素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ロトルア周辺

まだまだ続くロトルア!ミタイマオリビレッジに行ってきました!

まだまだ続くロトルアシリーズ
今日は、ミタイマオリビレッジをご紹介します
とても楽しみにしてしていたミタイマオリビレッジ
というのもマオリの歓迎の儀式やハカダンスショー、伝統のハンギディナー、どれも初めての体験だったからです
では、早速ご紹介。
司会者による本日のショーの紹介があり、続いて、マオリの歴史、簡単なマオリ語での挨拶や単語をを学びます。
Kia Ora!
そして一旦ここで会場から外に出ます。
こちら、丁度ハンギが出来上がったところを見学しました。蒸された鶏肉、羊肉や、じゃがいも、さつまいも(クマラ)などなど。
ほくほくしていてとってもおいしそう

IMG_20170812_180424


IMG_20170812_180504


次は、マオリ伝統の、客人を迎える儀式が始まります
川沿いを行くとカヌー(マオリ語でワカと呼ばれます。)に乗ったマオリ民族がやってきます。

IMG_20170812_181458


IMG_20170812_181335


その後は、舞台のある場所へ移動し、マオリ伝統の、客人の入村の儀式・歌・踊り・演奏・戦闘のパフォーマンス等を見学します。

戦闘のパフォーマンスはとにかく迫力大満点
圧巻です目が釘付けになりました舞台から迫真の息遣いが聞こえてくるのです

IMG_20170812_182619


IMG_20170812_182409


IMG_20170812_182424


IMG_20170812_182435


IMG_20170812_182429


2年に1回開催されるマオリパフォーマンスのコンテストで過去何回も優勝したそうです。

その他、伝説をもとにしたラブソングのデュエットや、マオリ民族に伝わる伝統楽器の紹介もあり、この一晩でマオリに関する知識がぐーんと増えました
さて、ショーを楽しんだ後は、ハンギディナータイムです
蒸したてほくほくの食事に大満足
皆様、ロトルアでは、ぜひ、ミタイマオリビレッジを体験してみて下さい

ミタイマオリビレッジ ハンギディナーショー&レインボースプリングス

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



360度シリーズ!! <ロトルアに行ってみました!>

皆様こんにちは! 久しぶりに書くミミさんです。logo2

昨日在宅勤務Nの引き続きですが、私も同じロトルアのワイマング火山に行ってきました。

実は、最近新しいカメラを買ったので、それを試しに沢山撮って見ました。この写真はちょっと新しいですよ、360 度動画です:)"PLAY" ボタンを押してコンピューターのマウスを動かすと画像がマウスと一緒に動きまわります。このように、一緒にこの世界に入ることもできます。。。




確かに蒸気がもくもく出てます、昼も夜も止まらず、このような地形はニュージーランド以外ありますか?

この動画はワイマングをあるきつずけて最後にたどりつくバードウォッチングをするところです。


ロマンチックですか?

ビデオでは見れませんが、ロトルアの空気は硫黄の臭がします。硫黄の臭いは何だろう?とおもってますか? 実は腐った卵の臭いとも言われています。長くいると洋服に臭いがついてロトルアに行った証拠にもなります。初めてホテルついて車のドアを開けると臭いが突入!

でも、なれました 

次の画像はロトルア湖です。



ロトルア湖も大きいので、三十分ぐらい歩くとこっちの景色につきました、ぜんぜん違う風景になりました。



’地獄の門’わ綺麗ですよ
ここは HELL'S GATE と言う場所で、どこからでも湯気が出てます、この地獄はわるくはないですね。



ほんとうにロトルアはおもしろいですがカメラで撮るのは難しいです。

以上は頑張っているミミさんでした!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村



地域情報 ブログランキングへ

ロトルアのワイマング火山渓谷を歩いてきました!

まだまだ続きますロトルア体験
今日は地熱活動が盛んなロトルアならではの景観を楽しめるワイマング火山渓谷をご紹介します
ワイマング火山渓谷は、1886年にタラウェラ山が噴火して形成されました。
市内中心部から車で20分
ギフトショップやカフェが併設されたビジターセンターを出ていよいよウォーキングスタート
ロトマハナ湖まで約4キロのクレーター沿いを歩いていきます

IMG_20170812_093015


IMG_20170812_093139


IMG_20170812_094104


IMG_20170812_094332


あちこちで蒸気がもくもく

IMG_20170812_094314


渓谷を流れる川の色や周りに生えている植物も地熱地帯特有の色をしています
IMG_20170812_100715


IMG_20170812_101053


やがて現れたのは、ミルキーブルー色の湖

IMG_20170812_102101


インフェルノ火山湖です。自然が作り出す色は本当に見事です

IMG_20170812_102321


まだまだ歩いていきます

IMG_20170812_101750


IMG_20170812_095950


IMG_20170812_095359


IMG_20170812_095019


IMG_20170812_102602


IMG_20170812_103622


IMG_20170812_104816


IMG_20170812_104539


IMG_20170812_103659


アップダウンが少なく、快適なウォーキング
IMG_20170812_105818


ブラックスワンが泳いでいました

IMG_20170812_105459


鮮やかな緑色のコケ

IMG_20170812_105535


ロトマハナ湖到着です
湖の向こうに、タラウェラ山が見えます。なんだかとても神秘的です

IMG_20170812_111338


入り口からここまで約1時間30分ほどかかります。
ロトマハナ湖をクルーズすることもできますが、私たちはここからシャトルバスに乗ってビジターセンターまで戻りました

IMG_20170812_111449


皆さんもロトルアを訪れた際には、ぜひワイマング火山渓谷へ

歩き疲れた後は、ミネラルたっぷりの温泉に浸かってみてはいかがでしょうか

ポリネシアンスパ

マオリ癒しの湯・泥湯と硫黄温泉

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

悲恋の島に上陸〜

皆さまこんにちは! 訳有って在宅勤務Nです

ロトルアの体験はまだまだ続きます!

Nの書き込み第二弾は「カワラウジェットで行くモコイアアイランド」をご紹介!

船着き場に到着しましたらまずはチェックイン
Img_2281


安全確認や注意事項の説明を受けて、荷物を預かってもらいます。

外に出たら「ジェットボート」に乗るのでお着換えタイム
Img_2283


ここからはジェットボートに乗ってロトルア湖に浮かぶ島 「モコイア島」に移動します。

Image3


ジェットボートですし私が「激しくお願い」と言ったので結構激しく運転してくれました(でも本格的なジェットボートツアーでは無いので小さなお子様でも安心レベル)

モコイア島と言えば先住民族 マオリ族の「悲恋の物語」の舞台となった島。

その昔ニュージーランド航空のCMでも使われたこの悲恋の歌「ポカレカレアナ」はニュージーランドでは知らない人は居ない程有名な歌で、「帰ってきて欲しい、君への愛に死を賭ける」と言う情熱的なストーリーです。

詳しいお話はご参加の際にガイドさんに聞いてくださいね

さて、この悲恋の舞台となった島は野生動物、特に鳥の宝庫!
夜にはキゥイも現れるとの事であっちこっちから美しい鳥の鳴き声が聞こえます。

ジェットボートで上陸したらガイドさんに島の中を案内頂きます。

Img_2291


地熱地帯と言う事もあり、島の岩はほんのり暖かい〜
Img_2304


ツアーのクライマックスはこの物語の「ヒネモア」が体を温めたと言う天然温泉の前でストーリーをお聞きいただきます。

Img_2309


島を堪能した後は又ジェットボートで元来た道(?)を戻りますが、このモコイア島に行けるツアーは許可の関係上このツアーのみ!

こちらのツアーはこちらから お申込み下さい!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルアに遅く着いてもまだまだ楽しめます!ツリートップナイトウォーク♪

こんにちは、アユミです

Nさん、のりかちゃん、にも書いてもらっているロトルア研修ブログ、実は、これ、
今日からも、また違うメンバーが、ロトルアに向けて出発をして、2泊3日の旅に出かけていきました
なかなか、タイトなスケジュールで、いろいろなアトラクションを体験するため、少しの時間もおしまず、ぎっちりと予定が詰まっているのです
そう、今日の就業後、17時30分に出かけていったみんなは、ロトルアに、きっと21時頃到着して、そこからももちろん、視察の予定が入っています

夜に到着してからでも、ロトルアを充分に楽しめる場所、
そうですっ《レッドウッドフォレストのツリートップウォーク ナイトツアー》

レッドウッドとよばれる赤松が生い茂る場所に作られた、ツリートップウォーク(つり橋)は、
夜になると明るくライトでデコレーションされ、昼間とはまた違った素敵な雰囲気の場所になります

IMG_6885IMG_6244

入口から森林の奥のほうへいくと、おしゃれにデザインされた電飾が、赤松に飾られています

IMG_6116

これは、ニュージーランド出身のデザイナーが作成したもので、
ロトルアの人気の観光スポット、スカイライン レストラン内のライトに使用されているものと同じもの

SL_7671_extra lights_muted view

この、《レッドウッドフォレストのツリートップウォーク ナイトツアー》は、
昨年の8月頃にオープンしたばかりで、まだオープンから1年足らず、すでに多くの人が訪れていて、今後は、もっともっと新しく変化していくんだそうです

より、多くのつり橋が出来たり、ライトアップの種類が増えたり、今人気のプロジェクションマッピング(?)なんてこともありえるかもしれませんね

ぜひ、一度、ロトルアの《レッドウッドフォレストのツリートップウォーク ナイトツアー》へいってみてください


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルアの絶叫アトラクションではしゃぎました♪絶対おすすめオーゴ《OGO》!

こんにちは、アユミです

昨日の不定期参加Nさんに続きまして、またまた私がロトルア研修旅行の報告です
次なる面白アトラクションは、ニュージーランド ロトルアを代表する絶叫系アトラクション《オーゴ(OGO)》

酪農がさかんなニュージーランド、広い牧草地帯の多い、この土地を上手く利用したこの絶叫系アトラクションは、
なんとなんと、ビニールのボールの中に入って、丘の上をコロコロと転がるアトラクションなのです

DSC_3159DSC_3158

この、半透明の大きなボールは、2重構造、3重構造になっていて、その中に、人が入って、一番外側のボールが丘を転がるしくみ
中は、こんな感じになっています〜

BlogPaintBlogPaint

コースは、2種類、ストレートのコースと、ジグザグのコース、どっちも違うスピードで、違う間隔になるのでとっても楽しいです

そして、中に水を入れて、水着を着て転がるウェットタイプ、中に水を入れずに転がるドライタイプも選べます
ウェットタイプは、ウォータースライダーで滑っている間隔で、ボールの内部を激しくすべるので、誰しもが絶叫

OGOがすべる動画はこちらっ



ウェットタイプに挑戦した後は、外が寒いので、温泉やストーブで暖まれます

20170806_10171220170806_10433820170806_105102


小さなお子様は、6歳以上であれば、チャレンジできます
そして、Nさんいわく、大人は、40代以上でも、50代以上でも、だーれでも楽しめますっとのこと

ぜひぜひ、ロトルアに来た際には、絶叫アトラクション、チャレンジしてみてくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

絶叫!! 自分で運転する4WD体験!

皆さま今日は! 不定期参加Nです!

昨日のあゆみさんに続きNも老体にムチ打って参加してきましたのでご報告

ロトルアでは10以上の「絶叫」アクティビティに参加して参りましたがNからは私のお気に入り「OffroadNZ」と言う4WD体験をお届けします

このツアーは「トンデモナイ」所を4WDに乗り込み自分で運転するツアーです

朝一番にOffroadNZに行きますと
Img_2172


木で出来た道は薄っすらと氷が張ってる寒さ
(お!WELCOME JTB NEW ZEALAND TEAMって書いてある


でも遠くに見える沢山の4WDに皆の心は既にドキドキ
Img_2171


中で安全の注意事項や説明を聞き署名をしますが着替える訳でもなくそのまま車に移動します。

今回はJTBスタッフ合計10名で5台の4WDに乗り込みました。

Img_2175


私達の車の前をガイドさんが歩きながら色々説明したり指示を出したりしますが、各車に設置された無線があるので後ろの方の車も全員同じ案内が聞けます

で・・・・・・

実際に自分で運転する内容ですが・・・今までの人生で運転した事の無い強烈な悪路

例えば・・・

Image1


片側がタイヤより細い木の橋だったり・・・・

Image2

超急勾配の下が物凄い深さの泥池だったり(窓開けてたスタッフがエライ事に・・

Image3


この写真では上手く怖さが伝わらないかもですが45度以上傾いた車をガイドさんが更に揺らしてひっくり返りそうになったりであゆみさん、のりかさん含む女性スタッフは絶叫しっぱなし

極め付けが・・・
Image4


傾斜80度=ほぼ垂直落下

これは・・・マジ怖いです!!運転席からは前全く見えません(見えたと思ったら真っすぐ下の地面・・・)

しかもスタート前にわざと滑るように水をザーザー流すんです

思いっきりタイヤがロックして「滑る」恐怖・・・これは凄い体験です

折角なのでのりかさん+Sさんの絶叫をお届けしましょう



↑はのりかさんが運転しております♪

こちらのエキサイティングな体験を是非皆さまにお届けしたいと思います!

という訳でJTBニュージーランド 現地WEBで近日発売!

乞うご期待〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルアへの旅のイントロダクション♪週末の研修旅行のお話をどどーんと報告します!

こんにちは、アユミです

ブログをご覧頂いている皆様、もうご存知かもしれませんが、私たち、《素敵なニュージーランド》を書いているチームは、
JTB ニュージーランド(つまり、JTBのニュージーランド現地にある支店)のWEBサイト担当チームが、日頃の体験をもとに、
ニュージーランド旅行を考えている方、計画をしている方への参考になる情報を、日々、つらつらと書いているブログです

そして、私たちは、常に、旅行者のみなさんにとって、いいものを紹介し続けたいため、ときどき、お勉強をしに行ったりもします
それが、先週の金曜日から、昨日、日曜日まで行って来た2泊3日の研修旅行

行き先は、おそらく北島でもっとも人気の、そして日本人の観光客の方がもっとも多く訪れる場所、温泉とマオリ文化の街《ロトルア》

金曜日の夜、仕事終わりの17時30分にオークランドのオフィスを出発してから、日曜日の夕方、ロトルア発のグレートサイツ観光バスに乗って20時に帰ってくるまで
詰め詰めのスケジュールで、今、ロトルアでとってもアツいアトラクションやショーに参加して来たので、どしどし、ご紹介したいと思います

明日からは、参加したメンバーそれぞれが、体験したことをブログにアップしていくので、ぜひぜひ、ご覧くださいませ

まずっ私がご紹介したいのが、
《AOTEAROA ADVENTURE TOURS(アオテアオラ アドベンチャーツアーズ)》のワカ(カヌー)体験ツアー

マオリの民族の方が運営するこのツアーは、マラエというマオリ族の建物で行われる、招待の儀式から始まります
残念ながら、マラエでの招待の儀式は、とっても神聖なものであるため、撮影は禁止

20170805_110218

ここで、マオリ民側の方に会い、マラエに向かえいれて頂き、来訪者の自己紹介、そして歌などを経て、招待して下さったマオリ族の方と、
ホンギという挨拶のような儀式を交わしたあと、この部族の客人として認められ、この地に滞在することを許されます
この招待の儀式が終わった後、いよいよ、アトラクション、ワカ(カヌー)に挑戦です

マオリ民族の歴史やワカについての説明を聞いたあと、1人1つずつ、安全の為のライフジャケットと、カヌーをこぐためのパドルを受け取ります

20170805_11233320170805_11320620170805_113221

パドルの持ち方や、こぎ方を習ったあと、マオリ語を使った掛け声も習います
みんなで、”KOKIRI HI”という掛け声に合わせて、漕ぎぐ練習をし、右(マトゥ)、左(マウイ)など、方向なども習います

さて、ここまで準備が出来たら、早速、乗船、そして、カヌーを漕ぎ出します

BlogPaint20170805_123309BlogPaint

さっき習った掛け声と、漕ぎ方、みんなで、声と力を合わせながら、マオリの方々と一緒に漕ぎ出します
この日の天気は快晴で、青空と、緑に囲まれた景色の中で、マオリの歴史を聞きながら、カヌーでの船の度を楽しみました

20170805_12175320170805_12331220170805_124738

お天気はよかったものの、冬の朝の、きーんとした冷たい空気の中でのカヌーは、とっても目が覚め、爽やかなアトラクションでした

興味がある方は、《AOTEAROA ADVENTURE TOURS(アオテアオラ アドベンチャーツアーズ)》チェックしてみて下さいね

明日から、みんなそれぞれの体験を、ランダムに紹介していきますので、ぜひぜひ、楽しみにしていてくださいねー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルア2泊3日旅行記♪第6弾 最後の夜はしっとりライトアップされた森林ナイトツアーへ♪

こんにちは、アユミです

いろいろなアクティビティを存分に満喫したロトルア2泊3日旅行記も、最後の夜となり、
スカイライン ロトルアで、リュージュに乗ってはしゃぎまわったあとは、いつの間にか日も落ちてあたりあっという間に真っ暗に
現在のロトルア周辺の日の入り時刻は17時なので、お昼ご飯をゆっくりと食べて、その後、遊びながら時間を過ごしたらもう夜です

ロトルア2泊3日旅行、最後の夜のイベントは、以前ブログでも紹介した『Redwoods Treewalk (ツリーウォーク)』のナイトツアーへ
スカイラインロトルアから車を走らせること約15分ほどでレッドウッドフォレストに到着です

 これが昼間のときのレッドウッドフォレストです
20160829_100042

まっくらな中でのレッドウッドフォレストは、赤松かどうかは暗くてわかりませんが、
昼間とは違った雰囲気と、遠くに見えるライトアップが、ちょっとドキドキした雰囲気

この日は、ちょうど、日本語ガイドさんがいらっしゃったので、ラッキーにも同行してもらいました
日本語で、いろいろとお話を聞きながら、つり橋を一つ一つ、レッドウッドフォレストの中へと進んでいきます
そのつり橋の下にも、もうすでにライトアップが施されていて、森の中に、蛍が飛んでいるようにみえました

ちょうど半分まで差し掛かった頃に、明かりが見えてきました
小さいものから、大きいものまで、提燈のような、丸い形のライトが木からつるされています
20170604_184907

その先には、緑や青などのあばたーの世界を彷彿とさせるような、ライトアップが、
時間が経つごとにその色を少しずつ変え、森の中に、これまた不思議な雰囲気を作りだしていました

IMG_611620170604_183954

ライトアップされた光は、いつまでもぼ〜っと眺めていられるくらいキレイでした
今はまだ、送迎のサービスはないですが、そのうち、スカイラインでのディナーやテプイアでのディナーとセットにしたオプショナルツアーを出すそうです

それもまた楽しみですね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルア2泊3日旅行記♪第5弾  ロトルアスカイラインで遊ぶ!エキサイティングなリュージュに挑戦!

こんにちは、アユミです

ロトルア2泊3日旅行記の2日目、スカイラインゴンドラ山頂のレストラン ストラトスフェアで、お腹い〜っぱいご飯を食べたあとは、
スカイラインの人気アトラクションで、さらに、スカイラインを満喫しちゃいますっ

20170604_150921

いってきたのは、ゴーカートのような乗り物で、山の中を駆け巡るリュージュというアトラクション
これもまた、ものすごい人気のため、特に週末ともなると、リュージュの乗り場には長蛇の列

20170604_15292420170604_15235520170604_153008

大人から子供まで誰でも楽しめるリュージュは、お子様だったら身長110cm以上のお子様だと、1人で乗ることが出来ます

20170604_160009

初心者コース、上級者コース、そして、景色を楽しむシーニックコースの3つから選んで、滑走することが出来ます

ちょっくら、スカイラインさんにイメージ動画をお借りしてどうぞっ



安全かつとっても迫力のあるアトラクションは、ロトルア スカイラインならではの環境を利用したコースで、思いっきり楽しむことが出来ます
リュージュは、ゴンドラ利用&リュージュライド3回で50ドル、ジップラインもセットにすると95ドルで楽しめます

ロトルアに旅行にきたら、これもまた、はずせない観光スポットですね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ