素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

クライストチャーチ周辺・カイコウラ

クライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行♪〜最終回(笑)4日目クライストチャーチで南極体験編〜

こんにちは、アユミです

この週末も、とーっても良く晴れたオークランド、晴れ過ぎて暑さで倒れてしまうんじゃないかと思うほどの夏の陽気
っというのも、オークランド港のあたり、クイーンズワーフのイベント会場で、25日(土)、26日(日)、ジャパンデーというおっきなイベントが開催されまして、
それに2日間とも参加していて、毎日走りまわっていたせいで、全身筋肉痛の今日このお話は、また、次回、紹介したいと思いますのでっっ

今日こそとうとう、とうとう、私のクライストチャーチ&テカポ旅行記の最終回
長かったですね、すいませんお付き合いを頂きまして、本当にありがとうございます
ここだけは、みなさんにぜひぜひ、紹介させてもらいたい、オススメの観光スポットですっ

クライストチャーチ空港からオークランドへの飛行機の時間は夜の19時、それまでの空き時間を利用して、
空港周辺で遊べるオススメスポット、それが『国際南極センター(International Antarctic Center)』なのです



徒歩で行っても約10分もかからない場所にあるので、長距離バスで、空港に到着したあとでも、遊びに行くことが出来ます

20170206_14425220170206_14444020170206_144452

『国際南極センター(International Antarctic Center)』は、その名の通り、南極の世界を体験出来る、アミューズメントパーク
南極からとっても近いニュージーランドは、先日紹介したクライストチャーチからすぐのアカロアという街から出る、南極へのクルーズも、近年では人気だそうです

南極センターの中は、順番に見て周れるように地図が配られ、南極探検の記録やその際に使われたもの、出来事などが紹介されていたり、

20170206_16452320170206_164659

氷点下の南極の世界を体験出来るコーナーがあったり、

20170206_16290220170206_16275320170206_162725

4Dのシアターで、南極探検の映像を楽しむことが出来たり、

20170206_14574820170206_150025

南極にすむ小さな、小さな、ブルーペンギンを見ることが出来たり、そして、南極探検に使われた、ハグランドという専用の雪上車にのって、
南極探検を体感することが出来るハグランドライドというアトラクションなんかもあります

20170206_16074220170206_15565320170206_155433

南極に関することがギュギュっっと詰まった、南極センターは、2時間から、長い人では3時間ほどで楽しむことが出来る、エンターテイメントパーク

入場料は、大人59ドル、子供29ドルと、ディズニーランドよりも断然安いので、こちらもまた行き安さの理由かもしれませんね

 クライストチャーチ国際南極センター入場券 事前購入はこちら☆

クライストチャーチ旅行の締めくくりに、ぜひぜひ、『国際南極センター(International Antarctic Center)』へ行ってみてください

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ 

クライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行♪〜最終回!4日目ワイパラ地区ワイナリー巡り編〜

こんにちは、アユミです

5日間にわたってご紹介してきた、私のクライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行記ですが今日で6日目今日とあと1回続きますっ
お付き合いを頂きまして、本当にありがとうございます少しでも、みなさんに行ってみたいな〜って思ってもらえたら嬉しいです

さて、クライストチャーチでの最終日、朝から車を飛ばし、向かった先はワイナリーで有名な『ワイパラ地区』での大好きなワイン巡り
『ワイパラ地区』は、クライストチャーチから北へ約60Kmのところ、カイコウラ方面とハンマースプリングス方面に行く道路の分岐点に位置する小さな街
今回は、3ヶ所のワイナリーを訪れましたまず1ヶ所目は、

 ワイパラヒルズ −Waipara Hills−
国道1号線を、ワイパラの中心部へ向かって車を走らせていると、大きな看板が出てくるのでとっても見つけやすい場所にあります
20170206_10520220170206_105413

淡いベージュの色をした石造りの建物は、とても豪華な雰囲気と、可愛らしさもあり、手入れが行き届いた周りのお庭もとってもステキです
建物の中は、高い天井が広々とした空間を作り、木製の内装は、とても暖かい雰囲気を作っていました

20170206_11041820170206_10545520170206_105646

皆さんがよく、ニュージーランドのスーパーやリカーショップで見かける、ワイパラヒルズのクラシックタイプのラベルだけでなく、
”SOUL(ソウル)”や"Equinox(エキノックス)"というラベルのここでしか販売していないもののティスティングをすることが出来ます
少し甘めの白ワインをお好みの方には、とーってもオススメなワイナリーです
ここのソウルというラベルのリースリングがとっても美味しくて、2本買っちゃいました

 http://waiparahillswines.co.nz

 マッディ ウォーター/グレイストーン −Muddy Water/Greystone−

ワイパラの中心部から、カイコウラ方面へ北上した右側にある、この二つのワイナリーは、もともとは別々の経営だったのが、一緒になったワイナリー
ワイパラの”ワイ”は水、”パラ”は濁った、泥だらけの(Muddy)という意味があり、このワイナリーは、ワイパラ地区を代表する、古くからあるワイナリーだそうです
ここに併設しているグレイストーンのリースリングという甘めの白ワインがとっても美味しくて、1本買いました

20170206_11573520170206_115752

http://www.muddywater.co.nz/

 ペガサスベイ −Pegasus Bay Winery & Restaurant−

ワイパラへ向かう国道1号線から、右へ細い道を入り、ずーっと奥へ入っていった先に、ひっそりとあるワイナリー
観光客の人にもとっても人気で、よくオプショナルツアーなどで訪れるのがここ、ペガサスベイ
種類豊富なワインは、すべてワインティスティング無料で体験出来るので、値段を気にせず、気になったものを試すことが出来ます

20170206_12354520170206_12135720170206_121647

2016年、2015年などのここ数年のものだけでなく、2006年や2009年もののワインなどもあって、いろんなものが楽しめます
ラベルも可愛く、お土産やギフトなんかにも、人気そうですね

20170206_121744

今回、実は、訪れたのが祝日だったので、あまり多くのワイナリーは開いていなかったのですが、
みなさんにオススメしたい、この3ヶ所に行くことが出来て、本当によかったです

クライストチャーチに行く際は、こちらのワイナリーツアーもぜひぜひ、チェックして下さいね

 ワイナリー巡りツアー(日本語ガイド付)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行♪〜3日目テカポからアカロアへ!編〜

こんにちは、アユミです

2017年ももう2ヶ月が過ぎようとしていますっ日本は寒〜い冬かと思いますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか
ニュージーランドの真夏はやっぱり2月からっと言ってもいいほど、ここ数日は暑い日が続いています
これからニュージーランドの来られる方、日焼け対策、熱中症対策も、ぜひぜひ、したほうがいいですよっ

さて、私のクライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行記を紹介してきて、今日は、ようやく3日目のお話です
紹介したいことがたーっくさんあるので、ぜひぜひ、今日もお付き合い下さいね

3日目の朝、テカポにて朝食をとったあと、またまた、クライストチャーチ方向へ向けて車を飛ばし
向かった先は、クライストチャーチから南東へ約80kmほどのところにある『アカロア』という街



クライストチャーチを含むカンタベリー地区の端っこ、円形をした半島の内側、アカロア湾に位置する小さな街
人口約700人弱、65歳以上の方が多く住むアカロアは、夏の時期になると、その人口が15000人ほどにまで増加するほどの、人気のビーチリゾートなんだそうです

20170205_15205420170205_141345

ビーチには、たくさんの人が、シートやタオルを広げ、その上で日光浴をしたり、ピクニックをしたり、海で泳いだりして楽しんでいます

また、ビーチ沿いには、雑貨屋さんやインテリアショップ、可愛らしいカフェやレストラン、バーなどがたっくさん並び、こちらもすごい人で賑わっています

20170205_13560120170205_13553120170205_135216

そして、もう1つ、アカロア観光の人気アクティビティが、クルーズ船やイルカと泳ぐツアー

20170205_135823BC 5

アカロアの街の奥にある桟橋にあるオフィスから出港します
季節を問わず、アカロアワンの入江に現れるイルカを見に、カタマラン船を利用して、クルーズにでかけるそうです
私は、今回は時間がなく、参加することが出来なかったのですが、 アカロアといえば、クルーズ船はずせないアクティビティなんだそうです

カフェで美味しいランチを食べながら、海をぼんやり眺めるだけでもとーっても素敵ですけどね

クライストチャーチからアカロアまでのシャトルバスや、オプショナルツアーもありますので、是非是非、チェックしてみてください

アカロア イルカと泳ぐツアー  催行会社:Black Cat Cruises

アカロア1日観光(日本語ガイド付き) 催行会社:Orienz International Ltd

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行♪〜2日目テカポ泊 星空ツアー!編〜

こんにちは、アユミです

ニュージーランド南島、クライストチャーチ&テカポ旅行まだまだ続く2日目の体験談今日もぜひぜひ、お付き合い下さいませ

テカポ到着後、マウントジョン天文台へのウォーキング&アストロカフェでのランチを楽しんだあとは、
テカポの街に下りて来て、湖畔を散策しながら、お天気がとっても良く暑かったので、水辺で足を浸けて涼んでみたり、
ニュージーランドで最も多くの人が訪れるといわれている『善き羊飼いの教会』を訪れてみたり、この地域で昔活躍した牧羊犬の像を見たりしながら午後の時間を過ごしました

20170204_17291320170204_17154720170204_173745

夕食は、前から楽しみにしていた『湖畔レストラン』でのサーモン丼ディナー
とっても人気なレストランなので、事前に、予約を入れようと湖畔レストランに立ち寄ってみると、もうほぼほぼ満席とのこと
それでも、19時半に2名で席を押さえてもらって、一安心っ時間にレストランまで行ってみると、も〜、大変な混雑っ予約をしておいてよかった
大好きなサーモン丼と、レストラン手作りのアイスクリーム3食セットを堪能しました

4c8e168f20170204_202433

夕食も終わり、またしばらくのんびりした後、こちらもお待ちかねのっっテカポでの星空ツアーの時間です

私、実は、今までにテカポへ3回訪れていて、今回が4回目なのですが、3度ともに悪天候のため、
満足のいく星空を見ることが出来ず、今回こそはっと心から願いを込めてやってきたわけなのです

E&S star gazing tour 1
画像元:Earth & Sky 星空ツアー

この日のお天気は昼間から快晴夜のお天気もとっても良く、今回、やーーーーっと、素敵な星空を見ることが出来ました

参加したツアーは『コーワンズ天文台星空ツアー(日本語ガイド付)』

テカポの街から、約10分ほど車で移動した、とっても暗い丘の上、特別な敷地の中に、星空ツアーの鑑賞地があります
まわりは真っ暗なので、小さな星までキレイに見え、うわーっっという感じこの日のツアーの参加者は、全部で10名と星空ガイドさんが1名

夏だったので、暖かいかなと思ったのですが、やはり夜は寒く、長袖とパーカーとユニクロのウルトラライトダウン、ジーパンの下にタイツを履いて完全防備で参加
今の季節でも、このくらいの服装があったほうが、しっかりとツアーを楽しめます
星空鑑賞は、小さめの望遠鏡と、とっても大きい望遠鏡と2種類を使って、小さな星や星団などを見ることが出来ました

ツアーは、だいたい1時間くらいですが、本当に感動し、とーーっても楽しめたので大満足です

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クライストチャーチ&テカポ3泊4日旅行♪〜1日目クライストチャーチ到着編〜

こんにちは、アユミです

今日、2月14日、世の中はバレンタインデー日本では、女の子から男の子へチョコレートを渡す日として知られていますが、
ニュージーランドやその他、海外では、男の子から女の子へ、お花やプレゼントを渡したり、一緒に食事に出かけたりという日として知られています
私、この時間でもまだ、会社のオフィスでブログ書いてますが、完全に世の中の動きから取り残されてますね
でも、ブログを見て下さっているみなさんが、ブログを楽しんでくれていたら、私はそれでいいのですっ頑張りますっ

さてさてっ今日からのブログですが、3連休が続いた2月頭、久しぶりに3泊4日で南島のクライストチャーチ&テカポへ旅行に行ってきたので
そのときのことを、こまか〜っくご紹介させて頂きたいと思いますぜひぜひ、お付き合い下さいませっ

ニュージーランド旅行を充分に楽しむ個人的なポイントそれは、公共の交通機関を使わずにレンタカーを借りて、自由気ままに行動すること

金曜日の夜、オークランドからスタートした3泊4日の旅は、夜19時の飛行機でクライストチャーチへ向かい、
20時半頃、クライストチャーチ空港に到着
まだ、日の入りが21時少し前のこの時期は、まだまだ明るく、夜の運転でも不安なことはなく、日本と道路事情も似ているニュージーランドですから安心です
私が利用したのは、今までレンタカーを使ってみて、比較的、値段も安く、車種も日本車をメインに利用しているEziレンタカーをチョイス

20170203_20372020170203_20422320170203_205603

レンタカーを受け取って、クライストチャーチの街へいざっ出発と思って、車に乗り込んだら、なんとなんと、まさかのマニュアル車
オートマ車と間違って借りてしまったようなのですが、さいわい免許はマニュアルOK3年以上も前にマニュアルを運転した勘を取り戻しながら、いざ出発

クライストチャーチ市内までは、車で約20分程、ホテルに着く頃にはもうさすがに真っ暗です
夕ご飯を食べる場所を探して、徒歩で街へ繰り出してみると、クライストチャーチの街のシンボルの1つ、トラムレストランに遭遇しました

20170203_21460920170203_214552

クライストチャーチの街の中を、約2時間かけて1周し、その間に、レトロな雰囲気が素敵なトラムの中で、美味しいコースディナーを頂きます

それを横目に、フラフラと街の中を歩いてみましたが、さすがに22時近くなってくると開いているお店も少なく、あってもお食事の提供が終わってしまっているところが多いです
土地勘がある人なら、きっと良い場所を見つけられたのかもしれませんが、数回来たことがあるだけの私には、ちょっと探すのが難しかったです

20170203_221834

この日は、宿泊先のブレークフリーオンカセルのバーで、簡単に済ませました

夜のクライストチャーチは、まだまだ、なかなかレストランなどの食事をする場所を探すのが難しいので、
ガイドブックなどで、事前にチェックをするか、ホテルのレストランを予約しておくことをオススメします

さて、明日は、2日目のお話をしますっ引き続き、お付き合い下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

家族旅行で初めての南島 最終話 テカポ〜クライストチャーチ編 

皆様 おはようございます。オリジナルNです

延々と綴ったN一家の旅行話にお付き合い頂きましたが本日最終話となります。

結構夜更かしして朝からグダグダしておりましたが今日は午後の便でお家に帰る日

私達夫婦は朝から部屋の景色を楽しんで各部屋のお庭にある小さなベンチで万年雪を被った山を見ながらマッタリコーヒーを頂きましたが

子供達は
Img_0703

景色より3DSの方が大事そう (ま、そんなもんです

この日の飛行機はクライストチャーチ空港 15時半の便なので正直時間は有りません。

と言う事で寝不足気味の一家は一気に移動開始です

マウントクックを出発して1時間少しでテカポに到着
Img_0740


善き羊飼いの教会前で記念撮影! そこから1分歩いて
Img_0746

牧羊犬の銅像の前でも記念撮影が基本(でも子供達はイマイチ理解してないっぽい

テカポの町の中心部にあるガソリンスタンドで満タンにして車は約3時間、ほぼノンストップでクライストチャーチに移動します。

こんなに急ぐ理由は「どーーーしてもクライストチャーチで美味しい日本食を昼食にしたい」為

と言う訳で妻と運転を交代しつつ一気にクライストチャーチに行き、前から気になってたお店に直行しました。
そこは・・・
Img_0750


「サムライボウル」と言う名のラーメン屋さん

実はオークランドでもこのお店の冷凍された物が購入できますがやっぱり本店の出来立てを食べてみたい

と言うわけで家族それぞれ好き勝手な味噌や醤油やトンコツをオーダーし・・・
Img_0751


数日振りの温かい日本食を堪能しました

ちなみに11歳児がロゴを見て気づきましたが「サムライボウル」=一寸法師 の事の様子です!
土曜のお休みの12時時点はほぼ満席 現地ニュージーランド人にも大人気の様子です

さて空港チェックインまで後1時間 最低限の観光をしようとなり
Img_0754


行って参りました 仮設大聖堂。

元々クライストチャーチの街のど真ん中には石造りの素晴らしい教会がありましたが震災後はこの仮設の大聖堂がシンボルとなっております。

ちなみにこの教会は「ダンボール教会」と言う名で本当に素材はダンボールで出来てるんですよ

しかもそれを設計したのは日本人の建設家。

中に入りますと
Img_0757


もの凄く厳粛なムード。 (でも何故かアイスクリームが売っている・・)

クライストチャーチの町並みは、その昔しょっちゅう行き来してた時の面影は殆ど無くGoogleマップ先生の案内が必要なレベルで変わっておりました。 一方通行も沢山ありますのでご自身で運転される際は皆様ご注意下さい。

レンタカーの返却も有るのでダッシュで空港へ

何かあっと言う間にあっさりと家族旅行は終了してしまいました・・・・・

クライストチャーチ空港の本屋でハリーポッターの最新刊「呪われた子ども」を見つけ
Img_0762

(勿論英語で分厚い!)チラ読みしてたらあっと言う間にオークランドに到着

空港からは一気に現実に戻り、スーパーに寄ってその日の夕食の食材買ってダッシュでお米を炊いて・・・と言う余韻に浸る間も無くバタバタの毎日に戻りましたとさ・・めでたし めでたしです

さて2週間に渡るN一家の旅行話にお付き合い頂きましてありがとうございました!

来週月曜はワイタンギデーの祝日となり又3連休

と言う訳で火曜日から又あゆみさんの記事がスタートしますので乞うご期待


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クライストチャーチのシンボル的存在『モナ・ヴェイル邸』がオープンしました♪

こんにちは、アユミです

先日、11月15日に南島で発生した地震で、被害を受けたカイコウラ
私は、日々日々、個人のFacebookでその復興状況や、以前の素敵な姿の写真がアップロードされるのを見て、
以前のように、ホエールウォッチングをお楽しみいただけたり、港町の素敵な景色をお楽しみいただけたりするのを今か今かと待っているわけですが、
そんなとき、今日は、クライストチャーチから嬉しいニュースが届きましたっ

皆さんもご存知の通り、2011年2月の地震で大きな被害を受けたクライストチャーチですが、その影響は、街のシンボルであるクライストチャーチ大聖堂などにもふりかかり
以前のクライストチャーチを知る人たちはとっても大きな悲しみに包まれたのではないかと思います

そこから、5年10ヶ月経った今、クライストチャーチの街のシンボルの1つ、『モナ・ヴェイル邸』が正式に再オープンしたそうです

Historic Mona Vale homestead reopens after JPNHistoric Mona Vale homestead re
写真提供元:Christchurch&Canterbury Tourism / DAVID WALKER(FAIRFAX NZ)

私が、今年の1月にクライストチャーチに行ったときの写真がこれです
20160115_16253120160115_161958

あれからまだ10ヶ月程度ですが、こんなに早く再オープンするとは、正直思いませんでした

巨額の資金と2年の康司期間を要したモナ・ヴェイル邸は、煙突と石造りの壁が特徴的で、その破損を修復するために、
数え切れないほどのレンガに番号を振って、それを解体し、組みなおすことによって、復元されたそうです

モナ・ヴェイル邸にあるパントリーカフェも、来月12月12日には際オープンされ、今後も、カフェだけでなく、発表会や結婚式などのイベントにも利用されるということです

震災があったあとも、素敵な庭園はそのまま残っていて、敷地内をはしるエイボン川に沿ってキレイな草花が咲いていたり、
ローズガーデンや蓮の花の咲く庭園は、今でも訪れる人の心を癒しているのだと思います

20160115_16264920160115_16211820160115_162157

ガーデンシティとして人気の高いクライストチャーチが、この春、そして、賑わいをみせる夏を前に、
シンボル的存在のモナ・ヴェイルの復活を迎えたことは、とってもとっても大きな意味があることのように感じます

これからも、たくさんの観光客の方が、クライストチャーチを訪れることをさらに強く、願っています

※ブログランキングに参加しています。応援お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

第2弾♪何して過ごす?クライストチャーチの街のご紹介!

こんばんわ、アユミです

南島出張旅行の最終地点は、クライストチャーチ
地震後、数回、訪れていますが、なかなかまとまった時間がなかったので、じっくりと街を見て回るのは、久しぶりです

出来る限り、いろんなものを見てこようと歩き回ってきたので、クライストチャーチの街の過ごし方を、少し、ご紹介したいと思います

ハグレー公園
『ガーデンシティ』とも呼ばれるほど、市内にたくさんの公園や、自然が綺麗な景色をもつ場所がたくさんあるクライストチャーチ、その中でも、とくに人気の公園
地図で見ると、クライストチャーチの市内中心部に匹敵するほどの広さのハグレー公園は、面積が約165ヘクタールもあり、
その中には、公園を南北に分けるエイボン川が流れ、ボタニックガーデンには、季節ごとに様々な植物や花々が咲いています
とくに夏には中心にあるバラ園のバラが大変美しく、たくさんの人が訪れます
また、このバラ園の近くには、新しく『Ilex -アイレックス-』という、ビジターセンターとカフェが併設された建物が出来ていて、
ガラス張りの大きな窓と白を貴重とした建物がとても素敵で、緑に囲まれながらゆったりとランチやティータイムを楽しむことが出来ます

20160115_11512420160115_11562920160115_115448
 
 モナ・ベール
美しい庭園を持つモナ・ベールは、震災の前は英国風の美しい建物が特徴的な場所でしたが、現在は、修復中となっており、その館をみることは出来ません
しかし、敷地内を流れるエイボン川の景色や、ハグレー公園と同じくしてこちらにもあるバラ園、そして、蓮の花の咲く池など、ガーデンシティの
一部としての美しさは、今でもそのままご覧いただくことが出来ます

20160115_16215720160115_16222120160115_162649

 パンティング オン エイボン
クライストチャーチ市内を流れるエイボン川を英国調のボートに乗って、のんびりと遊覧するアクティビティ
日常とは違った雰囲気の中で、緑の木々に囲まれた景色をお楽しみ頂けます

20160115_09284720160115_093733P2

 Re:Startモール
震災後、新しいショッピングモールとして登場した、リスタートモールは、輸送用コンテナーを利用した独特な雰囲気のショッピングモール
カフェやお土産ものやさん、スポーツ用品や雑貨などなど、たくさんの種類のお店が並び、朝早くから夕方頃まで空いているお店もあります

20160115_08485320160115_08475720160115_090517


 カンタベリー博物館
ハグレー公園の入り口に位置するカンタベリー博物館は、毎日、朝9時〜5時頃まで開いていて、どなたでも無料で入館することが出来ます
1階と2階に分かれて、ニュージーランドの歴史や、マオリ民族について、伝統のアートや建物、服装などなど、様々な展示を見ることが出来ます

20160115_09422120160115_100700>20160115_100724


 トラムウェイ シティツアー
震災後、2013年11月に一部の区間で再開したトラムは、クライストチャーチの街の中をゆっくりと移動しながら、
車窓からのシティの景観を楽しむアクティビティの1つとして、今も多くの人に楽しまれています

20160115_10214120160115_102502

 紙の大聖堂
街のシンボルであったクライストチャーチ大聖堂の震災でのダメージから、多くの人の要望があり建てられた、紙の大聖堂
日本人建築家の坂 茂さんの手により設計され、2013年に公開されました
全て紙で出来ているとは思えないほどの、しっかりとしたつくり、そして、カラフルなステンドグラスが特徴的で、この教会は、
特別な加工が施され、約50年の耐久性があるといわれています

20160115_13443220160115_13454020160115_134615

このほかにも、震災後から大きな変化を遂げているクライストチャーチは、お子様連れのお母さんにも
楽しんで頂けるキッズパークが出来ていたり、新しいショッピングモールが出来ていたりと、これからも、次々と
新しいものが出来上がり、活気のある街へと変化をしていく予感がたくさんしました

まだまだ、完全に元通りになるまでには、多くの時間を要するかとは思いますが、ニュージーランドの観光地としては、
注目し始めてもいいのではないかな、と感じました

以前のクライストチャーチを知っている方はとくに、まだ行ったことのない方も、ぜひ、クライストチャーチに
注目して頂き、ご旅行をされてみてもいいかと思います

ニュージーランド クライストチャーチの観光マップをどうぞ♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランド 南島の玄関口、第3番目に大きな都市 クライストチャーチは、2011年2月に発生した地震から、
約5年弱がたち、少しずつ、少しずつ、復興の色を見せ始めています

私がクライストチャーチに行ったのは、2013年8月と2014年2月、地震のあとの2回だけですが、工事をしている箇所がまだまだ多く、
カンタベリー博物館の周辺の散策と、その周辺で唯一賑わっていた『Boulevard』というカフェに寄ったことしか覚えていません

1175259_510015049085552_379035864_n1170904_510015145752209_1009086_n1150825_510039542416436_1495262647_n

その後も、ずっとオークランドにいるので、クライストチャーチが今どうなっているのかとても気になっていたのですが、
昨日、”Christchurch & Canterbury Tourism”の方とお会いする機会があり、クライストチャーチのお話をお聞きすることが出来ました

クライストチャーチ周辺では、ホテルやレストランなどの修繕工事や改装などを経て、新しくなった施設や観光スポットが増えてきているようです

クライストチャーチ最大の観光スポットである『ハグレー公園』の散策や植物園、自然の中でゆったりと過ごせるカフェ(ilex Botanic Gardens)は人気の観光スポット

市内中心部では、キャッセルストリート沿いにある、輸送用のコンテナを利用したショッピングモール『Re:START』でのショッピングや、
クライストチャーチカジノのあるビクトリア(Victoria)ストリート周辺、そして、トラムが通るハイ(High)ストリート周辺、ニューリージェント(New Regent)ストリート周辺に、
レストランやカフェ、ブティックなどが揃い、地元の人や観光客に人気の場所だそうです

今回、最新のクライストチャーチの地図を入手しましたので、ご覧下さいっ

拡大画像はこちら
26112015100523-0001

拡大画像はこちら
26112015100922-0001

拡大画像はこちら
26112015100636-0001

まだまだ、完全な復興とはいえないかもしれませんが、楽しめる場所はたくさん
これからクライストチャーチへ行こうかなとお考えの方、すでにご旅行が決まっている方、こちらの地図をご活用下さい

ずっとオークランドにいるので、私もそろそろクライストチャーチへ行きたいなぁと思っているので、時間が出来たらぜひ行ってみますっ

クライストチャーチ周辺のおすすめオプショナルツアー
市内を循環するトラムウェイレストラン
クライストチャーチから列車の旅へ『トランツアルパイン1日観光』
カイコウラ ホエールウォッチング1日観光
国内屈指のワインの名産地“ワイパラ地方”を巡るワイナリーツアー

クライストチャーチの新たなシンボル『紙の大聖堂』のご紹介♪

こんにちは、アユミです

2011年2月22日に発生したカンタベリー大地震から、もう4年がたった今、
多くの方からクライストチャーチはどうですか〜というご質問を頂きます

オークランド在住の私も、2013年8月と2014年3月にクライストチャーチを訪れましたが、
2013年のときはまだまだ工事現場や足場が組まれた建物、通れない道がたくさんあり、
2014年には、それが少し減り、タクシーの運転手さんが、『旅行するお客様が少しずつ戻ってきてるね』と、
嬉しそうにお話をされていたのを覚えています

2014年末にクライストチャーチをご旅行されたお客様からも、
『思ったよりは復興が進んでいますよ』、というお声や、『ちょうど満開のバラの時期で、公園でのんびりしました』
というお声を聞くほどですので、ぜひ、これからクライストチャーチに行ってみようかなとお考えの方に、
ぜひおススメしたい場所を、ご紹介いたします

地震により崩壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに建てられた『仮説の紙の大聖堂』

仮設大聖堂2P1000065DSCN3572

日本人建築家の坂 茂氏によって建設されたこの教会は、以前の教会が崩壊したのち、
地元の方々からの強い要望を受け、無償でデザインをされたものだそうです

特殊な紙管が使用された教会は、防水と難燃加工が施され、耐久性にも優れたもので、
この先、50年以上も持つのではないかと言われているそうです

入り口のステンドグラス、そして天井や祭壇、十字架までも全て紙でできたこの教会、
お写真ではなかなか伝わらないので、ぜひ一度、クライストチャーチを訪れた際に、
中をしっかりと見てみたいと思います

紙の教会の場所はこちら




プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ