注意が必要です
IMG_20180210_181815_103 1518237384733

カイコウラで人気のツアーはこちら
・カイコウラ ホエールウォッチング1日観光(日本語ガイド付)
お申し込みはこちらから ⇒ カイコウラ ホエールウォッチング1日観光(日本語ガイド付)

★Kaikoura Peninsula Walkway


インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ






皆様 おはようございます。不定期参加Nでございます

YouTubeでタマタマ見てた動画で「お!」っと思ったので皆様にご報告

ディズニー映画はここ最近「実写化」ブームですが次のテーマは「ムーラン」

N一家は実はこの映画と言うかお話は見た事ないのですがプレステのゲーム「キングダムハーツ」で出て来るのである程度は知ってるレベルです。

そんな大御所ディスニー映画「ムーラン」の予告編を見ましたら「メッチャNZやん〜!」でしたのでご報告


DisneyのOfficialチャンネルより



ニュージーランドに21年も住むと一瞬の映像でもそれがNZと判る恐ろしさ(=狭さですかねー

チラリと調べて見ましたら南島のオマラマと言う街で撮影された様子

監督は又別のニュージーランド映画「クジラの島の少女=ホエールライダー」を撮影したNiki Caroなのでガッツリニュージーランド色の濃い映画に・・・なりませんわね!

数多くのプリンセスが居るディズニーの中でも異色のプリンセス ムーランがニュージーランドの大自然でのアクションシーンは必見!

大人気ツアーの「ホビット村」見たいにツアーとか出来ないかな〜? と期待するNでした

(でもラストサムライのツアーとか無くなっちゃったし・・そう考えるとホビット恐るべしです!)


皆さんこんにちは、Mです

今日は7年ぶりに再オープンした挙式会場のご紹介したいと思います
ご紹介する挙式会場は2011年の地震前にもローカルや日本からのカップルにも人気があった、
クライストチャーチのローズチャペル(The Rose Historic Chapel)です
IMG-0001 IMG-0002

クライストチャーチの中心部より車で焼く15分の場所に位置しており、
10名以下の小さな結婚式におすすめのチャペルです


1910年に完成した英国ゴシック様式のチャペルは、
2011年に崩壊してしまった大聖堂を彷彿させるゴシック様式のミニ大聖堂です
IMG-0010 IMG-0015 
IMG-0023 IMG-0029

チャペルの入り口にあるバラをモチーフとしたステンドグラスは、
チャペルに輝きを与えるマスターピースとして名前の由来となっているそうです
チャペルの中にある手の込んだスタンドグラスはどれも綺麗です
IMG-0012 IMG-0031
IMG-0020 IMG-0021 IMG-0018

ローズチャペル挙式限定として、ブーケのローズ色をお選び頂くことも可能です
ウェディングのお問い合わせはこちらからマイウェディング

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

このページのトップヘ