素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

旅行・観光

素敵なディナーでした♪

こんにちは、3週間オークランド支店で実習をさせていただいているミサキです

オークランドは"帆の街"と言われているほどたくさんのヨットが港に泊まっており、大きなクルーズ船も見ることができるんです

さて、第二回は先日参加したディナーセーリングについてご紹介したいと思います
ニュージーランドに来たら是非参加したいと思っていたのですごく嬉しかったです

6時に港を出発しいよいよセーリングが始まります。2月のニュージーランドは夜の8時頃まで明るくとても過ごしやすいです

IMG_3307


写真はメインのニュージーランドフィッシュです
船内で食べるか外で食べるかを選ぶことができ、メインもニュージランドフィッシュの他に、ツナポケボウル、レモン&ハーブチキン、ラムのランプステーキの4種類から選ぶことができました
またもし参加する機会があれば異なるメインを頼んでみようと思います

IMG_3313


次の写真はデザートのチョコレートテリーヌです
デザートも選択可能で、チーズケーキ、ココナッツヨーグルトから選ぶことができます
デザートもとても美味しくて海の上での食事はすごく豪華で最高でした

IMG_3329


天気も良く、夕日を見ることができました
セーリングをしたのは今回が初めてでこんなに綺麗な夕日が見れると思っていませんでした。
ヨットの先まで行くことができ、程よい船の揺れと心地よい風の中でゆっくり船からの景色を眺めることができ一日の疲れを癒してくれる、そんな時間を過ごすことができました
日が沈むとオレンジ色の空がだんだんピンク色に変わっていきその変わる様子も楽しんでいただけると思います

IMG_3337


これはなんと!!橋なんです
私たちの船が通るためだけに橋が上がり何だか贅沢な気持ちを感じ、ライトアップもされていてとても綺麗でした
船が港につく8時過ぎには日もすっかり沈みオークランド市内の夜景を楽しむことができます
なかなか8時過ぎまで市内にいることがなく夜景を見ることがなかったのでとても興奮しました

IMG_3341


船乗り場から見たスカイタワーです
壁がピンクにライトアップされ、近未来的な景色をセーリングの最後に楽しむことができます
また、港の近くは多くのレストラン・カフェ・バーが立ち並んでいて、わたしが参加したのが金曜日であったせいか早い時間からたくさんの人が食事をしていました

オークランドに来たらぜひセーリング、クルーズに乗ってみてください
なかなか出来ない貴重な体験をすることができ、本当に楽しい時間でした

ではでは、今回はこの辺で失礼します。

いざホビット村へ!

皆様、はじめまして
今回3週間、JTBオークランド支店で実習をさせていただいてる研修生のルルです
すでに2週間ほどオークランドで生活をしていますが、少しずつニュージーランドの魅力をお伝えしていきます

今回はオプショナルツアーで参加した『ホビット村』についてお話したいと思います
『ホビット村』とは、映画『ロード・オブ・ザリング』『ホビット』で活躍した村が映画そのままの世界で広がっている映画セットになりますファンの方必見です

ホビット村があるのはオークランドとロトルアの中間地点にあるマタマタ村の農場です
オークランドからバスに揺られ、途中牛や羊の群れに遭遇しながら約2時間半で到着
こちらに着くと、「ホビット村へようこそ」という看板が
思わずパシャリッ
IMG_1793

こちらはまだホビット村の手前で、カフェやお土産屋さん、トイレなどがありました
ここでの約20分程の自由時間を終え、いざホビット村へ

ガイドさんの案内で足を進めると、目の前にはホビット村が広がっており本当に映画の世界に迷い込んだかのようでした
IMG_1717

実は映画の内容をあまり覚えていなかった私ですが、来る方は必ず予習してからこられるとさらに楽しめること間違いなしそして日本語ガイドでツアーを予約したらよりGOOD(私は英語のみだったので説明はわからず

IMG_1807IMG_1804

こんな感じでホビットの大きなお家や小さなお家があり、写真も撮れます
右側の写真は唯一中に入れるお家で、ガイドさんが気前よく撮ってくださいました
ガイド付きでも写真を撮ったり自分で見て回れる時間はあるのでご安心を

煙突から煙が出たり、洗濯物が干してあったりとホビットたちが実際に生活しているかのようでした

IMG_1757

こちらのアーチ橋を抜けてグリーンドラゴンへ
映画の中ではホビットたちの社交場であったレストラン兼パブになっています
ツアー参加者は1ドリンク付で、ジンジャービールやアップルサイダー等をいただけます
(18歳以上の方のみ、パスポート提示で

そしてここからテントの中に入りビュッフェ式のお昼ご飯タイム
IMG_1771

盛り付け方が汚いのは御了承ください
パンやご飯、野菜やお肉、お魚とたくさんの料理やスイーツが並べられ、好きなものを取ることが出来ます
とても美味しくお腹いっぱいになりました

IMG_1772


ご飯のあとはお土産屋さんへ
映画にまつわるお土産がこちらで買うことが出来ます

ホビット村の見学は、ツアーのみなのでオプショナルツアーに参加して頂くと楽しむことができます

本当に素敵な場所でしたのでぜひニュージーランドへ旅行に行かれる方は、参考にして頂けると嬉しいです

以上、現場からルルがお伝えいたしました

絶景!ワイトモ鍾乳洞

こんにちは、現在3週間JTBオークランド支店で実習をさせていただいている研修生のミサキです
短い期間の滞在ですが、皆さんに自然豊かなニュージーランドについてお伝えできればと思っています

オークランドの第一印象は“自然”で緑豊かで雲ひとつ無いと言っていいほどの青空と南国を感じるような木に囲まれ、この時期のニュージーランドは真夏で夏が大好きな私にとって最高な場所だと思いました

さて、第一回目で私が紹介させていただくのは日帰りのオプショナルツアーで訪れた”ワイトモ鍾乳洞”です
オークランドから車で約2時間半の場所でここでは幻想的な土ボタルを見ることができます

IMG_3475IMG_3472


入り口はこんな感じです!この日は快晴で本当に観光日和な一日でした

余談ですが、ニュージーランドは天気がとても変わりやすいので晴れていても外に出かける際には雨具は持って出かけることをオススメします
(傘を持っていなくていきなり雨に降られたことが私もありました笑)

話はもどりますが、ワイトモ鍾乳洞は観光客の方にとても人気の観光地でこの日も多くの方が訪れていました!私は英語のガイド付きのツアーに参加したのですが、今思うと日本語ガイド付きのツアーに参加すればよかったと感じています

Waitomo Cave


鍾乳洞内は撮影が禁止されているので、あの素晴らしい光景を写真に残せないのはとても残念ですがその分しっかり目に焼き付けてきました
皆さんに少しでも良さが伝わればと思いイメージ写真を入れさせていただきました
本当にこれは自然のものなのかと目を疑ってしまうほどの美しさで想像を遥かに超えていました
ボートもオールで漕ぐのではなく、ガイドの方がロープを使って鍾乳洞内を案内してくださる形で、
ガイドの方が鍾乳洞の中でいろいろなお話をしてくださり、綺麗な歌声も披露してくれました

鍾乳洞内は少し寒く、足元が悪いところがあるので、羽織れるものとスニーカーでの参加をオススメします

日帰りツアーのバスの運転手さんはとても元気で移動中もずっとお話をしてくださるのでとても楽しかったです♪
また、受付の際にクッキータイムのクッキーを2つももらえました
本当に参加できて良かったです
ちなみに私が参加したツアーはワイトモとホビトンのツアーです!
ホビトンについては一緒に参加した友達が紹介してくれます

では今回はこの辺で失礼します。

オークランドでゆったり!!

こんにちはインターン生のヨシキです
少しずつ、ニュージーランドの生活にも慣れてきました

さて今回は、私が仕事終わりに散歩で行ったオークランドの唯一の電車の駅であるBritomartと遊び心で一度乗車して向かった、Britomartから一駅の場所に位置しているOrakeiというところに行った時のことについて書かせていただきたいと思います

Britomartは、オークランドの港沿いに位置している電車の駅です2003年に開業された駅でまだまだ新しい駅になります路線は全部で六本!!駅数も少ないので路線図もわかりやすかったです
ちなみに内装は...

yo4


このような感じです 写真からでもわかる通り、改札を通るとすぐに電車に乗ることができます 写真スポットとしてもなかなかおススメです

ちなみに、写真を撮ることがお好きな方には必見で、駅の周囲にもアートを匂わせるような街並みもありました

GOPR2240


こ時天気は残念ながら曇りでした 夜になるとライトアップされるそうです
奥に進んでみると...

GOPR2242


↑このように可愛らしいソファーが置いてある広場に到着 芝生の緑と可愛らしい赤のソファーのコントラストがマッチしていて、写真映えも良さそうです

GOPR2244


実際に私も座ってみました(仕事終わり...)

そして少し話が先に進んでしまいますが、Britomartから実際に乗車し、一駅先のOrakeiまで行ってきました(実際の電車の乗り心地は快適で、揺れをあまり感じることはありませんでした。海の近くを通るので車窓からの景色も)

GOPR2214


そして↑がOrakeiに到着した撮影した時の写真ですなんと、乗車している内に天気が晴れていました 遠くまで見渡せるようなとても良い景色です もちろん乗車している時の景色も格別でした海の上を走っているような光景を目にすることができますよ


私はニュージーランド来てからまだ期間が短いですが、オークランドまで通勤をしている時でさえも、ニュージーランドの自然に見とれてしまっている自分がいます
皆様も、オークランドの街を満喫しつつ、ニュージーランドの自然を堪能できる体験をしてみませんか








オークランドで発見!!

こんにちは先日、初めてのブログを書かせて頂いたインターン生のヨシキです

今回は前回私が書かせていただいた、『フォレストヒル』からバスで25程で行くことができる、皆様もご存知『オークランド』を初めて観光し、印象が強く魅力を感じたスポットについてこれから随時、紹介させていただきたいと思います



そして記念すべき一つ目のスポットとして今回私が取り上げたい場所は・・・・


GOPR2219


『CIVIC』という場所です
私はディズニーが好きで、入り口に書かれた“Aladdin”という題名に一瞬で引かれてしまい、とても興味が湧きました
そして、調べてみるとブロードウェイミュージカルの“Aladdin”が期間限定で上映されていることがわかりました場所もオークランドの中心に位置していて、バス停も近くにありアくセスも便利
更には、アメリカのブロードウェイミュージカルがこのニュージーランドで見ることができる素晴らしい機会ということで、絶対に行こうと決めました

と、いうことで早速チケットを取りました前日でも席には余裕がありました
チケットは事前にインターネットのサイトから、クレジットカードで申し込むことができますチケットは当日、会場で受け取ることができます!!その際に必要となる身分証名ができるもの、使用したクレジットカードは必ず持っていきまししょう

ちなみに公演時間は19:30分からでしたでは早速入ってみましょう

yo3


ゲートを入るとすぐに、この景色が目に飛び込んで来ました 
まるで“Aladdin”の世界のお城に入れた気分です
この写真からでは見えにくいと思いますが…写真の両脇には階段があります。そこを上るとお手洗いや会場内に持ち込めるお酒や食べ物を販売しているカウンターがありました

私の座席は二階席の中央部ということでいよいよ会場に…


yo2



性格が悪そうなことをしてすみません 想像を超える光景が目に飛び込んできましたまさに、魔法の世界でした 
皆様には是非、ご自身の目でこの圧倒的な光景を見てほしいです

yo1


↑天井まで、幻想的な光景が広がっています

後から知ったことなのですが、元々この『CIVIC』は1929年に建てられた歴史ある文化的遺産劇場だそうで、客席が2378席もあるそうです上演、上映される作品は時期によって異なりますあくまで個人的な見解ですが、歴史ある風貌もまた、ロマンチックですね公演の最中では写真を撮影することはできませんが、それ以外であれば会場内でも撮影が大丈夫です


私は仕事終わりに行きましたが、疲れを感じないほど楽しむことができました
現在ニュージーランドの在住の皆様、旅行中の皆様、ニュージーランドに行きたいと思う皆様も、もし時間がお有りでしたら是非行ってみてくださいオークランド市内のホテルからでもとても近いです
























ニュージーランド日記、3

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


皆さんこんにちは!こちらでインターンをさせていただいておりますももかです。

今回は、前回に引き続き、『パーネルに行ってみた! 後編』をお届けします。
前半は、「ニュージーランド日記、2」
に掲載されているので、是非足を運んでみてください。


後半では、【CHOCOLATE BOUTIQUE CAFE】をご紹介します。
IMG_2028


外観はこのような感じになっており、赤い電話BOXが目印です。


中に入ってみると、このようにたくさんのチョコレートが小売で売られています。
IMG_2036


一つ一つの商品が丁寧に作られていることが良く分かりますね◎



店内は、まるでハリーポッターにでも出てきそうな雰囲気の世界観で、
入るだけでも楽しかったです



IMG_2033



折角なので、、、アイスチョコレートを頂いてきました。




IMG_2041






すっごーーく美味しかったです。
チョコレート好きにはたまりません
さらに乗っている魚型のチョコは中にマシュマロが入っており、
泡に溶かしながら頂きました!これもまた、新鮮ですね (´▽`)
ちなみに、日本のマシュマロより3倍ほど甘めです(笑)



そして、この通りで、日本にはあまりない紙屋さんを発見しました!!




IMG_2054



ここで紙を購入して、お手紙を書いたり
お土産を包んだりしても素敵かもしれませんね。
旅の思い出に購入してみるのもお勧めです。






では、これにて 『パーネルに行ってみた! 後編』を終わりにしたい
と思うのですが、ここにはまだまだ書ききれていない魅力的な場所が
沢山あります!!


JTBニュージーランド支店に足を運んでいただくと、
こちらの社員さんがパーネルの魅力を沢山詰め込んで作った てくてくマップ
が貰えます!! パーネル以外の地域のマップもあるので、
オークランドを旅する際には、是非一度立ち寄ってみてください
かわいくて分かりやすいマップが手に入りますよ〜


ちなみに、そちらのマップをお持ちのJTBのお客様限定で
マップを持って、『ザ・ナチュラルスキンケア・カンパニーBy リンガリンガソープ』
にご来店なさると、石鹸のサンプルセットがもらえるので、ぜひとも
JTBとパーネルへと足をお運びください!



JTBニュージーランド支店の場所が分かるサイトも張っておきます

https://www.jtb.co.nz/reg/company.php



ではでは、今回はこの辺でおさらばです!
ご一読、ありがとうございました

ニュージーランド日記、4へと続く。




.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


ニュージーランド日記、2

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


皆さんこんにちは!インターン生のももかです。

先日、視察の一環にてずっと気になっていたパーネル通りに
連れて行って頂いたので、今回は
パーネルについての記事を2回に分けて投稿したいと思います。(*´∇`*)

なので、今回の記事は『パーネルに行ってみた! 前半』です。

スタート地点は、Britomart駅近くのバス停です。
パーネルには、こちらの緑色のバス(インナーリンク)に乗って移動することができます。
料金は、最大でNZ$2.50です。

IMG_2085


まず最初にご紹介するのが、
【ホーリートリニティ教会】です。

ステンドグラスが大好きな私にとって、この教会の美しさは
とても印象に残りました。

中に入ると、このような感じで沢山の椅子が並んでおり、
沢山のクリスチャンがお祈りを捧げることができるようになっています。


GOPR2291


高い天井に色鮮やかなステンドグラス。見てくださいこの写真!!

IMG_2017



とても壮大で美しいですよね!!

ちなみに、両サイドはこんな感じになっています。

IMG_2013

IMG_2012





この教会は、マオリ文化とキリスト教の文化が融合してできており、
世界最古のカウリの木で造られています。
また、木造建築のゴシック様式の教会としては、世界一美しく、
南半球で1番の大きさをであると言われています。



興味のある方、こちらに日本語で基本情報を記載している
貼り付けておくので確認してみてください。
https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/oceania/new_zealand/AKL/125115/index.html


写真では伝えきることができないような
静寂で壮大な空間が教会内に広がっているので
オークランドにいらっしゃった際には立ち寄ることをお勧めします

ちなみに、土日に訪問すると、結婚式を挙げている様子も見られるかもしれません!



では、今回はこの辺で失礼します
次の、ニュージーランド日記、3では
『パーネルに行ってみた! 後半』について書きたいと思いますので
皆さんよかったら足をお運びください


ニュージーランド日記、3に続く。


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



ニュージーランド日記、1

皆様、はじめまして!
今回2週間、JTBオークランド支店でインターンシップをさせていただいている研修生のももかです!
ニュージーランドに到着して今日で5日目ではありますが、オークランドの市街の様子についてお話したいと思います。

まず初めにご紹介するのがクイーン通りです。
オークランド市街のメイン通りとなっており、たくさんのお店と人で賑わっています。
歩いていると、たくさんの国のお店があり、とても魅力的でした。
その中でも、私の中で一番魅力的だったのが、こちらの 「CIVICシアター」です。

IMG_1794


こちらは、オークランド市内で一番大きなホールであり、今は「アラジン(Aladdin)」
を上映中です。ブロードウェイミュージカルのようなもので、実際に見に行った社員さんによると、ホール内は星空が再現されており、迫力があってとても素敵なショーみたいなので、私もこちらにいる間に見に行きたいと思っています。
次に向かったのは、そのまま真っ直ぐ港の方へ進んでいただくと出てくる
Britomart駅です。
こちらの駅の中は、このような感じになっています。

IMG_1804


どうですか?この写真!!
カメラ好きの私としては、撮りたくてたまらない構図です。
日本で、この光景を味わうことは、なかなか味わうことができないので、乗車前にしっかりと写真に収めておくことをお勧めします。
個人的には、パソコンのデスクトップなんかにも最適だと思います!!
その後、フェリービルディングの方へと向かいました。
行く途中に、ニュージーランドならではの乗り物を発見したので紹介したいと思います。

IMG_1814


そうです!スクーターです!
一見、普通のスクーターに見えますが、電機で動く仕組みとなっており、一分30セントで乗ることができます。ちなみに、乗り終わったら、その場所で支払いをして、乗りすてをするというシステムです。

さて、本題に戻りましょう。
港に着くと、たくさんのフェリーが船舶しており、なかでも、今回はなんと1年に1度しか船着場に現れない豪華客船に遭遇することができました。
IMG_1819


ちなみに、入国にはボートを利用するみたいです。
さらに、船着場から真っ直ぐとヒルトンホテルの方へ向かっていくと、
オークランドの町や隣島の方へと続く橋を見ることができます。
IMG_1826

IMG_1830



写真では伝わりにくい部分もありますが、
オークランドの町並みは本当に美しく、青い空と美しい海とからっとした潮風に
包まれながらゆっくりと港を散歩するのは、日本ではなかなか体験できないので、
オークランドに来た際には、ぜひ皆さんも歩いてみてください!
夕暮れなんかに歩くのも素敵かもしれませんね!

散歩の途中ですが、もしかすると

IMG_1833

IMG_1837



こんな風に、カモメがタイヤの上に乗っている姿や、
親子が一緒にいる姿を見ることもできるかもしれません。



では、今回はこのあたりで失礼します。
2 へと続く、、、。

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



ニュージーランド航空から割引運賃セール開始のお知らせ♪<3月11日まで>

こんにちは、アユミです

今日は、ニュージーランド航空から、割引運賃セールのお知らせです

Picture1
━━━━━━━━━━━━━
 期間限定セール
━━━━━━━━━━━━━

星空のシーズン到来!特別割引運賃のご案内

< 運賃概要 >
成田・関西-オークランド 往復/大人1名/エコノミークラス
79,000円*〜

[旅行対象期間]
3月10日 - 7月11日出発

[販売終了]
3月11日(月)23:59

プレミアム・エコノミー、ビジネス・プレミアの期間限定運賃も販売しています。

詳細を見る:
https://www.airnewzealand.jp/special-deal-feb-2019-mar-jul-febcp
* 表示料金は、往復総額運賃で公定の諸税が含まれています。
ご購入前に必ず最終提示価格の表記内容、運賃適用条件詳細を公式サイトでご確認ください。

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

N親子が早速行ってきましたよ!

皆様 おはようございます。不定期参加Nでございます。

昨日のあゆみさんの紹介記事の巨大迷路、バッチグーのタイミングで(死語)Nと娘二人で行ってきましたので感想をば・・・

そもそも家の娘二人ともゲームアプリの「100 Doors」が大好きで、私N含みエスケープ系のゲームはさんざやり込んでいる一家ですが、それが「1000 Doors」(大人の事情で0一個足したね BY 13歳娘)と言うリアル脱出ゲームは行かない訳無いと言う事で父と娘二人で夏休み最後の週末+祝日3連休で行ってきました

Img_3647[1]


アオテアスクエアに着いた瞬間目に入る「行列」・・・しかも大人ばっかりで「怖いの」と下の娘がビビります

チケットブースで一人$10ナリを払いますと

Img_3648[1]


人数分の「鍵」がもらえますが、これがチケットです。(3人共 第一声「ちっさ!」

入口で待つ事・・・10分少々。やっと私達一家の番になり、係のお兄さんが説明しますが「中でガンガンに写真とか撮ってSNSでアップして下さい。ハッシュタグはXXXで宜しくね!」と言う事でしたので遠慮なく胸にGO PRO付けて延々と撮影しました

が・・・・

Img_3650[1]


1)混んでて前に人がつっかえてる
2)特に迷う要素が無い
3)謎解きも無い

と言う事で・・・とにかく進む毎にあるドアをドンドン開けて出口を目指す感じです。

途中変な置きものとか不気味な部屋とか
Img_3653[1]


謎な電話がありますが・・・

子供達は正直ゲームの100 Doorsの謎解きエスケープを想像してたので 「???」と言うリアクション。

私が感じましたのはこれ、夜の暗くなってから入るとちょっとしたお化け屋敷チックで怖さ倍増かと思いました。

昼間のピーカン時で人がわんさか居る時間帯はただただ暑い建物・・・でした!

皆様も行かれる際は夜暗くなってからがおススメです!

でも確かに気持ち悪い気配は満載でした(変な白黒写真とかメチャ落ちてるんです・・)暗がりで見たら嫌な雰囲気だと思います・・


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ