素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

クィーンズタウン・ワナカ周辺

スキー旅行最終話 プチ観光編

皆さま おはようございます! オリジナルNでございます

あっと言う間の4泊5日でしたが最終話となりました。

朝10時にホテルをチェックアウトしてオークランドに戻る飛行機は15時40分。

中途半端に時間が余ったのでレンタカーのある内にと簡単に観光に出かけました

前日までの体力の消耗を取り戻そうとギッリギリまでホテルで寝て朝食も食べずにホテルをチェックアウトしたのでまずは朝昼兼用のブランチを食べよう! となり、半年前に行って食べたアロータウンのベニソンパイを食べに行く事になりました

半年前のご紹介記事はこちらから!

Img_2121

アロータウンと言う黄葉の素晴らしい街に着きましたら半年前とは打って変わってさむ〜い感じ

11時前ですが観光客も殆どおらずちょっとしたゴーストタウンな雰囲気が又楽しい

Img_2124

早速例のベーカリーでパイを買って店の前の公園(?)で食べますがこれが又温かくホフホフ言いながら頂きました

そんな誰も居ない街中ですがこのベーカリー、お客さんが沢山で結構な盛況ぶり
(妻の一言「儲かってるな〜」が正に頷けます

アロータウンではお土産を買おう!となり色んなお店に入りますが、私の目を引いたのが「リマーカブル スイートショップ」公式サイト

中はありとあらゆる「甘い物」が売ってますが、大人はチリペッパー入りのチョコ(甘いけど辛い)がおススメ

でも私が発見した
Img_2123

ハリーポッター 百味ビーンズとかバタービール、なめくじグミは日本のUSJより断然安い!
(まあどこ製品かは微妙ですけどね

半年前に来た時に楽しんだ砂金採りのお店に行きますと
Img_2132

中の水が凍ってました

で付近の川に行きますとその辺の水たまりも
Img_2126


ガチガチに凍ってます

オークランドではまず無い風景に子供達は大喜び(この時付近の気温2度)

ちょっとした道も凍ってそうなので(駐車場から出ていく車の音がジャリジャリジャリ〜って言っててちょっと怖かったです)そそくさと空港に向かいました。(まあ2時間近く遊んだんですけど

空港に着きましたら速攻でレンタカーを返却しましたが、到着時に気づかなかった案内を見ますと
Img_2139


日本語を含む各国の言語で「クイーンズタウンを運転する際の注意事項」が置いてあり、その横に
Img_2141


フロントガラスの氷を削り取るヘラで「クイーンズタウン空港」と書いた物が無料で配布されておりました!
(記念に一個頂きました

出発時にオンラインでチェックインは済ませており既に搭乗券は印刷して持ってたのでギリギリまで空港周辺で写真撮影したりしてましたが、そろそろかな?と言う時刻にX線検査の所に行きましたら
Img_2146


超〜〜〜〜長蛇の列

でもこの列、オーストラリア行き用の列でシドニー、メルボルン、メルボルン、シドニーの4便分が一気に集中してる様子でした。
と言う事であのスキー場に居た多くの人はオーストラリアからの旅行客が大多数の様子です。

と言う訳で左の列の「国内線」は誰も並んでなかったのでさっさと中に入り定刻通りオークランドに戻りました

これでN一家のスキーのお話は最後となります。

皆さまお付き合いいただきましてありがとうございました

次のNの書き込みは・・8月上旬にロトルアに行きますので又ご報告します!それまでしばしのお別れです〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

晴天のカードローナスキー場♪

皆さま おはようございます!不定期参加Nです

今日は朝からスキー旅行のご報告 カードローナ編をご紹介

Img_2091


先にゲレンデ画像を掲載しますと・・この日はピーカン サングラスが無いと目が焼けるぞ日和でした

でも道中の車の情報では
Img_2069

外気はマイナス3度。結構寒い日のはず。

でもカードローナスキー場に着きましたら
Img_2070

人・人・人・そして人

ここでリフト券(N一家はマジックカーペット1日+ゴンドラ一回券)を買うのに並びました。

リフト券はチップ内蔵のカードで顔写真情報も中に入れる必要があるので家族全員の名前・住所・携帯・生年月日を聞かれて入力頂く必要がありますが=家族全員その場に並ぶ必要があるので一家族とか処理するのに余裕で10分は掛かります

Img_2120


N一家が4人分のカードをゲット出来たのが1時間半後 これはどうにかして欲しいと感じました。 20年前に来た時の思い出はガッラガラだったのに・・・この日は朝からリマーカブルズと言う別のスキー場が急遽閉鎖だった為一気にここに人が流れた・・・との事ですがこのプロセスはちょっと私のイライラMAX一歩手前でした。明日帰る家族全員の生年月日やメールアドレス全員分入力する意味有るか?と・・・

と言う訳でカードローナスキー場のリフト券は山に付く前、クイーンズタウンの市内でも購入出来るカウンターがあるので前日の内に買っときましょう が正解らしいですが・・昨日みたいにチェーン規制で登れないという事もあるので・・・やっぱどうにかして欲しいですね・・

さて、11時過ぎにやっとベルトコンベアに乗って初級コースのてっぺんまで移動します!
Img_2085


ここのマジックカーペットは囲ってあって風や寒さも全然なく、むしろ暑い!(マイナス3度なのに・・!)

と言う事で家の子はTシャツ1枚で滑っております

数分掛けて登って1分以内に降りて来れる様になった頃は既に1時過ぎ。お腹ペッコペコです。
で、事前に聞いてた噂の「カードローナのラーメンは美味しい」を頼りに「ヌードル・バー」と呼ばれる中華レストランに行きました!

Img_2087

そう、忘れてました・・チケット買うのに1時間半並んだのを・・・・

と言う訳で席取り合戦 そこらじゅうでどっちが先に見つけたかで小競り合い・・・

やっとこさ見つけたテーブルに子供を座らせオーダーの列に延々と並び・・・

Img_2086

メニューの金額を見て驚愕し・・・

味噌ラーメンとカツカレー 家族4人で80ドルナリ

でもね・・・この20ドルの味噌ラーメン
Img_2088

中にこれでもか!と言う位チャーシューが入ってて・・食べた後は「これは有りやね」と言う言葉を発してました 正直「おいしかった」です!

ラーメンとカレーをスキー場で食べるって日本見たいでしょ! ちなみにこのレストランのマネージャーは日本人の名前が書いてました

昼食後は 正直グッタリ疲れたので最後に一回だけ使えるゴンドラ券で山頂まで行ってみよう〜となりました。

今年初でお目見えのゴンドラで名前を「チョンドラ」と言い(チェアリフト+ゴンドラを足した造語)リフトにはまだ乗れない子供達も安全に山頂まで移動が可能な8人乗りゴンドラで山頂までGO!
Img_2109


ここカードローナは山頂からでも超初心者コースでふもとまで滑る事が可能なコースがあります。

Img_2113


と言う事で超初心者の子供達も約30分掛けて一度も転ぶ事無く滑って降りる事が出来ました

ふともに降りて板外してトイレ行って・・としてたら又4時過ぎ=リフト終了時間で今度はスーパー帰宅ラッシュ開始です

日が落ちて冷え込み始めた夕方のゲレンデの様子をまたまた1周グルリ!


ちょっと行った日が悪かったと思いますがとにかく「混んでた」と言う印象が否めないゲレンデでしたが雪質はキュッキュと音が鳴る程のパウダースノーで、あっちこっちで日焼け止めをスタッフが配る(?)程の晴天でN一家は満足でスキー最終日を終えました!

さて明日は最終話&番外編、飛行機までのプチ観光です!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

2日目はカードローナ・・・・や〜めた!

皆さまおはようございます。不定期参加Nが家族旅行レポート第三弾をご報告!

先日コロネットピークで子供達も必要最低限滑れるようになり、2日目はクイーンズタウンから1時間の場所にある「カードローナスキー場」に向かいました

カードローナスキー場への入口の前になにやら怪しい景色が・・・・・・

Img_1965


ファームの柵に凄まじい数のブラが・・ここはカードローナの名所「ブラフェンス」又は「ブラローナ」と呼ばれる所で起源や由来はイマイチ謎との事。1999年に4つのブラから始まったこのブラフェンス、皆さまも宜しければ記念に残して下さい!

で早速カードローナスキー場に行こうとした所入口で止められて・・・・

「チェーン持ってる」と聞かれてしまいました・・・そうここから先はタイヤにチェーンを装着して無いと行ってはいけない日でした・・・= 路面が凍ってる

実は・・レンタカー借りた時・・トランクを開けたら別料金のはずのチェーンが入ってて「ラッキ〜」と思ったんですが・・正直家族乗せて凍結路面の山道を走るのは怖い&ぶっちゃけチェーン巻いた事無い

どうしようかと迷ってましたら雨がザーザー降り始め・・・

で決めました。

今日はスキー止め!

そんな時はスッきり気持ちを切り替えてワナカ観光しようとなりました
この切り替え、スキー旅行では非常に重要です。日によっては吹雪でゲレンデ自体閉鎖とか結構悲しいトラブルに見舞われますが、そんな時はさっさと気持ちを切り替えて他の事をしましょう

で私達が朝から向かったのが数か月前にJTBスタッフ「ノリカ」さんも行ったパズリングワールド!
その時の記事はこちらから!

そこはその名の通り「パズルの世界」。視覚トリックを取り込んだアートや巨大迷路が楽しめる施設です。

古くは何と松田聖子と羽賀研二主演映画「夏服のイヴ」と言う映画の最後のシーンの撮影現場でここの迷路で近藤正臣と羽賀研二が勝負したシーン(今の若い人知らんってね)が撮影された施設です。

Img_1967


私達は決断が早かったので中はガラガラ(でも帰る時はスキーウェア着た家族連れで超満員!)

まずはここで面白いおトイレに

Img_1975


ローマ式トイレと書かれたエリア(本当のトイレの前の待合場所)。お尻を出したお兄さん達が居ますがこれ、私達一家より奥は「絵」です こんな感じの視覚トリックがあっちこっちで楽しめます

Image2
入口で入場料金を払うと手にQRコードのスタンプを押されるのでそれをスキャンして中に入ります(ハイテクやねえ

Img_1996

中は大人と子供の大きさが変になる部屋とか
Img_1984

マイケルジャクソンになれる角度が変で超酔える部屋などがあり
Image1

マタマタ施設内のトイレは床が超怖い事に・・!

大雨の中でしたが巨大迷路を約1時間迷いに迷いここで約3時間近く楽しみました!

その後ワナカ湖畔にて写真撮影
Img_2026

ノリカさんとの写真と違い寒い・白い風景がお楽しみ頂けます。

その帰り道は
Img_2046
お化けが出ると有名な「カードローナホテル」に立ち寄って名物の

Img_2055

モルドワイン(ホットワイン)を「妻が」堪能しましたシナモンが1本丸ごと入ってて体の芯から温まります

他にもノリカさんと同じようにお昼食べたりワイナリーに行ったりして気づくと既に夕方。

3日滑るチャンス中の1日を観光に充てましたがそれなりに楽しいワナカ観光となりました!

明日は晴天らしいので明日こそ!カードローナにGOです!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

初日の足慣らしはコロネットピーク スキー場!

皆さま おはようございます! 本日はクイーンズタウンでのスキー旅行体験のご報告第二弾。

この日は初日と言う事で、街中から一番近いスキー場「コロネットピーク」のご紹介

コロネットピークはクイーンズタウンの街から車で約20分で行けるゲレンデで、多くの方が初日に選ぶスキーエリアです。

そもそもクイーンズタウンから行けるスキー場は全て森林限界を超えた高い所にある為、樹木が全く無くて日本と全然違う景色とコースが楽しめます。(日本でよくある「森林コース」は有りません!)

Img_1936


ゲレンデは基本初級〜中級がメインですが上級の方も十分にお楽しみ頂ける広大なゲレンデです。
Image1


車で約20分で到着しましたらまずは大きな建物があり、そこでリフト券を買ったりレンタルスキーをここで借りる事も可能です。
Img_1950


家はとりあえずスノーブーツをスキーブーツに履き替えてロッカーに預けます。
Img_1949

このロッカー、クレジットカードでの支払いとなりますが画面は「日本語」も選べるので英語が苦手な方も安心してご利用頂けます。 ロッカーは大小ありますが、大が1日20ドル、小が1日10ドルで何度でも出し入れが可能です。 (上部の「12」と言う数字は12個空きがあると言う意味です)

ちなみに家族4人分のブーツ+リュック1個が小に入りました。

私達は初日の足慣らし(+子供達は初めてのスキー)と言う事でリフト券は買わずに基本足で歩いて何度も登ってボーゲンの練習をさせました。
Img_1938


何が驚きって・・・最近のスキーって短い そして軽い

その昔は自分の身長より長くって重かった印象がありますが今回は身長より低く、丁度目の辺りの長さ。
時代を感じます・・

という訳でスパルタ父ちゃんは9歳児も容赦なく自分で担いで何度も登らせました(ちょっと泣き入る一歩手前

そんな中マジックカーペットと呼ばれるベルトコンベアではゆるキャラが家族サービス



2〜3本も滑ると丁度お昼。 お腹も空いたのでランチにしました。
Img_1927


「お米命」の子供達はお寿司パックを買って(巻き寿司8個で約10ドルなり)食べました。

レストランエリアはそこそこ混んでますが席探しに苦労はしませんでした。

この日は初心者エリアをノンストップでボーゲンで降りて来れるまで上達した頃は丁度夕方4時。
(子供って上達早いですね〜〜驚きです)

ここからやっと子供達の夢だった「雪だるま造り」がスタートです・・
Img_1954


ちなみにゲレンデの気温はこの日で平均2度。 でも板担ぎ一家としては汗ダクダクの1日でした!

最後にコロネットピークをグルリと1周!


さて明日はちょっと遠出して「カードローナスキー場」の予定です!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

スキーに行ってきました〜♪

皆さま ご無沙汰しております!不定期参加のNです

現在子供達は冬休みと言う事で、清水の舞台から飛び降りる勢いでクイーンズタウンに4泊5日でスキーに行ってきましたので皆様にご報告

Img_2074


クイーンズタウン空港に降り立ったのは午後3時半。そこから空港でレンタカーを借りて一旦市内のホテルに直行。

Img_1904


部屋から見える夕方のワカティプ湖は美しい〜 
(山の上に見える黒い飛行物体はニュージーランド航空の真っ黒な飛行機です(UFOではありません

約20年前に私はここで約1年ガイドをしておりましたが、元在住民としては体感温度はそんなに寒くなかったです(妻と子供達は震えあがっておりましたが・・!ちなみにこの時点では外気6度。)

レンタカーを一旦ホテルに停めて、折角の真冬のクイーンズタウンと言う事で、歩いて街の中心部にあるレンタルスキー屋さんに行く事にしました。

私がお世話になったのが「KIWI DISCOVERY」と言うショップ。

店に入りますと既に結構沢山の人
Img_1905


事前に予約してましたので軽く書類にサインをして裏のレンタルエリアに案内されます。

レンタルエリアに行きますと
Img_1907


日本語で「こんにちは」と書いており、スタッフの方に話しかけますと日本人の女性スタッフが「こんにちは〜」と声を掛けて頂きました!
(私達が大阪弁で「あっちちゃうん??」とか大声で話ししてたので・・

海外でのスキーは足のサイズ表記も違いますし英語でやり取りするのも苦労しますがここKIWI DISCOVERYは日本人スタッフ常駐なので安心

Img_1906


この日本人スタッフが私達一家の足サイズを考慮しつつ最適なブーツを選んでくれて

Img_1910


その他のスタッフさん3人掛かりで微調整してくれました。

何しろ子供達は人生初めてのスキーなので「痛い」「キツイ」を連呼しますが私達もそれでOKかどうか判断出来ませんがプロが「完璧」とお墨付きを頂けたので「そんなもんやねん!」で無理やり決定

ここからブーツのサイズに合わせて板のビンディングを調整して、子供用にヘルメットも借りてストックも借りて・・と結構な大荷物

これ・・・ホテルまで4人分歩いて担いで持って帰るの無理なんっすけど・・・と思ってましたら「ホテルまで届けましょうか〜?」と日本人スタッフからのオファーが

何とKIWI DISCOVERYのサービスとして無料でホテルまで全員分その日中に配達してくれます

但し条件としては「ホテル内にスキー置き場があるホテルのみ」ですので全てのホテルでは有りません。事前にお泊りのホテルにスキールームがあるか確認が必要です。

と言う訳で元来た道を手ぶらでホテルまで戻り、夜寝る前にスキー置き場に確認に行きましたら私達一家全員分がガムテープでグルグル巻きの状態で無事配達されておりました

このKIWI DISCOVERYではスキーウェア、スノーボード、ゴーグルもレンタル出来ますので本当に手ぶらでお越しのお客様もスキー・スノボを楽しむ事が可能です。(手袋はその辺で安く売ってますのでそちらはご購入下さい!)

日本からお越しのスキー・スノボのお客様は皆さま日本から大荷物で板も抱えてお越しの方が多いですが、現地でレンタル頂いた方が身軽でおススメです!

次回来週月曜日は一発目「コロネットピーク スキー場」のご報告〜

それでは皆さま良い週末を!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クイーンズタウンで巨大なオーロラに遭遇!

KIAORA!最近ついてるのりかです

先週末、有休をいただき人生初クイーンズタウンに行ってきました

私の夢を沢山叶えてくれたクイーンズタウンでのお話をさせていただきます。

まず、到着したのは4月22日。
お昼の12時20分にNZ617便で到着しました。
ホテルのチェックインが15時なので時間がたっぷりありました
なので、空港送迎+市内観光をお願いしました。

そこでの写真がこちら!
DSC05841

DSC05909

DSC05903

DSC05846

DSC05894
DSC05907


鳥たちのさえずりとそよそよふく風に、落ち葉のいい香り。
こちらのこの鳥パラダイスダックという鳥で、
一生同じ伴侶と生きていくそうです。
もし片方が死んでしまったら、残されたほうはずっと一人で生きていくんですって

そんな素敵なお話素敵な場所をベテランガイドさんに紹介してもらえました

【クイーンズタウン空港送迎】
市内観光もご希望の方は別途お問合せください。

夜はスカイラインゴンドラに乗り、おいしいと噂のストラストフェアのバッフェをがっつり
ベニソン(鹿肉)のステーキもありました。
噂どおりめちゃめちゃ美味しかったです!

食事を終えたあと、ゴンドラの下に20時00分にガイドさんと待ち合わせし、いざ!星空観賞へ!

私設天文台に向かう道中ふと「オーロラを見るのが私の夢なんですけど、今日まさか出ませんよねぇ」とつぶやくと車を止めてなにやら山のほうを眺めだすガイドさん

「でてる!!!!!」

えええええええ!!!!!

車をUターンし、オーロラが観測できる秘密の場所へ急いで移動!

早く!!早く!!!!

そして、人生初の巨大なオーロラと満天の星空が私達を包んでくれました。

_MG_6205 - 1


ぎゃーーーー!!!!

21h22m -2 - 1



その後も約2時間ほどオーロラはどんどん巨大になり続け、
ガイドさんいわくこんな大きなオーロラは珍しいとのこと。

オーロラを見るのが昔からの夢でイエローナイフ(べた笑)か南極(遠っ)にいくしかないのかなぁ、
でもお金かかるなぁなんて思っていたらクイーンズタウンであっさり叶ってしまいました

オーロラだけでなくこんな満天の星空も人生で見たことがないので、大はしゃぎしてしまいました。
巨大な流れ星も一体何個見たんでしょう。。。お願いごとすることすら忘れてずっと空を見上げていました。
南十字付近の天の川

06 Aug 24h02m -1


それもこれも全部このベテラン天文ヲタクガイドさんのおかげです!!!

オーロラの出現は自然のものなので確約はできませんが、
クイーンズタウンにこれから行かれる方、星空観賞は必須です!!!

【南天の宝石めぐり星見ツアー(日本語ガイド付】

ホテルに戻ってもう一度空を見上げてみましたが、全然見えませんでしたからね

みなさんがクイーンズタウンに行かれるときは晴天であることをお祈りしておきます

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



家族旅行で初めての南島! クイーンズタウン編 最終話

皆様 おはようございます オリジナルNです。

今日はクイーンズタウン編の最後にしようと思います
(そしてマウントクック編に続きます

TSSアーンスローを楽しんだ後はレンタカーでクイーンズタウンの観光名所巡りに出発

まずは基本の「アロータウン」と言う街に参りました。

アロータウンと言う街はその昔1860年代にはゴールドラッシュで栄えた小さな町で、今でもその歴史が残る美しい街です。近年では秋の黄葉が非常に素晴らしいと有名な街です。
(イチョウが一杯あるのでその昔は銀杏取りに行ってました・・!)

まずはお腹一杯のはずだったのに・・・アロータウンでは絶対外せない名物「ベニソン パイ」を食べる事に・・!

Img_0527


アロータウンの目抜き通りの一番端っこにあるパン屋さん「アロータウン ベーカリー」通称「AB」のパイが非常に美味しくって有名で、特に日本でも珍しい ベニソン=鹿 が一杯詰まったパイを頂きます

最初鹿って聞いた時の子供達は引き気味でしたが一口食べてみて・・速攻完食 中はホロホロと柔らかくジューシーなお肉が満載で、獣臭さ等全く無く、そして脂っこく無いパイ生地がコレマタ絶品で・・と褒め言葉しか出てこないお味 皆様是非食べて見て下さい

私達一家がアロータウンに行ったメインの目的・・・それは 砂金取り

ここでは街の中心部に有るカフェで砂金取り体験が出来ます
Img_0533

Img_0537


毎時20分開始でさっきまでコーヒーを入れてたお兄さんが出てきて一人一皿の金入りの砂&お皿を使ってレクチャーしてくれます。
Img_0538

(お隣には大人も数名いらっしゃいました)

小さなお子様でも簡単に楽しめて最後お皿に残った金をかき集めますと
Img_0779

結構な量が入ってて子供達は大喜び

Img_0541

取れた金の鑑定書も名前入りで頂き本当に良い体験&お土産が出来ました

さて、ここからが問題です・・本当はここからワイナリーに行ったりバンジージャンプ見たり・・の予定でしたがこのアロータウンの街中を流れる川「アロー川」はマジで砂金が取れます
(ここのカフェで砂金取りグッズのお皿・シャベル等がレンタルできます)

で小雨の降る中子供達の砂金発掘が開始・・・
Img_0543


でもこの直ぐ隣で本格的に採掘(?)されてる大人が2組いらっしゃり、見せて貰うと結構取れていらっしゃいました

で気づくと既に17時 = ワイナリー等全て閉まる時間

通常アロータウンは15〜30分で出発するのですが数時間楽しんでしまいこの日は終了!

(大丈夫。翌日マウントクックに移動の際に同じ道を通るので明日参ります

非常に小さな街ですが子供達が一番喜んだアクティビティーでしたので家族旅行にオススメです!

アロータウンへは こちらのツアーにご参加がオススメです。 (砂金取りは含まれて降りませんのでご注意下さい)

家族旅行で初めての南島! クイーンズタウン編 その4

皆様 おはようございます。 オリジナルNです。

皆様そろそろ他人の家族旅行話に飽き飽きされてきたかも知れませんが少しでもご参考にして頂ければと諦めずにその4参ります

今回は朝からワカティプ湖での蒸気船クルーズ&ファームツアーに参加してまいりましたのでご紹介です

名前を「TSS アーンスロー」と言いましてタイタニック号と同じ年に作られた蒸気船が未だに運航しており対岸の「ウォルターピーク牧場」までノスタルジックなクルーズをお楽しみ頂けます。

まずは10時のクルーズの予約でしたので20分前にチェックインカウンターで乗船券をゲットします。
Img_0462

Img_0458


船に乗る際は各グループ毎に記念撮影が行われますが結構長蛇の列が出来ますので出来るだけ早めにご集合をオススメします。

Img_0467

船内はボックス席がありますが最後の方の方は座る場所が無い状態でした。(外にもベンチがありますのでそちらに座られてた様子です)
蒸気船内では何と石炭で稼動するエンジンルームを上から見る事が出来ます
Img_0466

結構暑い中一生懸命石炭を入れてる様子もご覧頂けて気分は1900年代にタイムスリップ

約40分程で船は対岸のウォルターピーク牧場に到着。ファームツアー込みのお客様はそのまま毛刈りショーエリアに集合します。
Img_0468


ここからは羊の毛刈りショーをご覧頂いたり
Img_0473

牧羊犬の働きぶりをごらん頂いて
Img_0474

色んな動物に餌やりが出来ます

Img_0510

子供達はやっぱりアルパカさんがお気に入り

羊・鹿・巨大な牛などと沢山触れ合って手を洗ってましたらスタッフのお兄さんが複数人立ち、BBQランチオプションに参加の方、乗馬オプションに参加の方等に分かれます。
私達はオプショナル参加無しですが「モーニングティー」が含まれてますので「モーニングティー」の看板のお兄さんに着いて行きます。
Img_0476


建物の中に入るとマフィン・スコーン・コーヒー・紅茶などイギリス式のモーニングティーがお楽しみ頂けます!
美しい景色を見ながら私達一家は又・・「ヤバイ」 全ての食べ物が昼食前の胃袋にスルスルと入っていきます(超美味しい
Img_0478


もう胃袋が限界となった頃に丁度帰りの船が迎えに来ます(それまでの間船はクルーズのみのお客様用に1往復してます)

さて、この帰りの船がお楽しみタイムです!
Img_0523

船の前方エリアにはピアノがあって、プロの方が各国の歌や皆が知ってる曲を演奏するので大合唱大会のスタートです

ピアノの周りには「ソングブック」と呼ばれる歌詞カードの本が置いてますので一人1冊取って頂き、ピアニストが次の曲を番号で案内しますので知ってる曲は英語でも日本語でもOKなので是非熱唱して下さい

日本の曲としましてこの日は「上を向いて歩こう」=英語名 「スキヤキ」が演奏され、船内の日本人で大合唱して参りました(子供達は全員この歌知らない世代なんですよね・・・

そんなこんなで元の場所に戻ったのが13時過ぎ。 & お腹結構一杯。

午後からもたっぷりと時間があるので小さなお子様連れにもオススメツアーです

勿論こちらのツアーもJTBニュージーランドのWEBこちらから お申し込み頂けます!


私達はレンタカーでアロータウンやバンジージャンプ、ワイナリー巡りに出発〜となりその5に続きます!
※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



家族旅行で初めての南島! クイーンズタウン編 その3

皆様 おはようございます。オリジナルNです。

本日はクイーンズタウンレポート その3をご紹介
(あ、先に言いますとその6 位まで引っ張りますよ〜

スカイラインゴンドラレストランでは子供達に更なるサプライズを仕掛けておりした

昼食後レストランを出ましたらオークランドで家族ぐるみで親友の一家が突然参加
(同じく子供達の驚き様ったら・・)  と言う訳でここから先は2家族、大人子供8名での旅行です。

エキサイトした女の子4名がギャーギャーと騒ぐ中ゴンドラで下山、そしてそこから向かったのはゴンドラ乗り場の目の前にある「キゥイバードライフパーク」
kb


ここには私のガイド時代の先輩Kさんがいらっしゃるのでご挨拶を兼ねてお邪魔しました。

このキゥイバードライフパークはその名の通り、クイーンズタウンの市内中心部なのにキゥィバードをご覧頂く事が出来ます。 基本的に園内はご自身で散策頂きますが

Dsc01585

日本語音声マシンが園内案内してくれますので安心

Dsc01588

2つあるキゥィハウスでは写真撮影が出来ないのでご紹介出来ませんが目の前をワタワタ歩くキゥイを堪能!
上手く時間を上手く合せるとバードショーもご覧頂けます

ロトルアやオークランドで自由行動が無い方は是非こちらでニュージーランドの国鳥をご覧下さい

二家族で園内(結構広い)を堪能した後 N一家は街の中心部でレンタカーをピックアップし、この日お世話になるホテル「ヘリテージ」に移動!

このホテルは街の中心部から少し離れておりますが高台の眺めが美しいホテルです。
Img_0548


レセプションの横にはしっかりと
Img_0552


LOOKでお越しのお客様専用電話が設置されております

お部屋に入りますと・・・
Img_0452


モダンな造りで広いイメージ、しかもアメニティが充実しており
Img_0457

Img_0456

マヌカティーを使った入浴剤やシャンプー、コンディショナーは女性陣がかなり高得点を出してました

夏場とは言え小雨が降り少し肌寒い日でしたが子供達は「プール! プール!」と騒ぐので
Img_0554

温水とは言え大人的には少し冷たいプールも堪能
(ちなみにこれ夜の9時前後です! 何時もは寝る時間なので子供達のアドレナリンが怪しい・・

そんなこんなで宿泊初日から館内施設も堪能させて頂き非常に快適な旅行2日目が終了。

明日は朝から蒸気船観光のその4に続きます〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

家族旅行で初めての南島! クイーンズタウン編 その2

皆様 おはようございます オリジナルNです

本日は家族旅行 クイーンズタウン編 その2をお届けいたします

ホテルをギリギリ10時まで堪能し一旦荷物を預けてチェックアウト(そう、2日目は別のホテルに移動です)して徒歩にて街歩き。

まずはワカティプ湖湖畔まで歩いて移動しましたら・・・

あるわ あるわ 平べったい石 = 水切りに最適な・・・ と言う訳で軽くここで30分近く湖に向けて石を投げ続ける子供達でした

Img_0412


そのまま街中で原宿にもあるクッキータイムのお店でお土産を買い(1日目なのに・・)記念撮影。
Img_0544


そして本日の目玉、スカイラインゴンドラ乗り場まで徒歩で移動
Gondola small


山頂にはレストランが有り本日のお昼はここでバッフェランチ(私も妻もここが一番楽しみでした )レストランは既に沢山の人が待っていました。
Img_0430


その昔はレストランで予約を入れた名前を伝えて呼ばれるまで付近で待つ必要がありましたが昨今では
Img_0429

日本でもよくあるブルブル震える 通称「UFO」と呼ばれる機械が順番をお知らせ! 山頂どこでもブルブルするそうですのでこの間に写真撮影やお買い物が出来ます。

UFOが早速ブルブルし席に案内して頂くとテーブルからはクイーンズタウンの町並みが一望出来る最高の席でした
Img_0438


ここのバッフェは・・・・  子供達も 私も 妻も・・・・一言目は・・・「ヤバイ」

だって・・・数年前にも書きましたがシーザーサラダなんてパルメジャーノチーズの中で目の前で作って貰い・・
Img_0437

妻はこのサラダを4回お替り(既にヤバイ・・)

デザートなんて
Img_0434

こんなに種類があって

Img_0443

日本の味のプリンなんか私3個頂きました
その他「カピティ」ブランドの高級アイスクリームも有り、家族全員お腹がはち切れる一歩手前まで頂きました

山頂のレストランを堪能し、少し小雨の中バンジージャンプを飛ぶ様子を楽しみと軽く数時間滞在して又ゴンドラで下山したら既に午後3時過ぎ

ここのレストランは本当にオススメです。皆様クイーンズタウンにご滞在の際は是非行ってください!

勿論JTBニュージーランドで こちらから お申し込み頂けます

そしてその3に続きます・・・!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ








プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ