カテゴリ:

こんにちは、アユミです

こちらのブログでもよく紹介させて頂いている、
オークランドの名物アイスクリームショップ『GIAPO』(ジアポ)

e91a7204d05b6eb8

イタリア出身のご夫婦が始めたこちらのアイスショップは、見た目も味も、他とは少し違って、
とってもパンチが聞いていて、地元の人だけでなく、観光でいらっしゃった方々にもとっても人気

夜遅い時間までお店が開いていて、そんな時間でもお客さんが入っているのでなお凄いですっ

そんな『GIAPO』(ジアポ)、以前から好評のJTBニュージーランドの特別クーポンが、
来年の3月31日まで期間延長となりました

Document-page-001
(クリックで拡大します)

こちらのブログをご覧頂き、クーポンをご印刷してお店に持って行っていただくと、
1スクープご購入のお客様へ、もう1スクープついてくるという、甘いもの好きにはたまらないクーポンなのです

今は、警告レベルも2まで下がり、お店も営業できるようになったので、
ニュージーランドに在住の方でも、アイスを食べに行くことが出来ますね
(私は、ロックダウン開始直前に、いっちゃいました

現在、お店の外装や、内装も少し変化していたり、以前はなかったんですけど、
お店の専用アプリを使うと、アプリ上での課金、そして事前に購入が出来て、受取の際も列をスキップできるらしいですよ

少しずつ寒くなってきていますが、こんな時でも、甘いものはっっという方は、ぜひ、行ってみてくださいね

こんにちはOです

外出自粛の日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか
普段から家に籠もることの多い私ですが、やっぱりこれだけ長い間外に出ちゃいけないと言われると、どうしても気分が滅入ってきますよね

自宅勤務をされている方も多いと思いますが、今日は私の気分転換方法を勝手にご紹介

それはズバリコーヒーとチョコレート
あまーいチョコレートと、お気に入りのカップにちょっと贅沢したコーヒー豆を使って淹れたコーヒーで一息つく時間は、色気ない日々にも彩りを添えてくれます

ニュージーランドはコーヒー文化が根付いているので、町のあちこちにコーヒーショップがあって、朝食を摂ったり、商談で利用したり、気軽にテイクアウトしてコーヒーを持って歩いている。。なんて光景を町中でよく見かけます(もちろん今はみんな家に居るので見れませんが。。)
自宅でコーヒーを楽しむ方ももちろん多く、スーパーに並ぶコーヒー豆も国際的に有名なブランドから、国内のこだわりのブランド、地元のコーヒーショップのものまで様々
1F072EA8-1E60-4E08-9E79-17EFBEF9B4C3
ニュージーランドではフィルター(ドリップ式)のコーヒーは主流ではない様で、スーパーで並んでいる挽かれた豆を見るとエスプレッソ用とプランジャー(プレス式)用の豆が多いです。
私は自宅ではマキネッタでエスプレッソコーヒーを淹れていますが、プランジャー用の豆は多少の濃淡はあるもののドリップでも出せるようなので、日本にニュージーランドのコーヒーを持って帰る際には、プランジャー用の豆を持って帰ってます
70B50BFB-F814-4F15-B649-BE2B9EFF5FC1

なかなか気分の晴れないこの頃ですが、ほっと一息つく時間を作ってみんなで乗り切りましょうね

こんにちは、アユミです
最近のオークランドは、朝晩の冷え込みが次第に増していて、10度を下回るほどになってきました
お天気のいい日は、冷たい風がキーンと張り詰めた朝、外に出るととても気持ちよく目が覚めます
ニュージーランドは、この時期がちょうど日本の秋の時期で、南島では、黄葉が美しい季節となります
冬へと移り変わっていく季節、季節の変わり目、少しずつ、外出が出来るようになってきたので、
風邪などをひかないように気を付けていきたいです

さて、今日はニュージーランドの観光情報ではなく、少しいつもと違ったお知らせをさせて頂こうかと思います

JTB台湾から、とってもフレッシュなフルーツのお便り
毎年、5月の下旬から7月中旬にかけて収穫される、台湾マンゴーとライチが今年も登場します

図2

こちらは、台湾現地から日本への配送となりますので、日本在住の方のご注文だけでなく、
海外在住の方が、日本のご家族やご友人への贈答用としても、大変人気のフルーツです

図3

こちらを、JTBニュージーランドでも販売しております
>>ご注文、お問合せはマイギフトからお願いします。

ニュージーランド在住の皆様、日本のご家族やご友人へ送ってみたり、
これから帰国される際のお土産として自分用にご購入するのもおすすめです

フレッシュな台湾マンゴー、ライチを食べて、体も健康に、元気に過ごしたいですね

では、皆様、よい週末をお過ごしください〜

こんにちは、アユミです

皆さん、元気にお過ごしですか
久しぶりに週末、ずっと雨のお天気でなかなか外に出られなかったので、
外出自粛を機に入会してしまった(子供のためにですよw)、Netflixでジブリを見て(ニュージーランドには配信があるんですね!)、
あとついでに入会してしまったDisney+で、シンデレラの実写版と、美女と野獣の実写版、
あと何回見たかわからないくらい親子でハマっているアナ雪2を見て過ごす週末でした
1歳1か月のうちの子は、アナ雪2の曲が好きらしく、歌が流れるシーンになると『ああ〜、ああ〜』って歌ってます

さてさて、ニュージーランドのロックダウン解除、LEVEL3への移行から約1週間がたって、
どんどん感染者数も減ってきているので、このままもうしばらく頑張って、早く、せめて国内旅行へ
行ける日がくるといいなぁ〜と、日々、旅行の想像をしています

今日は、私がニュージーランド国内で、一番美味しいと思う、バーベキューランチが食べられる場所をご紹介したいと思います

どこか、といいますと『ウォルターピーク高原牧場』
ニュージーランド南島最大の観光リゾート地 クイーンズタウンにあるワカティプ湖を渡った先にある牧場です
この国で、唯一乗れる蒸気船『TSSアーンスロー号』にのって、ワカティプ湖を周遊したのち、ウォルターピーク高原牧場へ到着します

20171226_12484820171226_124904

クイーンズタウンの埠頭から出ているこのクルーズは、クルーズのみのツアー、
クルーズと、牧場での羊の毛刈りショー、シープドッグショー、モーニングティーやアフタヌーンティーを楽しむツアー、
だけでなく、バーベキューランチや、乗馬などのオプションがつけられるのです

20171226_11154020171226_112717

牧場に到着して、ショーを楽しんだあとの、バーベキューランチが、私が皆さんにお勧めしたい、
私が思う一番美味しいバーベキューランチが食べられる場所

私達、夫婦どちらも、ここのバーベキューランチが好きで、今まで2回、クイーンズタウンに行くことがあったのですが、
どちらも、必ず、このバーベキューランチが食べられるツアーに参加しています

バーベキューランチは、ビュッフェスタイルになっていて、レストランの真ん中にある、大きなオーブンで焼かれたお肉が、
ずらりと鉄板の上に置かれて、好きなだけ食べることが出来ます

20171226_11365320171226_11365620171226_113704

ビーフ、ポーク、チキン、ラム、ベニソン、ソーセージなど、その日によって、ラインナップは異なりますが、
たくさんの種類の美味しいお肉を楽しむことが出来るんです
しかも、お肉はぜんぜん固くなくて、新鮮で柔らかく、ラムやベニソンも臭みの全くない食べやすいもの
お肉以外にも、温野菜やフルーツ、チーズやパン、デザートもたくさんあって、全部食べ切れないくらいの量なのです

20171226_11433320171226_11434420171226_114347

好きなものだけを厳選して、食べ過ぎないように注意をしていても、いっつもついつい食べ過ぎちゃいます

このボリュームと美味しさで、ツアーの値段は、一人129ドル
クルーズと牧場訪問で、一人95ドルするので、あと30ドル多く出せば、こんなに美味しいランチも食べられるし、
ほかのバーベキューランチ付きのツアーよりも、とっても質の高いランチにびっくりすると思います

皆さんも、いつかクイーンズタウンに旅行されることがあれば、ぜひぜひ、
この『ウォルターピーク高原牧場』のバーベキューランチ付きのツアーへ参加されてみてくださいね

私達も、きっとまた、3回目行きます

ではでは、皆さん、今週も元気にお過ごしくださいね〜

みなさん、こんにちは Fです

警戒レベルがレベル3に引き下げられ、レベル4とほとんど変わらないなんて声もありますが、
私は気分がすこーし晴れやかな気がします

レベル3になり、ニュージーランドの人達が楽しみにしていたのがテイクアウェイですよね!
4月28日はファストフード店に早朝から長蛇の列ができたそうです。
約1ヶ月間、自炊を続けている間に「あの味が食べた〜い」という熱い想いが生まれたんでしょうね


ファストフードばかりがニュースで取り上げられていますが、テイクアウェイでしか営業が出来ない為、普段はテイクアウェイサービスをしていないレストランもテイクアウェイを始めたのをご存知ですか?

私も自分で作るご飯以外のものを食べたいと思い、早速テイクアウェイをしてきました!
普段はなかなか行くことができない「The French Cafe」のテイクアウェイを試してみました


メインとサラダ、パンにデザートまでついて$45です
レストランで食べると3コースで$115ですのでかなりお得ですよね。

さてさて、デリバリーも出来るのですが、今回はお店でピックアップ。

出来たてでパンまで温かい状態で、予定のピックアップ時間に用意してくれていました。
添付の紙におうちでの温め方などが記載されています。
20200429_114506-



中身は、、
20200429_114805-

今回は同じメニューを二人分。デザートはティラミスでした
しかも、レストランからのサービスでカクテルが作れるレシピと一緒にトニックウォーターとseedlipが入っていました

早速盛り付けて、いただきます
20200429_114726-

メインの量が多かったので、デザートが食べられなくなってしまうと思い、メインは1人分を2人で分けています。
結局、デザートも2人で1つで十分の量でした
どれもすごく美味しかったです、さすがニュージーランドレストランランキング1位になったこともあるThe French Cafeでした

残ったメインは翌日にいただきました。これで、ひとり$45はやっぱりすごくお得ですよね。
まだまだ普段の生活に戻れるまでには時間がかかりそうですが、この状況だから楽しめるものありますね。
オークランドにご滞在の方は是非、お試しください
https://www.sidatthefrenchcafe.co.nz/


こんにちは、アユミです

日本の皆さん、元気でお過ごしでしょうか?
ニュージーランドに住む私たちは、3月26日からロックダウンが開始されて、
在宅でお仕事を始めてから、やっと約2週間が立ちました

私は、昨年3月に出産をしたため、3月頭から1年間、出産・育児休暇を取らせて頂き、
今年の3月から、1歳になる子供は、チャイルドケアと呼ばれる保育園のような場所に行き、
私自身は、職場に復帰したのですが、その矢先に、ロックダウン、在宅勤務、チャイルドケア休園、
ということで、育児休暇中の生活(+アルファ)に戻ってしまったというわけです

なかなか慣れない保育園に、毎日泣いていた我が子も、今では家にみんないるからか、
毎日とっても楽しそうで、ぐんぐん、成長をしていってます

コロナウィルス感染拡大で、とっても不安な毎日な半面、そんな我が子の成長を近くで見れる毎日が
また戻ってきたと思うと、すこーしだけ、嬉しかったりもします

さて、前置きが長くなってしまったのですが、本題へ
こんな毎日になるとは思わず、職場復帰前の最後の家族旅行へっということで、
2月の頭に、クイーンズタウンへ4日間ほど、旅行にいっていたんです

クイーンズタウンには、カフェ好きな私達夫婦が、とっても大好きなカフェがあって、
数年前にクイーンズタウンを訪れた時も、ここでティータイムを過ごしてのんびりしてました

その場所というのが、ワカティプ湖畔にあって、レイクビューが素敵なカフェ『Patagonia's Ice Creamery & Chocolaterie』

20200202_180317

『Patagonia』はチョコレートの専門店で、数多くの種類のチョコレートブロックを販売しているのが特徴で、
特に、私は、ホワイトチョコ&アプリコットが大好きなのですが、このとっても美味しいチョコレートは、
ニュージーランドの南島にしか店舗がないため、こっちに旅行に来た際じゃないと食べられないのです

今回は、チョコレートは食べなかったのですが、デザートのティラミスパフェを注文して、
冷たいアイスカフェラテと一緒に、2階のレイクビューのお席へ

20200202_174605

この日は、少し曇っていて、時々雨も降っていたのですが、この時はとってもタイミングがよく外が晴れていて、
とても綺麗な湖の景色をみることが出来ました

20200202_180826

このカフェは、クイーンズタウンの街中の、本当に中心のところにあるので、
街歩きや、お買い物の後の休憩タイムや、ランチやディナーの後のデザートにぴったり

ここでしか楽しめないカフェなので、南島に旅行に行った際には、必ず立ち寄ってほしいお勧めのカフェです

今の世の中のいろいろが落ち着いて、また、旅行出来るようになったら、みなさんもぜひ、行ってみてくださいね

ではではまた〜

こんにちは、Oです

コロナウイルスの影響で世界中が混乱しており大変な時期ではありますが、こんな時こそニュージーランドの魅力をお伝えできればと思います

ニュージーランドは日本と同じ島国ですので、海産物も多くシーフードは多くのレストランで提供されています
牡蠣を始めとする貝類も一年を通して楽しまれていますが、今回ご紹介したいのは期間限定のブラフオイスター

ブラフオイスターは、ニュージーランド南島の最南端近くにある町「ブラフ」で獲れる牡蠣で、日本の牡蠣と比べると丸みを帯びた小さな殻をしています。
oyster


毎年ニュージーランドの初秋 3月頃から出回り始め、4月から6月に旬を迎え、その後はなくなり次第終了となる限定品
限られた地域だけでしか獲れず、ニュージーランド国外に輸出されることは少ないためまさにニュージーランドならではのグルメです

oyster3

ブラフオイスターはほとんどが生牡蠣として消費されており、その味は甘みが強くまろやか
エシャロットとビネガーの「ミニョネットソース」やレモンを絞って。。。想像しただけでもよだれが出そうになります

皆様もニュージーランドに秋にいらっしゃることがあれば是非お試しあれ

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランドでお馴染みのクッキータイムですが、
クッキー付きのポストカードを送ることができるのはご存知ですか?

クッキータイムのウェブサイトから申し込むことができて、
ポストカードのデザインは数種類の中から自分で選ぶことができます!
クッキータイムのキャラクターである「クッキーマンチャー」や自分の好きな写真をパッケージにすることも可能です
そして裏面にはメッセージを書くことができるのです
cookietime
※クッキータイムウェブサイトより

クッキー付きのポストカードは日本送ることもできて、以前送ったときは2週間くらいで到着しました!
クリスマス時期など時期や送る場所によっては到着に時間がかかる場合もあるようです。
一緒に送るクッキーも「オリジナルチョコレートクッキー85g一つ」、「オリジナルチョコレートクッキーミニサイズ4つ」、
「塩キャラメルクッキーミニサイズ4つ」の3種類からお選び頂けます
cookie2
※クッキータイムウェブサイトより

思い出にもなると思うので興味のある方はぜひクッキータイムのウェブサイトをご確認ください!
全て英語で記載されていますが、申込はシンプルで簡単でした
クッキータイムウェブサイト:https://munchtime.co.nz/postcard-cookies/

インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

皆さんこんにちは、Mです

皆さんは旅行に行くときはどこでお土産を買いますか?
スーパーでチョコレートやクッキーなどといったお土産を買う方も多いかと思います!
先日、スーパーでパッケージが可愛い紅茶を見つけたのでご紹介します
Ti Oraという紅茶でブラックティーやグリーンティーなどいくつか種類がありました。
_20191106_120019

パッケージにはニュージーランドの国鳥であるキウイバードが描かれていたり、
ティーバッグの持ち手にもキウイバードが描かれていて可愛いです
Ti Oraという名前もマオリ語の挨拶であるKi Oraの響きに似ています。
DSC_1274

1袋に15個のティーバッグが入っていてお値段は6ドル前後です!
ニュージーランドらしいパッケージなのでお土産にもぴったりかと思います
フレーバーごとにパッケージも違うので、ぜひ手にとってみてください!

インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

皆さんこんにちは、Mです

皆さんおいしい小籠包は好きですか??
オークランドのノースショアにある「出笼記(Chu Long Ji)」ではおいしい小籠包が食べられるのです!!
あつあつの小籠包を口の中に入れるとおいしい肉汁がたっぷり出てきます
1571981397822

小籠包だけではなく、炒飯や焼きそばのような麺類、肉まんなどメニューが豊富です!
値段も高くないのでお財布にもやさしいのも良いところです
229853

店内の至るところにあるライトがとても可愛いです!
カウンター後ろの壁は一面、小籠包の入れ物(蒸し器?)の蓋が飾られています。
229854

安くておいしいのでぜひ行ってみてください!!

★出笼記(Chu Long Ji)


インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

このページのトップヘ