素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

旅行・観光

ミルフォードを歩こう! 旅に出発(第二)

皆さまこんにちはーーミミさんです!logo2


今日は360度ビデオからの休憩をとりましたので。。。ミルフォードトラックの話を続けます!
いつも知らない間に私はミルフォードの話をしてしまうのですが、聞いてください。

はじめての方、案内をしましょう、ミルフォードトラックは以下の場所にあります。

milford-route

青い道をたどって五日間歩きました


はじめはニュージーランドのクイーンズタウン (以上の画像の東)から朝一出発します。


BlogPaint

この方、四十年バスを運転してきた業界内の達人です。私にあって始めて運転をやめると言いました。


departure4


運転手さんはプライドが高くて自分のバスを必ず ’リムジンバス’ と呼ばないと怒ります。

毎日この道を運転していると角も曲がりも全部家族みたいによく知っています。

eparture2

L361-Cleddau-Valley-Fiordland-Tourism-New-Zealand

AD299-Glenorchy-Queenstown-Miles-Holden

コレが典型的な南島の道路です


約五時間後、ボートに乗ります。この旅の始まりです。この日々見る顔は毎日この人たちばかりになります。皆の笑顔と楽しみが私にもつながります。

departure3deaprture5

やがてボートから降りると、霧の中の森に誕生します。今までの旅の理由をわかる気がします。
departure7


やっと入り口にたどり着きました!!

これから歩く旅が始まります。

以上はミミさんでした。logo2


つづく。。。



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

とってもおしゃれな英国風の邸宅、大富豪の歴史をのぞくオルベストンハウスのご紹介♪

こんにちは、アユミです

ダニーデン市内をぐるりと回って、次にたどり着いた場所が、オルベストン邸(Olveston Historic Home)という、
ロンドンの建築家によって建てられた歴史深い豪邸

20170813_144752

この邸宅は、ロンドン出身の建築家アーネスト・ジョージ卿によって設計され、1904〜1906年にかけて建設されたそうです

ここには、セミオン一家という当時の大富豪一家が暮らしていました
その主、デビット・セミオンは、貿易商として成功し、多くのお金を得て、アートや芸術品、骨董品などの収集もしていたのだとか

この邸宅がなぜ、こんなにも有名になったのかといいますと、1906年〜1966年までセミオン一家が住んでいたこの邸宅は、
収集家として有名なデビット・セミオンが、世界中を周って集めたといわれている、
アンティークの家具や食器、絵画、骨董品、古美術品、などなど、あらゆるものが邸宅内に所狭しと飾られ、
かつ、ジェームス1世時代のスコットランド建築の壮麗で優美な雰囲気が、その当時そのままに残されているからなのです

※通常は館内写真撮影が禁止です。今回特別に許可を得て撮りました。その一部を少しだけご紹介します。

<デビット・セミオンの書斎>
20170813_145653

<ダイニング>
20170813_150727

<リビングルーム>
20170813_151836

ほかにも、合計で18室ものお部屋があり、それぞれに、とても煌びやかな雰囲気を放つお部屋ばかりでした

1966年、デビットの娘ドロシーが、最後、この家に住んでいましたが、彼女が亡くなる際の遺言として、この邸宅を一般に公開したい
という願いから、その翌年、1967年に、一般公開をされました

現在では、ダーにデンを代表する観光スポットとなり、オルベストン邸はガイドツアーによってのみ館内の見学が可能だそうです

オルベストン邸のガイドツアーに関するお問い合わせはこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ダニーデンの市内観光見どころ 展望台&世界一急な坂をご紹介♪

こんにちは、アユミです

今日も早速、昨日の続きのダニーデン観光のお話をしたいと思います

ワイティア(Waitia)から戻ってきて次に向かったところは、シグナルヒル展望台(Signal Hill Lookout)&世界一急な坂 ボルドウィンストリート

ダニーデンは、オークランドにも負けないほどの、坂や丘、小高い山などが多い地域
そのため、景色がとっても綺麗な丘や、こんなところを歩くのっていうような急な坂道がたくさんあります
その中でも、とくに景色がきれいといわれているのがシグナルヒル展望台で、こちらからはダニーデンの街が一望できます

20170813_13542820170813_13571320170813_135503

シグナルヒル展望台をあとにして、次にむかった場所は、ニュージーランド国内だけでなく、
きっと世界でも有名なはずっ、というみどころの一つ、ボルドウィンストリート
どうして、世界一急な坂と言い切れるのかといいますと、なんと、ここ、ギネスブックに「世界一急な街路」として認定されているのです
このようにちゃんと看板までたっています

20170813_14153520170813_141509

なかなかこの傾斜をご覧いただくのに、写真だと難しいのですが。。。。
このとおり、坂道に立っている家の前も、ものすごく斜めです

20170813_14195820170813_14205220170813_142301

ここでは、毎年、私の大好きなチョコレート、Jaffa(ジャファ)を転がして、どのくらい早く転がるかを競うお祭りまで行われています

ここも、ダニーデンの見どころの一つですね

今日は、ここまでにして、また次回へ続きます〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ダニーデンに行ってきました!〜ダニーデン鉄道で列車の旅〜

こんにちは、アユミです

今日から書くブログは、先日行ってきた南島サウスランド、ダニーデンやインバーカギル、スチュワートアイランドの視察旅行のご報告です
今回行ってきたのは、3泊4日の視察旅行で、オークランドからダニーデンへ飛行機で飛んで、ダニーデンでの観光、
そして2日目にダニーデンからサウスランド、インバカギルまでの観光、スチュワートアイランドを巡る、盛りだくさんな旅でした
紹介したい場所がたーーーっくさんあるので、ぜひぜひ、見て頂けると嬉しいです

移動したルートはこんな感じです〜
Map

朝、オークランドを9時15分の便で出発して、ダニーデンに到着したのが11時過ぎ
そこから、早速、ダニーデンの街へと移動し、まず先にやってきたのが、ダニーデンの最も象徴的な場所、景色といっても過言ではないダニーデンの駅舎
1906年に完成した駅舎は、ルネッサンス様式の見事な建築物としても有名で、豪華な装飾が施された建物には、
常に改修が加えられ、現在でも当事の豪華な雰囲気をそのままに残し、現在でもダニーデンをパンフレットなどでみると、ほとんどこの写真が使用されています

20170813_115524

駅舎の中は、こんな感じです〜高い天井と細かい装飾や作りがとても豪華です

20170813_12023020170813_11581220170813_115834

ここから、ダニーデン鉄道(Dunedin Railway)が運行するシーサイダー(Seasider)という列車に乗って、ワイティア(Waitia)という場所までの列車の旅

20170813_132209

内装は、昔からある列車のレトロな雰囲気と木のぬくもりのあるもの
お弁当やスナック、飲み物などをもって、テーブルのあるお座席に座れば、景色を楽しみながら、お食事も出来ます

BlogPaintBlogPaint

海岸線を走る列車なので、とっても素敵なオーシャンビューがご覧頂けます

20170813_13114420170813_131158

往復の合計時間が約1時間半ほど、一度、この列車をワイティア(Waitia)で降りられたあとは、
それよりも北にある、オアマル方面(Oamaru/Moeraki Boulders)からくるシーサイダーに乗って、ダニーデンまで戻ります
※Seasider - Waitati 10am発 ダニーデン着11:30 a.m. もしくは11.50am発 ダニーデン着13:20 p.mなどがあります。詳しくはホームページ

ダニーデン鉄道は、日本でも昔から放送されているショートフィルム《世界の車窓から》でも放映された、鉄道ファンには見逃せない場所

とくにニュージーランド旅行のリピーターには、とってもおすすめな観光スポットですので、ぜひ、次回のご旅行に入れてみてください

ご予約のお問い合わせはこちらから

さて、明日のブログは、まだまだ、ダニーデンのオススメ観光スポットをご紹介します

お楽しみに〜〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

Naumi オークランドエアポートホテルに見学に行ってきました!

Naumi オークランドエアポートホテルに見学に行ってきました!
このホテルは、ただ今、来る観光シーズンに向けて改装中ですが、客室や、レストラン、会議室などは営業中です。
では早速中へ入ってみましょう
レセプションエリア。煌びやかです

IMG_20170711_100748


フロントロビーは、このホテルのデザイナーのセンスが光るクリエイティブでアーティスティックな絵画や照明、家具や調度品が備えられています。一つ一つとても丁寧に選び抜かれたデザイナーのこだわりが伝わってきます。とてもユニーク

IMG_20170711_100712


IMG_20170711_100815


IMG_20170711_100952


IMG_20170711_101005


IMG_20170711_101024


IMG_20170711_111059


IMG_20170711_111152


では客室へ
ニュージーランドのネイティブバード、<TUI>がフィーチャーされた客室です
キングルームです

IMG_20170711_101604


DSC_0123


IMG_20170711_101656


壁の絵画も<TUI>の羽をモチーフに描かれています

IMG_20170711_101759


バスルームです
うれしいバスタブ付き
IMG_20170711_102049


ここもレインシャワー完備
IMG_20170711_102215


バスルームアメニティ
IMG_20170711_102124


トイレエリア
IMG_20170711_102146


続いて、レストランを見学しました

IMG_20170711_102632


IMG_20170711_102720


IMG_20170711_102659


IMG_20170711_102734


IMG_20170711_103334


IMG_20170711_102638


照明や壁の装飾がとても素敵

IMG_20170711_102552


IMG_20170711_101133


バーエリア

IMG_20170711_111009


最新設備が整った、会議や宴会用バンケットルームです

IMG_20170711_102953


IMG_20170711_102913


ジムです

IMG_20170711_101415


ガーデンプールはシーズンに向けて改装中です

IMG_20170711_101459


シックで余分なものを削ぎ落としたシティホテルやビジネスホテルが増えている中、このNaumi オークランドエアポートホテルにお泊りの際は、細部にまでこだわった、センスあふれるアートや、家具、調度品、小物たちに囲まれた素敵な世界感に浸ってみてはいかがでしょうか

オークランド国際空港では、下記のラウンジのサービスもご利用頂けます

オークランド国際空港 エンペラーラウンジ利用

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

自然溢れる素敵な街 ハミルトンのホテルをご紹介♪

こんにちは、アユミです
だいぶ、私の投稿、ご無沙汰してしまっているような気がします

8月1週目の週末のロトルア研修旅行に続き、2週目も、日曜日から水曜日まで、なんとなんと、
急遽、ニュージーランドの南島、ダニーデン、インバカーギルあたりまで、3泊4日の研修旅行に行ってました
なんともなんとも、私にとっては、幸せなお仕事ですまわりの方々に感謝です

こちらの南島研修旅行のご報告は、また追ってさせていただくとして、その研修旅行の前にも、
北島のハミルトンという場所で、トレードショーがあったので、1日外出していたわけですが、
そのときに、ハミルトンにある、ホテルをいくつか視察してきましたので、ご紹介したいと思います

まず、その前に、ハミルトンはここっ


北島の中でも、オークランドに次ぐ大きな都市、ニュージーランドの中では第4番目の都市
現在は、オークランド空港から車で2時間ちょっとかかりますが、現在、高速道路を建設中なので、それが出来上がると、約1時間半くらい、
オークランド市内に出るのと、まぁ〜変わらないくらいの立地になるので、こっちのホテルをとって滞在するのもいいかなっていう方もいるかもしれません
ハミルトンガーデンや、ハミルトン博物館、動物園、ワイカト川など、自然に溢れる場所で、のんびりと滞在する人も多くいらっしゃいます

さて、これから旅行を考えていらっしゃる方へ、3つのホテルをご紹介します

 ちょっとオシャレな4つ星ホテル ノボテル ハミルトン

白と青を貴重としたお部屋、木の部分は淡いベージュで、とってもナチュラルなお部屋、そして、
バスルームには、バスタブのついたシャワー、こちらはこれからまた改装して綺麗になるんだとか
アメニティもこだわりのナチュラルなものを使用しています

20170810_12384420170810_12375420170810_123744

ビルの上にあるテラスは、お天気のいいときは、とっても気持ちの良い場所となり、
そこに併設されているジムには、ジャグジー付のスパバスがあります

20170810_12331520170810_123345

 予算重視の方へ3つ星ホテル アイビス ハミルトン

真っ白なリネンに、エンジ色の家具が特徴的、こちらもスタイリッシュにまとめられた雰囲気のホテルで、
バスルームにバスタブはありませんが、アメニティはしっかりと揃っているし、申し分のないお部屋
ノボテルよりもお値段が断然安いので、安く、綺麗なホテルに泊まりたい場合は、ぜったいアイビスがおすすめです

20170810_12522620170810_12502920170810_125019

広々としたレストランや、テラス席も、とっても素敵な雰囲気で、夏はテラス席での朝食なんかもいいですね
バーベキューセットもあるので、こちらも利用できるんだとか

20170810_12470120170810_124636

ノボテルとアイビスは隣接した場所にあり、また、市内中心部のショッピングセンターにも近い場所にあって便利なのに、かつ、
ワイカト川沿いにあるので、とっても自然が豊かで、とっても落ち着く場所なのです

 広い空間とレストラン、グループで利用される方へディスティンクション ハミルトン

最近、客室をリノベーションしたばかりのディスティンクションホテルは、ホテル内に足を踏み入れた瞬間の、とーっても広い空間に圧倒されます
広いロビーエリアは、大きな団体さんでも受け入れOKなほどの広さで、その隣のラウンジエリアも、日本の大型リゾートホテルを思わせるサイズ
レストランは、全部で200人以上もはいる、こちらもとーっても空間の広い場所

20170810_14031620170810_14041020170810_140802

リノベーションされたお部屋には、おしゃれなデザインのリネンと、とってもふかふかの絨毯が特徴的な素敵なお部屋
バスルームにはバスタブもついていて、アメニティは、ディスティンクションオリジナルのものが豊富においてあるので、こちらも安心です

20170810_14204120170810_14242420170810_142413

ディスティンクションホテルは、なんといっても空間の広さが売りなんじゃないかと思うほどのスペース
それでいて、とてもおしゃれなお部屋でのんびりと過ごすのはとってもおすすめです

さて、3つのホテルをご紹介させていただきましたので、
これから、ニュージーランドへのご旅行を計画しているかた、個人旅行や、学生の旅行、団体さんや少人数など、
さまざま旅行スタイルに合わせて、ホテルを選んでみて下さいね

オークランド滞在だけではなく、自然豊かなハミルトンもおすすですよ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランド グランドウインザーホテルに見学に行ってきました!

オークランド グランドウインザーホテルに見学に行ってきました!
客室は稼動していますが、現在レセプションエリア、レストラン、カフェなどのエリアがまだリノベーション中で、完成後がとても楽しみなグランドウインザーホテル
1936年に建設され、ヘリテージ登録もされているアールデコ調のとてもエレガントなホテル
英国の薫りたっぷりのホテルです

ロケーションは、クイーンストリート上でどこに行くにも便利

IMG_20170809_112848


現在のレセプションエリア。
IMG_20170809_112657


では、早速中に入っていきましょう。
まずは、きらびやかなシャンデリア
IMG_20170809_113116


客室の棟に進むと照明がぐっとダウンし大人な雰囲気。
もともとこの建物はティーハウスとして使用されていたそうで、絵画や、それぞれのお部屋には、ティーをフィーチャーしたアートや、装飾が施されています

IMG_20170809_114343


お部屋タイプは、1 Classic Queen Bed、2 Superior Queen Bed 、3 Superior King Bed、4 Executive King Bed、5 Junior Suite King Bedの、5タイプ。

では、まず<Classic Queen Bed>のお部屋。
イメージカラーはアメジスト。(お部屋タイプとして4色のイメージカラーがあります。)
特徴的なのは、ベッドメイキングやお部屋のクリーニングを依頼するときは、このボタンをお部屋のなかから操作するとのこと

IMG_20170809_114444


ベッドです
IMG_20170809_114818


英国調の素敵なティーセット
IMG_20170809_114721


IMG_20170809_114632


アメジスト(宝石)リングの絵画がかかっています
IMG_20170809_114655


コーヒーセット。
IMG_20170809_114754


バスルーム
IMG_20170809_114841


もちろんレインシャワー完備
IMG_20170809_115027


アメニティはイギリス王室ご用達

IMG_20170809_115101


続いて<Superior King Bed>ルーム。
イメージカラーは、グリーン

IMG_20170809_115231


IMG_20170809_115205


ティーセット
IMG_20170809_115246


IMG_20170809_115304


バスルーム。ゴージャス

IMG_20170809_115552


IMG_20170809_115505


IMG_20170809_115514


IMG_20170809_115524


続いて、こちらは、<Junior Suite King Bed>のお部屋。
ラウンジエリア。
IMG_20170809_115710


ティーセット
IMG_20170809_115750


ベッドルーム

IMG_20170809_115815


コーヒーセット
IMG_20170809_115758


IMG_20170809_115353


バスルーム

IMG_20170809_115910


IMG_20170809_115858


IMG_20170809_115933


IMG_20170809_115927


IMG_20170809_115946


ホテルに入ってすぐのフロアも新しくつくられていてピカピカです。
IMG_20170809_120427


新しいビルやホテルがどんどん建設されているオークランドですが、
このグランドウインザーホテルは、歴史を感じさせる由緒ある建物と、調度品、そして最新設備がうまくミックスされている数少ないホテルかもしれませんね!

オークランド滞在中のツアーはこちらから

オークランド 現地オプショナルツアー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村



地域情報 ブログランキングへ

360度 シリーズ!! <ロトルアの自然を見てきました>

皆様こんにちは、ミミズのミミさんですlogo2


きょうは画像は一つだけにしてみました :O  又360度の動画のビデオです、これも又コンピューターのマウスを使って動かしてください。今回のビデオは約一分ぐらいの長さで景色がいろいろと表示しています。

この順位に画像が出てきます:

最初の画像はOGOと言うボールのなかに座って大きな丘を下ります。画像の中には誰かがその大きなボールから出てきてるのを見えますか? 実は面白い話で、このアクテビチーはニュージーランドで十年以上かけて二人の兄弟が発明しました。

二つ目はジェットボートです。モコイア島から帰ってきました、帰りはもちろん運転手さんはバリバリボートを動かしていました。

ロトルアのSKYLINEと言う山の上にあるレゾートから小さいカートニ乗って専用の道で山をくだきます。下についたらスキーリフト見たいに上えもどりました。

最後の二つは前回とおんあじロトルアのワイマングーでした。綺麗ですよね。。。又戻りたくなります。

でわ、映像をご覧になって見つけてみてください!



ロトルアは面白い場所でした、ぜひ行ってみてください。

以上はミミズのミミさんでした:)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村



地域情報 ブログランキングへ

まだまだ続くロトルア!ミタイマオリビレッジに行ってきました!

まだまだ続くロトルアシリーズ
今日は、ミタイマオリビレッジをご紹介します
とても楽しみにしてしていたミタイマオリビレッジ
というのもマオリの歓迎の儀式やハカダンスショー、伝統のハンギディナー、どれも初めての体験だったからです
では、早速ご紹介。
司会者による本日のショーの紹介があり、続いて、マオリの歴史、簡単なマオリ語での挨拶や単語をを学びます。
Kia Ora!
そして一旦ここで会場から外に出ます。
こちら、丁度ハンギが出来上がったところを見学しました。蒸された鶏肉、羊肉や、じゃがいも、さつまいも(クマラ)などなど。
ほくほくしていてとってもおいしそう

IMG_20170812_180424


IMG_20170812_180504


次は、マオリ伝統の、客人を迎える儀式が始まります
川沿いを行くとカヌー(マオリ語でワカと呼ばれます。)に乗ったマオリ民族がやってきます。

IMG_20170812_181458


IMG_20170812_181335


その後は、舞台のある場所へ移動し、マオリ伝統の、客人の入村の儀式・歌・踊り・演奏・戦闘のパフォーマンス等を見学します。

戦闘のパフォーマンスはとにかく迫力大満点
圧巻です目が釘付けになりました舞台から迫真の息遣いが聞こえてくるのです

IMG_20170812_182619


IMG_20170812_182409


IMG_20170812_182424


IMG_20170812_182435


IMG_20170812_182429


2年に1回開催されるマオリパフォーマンスのコンテストで過去何回も優勝したそうです。

その他、伝説をもとにしたラブソングのデュエットや、マオリ民族に伝わる伝統楽器の紹介もあり、この一晩でマオリに関する知識がぐーんと増えました
さて、ショーを楽しんだ後は、ハンギディナータイムです
蒸したてほくほくの食事に大満足
皆様、ロトルアでは、ぜひ、ミタイマオリビレッジを体験してみて下さい

ミタイマオリビレッジ ハンギディナーショー&レインボースプリングス

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



360度シリーズ!! <ロトルアに行ってみました!>

皆様こんにちは! 久しぶりに書くミミさんです。logo2

昨日在宅勤務Nの引き続きですが、私も同じロトルアのワイマング火山に行ってきました。

実は、最近新しいカメラを買ったので、それを試しに沢山撮って見ました。この写真はちょっと新しいですよ、360 度動画です:)"PLAY" ボタンを押してコンピューターのマウスを動かすと画像がマウスと一緒に動きまわります。このように、一緒にこの世界に入ることもできます。。。




確かに蒸気がもくもく出てます、昼も夜も止まらず、このような地形はニュージーランド以外ありますか?

この動画はワイマングをあるきつずけて最後にたどりつくバードウォッチングをするところです。


ロマンチックですか?

ビデオでは見れませんが、ロトルアの空気は硫黄の臭がします。硫黄の臭いは何だろう?とおもってますか? 実は腐った卵の臭いとも言われています。長くいると洋服に臭いがついてロトルアに行った証拠にもなります。初めてホテルついて車のドアを開けると臭いが突入!

でも、なれました 

次の画像はロトルア湖です。



ロトルア湖も大きいので、三十分ぐらい歩くとこっちの景色につきました、ぜんぜん違う風景になりました。



’地獄の門’わ綺麗ですよ
ここは HELL'S GATE と言う場所で、どこからでも湯気が出てます、この地獄はわるくはないですね。



ほんとうにロトルアはおもしろいですがカメラで撮るのは難しいです。

以上は頑張っているミミさんでした!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村



地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ