素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

旅行・観光

キウィと言えばここ!

皆さんこんにちは、オークランドツアーデスクのTです!

Bay of Plenty(ベイオブプレンティー)にあるキウィフルーツ果樹園、『Kiwifruit Country』へ行ってきましたー

Image1Image12

看板が可愛く、お店の中物色するだけの予定でしたが、、、、下記のようなものを見つけてしまい、、、
Image3Image4

なんじゃこりゃー!キウィフルーツの乗り物ではありませんか!と思ったら、なんと果樹園探検ツアーを行っているようです
目新しいもの好きの私と同僚はあと5分後に出発するというツアーに飛び入りで参加をしてきましたー

大人1人あたり$20.00です

まずは果樹園を守るため、ツアー参加者は靴の消毒をします。
Image5Image6

ドライバーさんの自己紹介の後、キウィフルーツにまつわるお話を聞いていざシュッパーーーーツ

5分ほど道を進んでいくと、、、思わず一緒に参加していた南アフリカから来たご家族と『ワーーーーーーオッ』の大合唱
四方八方をキウィフルーツ果樹園に囲まれ、キウィフルーツ好きにはたまらないゾーンへ突入です。

Image7Image8


収穫時期は夏なので冬季はあまり実が成っていませんが、ツアー用に一部の実を残しておいてくれています(*・ω・)ノ
日本で見かけるNZ産キウィフルーツも、ほぼすべての生産がタウランガを中心とした地区、ベイオブプレンティーにてされているそうです

Image9Image10

ガイドさんはグリーンキウィのみならず、アボカドやゴールデンキウィフルーツの観察、並びに歴史や栽培方法についても詳しく教えてくれました

Image11

隠れキウィもいますので探してみてください

ツアー時間は45分なので長すぎず短すぎずちょうど良い印象でした!

ツアー終了後はショップにて生キウィの試食、キウイジュースの試飲、ドライキウィの試食が沢山できます
Image12Image13

併設されているカフェでキウィフルーツアイスも売っているので、
キウィフルーツラバーの女子2人はグリーンキウィとゴールデンキウィアイスを完食いたしました
家族経営の果樹園なのでオーナーさんもとてもフレンドリーです。

Image14Image15

タウランガやロトルアに行かれる方は是非一度行ってみてくださいね(●´ω`●)

::::::::地図:::::::::

ニュージーランド航空から早期割引のお知らせ!<7月16日まで>

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランド航空から期間限定セールのお知らせです


旅行対象期間は来年3月まで!季節が逆のニュージーランドは12月から3月が夏本番です
早めのご予約で、お得にベストシーズンのニュージーランドを楽しみましょう!
今回はウェリントン、クライストチャーチへの国内線追加運賃が無料です

━━━━━━━━━━━━━
期間限定セール
━━━━━━━━━━━━━

< 運賃概要 >
成田・関西 ― オークランド・ウエリントン・クライストチャーチ往復
大人1名/燃油・諸税込み総額

エコノミー 89,000円*〜
プレミアム・エコノミー、ビジネス・プレミアの期間限定運賃も販売しています。

[旅行期間]
7月16日 - 2020年3月31日出発(12月20日 - 29日は除く)
※関西 - オークランド 直行便は、2019年10月25日より水・金・日曜日 運航します。

[販売終了]
7月16日(火)

詳細を見る:
https://www.airnewzealand.jp/special-deal-jun-2019-jul-mar-jun-cp/
* 表示料金は、往復総額運賃で公定の諸税が含まれています。
ご購入前に必ず最終提示価格の表記内容、運賃適用条件詳細を公式サイトでご確認ください。

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

綺麗なビーチがあるマンガファイでハイキング!

皆さんこんにちは、Mです

冬というだけあって最近のオークランドは寒いです・・・
晴れたと思ったら雨が降ってきたり天気がコロコロ変わるので傘やレインコートが必須です。。

天気はあまり良くありませんでしたが、週末にオークランドをずーーーっと北上したノースランドにあるマンガファイに行ってきました!
マンガファイに到着後、まずはマンガファイヘッズビーチへ行ってみました。
マンガファイヘッズビーチは砂浜が真っ白でとても綺麗なビーチです。
mangawhai beach

波が良いらしく、サーフィンをしている人たちがたくさんいました。
サーフィンをする子供たちもいて、波が高いピハビーチと比べると子供でも安心してできるのかなと思います

ケープレインガの近くにある砂丘のようなところもあります
サンドボードを使って滑ろうとしている人たちがいましたが、あまりスピードが出ていなかったようなので砂丘でやるサンドボードとはまた違うようです
mangawhai

マンガファイヘッズビーチをずっと歩いていくとマンガファイクリフウォークウェイの入り口に到着します
往復で約2時間のトラックで海岸沿いを歩くため真っ青に澄んだ色の海を見ながら歩けるので楽しいですよ。
運が良ければクジラやサメが見られるようです!
前半は階段が続くので少々辛いですが、最初のルックアウトから見える景色は最高です
mangawhai track

私が行った日は途中で雨が強く降り始めたので、全てのトラックを歩くことができませんでしたがそれでも綺麗な景色を堪能できました。
帰り際には海にかかる虹も見れました!うっすらダブルレインボーが見えたのですが、残念ながらすぐに消えてしまいました・・・
rainbow

マンガファイはビーチとハイキングを満喫できるのでとてもおすすめです
今日はビーチ沿いをハイキングしたい方におすすめのマンガファイのご紹介でした!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

テカポで温泉を楽しみましょう!

皆さんこんにちは

日本と違ってお風呂文化があまりないニュージーランドですが、実は日本と同じく沢山の温泉がある国です。
今日は、南島のレイク テカポにある温泉のご紹介します!
ミルキーブルーの湖と、世界でも有数の暗い夜空で美しい星空が見られることで有名なレイク テカポ
tekapo1

そのテカポの町の中心部から車で約5分の距離に、温泉施設「テカポスプリングス」があります!
テカポ市内各ホテルからテカポスプリングスまでは、無料のシャトルバスの手配をすることもできます。
施設内には3つのホットプール(温泉)があり、お湯の温度はそれぞれ36.5度、37.5度、38.5度に設定されています。
日本の温泉と比べるとお湯の温度は少し低めですが、青いテカポ湖を眺めながらのんびりしていたらついつい30分以上も浸かってのぼせそうになりました
tekapo2 tekapo3

ちなみに、温泉といっても日本と違い水着着用の男女混浴となっていますので、ご検討されているかたは水着をご持参ください!
(忘れてしまっても水着やタオルがなくてもレンタル(各5ドル)が可能です!)
更衣室の入り口には、日本語対応のできるコインロッカーもあるので、安心
tekapo4

温泉を楽しんだ後は、施設内のカフェでのんびり。。。
tekapo5 tekapo6

ホットプールの他にも、サウナやスパ(マッサージ)、夜は星空観賞ツアー(英語のみ)も行なっています。
冬場にはアイススケートも楽しめるので、是非テカポにいらっしゃる際にはお立ち寄りください
JTBでは9月末日まで特別割引キャンペーン実施中です!
お気軽にお問い合わせくださいテカポスプリングス
Tekapo Springs_12APR19_compressed_page-0001

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

西オークランドでハイキング

皆さんこんにちは、Mです

西オークランドにはピハビーチやキテキテ滝など多くの観光スポットがあります!
カツオドリの群生地で知られているムリワイビーチとベセルズビーチの間にある『Te Henga Walkway』を歩いてきました

ベセルズビーチ側、ムリワイビーチ側のどちらからでも行けるのですが、
今回はムリワイビーチ側からハイキングをスタートしました


写真を撮り忘れてしまったのですが、このハイキングコースには序盤に何段あるのかわからない程の階段があります。
行きは下りなので楽チンなのですが帰りは階段をのぼらなくてはいけません
運動不足の体には非常にきつい階段です・・・
階段を走ってのぼっているトレイルランナーもいて感心しながら見ていました

時間があまりなかったのでベセルズビーチまでは行けなかったものの、
ハイキング途中で見える景色はとても綺麗でした
20190530 20190530_2

オークランドで手軽にハイキングを楽しみたい方におすすめのコースだと思います!
ムリワイビーチに立ち寄るツアーもあるのでぜひご参考にしてください
西オークランド満喫ツアー キウイバード&ワイン&ビーチ(日本語ガイド付)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ワイトモ洞窟で神秘体験!

みなさん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

先週からGreat Sights社のホビット&ワイトモツアーをご紹介してきましたが、
今日はワイトモ洞窟についてお伝えしますね!

ホビット村を出発してくるまで1時間半ほどの距離でしょうか。
バスはワイトモ洞窟へと到着します。

IMG_4041


大きくワイトモ洞窟の魅力は2つ!

1つは鍾乳洞であることです。
これがこの洞窟の名前の由来にもなってのです!
マオリ語で「ワイ」は水を表し、「トモ」は石灰洞窟という意味を持っています。
「ワイ」によって作り上げられた「トモ」だから、ワイトモ洞窟なんですね!

鍾乳洞は1cm伸びるのにも数十年かかるのだとかΣ(・ω・ノ)ノ
この洞窟に限ったことではないのですが、自然の力の大きさを感じることのできる鍾乳洞が僕は大好きです!
洞窟内では音がよく反響するので、クリスマスの時期になると聖歌隊を呼び録音をすることが恒例になっているのだとか


もうひとつの魅力は、土ボタルです!
恐らくこの洞窟を訪れる大半の人は土ボタルを見る為に訪れるのではないでしょうか。

洞窟や森の木々の上層部に巣を張り、餌をとるために糸状の粘液をたらし、そこにかかった獲物を捕食して成長する虫なのですが、
森だと風や雨の影響で巣が流されてしまうことがよくあるみたいで、中々見つけることは難しいのですε=ε=(;´Д`)
風の影響がほとんど無い為、ワイトモ洞窟は彼らが繁殖する絶好のスポットだったのです!
(大量の雨が降ると洞窟内にも浸水して流されてしまうことはあるようです。)

彼らは獲物をおびき寄せる為に、暗闇の中で光を発します。
洞窟の天井が彼らの発する光で覆われている為、まるで満天の星空を眺めているかのような体験をすることが出来るのです(´∀`*)

ワイトモ洞窟では写真撮影はおろか、電子機器の使用も禁じられているので文字中心でお伝えすることになったのは非常に残念なのですが。。

気になった方は是非是非ワイトモ洞窟を訪れてご自身の目で確認してみてくださいな!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

今日で最後!ホビット村紹介!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

ホビット村の紹介もいよいよ今日で最終回とさせていただきます!

少し遠目からの写真です

IMG20190512112606


昨日の写真を見て気がついていらっしゃる方も多いかもしれませんが、
このツアーは自然の中に囲まれていることも大きな魅力の1つです

植物の管理は、たった5人の庭師さん達が行っているのだとかΣ(・ω・ノ)ノ
僕が参加したのは日曜日だったので、見かけることはありませんでしたが
平日だと黙々と作業をこなしているらしいです (´∀`*)

IMG20190512114010

IMG20190512114032


そんなスタッフさんたちの懸命な努力によって、夢の様な世界が忠実に保たれているんですね!
携わっている全ての人たちに感謝です .。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG20190512120422


水車小屋が見えたらいよいよツアーも終盤です。
やはりあと少しで出発しなければならないとなると名残惜しいですね (´;ω;`)

IMG20190512120609


この建物の中ではホビットの映画でも使用されていた、
ここでしか飲むことの出来ない飲み物が1杯まで無料で提供されます!
ビール、アップルサイダー、アンバーエール、そしてジンジャービールの4種類からお選びいただけます!

詳しいカタログはこちらのリンクからどうぞ!

IMG20190512121246


飲み物をもらったら暖炉で暖まりながらくつろぐ時間がありました!
かわいい猫が暖炉前でお昼寝中でした〜

その後はビュッフェスタイルのお昼ご飯!

IMG20190512122631
IMG20190512124953

サラダにメインの料理まで、沢山のメニューが並んでいました!
たまたま僕が参加した日は空いていたから、ゆっくり食べることが出来ましたが、
混んでいるとお皿に盛りに行くことすら困難な日もあるそうです(((( ;゚д゚)))

昼食が終わると、ツアーの残りの行程、ワイトモ洞窟に向けて出発します!

こんな素敵なツアーに参加したいな〜 と思っているそこのアナタ!
お申し込みはこちらから受け付けておりますので、ご連絡くださいな (*´∇`*)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

細部まで目が離せない!ホビット村!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

昨日に引き続き、ホビット村ツアーについてお伝えしますね

Shire's Restを出発しバスで5分ほど移動したら、いよいよホビット村ツアーの開始です!
IMG20190512105908


ちなみにこの看板の右手側で、傘を借りることも出来ます!
とても大きな傘で、1つで2人は余裕を持って入れます!
急な雨でも安心ですね

看板を通り過ぎ、少し坂道を上がると。。。。

IMG20190512110051


いよいよ村が顔を出します

IMG20190512110207
IMG20190512110441
IMG20190512111027


映画の中で見たあの景色の中にトリップできるのです

特に感動したのは、本当に細かいところまでデザインがされていることです
IMG20190512111503


こちらはお魚屋さんの家なのですが、ドアの横に「Gone Fishing」と書いてあります。
「今、釣りに行ってていないよ」という意味なのですが、
ベンチにはしっかり釣竿が立てかけられているのです。。。
おっちょこちょいなお魚屋さんなのかなそれとも今日は網で漁をしているのかな
妄想癖が激しい僕は色々考えてしまいます (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

IMG20190512111500


ちなみに、これがそのお魚屋さんの郵便受けです。
ゆるキャラの様な表情、たまりません(´∀`*)

そうそう、ホビット村の家にはデザイン豊かな郵便受けが!
IMG20190512111315


3つ並んでおいてあるものから

IMG20190512111715


シンプル、そして可愛いもの (*´ェ`*)

IMG20190512112029


オシャレな模様の物にヾ(=^▽^=)ノ

IMG20190512112107


(つд⊂)ゴシゴシ
。。。蜂?可愛いけどなぜ? 

IMG20190512112140


なるほど、ここの家は蜂蜜を栽培しているのか Σ(・ω・ノ)ノ

等など、デザインが細かいのです時間が許すのであれば、1日でも2日でも使ってゆっくり見て回りたい

そんなホビット村でございます

まだまだ魅力が伝えきれないので、続きはまた明日

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

2019年10月1日からニュージーランド旅行にはNZeTA(電子渡航許可)が必要になります!

皆さんこんにちは

先日ニュージーランド移民局よりNZeTAについて追加発表がありました
ニュージーランド移民局の発表によると、2019年10月1日入国よりNZeTAの取得が義務化されます
また、NZeTAの申込時に、IVL(環境保護&観光税)の支払いも発生します

詳細については下記をご参照ください

<詳細>
【名称】
NZeTA (電子渡航許可)

【申請方法】
2019年7月より携帯アプリ、オンラインより申し込みが可能になります。
オンライン申し込みは以下のURLより可能になる予定です。
Immigration.govt.nz/nzeta
申し込みに掛かる時間は約5分−10分です。
発効日より2年間有効、期間内であれば何回でも入国に使用できます。

【費用】
モバイルアプリからの申し込みNZ$9.00/1名
オンラインからの申し込みNZ$12.00/1名
支払はクレジットカードのみになる予定(対象カード会社は未定)

【申請に必要なもの】
パスポート詳細
写真
連絡先(EMAIL)
犯罪歴の申告、宣誓
渡航目的

【対象者】
入国に関してビザの取得がいらない国からの渡航者が対象になります。
下記URLより対象国(国籍)をご確認下さい。
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/tools-and-information/general-information/visa-waiver-countries

【名称】
IVL(環境保護&観光税)

【申請方法】
NZeTAと同時に申請となります。

【費用】
NZ$35.00/1名

【有効期間】
NZeTAと同じ2年間有効(1回の支払いをすれば、期間内再入国の際に支払はありません)

【注意事項】
渡航の72時間前には申請が必要(発行までに時間を要する場合がある為)
ニュージーランドが最終目的地でなくても、国際線乗継の旅行者も10月1日よりNZeTA/IVLが義務化されます。

2019年10月以降にニュージーランドへの渡航を考えている方は、ぜひ情報をチェックしてみてください
申請は2019年7月より携帯アプリまたはオンラインで申込が可能になりますので、
時間に余裕を持って申込することをおすすめします

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド航空から期間限定セールのお知らせ!<5月27日まで>

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランド航空から期間限定セールのお知らせです


ニュージーランドで夏休みを満喫しませんか
冬ならではのスキーやスノーボード、温泉、星空観察などお楽しみ頂けます

━━━━━━━━━━━━━
期間限定セール
━━━━━━━━━━━━━

< 運賃概要 >
成田-オークランド往復/大人1名/燃油・諸税込み総額
エコノミー 79,000円*〜

プレミアム・エコノミー、ビジネス・プレミアの期間限定運賃も販売しています。

[旅行期間]
5月31日 - 10月31日出発

[販売終了]
5月27日(月)23:59

詳細を見る:
https://www.airnewzealand.jp/special-deal-may-2019-may-oct-may-cp
* 表示料金は、往復総額運賃で公定の諸税が含まれています。
ご購入前に必ず最終提示価格の表記内容、運賃適用条件詳細を公式サイトでご確認ください。

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ