素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

旅行・観光

ワイトモ洞窟で神秘体験!

みなさん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

先週からGreat Sights社のホビット&ワイトモツアーをご紹介してきましたが、
今日はワイトモ洞窟についてお伝えしますね!

ホビット村を出発してくるまで1時間半ほどの距離でしょうか。
バスはワイトモ洞窟へと到着します。

IMG_4041


大きくワイトモ洞窟の魅力は2つ!

1つは鍾乳洞であることです。
これがこの洞窟の名前の由来にもなってのです!
マオリ語で「ワイ」は水を表し、「トモ」は石灰洞窟という意味を持っています。
「ワイ」によって作り上げられた「トモ」だから、ワイトモ洞窟なんですね!

鍾乳洞は1cm伸びるのにも数十年かかるのだとかΣ(・ω・ノ)ノ
この洞窟に限ったことではないのですが、自然の力の大きさを感じることのできる鍾乳洞が僕は大好きです!
洞窟内では音がよく反響するので、クリスマスの時期になると聖歌隊を呼び録音をすることが恒例になっているのだとか


もうひとつの魅力は、土ボタルです!
恐らくこの洞窟を訪れる大半の人は土ボタルを見る為に訪れるのではないでしょうか。

洞窟や森の木々の上層部に巣を張り、餌をとるために糸状の粘液をたらし、そこにかかった獲物を捕食して成長する虫なのですが、
森だと風や雨の影響で巣が流されてしまうことがよくあるみたいで、中々見つけることは難しいのですε=ε=(;´Д`)
風の影響がほとんど無い為、ワイトモ洞窟は彼らが繁殖する絶好のスポットだったのです!
(大量の雨が降ると洞窟内にも浸水して流されてしまうことはあるようです。)

彼らは獲物をおびき寄せる為に、暗闇の中で光を発します。
洞窟の天井が彼らの発する光で覆われている為、まるで満天の星空を眺めているかのような体験をすることが出来るのです(´∀`*)

ワイトモ洞窟では写真撮影はおろか、電子機器の使用も禁じられているので文字中心でお伝えすることになったのは非常に残念なのですが。。

気になった方は是非是非ワイトモ洞窟を訪れてご自身の目で確認してみてくださいな!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

今日で最後!ホビット村紹介!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

ホビット村の紹介もいよいよ今日で最終回とさせていただきます!

少し遠目からの写真です

IMG20190512112606


昨日の写真を見て気がついていらっしゃる方も多いかもしれませんが、
このツアーは自然の中に囲まれていることも大きな魅力の1つです

植物の管理は、たった5人の庭師さん達が行っているのだとかΣ(・ω・ノ)ノ
僕が参加したのは日曜日だったので、見かけることはありませんでしたが
平日だと黙々と作業をこなしているらしいです (´∀`*)

IMG20190512114010

IMG20190512114032


そんなスタッフさんたちの懸命な努力によって、夢の様な世界が忠実に保たれているんですね!
携わっている全ての人たちに感謝です .。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG20190512120422


水車小屋が見えたらいよいよツアーも終盤です。
やはりあと少しで出発しなければならないとなると名残惜しいですね (´;ω;`)

IMG20190512120609


この建物の中ではホビットの映画でも使用されていた、
ここでしか飲むことの出来ない飲み物が1杯まで無料で提供されます!
ビール、アップルサイダー、アンバーエール、そしてジンジャービールの4種類からお選びいただけます!

詳しいカタログはこちらのリンクからどうぞ!

IMG20190512121246


飲み物をもらったら暖炉で暖まりながらくつろぐ時間がありました!
かわいい猫が暖炉前でお昼寝中でした〜

その後はビュッフェスタイルのお昼ご飯!

IMG20190512122631
IMG20190512124953

サラダにメインの料理まで、沢山のメニューが並んでいました!
たまたま僕が参加した日は空いていたから、ゆっくり食べることが出来ましたが、
混んでいるとお皿に盛りに行くことすら困難な日もあるそうです(((( ;゚д゚)))

昼食が終わると、ツアーの残りの行程、ワイトモ洞窟に向けて出発します!

こんな素敵なツアーに参加したいな〜 と思っているそこのアナタ!
お申し込みはこちらから受け付けておりますので、ご連絡くださいな (*´∇`*)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

細部まで目が離せない!ホビット村!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

昨日に引き続き、ホビット村ツアーについてお伝えしますね

Shire's Restを出発しバスで5分ほど移動したら、いよいよホビット村ツアーの開始です!
IMG20190512105908


ちなみにこの看板の右手側で、傘を借りることも出来ます!
とても大きな傘で、1つで2人は余裕を持って入れます!
急な雨でも安心ですね

看板を通り過ぎ、少し坂道を上がると。。。。

IMG20190512110051


いよいよ村が顔を出します

IMG20190512110207
IMG20190512110441
IMG20190512111027


映画の中で見たあの景色の中にトリップできるのです

特に感動したのは、本当に細かいところまでデザインがされていることです
IMG20190512111503


こちらはお魚屋さんの家なのですが、ドアの横に「Gone Fishing」と書いてあります。
「今、釣りに行ってていないよ」という意味なのですが、
ベンチにはしっかり釣竿が立てかけられているのです。。。
おっちょこちょいなお魚屋さんなのかなそれとも今日は網で漁をしているのかな
妄想癖が激しい僕は色々考えてしまいます (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

IMG20190512111500


ちなみに、これがそのお魚屋さんの郵便受けです。
ゆるキャラの様な表情、たまりません(´∀`*)

そうそう、ホビット村の家にはデザイン豊かな郵便受けが!
IMG20190512111315


3つ並んでおいてあるものから

IMG20190512111715


シンプル、そして可愛いもの (*´ェ`*)

IMG20190512112029


オシャレな模様の物にヾ(=^▽^=)ノ

IMG20190512112107


(つд⊂)ゴシゴシ
。。。蜂?可愛いけどなぜ? 

IMG20190512112140


なるほど、ここの家は蜂蜜を栽培しているのか Σ(・ω・ノ)ノ

等など、デザインが細かいのです時間が許すのであれば、1日でも2日でも使ってゆっくり見て回りたい

そんなホビット村でございます

まだまだ魅力が伝えきれないので、続きはまた明日

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

2019年10月1日からニュージーランド旅行にはNZeTA(電子渡航許可)が必要になります!

皆さんこんにちは

先日ニュージーランド移民局よりNZeTAについて追加発表がありました
ニュージーランド移民局の発表によると、2019年10月1日入国よりNZeTAの取得が義務化されます
また、NZeTAの申込時に、IVL(環境保護&観光税)の支払いも発生します

詳細については下記をご参照ください

<詳細>
【名称】
NZeTA (電子渡航許可)

【申請方法】
2019年7月より携帯アプリ、オンラインより申し込みが可能になります。
オンライン申し込みは以下のURLより可能になる予定です。
Immigration.govt.nz/nzeta
申し込みに掛かる時間は約5分−10分です。
発効日より2年間有効、期間内であれば何回でも入国に使用できます。

【費用】
モバイルアプリからの申し込みNZ$9.00/1名
オンラインからの申し込みNZ$12.00/1名
支払はクレジットカードのみになる予定(対象カード会社は未定)

【申請に必要なもの】
パスポート詳細
写真
連絡先(EMAIL)
犯罪歴の申告、宣誓
渡航目的

【対象者】
入国に関してビザの取得がいらない国からの渡航者が対象になります。
下記URLより対象国(国籍)をご確認下さい。
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/tools-and-information/general-information/visa-waiver-countries

【名称】
IVL(環境保護&観光税)

【申請方法】
NZeTAと同時に申請となります。

【費用】
NZ$35.00/1名

【有効期間】
NZeTAと同じ2年間有効(1回の支払いをすれば、期間内再入国の際に支払はありません)

【注意事項】
渡航の72時間前には申請が必要(発行までに時間を要する場合がある為)
ニュージーランドが最終目的地でなくても、国際線乗継の旅行者も10月1日よりNZeTA/IVLが義務化されます。

2019年10月以降にニュージーランドへの渡航を考えている方は、ぜひ情報をチェックしてみてください
申請は2019年7月より携帯アプリまたはオンラインで申込が可能になりますので、
時間に余裕を持って申込することをおすすめします

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド航空から期間限定セールのお知らせ!<5月27日まで>

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランド航空から期間限定セールのお知らせです


ニュージーランドで夏休みを満喫しませんか
冬ならではのスキーやスノーボード、温泉、星空観察などお楽しみ頂けます

━━━━━━━━━━━━━
期間限定セール
━━━━━━━━━━━━━

< 運賃概要 >
成田-オークランド往復/大人1名/燃油・諸税込み総額
エコノミー 79,000円*〜

プレミアム・エコノミー、ビジネス・プレミアの期間限定運賃も販売しています。

[旅行期間]
5月31日 - 10月31日出発

[販売終了]
5月27日(月)23:59

詳細を見る:
https://www.airnewzealand.jp/special-deal-may-2019-may-oct-may-cp
* 表示料金は、往復総額運賃で公定の諸税が含まれています。
ご購入前に必ず最終提示価格の表記内容、運賃適用条件詳細を公式サイトでご確認ください。

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランドで綺麗な夕日を見ましょう!

皆さんこんにちは、Mです

オークランドには夕日や夜景が綺麗に見える場所がいくつかあります
バスやフェリーで簡単に行くことができる場所ばかりなのでぜひ行ってみてください!

おすすめ.泪Ε鵐肇咼トリア
マウントビクトリアはフェリーで10分ほどで行けるデボンポートにあります
小高い山なので5分〜10分ほどで登れます
夕日を見ようと思って行ったのに、思った以上に日が落ちるまであっという間で、
結局夜景になってしまいました
夕日だけではなく、夜景も綺麗なのでおすすめです
yakei

場所はこちら


おすすめ▲泪Ε鵐肇ぁ璽妊
今回はオークランド市内中心部からバスで行ってきました
夕日を見るために来ている人がたくさんいましたよ
オークランドの街中やシンボルのスカイタワーもご覧頂けます
MTEDEN

場所はこちら


おすすめミッションベイビーチ
ローカルの人たちで賑わうミッションビーチから見える夕日もとても綺麗です
ランギトト島やマウントビクトリアがあるデボンポートが見えます
夕日が見える時間に合わせてミッションベイビーチからシティ中心部に向かって海岸沿いを歩くのもおすすめです
ただしシティ中心部まで歩くと1時間半ほどかかるのでご注意ください
まだ行ったことはないのですが、ミッションベイビーチから近い『Bastion Point』も綺麗な夕日が見える場所のようです
missionbay

場所はこちら


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

間欠泉とキウイバード!

皆さんこんにちは、Mです

アグロドームで羊に癒された後にテプイアに行ってきました
テプイアでは間欠泉や迫力があるハカショー、キウイバードを見ることができるんです

ハカショーは写真の『マラエ』と呼ばれる集会場でご覧頂きます
LRM_EXPORT_61915731728843_20190415_122642913


キウイハウスではニュージーランドの国鳥『キウイバード』を見ることができます
残念ながら写真はありませんが、歩き回るキウイバードが見られました
キウイハウスの中は真っ暗なので、まず暗さに目をならしてから、よ〜く目を凝らしてキウイバードを見つけてください

キウイバードを見たあとに、テプイアの園内を歩いていると遠くから蒸気と勢いよく吹き上がる間欠泉が目に入りました
近くまで行ったときには、遠くから見ていたときよりも高く吹き上がっていました
LRM_EXPORT_61919396531081_20190415_122646578 LRM_EXPORT_61924360825038_20190415_122651542

間欠泉の近くには座ると温かい石があって、寒い冬には最高です
家にひとつあったらいいのにな〜なんて考えながら座っていました
LRM_EXPORT_61934479633002_20190415_122701661

『Mud Pool』と呼ばれるボコボコと沸騰する泥の泉も見てきました
蛙が飛び跳ねるように見えるので『フロッグプール』とも呼ばれるそうです
LRM_EXPORT_61937961781126_20190415_122705143

ハカショーだけでなく、伝統料理ハンギも楽しむことができるので、
ぜひハンギランチ付きもしくはハンギディナー付きで参加することをおすすめします
お昼に行っても夜に行っても楽しめる『テプイア』にぜひ行ってみてください

ハンギランチ付きツアーはこちら
【ロトルア発着】テプイア マオリショー&ハンギ料理『スチームボックス』ツアー
ハンギディナー付きツアーはこちら
テ ポ 〜マオリ文化体験&ディナー(テプイア)〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

レアな羊と出会える♪

皆様おはようございます。既に不定期では無くなりつつある連続Nでございます

昨日のレイルクルージングを終えた私達JTBメンバー4名は次なるロトルアの人気スポットに行きました。

それは老舗&有名どころの

LRM_EXPORT_61808894702061_20190415_122456076


アグロドームさん

羊の毛刈りを見る為に訪れるお客様は年間で物凄い人数(詳しくは知りませんけど

特設のひな壇舞台で繰り広げられる毛刈りのショーはさすが老舗のクオリティ

ここでの醍醐味は名物

LRM_EXPORT_61803215922948_20190415_122450397


専用ヘッドフォンから流れて来る「日本語同時通訳」

舞台で毛刈りをするお兄さん(又はおじさん)はヘッドセットマイクを付けてるんですが、お客様の最後部にある電話ボックスみたいな小さな部屋でスタッフが「同時通訳」をします

結構アドリブでジョークも突然混ぜたりしますが同時通訳スタッフが着実に翻訳しますので私はある程度台本が渡されてる総理大臣のスピーチよりも難しい無茶ぶり翻訳となりかなり高レベルと感じました。

と言うわけでここの毛刈りショーは日本語でお楽しみ頂けます

その他ここでの醍醐味は
LRM_EXPORT_61820928461848_20190415_122508110


大型の車で中の農場を巡って動物と触れ合う事が出来る「ファームツアー」が人気です。

ここに居る「♡」の柄を持った牛を見る事が出来たら恋愛が成就するとか・・

そして今回私が一番嬉しかったのが

LRM_EXPORT_61845051181318_20190415_122532233


顔の黒い羊と触れ合う事が出来た事

ニュージーランドでもこの顔の黒い羊は中々お目にかかる事が出来ないレア種なんです。

映画ロードオブザリングスで監督ピータージャクソンが「ホビット村の羊は全部顔の黒い羊じゃないとダメ!」と言いだした為にNZ全土からかき集めたと言う噂の「顔が黒い羊さん」。

私初めて知ったんですけど

LRM_EXPORT_61864643171519_20190415_122551825


ヒザも黒いんですよ!(超インスタ映え)

ここへ訪れるツアーはこちらから!

それでは次のアトラクションに続きます・・・!

新しいツアーのご紹介♪

皆様おはようございます。不定期参加Nです

昨日のMさんのチーズの記事は如何だったでしょうか?実はNも一緒に行ったんですがアンマリ立ち寄るつもりでは無かったんですけど若い女子のリクエストにより行って見ましたが凄く良かったです

そもそもMやNが珍しく食レポしたかと言いますと、日帰りでNの運転でロトルアに新しいツアーの開発に行って来た所からお話はスタートです

折角の商品開発と言う事で別の課のSさんやMさんにもご参加頂き3名女子+1おじさんの珍道中でございました。

さて、今回の商品開発の一発目のご紹介は・・

rc1


ロトルアの「レイルクルージング」

これは・・・説明するより動画でイメージご紹介した方が良いですよね!と言う訳で↓のYOUTUBEをご覧ください!




最新の電動自動車のタイヤを鉄道の車輪に変えて自分で旅する「リアル 電車でGO」なんです

最前列の特等席で目の前から視界がレールのみなので気分は車掌さん

ツアー開始場所の駅は
station


メチャメチャ可愛くないですか?

最初は駅の中で安全確認ビデオを見てから各自でGO!

1車両?1台???に4名乗れまして、前と後ろの高さが違うので全員が車掌さんの視線になります。
car


Mさんが後ろからNを撮影してくれた画像がこれ
n


延々と地平線までレールが続きますがそこそこスピード出してガンガン進みます

道中は羊牧場の真横を通ったり
sheep


渓谷を通ったり赤松森林を抜けたりとかーなーりー盛りだくさん

でぐるっと1周かと思いきや・・・約40分程走った所にある駅に到着して数分休憩を取ります。

その間に
return


車両をグルんと回転させて逆向き方向にしてます

そして元来た道(?)を又40分掛けて元の駅に戻る行程となり、スタートから終了まで1時間半のツアーとなります

こちらのツアーのお申込みはこちらから

これ超〜〜面白かったです!












命令口調で人気のお店がオープン♪

皆様おはようございます。不定期参加Nです

今朝出勤中に見かけた風景。 クイーンストリートに長蛇の列

お、これは何か新しい物発見 と思い写真に収めました。


それは・・・


Img_3880[1]


極度乾燥(しなさい)

って皆様知ってます

イギリスの洋服ブランドで「SUPERDRY」と言う名前で有名なお店で、デービッド ベッカム様とかが着てるので人気の洋服屋さんです。

そんなスーパードライのお店がオークランドの目抜き通り クイーンストリートにオープンし、今朝は行列が出来てた・・・と言うオチでした。

(今時服1着の為に並びます〜 心の穢れたNは「話題造りの為に雇われたサクラちゃうん」って思っちゃいました

日本の皆様も外国の方が変な日本語書かれたダウンジャケットとか着てるの見かけられた事があるのでは無いでしょうか

これ噂ではSUPERDRYの社長さんがGoogle翻訳でそのまま日本語に翻訳したのをロゴにしちゃったと言う「あくまでも噂」

なので命令口調なんですが、オーストラリアの人とかメッチャ着てる印象です

でもね・・・

このブランドは日本では出店出来ないんですよ〜〜〜〜

だって、ビールの名前と被るから大人の事情でダメと言うこれまた「噂」

ここで買える服とか小物は開き直って変な日本語が満載 & 日本では輸入サイトからしか買えない様子なので自分用のお土産に是非!(でも高いっすよ!

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ