素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

文化・芸能

2種類のバージョンがあるNZの国歌!

みなさん、ごきげんよう! Yuyaです(*・ω・)ノ

ニュージーランドの国歌、実は世界的に珍しいのですΣ(・ω・ノ)ノ Σ(・ω・ノ)ノ
なんと、英語バージョンマオリ語バージョンがあるのです!

これはどちらの言語も公用語として認められているからですね
スポーツの国際試合などではどちらのバージョンを歌うと思いますか

正解は、どちらのバージョンも歌う!なんです
まずマオリ語で1番を歌い、その次に1番を英語でもう1度歌うのです!

メロディーも非常に綺麗で、僕はとてもリラックスできます

ショートバージョンはこちらです!


来年、日本でラグビーワールドカップが開催されますね!
ニュージーランド代表のAll Blacksの試合の前に、このを耳にする機会は非常に多くなると思います!

国歌や試合前のパフォーマンスのHakaも大きな見どころになるので、
試合をテレビで観戦する際は是非是非入場からご覧くださいね!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ホストファミリーに日本食を作りました!!

Kia ora皆さん、こんにちはニュージーランドに来てから、まだ一週間しか経っていないのにも関わらず、日本食が恋しくなってしまったKarinです

先日、ワイトモ&ロトルアにJTBのMyBusツアーで行ってきたのですが、ホストマザーは早朝からバス停まで送ってくれて、夜も遅くまであったツアーなのにも関わらず迎えに来てくれたので、今日はホストファミリーに日本食を作りました。日本から麺と調味料、揚げ玉、きざみのり、ツナ&コーン缶を持ってきました。ホストファミリーが日本食が素晴らしいと感動してくれておかわりが欲しいと言われたので、もう一度作りました。
ホストマザーがメニュー名を考えてくれました。Karin’s special dinner
IMG_7419


Karin’s special dinnerレシピ

<用意するもの>
讃岐うどん2人前、麺つゆ、きざみのり、わけぎ、揚げ玉、ツナとコーンの缶詰、レタス

1.鍋にお湯を2L入れ、沸騰するまで待つ
2.讃岐うどん2人前を入れ、沸騰するまで10分〜12分程麺を茹でる(この間にレタスを盛り付ける)
3.麺が柔らかくなったらボウルに麺を入れ、冷水で冷やす
4.麺をお皿に盛り付けたら、ツナとコーン揚げ玉きざみのり最後に麺つゆを水で割ってかけます

これでホームステイが4回目の私ですが、必ず日本食をホストファミリーがいる前で作るようにしています皆さんもお世話になる外国人の方に日本の文化を伝えるため料理をするのはいかがでしょうか?密かにフードツーリズムをしています

今夜はカレーを作る予定です。日本と調理器具が異なるので、上手くできるか不安ですがマザーの喜ぶ顔が見たいので、心を込めて日本のカレーを紹介してきます

今まで自分がしてきたことに感動された経験がなかったので戸惑っているKarinでした

ロトルアで出会ったマオリ族

皆さん、Kia Ora!
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです

さて、冒頭で使った[Kia Ora]という意味、皆さん分かりますか
Kia Oraとはマオリ族で挨拶を表す意味なんです。

そこで、前回はアグロドームについて紹介したので、ロトルア繋がりで今回はロトルアで出会ったマオリ族を紹介したいと思います
ニュージーランドの民族、マオリ族を知ればニュージーランドでの旅行がもっと楽しくなるはずです

まずマオリ族とはどんな民族?↓
ニュージーランドにイギリス人が入植する前から先住していた人々です。そしてマオリ族は独特のあいさつがあります。それはあいさつとして、互いの鼻をくっつけ合うあいさつです
マオリの民族舞踊はハカと呼ばれています。ハカはマオリの戦士が戦いの前に踊ったり、歓迎の挨拶などでもハカを踊ります。ラグビーのチームであるオールブラックスが試合前にハカを踊ることで世界によく知られています!!
そして2013年の調査によると、ニュージーランドに暮らすマオリの人口は約60万人です。これはニュージーランドの人口の約15%を占めています。ただし、白人との混血が進んでいるので純粋なマオリはとても少ないのが現状になっています

と、こんな感じで少しはマオリ族のことを知っていただけましたか?
私は先週末、マオリ族の文化を知れる観光スポット「テ・ プイア(Te Puia)」に行って来ました!!!ここではマオリ族のショーを観ることができます

IMG_4736

こんな感じで、ショーはとても賑やかに進んでいきました
私が印象的なのは、男性のみが踊っていたハカです。全体的に緊張感があり、全身を使って強さ、威厳さを表していて終始私はハカに目が離せませんでした!!!
ひととおりマオリ族のショーが終わると、ショーを見学してた男性たちが舞台にあがり、実際にハカを体験する時間もありました(笑)
歌う人はマイクなど使わず、皆アカペラで歌っていました!声はとても響きわたっていたので、マオリ族は肺活量もすごいのがわかりました
ニュージーランドに来て、マオリ族がどんな民族なのか知れて良かったです
IMG_4734

↑いい感じの写真スポットでパシャリ


私が訪れた、テ・ プイア(Te Puia)の詳細です↓
HP:https://tepuia.com/
TEL:+64 7 348 9047
ACCESS:市内中心部から約3.5km。公共バスあるいは徒歩(40〜45分ほど)で行くことができます。

ニュージーランドに訪れたら是非ニュージーランドの文化も学んでみてくださいね
それではまた次回お会いしましょう!!!皆さん、Kia Ora

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クリスマスシーズンになると現れる不思議なお菓子”キャンディーケーン”てなに?

こんにちは、アユミです

クリスマスシーズンになると、スーパーマーケットや、知り合いからもらうギフトボックスに、
必ずといっていいほど入っている、とっても不思議なお菓子

これ、なにだかわかりますか

20171219_113947

はい、知っている人もいますよね名前を、キャンディーケーン、というらしいです

お砂糖で出来た、杖のようなかたちをしたお菓子なのですが、お砂糖を使ったお菓子なので、やっぱり甘い
そして、基本は白と赤なのですが、この写真のようにグリーンが入っていたりと、ちょっとナチュラルな感じがしないというか、、、
普段食べるお菓子としては、うーん、、、という気がしてしまいます

でも、このキャンディーケーン、ほんとに不思議なほど、クリスマスギフトボックスやら、パーティやらで必ず目にするんです

とっても不思議だったので、インターネットで調べてみました

candy-cane-488009_960_720

キャンディーケーンケーン(cane)とは、日本語で《杖(つえ)》を意味するそうで、硬い杖(ステッキ)の形のキャンディのことをいいます

キャンディケーンは、15世紀初期にできたのが最初で、もともとは白のみ、そして、杖のようなかたちではなかったそうです
1670年にドイツのケルン大聖堂の聖歌隊隊長が羊飼いの杖の形にして子供たちに配ったことからという説もあるそうです(Wikipediaより)

b706549e49c9794ab4e6fd7f8fecb9cf_s

ある地方のクリスマスのもととなったお祭りでは、木を食べ物で飾ったという風習があり、
木に飾り付けるために、ステッキ状に曲げたことから出来たという説もあるそうです

その他、キャンディーケーンについての説は、いろいろなものが都市伝説的にあるそうなので、
もし気になったら、ちょっと調べてみてもいいかもしれませんね

とはいえ、食べるのは、ちょっとうーん、、、、ですので、やっぱり、ギフトボックスに入っているのは、なぞです

なにか知っている人いたらおしえてくださーい

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

6月24日はマオリ民族の新年♪マタリキを祝うイベントのご紹介

こんにちは、アユミです

先日、6月24日(土)は、ニュージーランド先住民族 マオリ族のマタリキ(Matariki)というお正月を祝う新年の日
マタリキ(Matariki)とは、マオリ語でいうおうし座のプレアデス星団のことで、日本の皆さんには、【昴(すばる)】という名前で知られています
このマタリキが夜空に現れたときが、マオリ民族の新年を祝うときで、ニュージーランドの各地で、イベントが催されます

今週末、オークランドでもマタリキ(Matariki)のイベントがウォーターフロントで開かれるので、ご紹介します

972818-443124-34

Matariki On the Waterfront

日時 : 
6月30日(金)5:00pm–11:00pm
7月1日(土) 12:00pm–5:00pm
7月2日(日) 12:00pm–5:00pm

入場料 : 無料
場所 : Silo Park(サイロパーク)



キラキラとした装飾で飾られたサイロパークには、イベントを盛り上げる楽しい音楽が流れ、たくさんのお店が並びます
食べ物や、飲み物など、お食事を楽しめるお店だけでなく、アートやクラフトショップ、洋服などを売るお店も週末になると出てくるようです

この週末、まだ予定がない方は、サイロパークで、たくさんの人と、マタリキをお祝いしましょー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルア2泊3日旅行記♪第2弾 ロトルアといえばやっぱりマオリ民族のショー♪編

こんにちは、アユミです

今日も快晴のオークランドから、レポートします
昨日のロトルア2泊3日旅行記 第1弾に続きまして、第2弾は、ロトルアにいくなら絶対に見逃しちゃいけないこのスポット

『ロトルアって、何しにいくんですか

っと最近聞かれたのですが、温泉地帯で有名なロトルアで、温泉人気にも負けないのが、とーってもレベルの高いマオリ民族のショー&ハンギディナー
ロトルアには、ニュージーランドの先住民、マオリ民族が多く住んでおり、その中でもとくに歴史深い、そして、伝統文化を守り続ける方々がいます
それもまた、私がロトルアが大好きな理由のひとつ

今日は、ロトルアにいったら必ず訪れてほしいマオリショー&ハンギディナー『ミタイ マオリ ヴィレッジ』をご紹介します

場所は、ここ、ロトルアの中心地から約10分ほどのところ、スカイラインのすぐ近く



夕方5時30分から始まるショーに行ってきました
まず入口で受付をして、ディナー会場へ通されます
そこにあるバーカウンターで、飲み物をオーダーして、今日の観客がみんな揃ったら、ガイドさんのイントロダクションがスタート

20170603_17075820170603_17242620170603_173536

マオリの歴史とか、お料理のこととか、そして、今日の観客の皆さんの紹介を一通り終えたあと、伝統のハンギ料理をみに、外へ出ます
出来立てのハンギ料理を、専用の石釜から出し、かけてある専用の麻の布をあけて、みんなで中を見ます
中には、蒸された鶏肉や、じゃがいも、さつまいも(クマラ)などの野菜がたっくさん、詰まっていて、とっても美味しそうな匂いがします

20170603_17502920170603_17511920170603_175158


食事の準備が出来るまでの間、マオリ伝統の儀式をみに、村の中へ
マオリ民族の人々が使用しているカヌーのような船、ワカに乗って、客人を出迎えにやってきます

20170603_180539received_10154420861367440

その後、客人を出迎える儀式やダンス、歌を披露するために、大きなステージのある場所へ招待されます

20170603_18163020170603_18432920170603_185306

伝統のダンスを少しだけ、動画でご紹介


マオリ民族の人々は、とっても勇ましく、動きも機敏で、とても強そうに見えるのですが、それだけではなく、とっても繊細できれいな歌声を持っています
その歌やダンスの美しさ、ハカダンスと呼ばれる伝統の踊りの迫力には、誰もが圧倒されることだと思いますこれは是非一度、見ていただきたい

さて、マオリ民族のショーを楽しんだあとは、いよいよお食事の時間ビュッフェ形式のお料理を順番に少しずつ頂きます

20170603_19085120170603_19052020170603_192948

お食事をゆっくりと楽しんだあとは、さぁて、ホテルに帰ってゆっくりするかな、、、、と思いきやっ
なんとなんと、まだ、ツアーは終わっていませんでした

このあとにもまだ、ミタイマオリ村内の見学が残っていて、
ここから、村の居住区の紹介や、ニュージーランド固有の植物の話、生活の話などを聞きながら村の中を散策していきます

20170603_20234320170603_203214


そして、このツアーのクライマックスには、なんとなんと、ニュージーランドとオーストラリアにしか生息しない、あの生き物っ
ニュージーランドの観光ツアーでもとくに人気のあの生物を見に、行きます

それは、ツ〇ボ〇ルというもの みなさんわかりますか

なんだろ〜と思った人は、ぜひぜひ、ぜひぜひ、このツアーに参加してみて下さい

きっときっと、大満足なツアーなので、ロトルア観光には欠かせない夜のツアーとなると思います

ミタイマオリヴィレッジのご予約、お問い合わせはこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ネーピア旅行番外編♪第4段 帰りに温泉&マオリ文化と自然鑑賞編

こんにちは、アユミです

先週のブログに引き続きまして、も〜1ヶ所オススメしたい場所がありましたので、ご紹介しますね

ネーピアからの帰り道、行きと同じように、タウポを経由して帰ったのですが、長旅の疲れもあって、ちょっと温泉にでも入ってゆっくりしていこうっ
ということになって、タウポ湖の近くにある、温泉リゾート『ワイラケイテラス(Wairakei Terrace)』という場所へ行ってきました

温泉で有名なロトルアにも負けないくらい、広い温泉施設は、間欠泉から湧き出た天然のお湯の流れ込む先が、温浴プールとなっているので、お湯の室はばつぐん

20170416_12334320170416_12251520170416_122555

ほんのり白く濁ったお湯は、太陽の光で、ミルキーブルーにもみえます

20170416_122730

お湯の熱さも、湧きでている場所に近いほど熱くなるので、遠い場所を選べば、のんびりゆったりと長い時間つかることも出来ます

そして、温泉だけでなく、この間欠泉をもっと近くでご覧頂ける、テラス ウォークウェイというオプションもあります
間欠泉の近くまでいって、沸いている箇所を見られるだけでなく、その奥にある、マオリ族の人たちが実際にすんでいた村を見ることも出来ます
村の入口の門や、住居、そして、作物を作っていた畑や、池、そして、小さな船など、そのときの雰囲気をそのままに置いてあります

20170416_12412020170416_12434120170416_124529

ウォークウェイは、だいたい30分くらいで、見て周ることが出来るので、温泉に入る前に、ぐるっと回ってみてから、温泉を楽しむのもありっ

実は、ここ、ニュージーランドのクーポンサイトで、割引券が販売されているので、温泉が12ドル、ウォークウェイが7ドルで入ることが出来ます

ぜひぜひ、インターネットでチェックしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

3月8日からはオークランド アート フェスティバル♪Don't miss it☆

こんにちは、アユミです

毎朝、市内の路線バスで出勤するときに、アオテアスクエアの前を通るのですが、
ここ最近、なにやら、業者の人たちが、広場で何かの準備をしているのを見かけて、『なにが始まるんだろ〜』と気になっていたので見に行ってきました

20170303_12523920170303_12543120170303_125255

これ、3月8日〜3月26日の期間に開催される『Auckland Arts Festival』の会場の設営のようです

パンフレットを見つけてきました
アオテアスクエアもしくは、オークランド市内の観光情報センター(I-siteなど)で入手できると思います

『Auckland Arts Festival』は、アオテアスクエア以外でも、様々なところでイベントを開催しているので、
このパンフレットには、いつ、どこで、なにが行われているのかをチェックすることが出来ます

20170303_17364020170303_173647

その中でも、とくに私が気になっているのが、
3月8日〜3月12日の5日間 期間限定で開催されるシルクドソレイユの姉妹的サーカスグループ主催『ID - Cirque Eloize-』というショー

Picture

こちらはもうすでにずーっと前からチケット購入して、11日(土)にいく予定になっています
シルクドソレイユ大好きなので、これは本当に楽しみですっっ
サーカス好きな方、チケットはまだ少し残っているようなので、ぜひぜひ、チェックしてみてください
 チケットマスターでチェック!!

そして、もうひとつ、、、、
3月8日〜3月19日までの12日間、オークランド博物館のあるオークランドドメインで行われる『Power Plant』という光と音楽のフェスティバル

Pictur

普段はなかなか見ることの出来ない、オークランドドメインの夜のライトアップと飾り付けされたガーデン、そんな幻想的な場所での音楽などなど、
ちょっとこちらも気になるイベントです入場料が大人は35ドルかかるので、ちょっと悩むところですが、考えてみようと思います

 チケットマスターでチケットをチェック!!

それ以外にも、ここでは伝えきれないくらいの、楽しそうなイベントが、3月8日から26日まで開催されます

この期間中に、オークランドにいる方は、ぜひぜひ、『Auckland Arts Festival』チェックしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

先週末!オークランド最大級の日本のイベント JAPAN DAYが開催されました!

こんにちは、アユミです

今日から3月ですねっ年間通して考えると、そろそろニュージーランドは秋に突入する頃なのですが、まだまだ暑い日が続いているオークランド
まだまだ夏も楽しみ足りないので、まだ終わらないで〜っと思っているのですが、2017年ももう2ヶ月が終わり、毎日、毎週を忙しく過ごしていると、
そのうち今年もあと何ヶ月で終わり〜なんて、もうすでにカウントダウンをし始める時期になってしまうんでしょうかね
あ〜大変っ、毎日を大切に過ごさないといけないですね

さてっ、先週末、私の忙しさの理由のひとつでもあった、オークランド最大級のイベント Japan Day2017が、大盛況のうちに幕を閉じました
なんで私の忙しさにつながるのかといいますと、今年はなんとっ、イベント実行委員として、昨年の8月から参加させて頂いており、微力ではありますが、
会場の安全ルールや対策、会場設営のルール作成などのお仕事に携わることが出来ました

今年のJapan Day2017は、前夜祭とメインイベントの2日間の開催ともあって、昨年よりもたくさんの来場者が期待されていました
オークランドフェリーターミナル横にある、Cloud(クラウド)とShed10(シェッド10)で行われたイベントは、土曜の16時から始まる前夜祭は、Shed10(シェッド10)のみだったものの、
屋外の大きなステージでの音楽やパフォーマンスや、日本食をメインとした食品ブースには、たくさんの人がつめかけていました

20170225_17400620170225_17280320170225_174006

このとき私は、翌日のメインイベントの開催のための設営に、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ
そして迎えた翌日は、朝10時から会場オープンをして、これまた多くの来場者の方が遊びに来てくれました

日本の伝統文化の茶道(Tea Ceremony)や華道、着物のブース

20170226_15560620170226_15552220170226_155538

屋内と屋外に設置されたステージでは、15分や30分刻みで、素晴らしいパフォーマンスを披露して下さる、ステージパフォーマーの方達
日本の伝統、よさこい踊りや、尺八、三味線、音楽バンドや、ダンス、それ以外にもフラダンスや、合気道、空手などの演舞などが行われていました

20170226_155210BlogPaint

さらにさらに、今年の目玉としては、お祭りのテーマである『法被 and Be Happy』にちなんで、法被を着た写真をInstagramに投稿する法被コンテストや、
ニュージーランド航空のチケットが当たるガラポン、甚平の販売、シークレットオークションが開催されるなど、お祭りに来た方の参加型のイベントがたっくさんでした

広〜い広〜い会場は、多くの人で溢れかえっていて、日本の伝統文化やニューカルチャーが、海外の人に注目されていることを実感しました

この日、私は、浴衣を着て本部の受付として参加できて、実行委員としてだけでなく、お祭りの雰囲気を楽しむことが出来たので大満足

BlogPaint

来年はまたどうなるかわかりませんが、今から楽しみで仕方がないです

今年逃してしまった方、来年は絶対、見にいって下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランド 夏の一大イベント!ランタンフェスティバルにいってきました♪

こんにちは、アユミです

先週末も、気温がぐーーんと上がって、昼間は25度前後、真夏の気温を記録したオークランド、今日はさらにぐーんと上がってなんと最高気温27度
まだまだ、オークランドの夏は続きそうなので、旅行のトップシーズンとしては嬉しい限りです
が、ニュージーランドのお天気は変わりやすいので有名っそして、人によって体感温度が違ってくるのが特徴なので、
暑さ対策、寒さ対策は両方ともされることをお勧めいたします

さて、夏の夜にふさわしい大きなイベントが、先週、木曜日から日曜日まで開催されておりました
中国の旧正月をお祝いするという目的もあるイベントで、年間を通してみても、たくさんの人が集まる大イベント『Auckland Lantern Festival 2017』

2000年から始まったこのイベントは、2017年、今回で18回目となり、2015年まで、オークランド市内中心部のアルバートパークでやっていたものが、
昨年2016年からオークランド博物館のあるオークランド ドメインに場所を移し、さらにさらに大きなイベントへと成長しました
今年は、4日間で、約20万人もの人がくることが予想されていたそうです

20170211_211112

広い芝生のエリアに置かれた大きなステージ
オークランドドメイン内の各所に設置されたフードストリート

20170211_21181020170211_21165220170211_211807

その様々な場所の木に飾られたランタンや、干支、南極のペンギン、中国の伝統衣装や、ドラゴンなどをテーマにしたランタンの数々

20170211_21144620170211_22153020170211_221358

そして、もちろん、こちらもありました今年の干支、酉(とり)

20170212_205602

お天気も良く、お祭り日和のなか、たっくさんの人が詰め掛けていたのですが、ランタンをみたり、ステージを見たり、
屋台の食べ物を楽しんだりと、とーっても楽しいイベントでした
今年、逃してしまった人、来年はぜひぜひ、足を運んでみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ