素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ご挨拶・一般情報

ニュージーランドの中学校の文具

皆様 お早うございます オリジナルNです。
今日は久しぶりに生活臭のする記事をカキコです。

私の上の子供が11歳で年末から2年間だけ中学校に進学します

ニュージーランドの公立の学校システムは複雑で学区によって


1)0年生から8年生まで小中一貫、そのまま高校に(そして大学へ)


又は

2)0年生から6年生まで小学校、2年間中学校で高校に(そして大学へ)

と言うパターンに分かれますが、家の場合は(2)なので小学校は間もなく卒業となります。

そんな中先週入学予定の中学校のOPEN NIGHTと呼ばれる・・日本語で言います所の「学校説明会」に行って参りました。
(仕事してるご両親が参加出来る様に夜に開催されます!)

教室やクラスの雰囲気も見学するので何と代表の生徒100名近くが夜の9時まで残って授業を再現してくれておりました

そんな中事前に頂いてた資料で「日本ではこれは無いなあ〜」と思ったのが「ご準備下さい 文具リスト」。

そこには・・・

byod


IPAD2 又は CHROME BOOK。

条件は最低10インチ以上のスクリーンで16ギガ以上のストレージ、2ギガ以上のメモリが搭載されて・・

と言う「私が欲しいわ」と言うハイスペックなご注文。

私が工業高校の入学説明会の際に「関数電卓が必要」と言うのに先生に必要性を断固求めていた親御さんを思い出しましたが・・・!電卓どころか10万円クラスの物でないと学校のシステムと接続出来ないと・・

これは「BYOD = Bring Your Own Device」と言う流れ・仕組みの一貫で、自分の文房具として持参すると「好ましい」物という意味です。

好ましい=必須では無いよね? と言うご両親の質問は、1200名の生徒中800人が持参されてます と言う先生の回答で・・・うちの子だけ持ってないってのも嫌じゃないですかー

ちなみに以前にもご報告しましたが、実はIPADを使った授業はニュージーランドでは幼稚園から始まっており、下の子7歳のクラスには4人に1台のIPAD2、デスクトップのマックが各クラス2台教室に常設されており、宿題はパワーポイントで作成、提出は登校したら朝一にそれぞれクラウドにアップロード、又は先生に直接Eメール・・・と言う大人でも難しいかもの授業の流れとなっております。
(普通の公立ですよ!)
なので7歳児に「Googleアカウントの設定が何かおかしくなって・・」と相談された日にゃ驚きでしたよ

これが高校になると「必須文具」となるので今回初めて購入する場合は事前に進学予定の高校の指定機種を調べてから購入下さいとの事です。

実は家の子供たちはそれぞれ結構パワフルなアンドロイドタブレットを所有してますが8インチなので又買い直し!!?と言う状況です・・

何かちょっとモヤモヤしたのがこの紙に次の説明会第2回目の際、「ノエル リーミング」と言うニュージーランドでメジャーな家電ショップ(ビックカメラみたいな感じ)が販売に来る&ローンも組めます と言う情報が・・・

何か学校がそこから紹介料とか儲けてないと感じたのは私が汚れてるからでしょうか・・

ニュージーランド旅行を希望に合わせてアレンジします♪

おはようございます、アユミです

JTBニュージーランド 現地スタッフ ブログに、私が投稿を始めてから、早くも約1年8ヶ月が経ちました
ニュージーランド国内の様々な場所を訪れて、いろいろな体験をしたり、素敵な景色を見たり、人々と出会ったり
そんな経験をこのブログで紹介させて頂いているので、ご覧頂いている方々には、常にどっかに行っている、旅行大好きな旅人のように映っているかもしれませんが、
私の本業は、ニュージーランド国内旅行の手配を担当するコーディネーター、とくにお客様の希望を旅行プランに反映させたオーダーメイド形式の旅行プランニングを専門にさせて頂いています

JTBニュージーランドの現地サイトでは、オプショナルツアーやホテルのご予約、お食事のご予約などの単品のご予約以外に、
お客様の旅行プランを、その方のご予定やご希望、好みによって、最初から作成するオーダーメイド方式がとっても人気なので、そちらをご紹介したいと思います

ordermade

日本にあるJTBの店頭には、世界各国の旅行プランがパッケージになったパンフレットが、ずらりと並び、その中に、ちょこっと、ニュージーランドの旅行パンフレットが置かれています
パンフレットに掲載されている旅行商品は、ホテル、食事、オプショナルツアー、航空券などがセットになっているので、ニュージーランドへ初めて来る方には、とっても簡単に、旅行プランが選べます

20160613_173604

しかし、旅行に行きたいなっと思う期間が希望の日程と合わなかったり、希望の出発日にパッケージツアーが催行されていなかったり
パッケージツアーの中に行ってみたい観光スポットが含まれていなかったり、お食事やホテルも、グレードや場所、雰囲気などなど、ご自身でもっと選びたいっという方もいらっしゃるはず

そんなときに、オーダーメイド方式の旅行プランの作成がとっても便利なのです

パッケージ商品の王道コース(クイーンズタウンやマウントクック、テカポ、オークランド)だけでなく、行ってみたい観光地を予定に入れ、バスだけでなく、レンタカーや列車など、
そこへの行き方や過ごし方、オススメのお食事場所、ここだけは見逃せませんよっという場所をすべてご紹介します

先日ブログでご紹介した、ダニーデンの街、リピーターさんは必ず訪れる南島 西海岸の氷河ウォーク フランツジョセフや、エイベルタスマン国立公園のシーカヤック

e508e495268432c815164fb6

北島のロトルアやワイトモ鍾乳洞やホビット村だけでなく、世界遺産トンガリロ国立公園や、火山ハイク ホワイトアイランド、ラストサムライの撮影地タラナキ山などなど

61f56515baad69aa0fe7e6b0

そして、映画ホビットが大好きなお客様が、そのロケ地を巡るためだけの旅行プランをアレンジしたり、ハイキングが大好きなお客様にハイキングスポットだけを盛り込んだプランをアレンジしたり、
キャンピングカーで巡るニュージーランド縦断の旅をアレンジしたり、などなど

私が今までに、直接行って、体験して、見てきた場所や街や自然、そして、細かい旅行のオススメポイントやチェックポイントを、自信をもって、皆様へご提案します

旅行をする時期、現地での滞在期間、一緒に旅行をされる人数、そして、やってみたいこと、行ってみたい場所など、なーんでもっ言って頂けたら、
そのご希望に、可能な限り近づけた旅行プランをアレンジし、細かい部分は、メールでのご連絡により、ご相談をさせて頂きながら、オーダーメイドの旅行プランを完成させていきます

今、旅行会社の店頭で、パンフレットを見ながら、ニュージーランド旅行をどうしようかなと悩まれている方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、一度、私のところへお問い合わせ、ご相談をしてみて下さい

Pic

世紀の大発見!ニュージーランドの裏技!

皆様 おはようございます。 オリジナルNです


皆様!聞いてください
先日ネットで見かけた情報を家で試してみたら大成功だったネタを動画付きでご紹介します!


それは何かと言いいますと・・・・洗濯機


ニュージーランドを本社とする洗濯機や冷蔵庫のブランド「フィッシャー&パイカル」社の洗濯機の裏技です

家にある洗濯機はそのフィッシャー&パイカル製なんですが、ニュージーランドのご家庭ではかなりの割合で普及してるメーカーです。(アメリカ・オーストラリアでもポピュラーと言う噂

そのフィッシャー&パイカルの洗濯機・・・・・


「電源」+「⇒」を押して、その後水温調整ボタンの「上」を2秒間押すと。。。。

何と・・・・



まずは私が録画・アップロードしたオリジナルN家の洗濯機動画をご覧下さい!






何と・・・・ニュージーランド国歌を歌うんです

これは修理をする際などにスピーカーやライトをテストするSEモードだそうです = 多分機種は問わないと思います。

これ実は別のボタンを押すとアメリカとオーストラリア国歌も再生します!

フィッシャー&パイカルの洗濯機をお使いの現地在住の皆様、是非トライしてみてください!

成功した人は「いいね」か拍手を押してくださいね!

期間限定チョコ2016年バージョン

皆様おはようございます。オリジナルNでございます

先日の2つの味が混ざったポテトチップの記事に関しまして多くの方からの反響を頂きまして有難うございます!

で調子に乗って本日も「期間限定」ネタで行かせて頂きます

それは先ほどJTBニュージーランドのオフィスのすぐ隣のスーパーマーケット「カウントダウン」で見かけた新発売のチョコレート

ニュージーランドのチョコレート会社「ウィッタカー」が毎年今の時期になると「え?lこの会社と??」と言う大手会社とコラボしたチョコレートが出ますがその2016年バージョン

それは・・・

IMG_20160418_144525


アイスクリームの会社「ティップトップ」のゼリー入りアイス味とコラボしたチョコレート
そんなのオリジナルNが見逃す訳無く早速購入

裏返してみますと
IMG_20160418_144717


創設者のウィッタカーさんがピンクのゼリーを帽子の様に被らされてると言うまるで「歴史の教科書の肖像にヒゲレベル」の画像が・・

で早速中を見てみますと・・・

IMG_20160418_144814


表はホワイトチョコ、裏は普通のチョコでコーティングされてると言う贅沢な感じで・・

一口噛んでみますと・・
IMG_20160418_144832


中はジャム(ゼリー!?)がタップリ入ってる感じです

早速アユミやN横にも分けてあげようと思い割ってみましたら
IMG_20160418_144858


変な所で割れて中からジャムがビュっ・・(そりゃそうだ)

私毎年この会社のコラボ商品楽しみにしてて、2014年の100+1000は本当に入手困難な程人気でしたが
(その当時の記事はこちらから

今回はちょっと・・・・個人的に・・・・失敗だったかな・・・・・と思っちゃいましたが皆様如何でしょう!?

(100+1000やL&Pは本当に美味しかったですがちょっと今回は「甘いだけ」のイメージが・・)

皆様のご感想をお聞かせ下さい!!

栗拾い2016年バージョン♪

皆様おはようございます。不定期参加のオリジナルNです

毎年秋の恒例行事となりましたJTBニュージーランドスタッフによる「栗拾い」に行って参りましたのでご報告


前日金曜日夕刻の天気予報では「雷雨」でしたが参加メンバーに超晴れ男&晴れ女が居た事もあり当日土曜日は奇跡の晴れ時々曇り

オリジナルN家から車で約20分の所にある栗農場(?)に大集合

広大な敷地には栗がわんさか落ちており

Dsc04216


皆のテンションは徐々にアップ

(最初は小さいのを拾ってしまいますが皆徐々に大物狙いになって行きます

Dsc04219


そして皆の口数も減り、黙々とマンモス栗を足で剥きつつ、過去の小物をリリース

しかし皆下ばっかり向いてるので気付き難いのですが

Dsc04218


「木にまだ付いてるけどあと少しで落ちる大粒」を見逃さないオリジナルNの子供x2人でした(勿論トング持参)

拾った栗は1キロ3ドル50セントでお持ち帰りとなり、約1時間でN親子は約2キロ拾いました。ちなみにスーパーでは1キロ10ドル超えだそうです

夏が終わり、いきなり秋を感じる1日のオークランドとなりました

冷蔵庫で一週間眠らすと糖度が上がるらしいのでN一家では未だ冷蔵庫の中ですが、一部のスタッフは既に栗おこわ・甘露煮に化けたそうです。(剥くのメンドクサイなあ・・)

木にはまだまだ緑色のイガが沢山付いてたので後2週間は又行けそうですので現地在住の皆様は是非行って見て下さい

国旗が変わる?(2回目&最後の投票!)

皆様おはようございます。連続カキコのオリジナルNです

昨年書きました「国旗を変えますか?」の国民投票の2回目がありましたのでご報告

昨年は5つの新デザインの中から好きなのを2個選ぶ投票がありましたが、今回はその時の1位と、現行の物をそのままキープとどっちが良いですか?投票が行われました。

新デザインから選ばれたデザインは・・・ 

flag


に決定で、この中から「新しいのに変えましょう」 又は 「現状のままキープ」の投票となりました。

前回にも書きましたが、この投票は永住者対象となり、JTBニュージーランド社内でも永住権を持つスタッフが投票すると言う条件となっており、観光でお越しの方は勿論、就労ビザの方は対象外となっております。
(この対象者の自宅にQRコード付の投票用紙が直接郵送されて来ます)

しかしオリジナルNは永住権を持ってるとは言えあくまでも「日本人」には変わり無いので1902年から続くニュージーランドの国旗のデザイン変更に1票頂くのは非常に重い責任を感じます。

さて、最終的に「現状維持派」「新デザイン派」どっちになるでしょうか

結果が出ましたらご報告いたしますね

追伸
3月25日からイースターホリデーの4連休となりまして、次回のブログは29日となります
(しかし子供たちの学校は何故か29日もお休みの5連休・・何故

NZにお越しの際は是非!

皆様 オリジナルNの現地在住者情報パート2です
(あ、でも旅行でお越しの方向けの情報ですよ

それは残業続きでのどが渇いてスーパーにジュースを買いに行き目にしたジュース。

IMG_20160304_204731


「フィジョアのスムーシー」

皆様「フィジョア」と言う果物をご存知でしょうか

それは1年でも期間限定でしか食べれないニュージーランドならではの果物で、味は・・・
甘くてちょっと酸っぱくて青い味

文字で書くと何のことやらさっぱりですよね

で丁度出回る季節にお越しのお客様には「是非食べてください」とお勧めしておりますが
その季節を外れたお客様にこの味をお楽しみ頂く事は至難の業でした。

ガムとかがありましたが味はフィジョア風味って感じでイマイチ伝わって無かったと思います。

そんな中、遂に「ジュース」として1年を通してご堪能頂けます

早速買って飲んで見ました所・・


はい。そのままフィジョアでした(甘くてちょっと酸っぱくて青い

ジュースとは言え、味はそのまんまフィジョア。かなりの再現が出来てると思います

これで季節に関係なくお客様にフィジョアの味を体験頂けると喜んだオリジナルNでした・・

しかし喉の渇きを癒すために買い物に行ったのに余計喉が渇いてしまったのは致し方無く・・というオチでした

ニュージーランドにお越しの際は是非フィジョアの味を体験してみて下さい!

有り得る?

皆様 不定期参加のオリジナルNが久しぶりに現地在住様向け情報のご報告です

それは先日ニュージーランドの何でも屋さん「ザ・ウエアハウス」で発見した一品。

なんと・・・

IMG_20160305_180714


日本の洗濯洗剤「アリエール」と書かれた3キロパックが$11.99で・・
(でも粉末です)

妻と一緒に「これアリエール」と悩み、ジックリ表も裏も見ましたが・・

IMG_20160305_180709


書かれてる文字はヒンドゥーで、パッケージの女性もインド人

これ危険かな〜〜〜もし違って好みじゃない香りや肌触りで失敗した時3キロ捨てる事になるぞ・・・となり、妻が延々と検討しましてギャンブル夫妻は買ってしまいました

(密封してる袋の隅を必死に匂いを嗅ぐ妻は怖かったです・・

で家でドキドキしながらの洗濯の結果 

恐らくですが「日本のアリエール」では無いかと言う結果に落ち着きました。
(良い香り)

今画像検索したらロゴの「形」は同じで、日本のは青ですがこのインドの物は緑ですね・・ちなみにジェルボールの様なハイテクな物は超高価なので殆ど目にしません(多分売ってるとは思いますが・・・でもアリエールブランドでは無いと思います)

と言う訳で現地でこのパッケージで悩まれてる方がいらっしゃいましたら安心してご購入下さい!

帰宅中 リベンジ編

皆様おはようございます。 またまた現れましたオリジナルNです

ちょっとしつこくって恐縮なんですが・・・

先日の帰宅途中に何とまたまた家ごとお引越しが目の前を通り(凄くないですか?)今度は動画撮影に成功しましたのでど〜しても皆様に報告がしたくってyoutubeにアップまでしちゃいました



毎回気をつけてるんですが・・・今回も「日々の行いがええから凄いタイミングや」と言う私の独り言音声が入ってたので今回も音声消しました

一瞬ですが周りの車の大きさと比較頂けるのではと思いました。

「動画が撮れた」と意気揚々と家路を急いでおりましたらこれまた良いネタがあったので速攻で撮影(ちょっと夜なので暗いですが・・=9時以降って事です

car


何時も家の近所に路上駐車(合法ですよ!)してる車ですが・・車体とボンネットとバンパーの色が全部違います

日本では勿論、最近のNZでも余り見かけなくなった代物ですが、私がワーキングホリデーの学生だった頃に買った車もこんな感じでした

これは別にそうしたいのでは無く・・・ニュージーランドの車検制度に原因が有ります。

ここニュージーランドでは国産車が無い為に海外からの輸入車が主流ですが、トヨタや日産を初め多くの日本車が走っております。しかし・・・車検が6ヵ月毎にありまして、その際に直径5センチ以上の「錆」があると車検が通らなくなります。

そこで軽く20万キロを越えた様な中古車は「ボンネットが錆びてるから駄目」とかになった場合中古のパーツ屋さんでボンネットだけを付け替えて車検を通し次の半年に備える・・と言う感じですが、その際「同じ色」を探すにはお金が掛かるのでパーツ屋さんも違う色の別の車から引っ剥がしてきたパーツをちょっと安い目に販売すると言うのを繰り返した車が上記写真の成れの果てです

以前にも書きましたがニュージーランドは古い物を大事に使う上、日本車は壊れない・故障しないと人気なので簡単に廃車して鉄くずの塊になる・・・と言うのは余り聞かないエコなニュージーランドです!

皆様もニュージーランドにお越しの際は近くを曲がるトラック等に聞き耳立ててみて下さい!
「ピピー ピピー ひだりに まがります」と言う声が聞こえてきますよ!

ちなみに私の友人(日本語一切読めないニュージーランド人)の日本車に埋め込まれてるカーナビはNZの地図情報が無いので延々と太平洋上を走っており非常に困っております・・
それでも日本車は人気です!さすがジャパニーズ クオリティです

【驚愕】ニュージーランドのお引越し事情

皆様おはようございます。不定期参加オリジナルNです

2週連続の3連休の後で中々スイッチが入らないオークランドからのカキコです!

連休前の金曜日は久しぶりに超残業でしたが、家の近くのバス停で降りて「やっと休み・・」と感じつつ何時もの道を歩いてますと日本の皆様にはビックリの光景が目に入りましたので慌てて携帯で撮影

(すみません・・慌ててたのでフラッシュ無いわピンボケだわ・・です)その驚愕画像とは・・!

IMG_20160205_001439


家のすぐ近くを走る結構大きな主要道路ですが家がこっちに向かってやってきます!

ドンドン近付いてくる家を見てますと

Image1



巨大なトラックで「家ごと引越し」に遭遇した様子です

とは言え、私がこの光景を目にするのは結構頻繁で、ニュージーランドではそんなに珍しい光景ではありませんが日本の皆様はいかがでしょうか?

ニュージーランドは古い物を非常に大事に使い、ネットでも「セカンドハンド」と呼ばれる中古品の流通が非常に一般的ですが、家に至っても同じ

仕事や色んな理由で引っ越す必要が出た時もまるでヤドカリの様に「家ごと引越し」して土地は変われど日々の生活はいつも通りなんてご家庭も沢山いらっしゃいます。

何を隠そう、私の今住む家も移動してきた形跡有りで(建物は80歳以上です)未だに元気!

そもそもニュージーランドの家は殆どの一軒家は高床式になっており土台させちゃんとしてたら簡単に持ち運び可能な造りになってると思います。

と言う訳で、ちょっとネットで調べてみましたら・・


こんなサイトがありまして、土地さえ持っていれば結構お安い価格で家が購入可能です
(3LDKで200万円前後でありますよ!)

ま、このトラックで移動するのに掛かるお金が不明ですけどね〜

尚、途中通る際の道で電線切って停電とか起こした場合の保険等に加入が必要そうなので実は結構掛かるお話かもです

これをお読みの方でご経験ある方、是非体験談をお聞かせ下さい!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ