素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

テアナウ・ダウトフル・ミルフォード

ミルフォードトラックの旅行( 七)クリントンハットに登場!!

こんにちはミミlogo2さんです、もうミルフォードトラックシリーズの七話まできました どんどん探検して見ましょう

今日はクリントンハット、個人でトラックを歩く方の初日の宿泊、にたどり着きます。

進んでみると面白い物に注目します。今まで歩いてきた距離は道横の標識に書かれています。標識上にはマイル(m)とキロ数(km)が書かれています。

m_2m_3
m_12


一マイル後とにこの標識が置かれています、ミルフォードトラックは34.8マイルの行程なのでこの標識を34個通らなければ終点までたどり着けません。。。

最初、疲れていない間は標識を素早く通り過ぎますが、だんだん皆疲れて進みが遅くなります。

落ち着いて景色を眺める場所は多いので大丈夫です

m_5


この岩の上に座って昼食休憩に入るのも良いです。静かな川の流れと鳥の鳴き声しか聞こえない

m_6


分かれ道に来ると看板があります。ニュージーランドの自然の中は看板や案内が少ないので看板上の数字を良く覚えましょう。左に二分進むとクリントンハット、個人でトラックを歩く方用の宿泊です。

四時間まっすぐ歩き続けると今晩の宿泊、ポムポローナロッジがあります。

六時間進むと個人で歩く方の宿泊、ミンタロウハットに着きます。

何時間か歩いてみると残りの距離がぜんぜんわからない

m_7


ここからちょっと進むとクリントンハットに侵入

個人で歩く方は初日ここにお泊りされています

m_9


クリントンハットは乾燥室が無いため、一度洋服が濡れたら乾きずらいです。翌日もその乾いていない洋服を着て歩き始める人もいます。自然の中を歩くなら絶対に雨具をちゃんと準備して置いてください。

個人で歩く方はお食事をご自信で作っています。皆作りやすい乾燥物や栄養分が高い食料をもってきています。でも食べ物を楽しんでも自然を守るため、ゴミ捨ては一切禁止されています。皆自分のリュックに入れて何日間の担いで持って帰ります。

毎日歩いて食べ続けると食料が減り、リュックがだんだん軽くなります。特に初日は結構持つ食料が多いので皆並べく軽い物を準備しています。私は一回男の人が妻のためにスイカを持って歩いているのも見ました、スイカの皮は捨ててはいけないので、彼は何日間がんばって持ちましたでしょう。


IMG_1593


毎回ここでフラフープに挑戦する人がいます

ここから歩き続けますとクリントン川の景色がすごいです

10865854_10154894295830246_2925709170916956093_o


IMG_1608


ホビットが出てきても不思議じゃない雰囲気


m_10


地上は苔に包まれていますので大きなカーペットの床が森林に広がっています。

ニュージーランドにはサルがいないのにサルノコシカケがある

これは木が死に始めていると現れます。本当に上に座ってみたら本当にカチカチに硬かった

m_11


ありがとうございます、以上はミミlogo2さんでした。



次回も楽しみに歩いてみましょう!



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


今までのミルフォードトラックシリーズ:

ミルフォードトラックの旅行( 六)ウェットランドが近くに!

皆さんこんにちはミミlogo2さんです

前回はウェットランドに到着しました

w_1


そして広々な場所が現れました、今までの景色と違うですよね。

ここは水分が多いため巨木は立たないので小さな植物が沢山います、日当たりも良いので草の種類も初めて見ます。実はこの草の生長はものすごく遅いです、毎年一センチしか生えないので高さによって年齢を簡単に見分けできます。僅かな一メートルある草は百年も育っています。中身も毒が入っているので虫には食べられずにずっと立ち続けています。

w_8


でも実はここのニュージーランド大自然の中でもウェットランドは縮でいます、毎年木の境界がだんだんと近づいてきます。ウェットランドの成長も遅いので、一度失われたら二度と戻る事はないと思います、色々遠くから影響されているようです。

BlogPaint


地面を細かく見てみましょう、本当に色々いますよ

w_11


白いキノコを見つけ出せますか? 

星のような苔も見えましたか? 触るともじゃもじゃしていますよ、実は生で食べられますので機会があれば次のサラダに入れてみてください

そして、地上はプールの周りの様に水が溜まっています

w_12


苔だらけですね! 白い植物ははネットみたいな苔です、そしてあの背か低い,
黒い茎の木はマヌカ夏には白い花が咲きます。ニュージーランドの有名な蜂蜜もこの小さな木から作られています。

w_13


どこを見ても苔が止まらない。

w_15


ウェットランドは以前の森とは又違う気分でしたか?環境がちょっと変わればその中にすむ物も沢山変わる見たいですね。

以上はミミさんでしたlogo2

次回は又森の中を進み続けますよー



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


今までのミルフォードトラックシリーズ:

湖の横の庭園?! クイーンズタウンガーデンズ♪

皆様こんにちは、ミミlogo2さんです

今日は新しいトピック、クイーンズタウンガーデンズについて書きました。

クイーンズタウンを尋ねた事はありますか?クイーンズタウンは小さな可愛い町です、その町の南の突き出ている地形にクイーンズタウンの庭園があります。これは無料で誰でも入ることができますよ! 忙しい旅行の最中に少しでもお時間が空きましたらぜひクイーンズタウンガーデンズを訪れてみてください!

queenstown


ちょっと歩き始めたら変な物を見つけました。。。 電話線が湖の真ん中を渡っています。これには多分長ーい歴史がありそうだ 

不思議です。。。


telephone_line


水が暖かいので浮輪をもって子供をつれて泳いでいる家族も沢山います。

水は驚く程透明ですね 実はワカティプ湖周囲から流れてきています。数年前、離れた所に地滑りが発生し、粉々の氷河岩が大量にワカティプ湖に流れついた為、湖の一部の色相が真っ青から柔らかなターコイズへと変わりました。

own_boat


ニュージーランド人はボートが好きな人が多いです。週末には友達を誘ってボートの上で飲みながら盛り上がる方も多いです。沢山の人は自宅のガレージの車の横にボートを止めています。週末が終わると車の後ろにボートを牽引して動き回ります

クイーンズタウンガーデンズは歩く人が多いですがガーデンを回る道は平らですので自転車もお勧めします!

bike


クイーンズタウンの周りにある正式自転車コースはガーデンと繋がっていますので自転車で沢山独特な景色を近くで見ることができます。

道を進んでみたら面白いボートを見つけました

後ろに書いてある字を見たことがありますか??


proco_rosso


PORCO ROSSO」を日本語に通訳しますと「紅の豚」になります。これは宮崎駿さんの映画 「紅の豚」の名前を英語でボートの上に書いています。なんと宮崎さんの影響が世界のこの小さな角まで広がりました様ですね〜、ボートも映画内の飛行機と同じ赤色で予想以外で。驚きました

振り向いて海の反対方面を見ると生き生きとした森が見えます。

forest


この森の中ではフリスビーゴルフをする事ができます。フリスビーゴルフは通常のゴルフとはちょっと違います、ゴルフの様に穴を使わずにバスケット内にフリスビーを投げこみます。クイーンズタウンガーデンズのフリスビーゴルフコースは全部で十八個バスケットがあります、ぜひ試してみてください!

上に上がるとベンチが沢山
  


bench2bench4
bench
huge_trees



クイーンズタウンガーデンズにはアイススケート場もありますよー :)

ice_arena


ガーデンズの真ん中に静かなロマンチックスポット発見!


propose


木の上に見た事のないフルーツを見つけました。。。

werid fruit


クイーンズタウンガーデンズはこのように色々と面白い物があるのでお時間に空きがありましたらゆっくりと楽しんでください。クイーンズタウン市内にお泊りであればバスも必要なく簡単にいける場所です。ベンチも多いのでゆっくりと海のそばで時間をすごすことができます。

ありがとうございました、元気なミミlogo2さんでした!!

bench3


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ミルフォードトラックの旅行(五)ウェットランドに到着!!

今までのミルフォードトラックシリーズ:



皆様こんにちは、ミミlogo2さんでーす!

前回は一日目のロッジ、グレードハウスから出発しました。地元の友達、サンドフライ、にも出会いいました、この情報を見逃した方、前回の記事を楽しんでください。

二日の始まりはクリントン川をたどりながら歩きます。まだテアナウ湖のそばにいますため、行程は平らです。初めてリュックを持ちながら歩く方にとっては良い練習になります。下記の地図を見ますと今まで通った道が緑色に表示されています。まだ進む道は青です。まだトラックをはじめたばかりですよ。今日はウェットランドと言う環境まで進みます

BlogPaint



ミルフォードトラックは一本道なので迷い図らいですが念のために良い説明があります。トラックはクリントン川の横を沿っていますため、クリントン川の流れと反対の方向に歩き続ければ正解です。水の流れと同じ方向に歩くと又グレードハウスに戻ってしまいます、夜のお食事も残念ながら同じ物になりますよ

この橋でクリントン川を越えます。

wetland4


ものすごく落ち着いた気分になりますか?




ここからは苔だらけです、写真内は乾燥していますが湿った日は苔が生き返ります、そうっとすると森の呼吸が聞こえる気がしました。

BlogPaint



だんだん深く森に入ると川が小さくなります

wetland3


雨が降ると土もやわらかくなります、何百年立ち続けた巨木も倒れました。

wetland8


家のカーペットがはがれたようにも見えると思います。一つの生命が倒れたら新しい命が同じ場所から必ず誕生します。

もうちょっと進むと川の流れが静かに戻りました、右を見ると。。。景色が又変わりました、太陽も突然あらわれました

wetland2


そして、十分後、ウェットランドに到着!!


皆鞄を置いときウェットランドへの寄り道をしています。

wetland11


ウェットランドは環境が違うので土の下に水を沢山保存しています。そのため、通常より苔が多いのです。ニュージーランドの有名なマヌカ蜂蜜をご存知ですか?ウェットランドにはマヌカの木が生えています。時期により小さな白い花が沢山
咲きます。

wetland9


ウェットランドは非常に壊れやすいため、木の板の上をたどりながら歩きます。周りの色は苔の集まりです。毎回ここに戻ると湿りと太陽により苔の色に変化があります。植生がぜんぜん違うです。

この苔は自分の体重の数十倍の水分を吸い取れるので雨がない日はちょっとずつ周りの環境に解放します。世界に存在するウェットランドはほとんど破壊されましたため、僅かな十八パーセントしか残っていません。このため、ミルフォードトラックのウェットランドも政府が非常に大切に保護しています。

wetland10


ウェットランドは違う世界ですよね?ミルフォードトラックを歩くと毎日新しい世界に入った気分になります。

以上はミミさんでしたlogo2


次回もお楽しみに歩きますよー


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ミルフォードトラック観光ーサンドフライと出会いました!!

こんにちは、ミミさんですlogo2

ちょっと時間がたちましたのですがミルフォードトラックの報告を続けます

皆様まだ覚えていますか?前回はミルフォードトラックの最初のロッジ、グレードハウスに到着しました。これから現れる道を楽しみにしていますか? 私が経験しました所、ミルフォードを尋ねてくる人々は何年も来るチャンスを待ち続け、やっと良い機会が現れてニュージーランドに来た人がほとんどです。皆世界の各部からミルフォードの魅力を聞き、長い間自分の目で見てみたかった人です。

二日目の始まりは平らです、体力的には問題ありませんが、ここで初めての「地元の友達」に会いますよー 実はニュージーランドの南島の西海岸はサンドフライと言う昆虫がいます。これは大自然に多くいますが、蚊みたいに人を刺します、刺された後も痒くていごごちも悪いです。

天国みたいな場所にもこのような虫もいました。。。

BlogPaint


朝出発前後には皆肌に虫除けスプレイを塗ります。でもこれを縫っても確実にはよけられません。

基本のルールがあります。
この二つのルールを知るとサンドフライにかまれる事はほとんどなくなります:

一:動き続けるとサンドフライには刺されません。これは歩くスピードでも十分です
二:サンドフライは風が嫌いです

サンドフライに刺されたくない旅行者はずっと歩き続けてください、五分以上同じ場所に立ち止まるとサンドフライが順々とよってきますので要注意です。止まる時は風がある場所を選んでください、このほうもリラックスな昼食を楽しめます。

出発前は日本人団体が準備体操をしています。このポーズをとったことはありますか? 皆日本で登山をしながら訓練をしていました。もしかして彼らにとってミルフォードは最終テスト?(ガンバレー)

BlogPaint


一日は長いので初日からメンタルとフィジカルの準備をする必要があります。日本人は一緒にサポートしながら歩く団体が多いです。大きな山と広々とした距離を一歩ずつ挑戦していきます。

BlogPaint


沢山の人がマスクをつけるのもサンドフライから守るためです。写真おとおり、サンドフライを恐れないのは キーウイー(ニュージーランド人)のガイドさんたちです。皆もうすでに足だらけに刺されています。

では出発して皆一列になって歩きます ガイドさんは忘れ物やら掃除を済ましたらグループの後ろを追ます。

BlogPaint


続けてグレードハウスから出発しますとこの橋にたどり着きます。。。

この橋を渡りますと向こうには何があるでしょう?

BlogPaint


下記の写真内の場所に行かれましたら、ぜひ水をお試しください、高山から流れてきましたので直接飲めますよ

glade_5


次回も楽しみに、ミルフォードを歩きたい方、これから歩く訓練をされています方には便利な情報だと思います。ニュージーランドを旅行してみたい方、ニュージーランドはいろいろありますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ミルフォードトラックの旅行(三)!!

こんにちは、ミミさんでーす!logo2


ミルフォードトラックの旅行を続けましょう! 

一日目は少し歩きましてグレードハウスに到着します。英語ではグレードの意味は森林の中の大きな平らな場所です。ここには草しか生えないので普段とは違う景色です。

glade_house


目の前のロッジは森林の中にあるので電気も一切ないですよ。その代わり、ジェネレーターを使っています。燃料は毎週ヘリコプターで届けています。この燃料は熱い乾燥室にもつかわれています。ロッジには皆乾燥室があります。の日にはびしょ濡れなので、一時間以内に翌日の洋服が乾くように設定されております。

皆着いたので休んでいます。写真の後ろには小川が流れています、今日みたいに陽射しが強い日はここで泳ぐのがちょうどいいですよ。 洋服で川に直接入っても乾燥室に入ると短時間で乾きます。よく見ると水には外国からの虹マスもいますよ。釣り人の天国!

さて、グレードハウスに到着後、自然の中の散歩に出発します。日本人のお客様のおよそ50%はこの森は屋久島に似てると言います。

どう思いますか? 宮崎駿の物の怪姫に似ていますか?

nursery_tree


苔だらけなので、苔好きな人には面白いと思います、この景色は雨の日に楽しめます。耳をすませば森の深呼吸も聞こえるかもしれないですよ。。。

夜に入ると、夕食です。 グレードハウスの室内はこのようになっています。

in_glade_house


室内にはピアノがあるので、自然の中でも自分の家にいるように楽しめます!! 

ちょっと離れた場所からの音楽もいいですね。

今日はここまでです。ミミlogo2さんでした:)

次回もお楽しみに!!!


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ミルフォードを歩こう! 旅に出発(第二)

皆さまこんにちはーーミミさんです!logo2


今日は360度ビデオからの休憩をとりましたので。。。ミルフォードトラックの話を続けます!
いつも知らない間に私はミルフォードの話をしてしまうのですが、聞いてください。

はじめての方、案内をしましょう、ミルフォードトラックは以下の場所にあります。

milford-route

青い道をたどって五日間歩きました


はじめはニュージーランドのクイーンズタウン (以上の画像の東)から朝一出発します。


BlogPaint

この方、四十年バスを運転してきた業界内の達人です。私にあって始めて運転をやめると言いました。


departure4


運転手さんはプライドが高くて自分のバスを必ず ’リムジンバス’ と呼ばないと怒ります。

毎日この道を運転していると角も曲がりも全部家族みたいによく知っています。

eparture2

L361-Cleddau-Valley-Fiordland-Tourism-New-Zealand

AD299-Glenorchy-Queenstown-Miles-Holden

コレが典型的な南島の道路です


約五時間後、ボートに乗ります。この旅の始まりです。この日々見る顔は毎日この人たちばかりになります。皆の笑顔と楽しみが私にもつながります。

departure3deaprture5

やがてボートから降りると、霧の中の森に誕生します。今までの旅の理由をわかる気がします。
departure7


やっと入り口にたどり着きました!!

これから歩く旅が始まります。

以上はミミさんでした。logo2


つづく。。。



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

自然の中の旅 FROM ミルフォードトラック の報告!!



こんにちは、初めて投稿する ミミさんでーす。logo2

ニュージーランドでの色々な味わった経験をこれから皆さんに伝えたるのを楽しみにしてます。
ミルフォードは聞いた事がありますか?実は、ミルフォードトラックはニュージーランドの一番有名な登山コースです。

mage_2image_1


数ある登山コースの中でも、ミルフォードトラックは最も綺麗だと思います。幸運ながら、その魔法のような場所で私はガイドさんとして毎日秘密な旅行にいかせてもらっていました。

image_3


雨の中ではGoProで沢山の写真を取りました。私の普通のカメラは雨の強い日に近くの滝の映像を撮った後、もう水害で動きません。これでこそ本当の自然に突入。。。


keaimage_5
mt_lilyimage_walk


さて、このミルフォードと言う場所はどこにありますでしょう??


map


五十四キロ

の距離をツ進みまーす!


ミルフォードトラックとはミルフォードサウンドに向かう道を名乗っています。ミルフォードサウンドは南島の観光の心臓とも考えられます、毎年たくさんの人々はミルフォードサウンドの景色に魅了されます。

ミルフォードトラックとは、南のTe Anau湖から北のミルフォードサウンドを結ぶ4泊5日のトレッキングコースです。人は少なく、一日最大で九十人しか歩けないニュージーランド政府には神聖に守られてるロケーションです。ミルフォードトラックはボートで出発し、出口はミルフォードサウンドまでまた小型ボートです。
最後の日の景色は簡単にミルフォードサウンド日帰り旅行でも登山コースの雰囲気をじくっり見てゆっくりと味わえる事が出来ます。


finalday

finay_day2


五日間インターネットの無い世界から帰還!して、初めて電話が鳴ります、周りの人もにもジロジロ見られています。“この人たちはどこから来たんだろう?”と多分思われています。




さあ、一緒にこの面白い冒険の道を歩きましょう。


image_walk


以上、クしている ミミさんでした
次回もお楽しみに




※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

南島の人気観光スポット『ミルフォードサウンド』の最新情報♪

おはようございます、アユミです

先週末、南島に出張に行った仲良しの同僚から、ミルフォードサウンド クルージングツアーのときの様子を写した、写真と動画を頂いたので、ご紹介致します
今回参加したのは、ニュージーランド南島を拠点とする大きなツアー催行会社リアル・ジャーニーズの催行する『ミルフォードサウンド1日観光』のクルーズツアー

クイーンズタウンを出発するツアーバス、このバスが、とーっても特殊なバスで、バスの天井が全て窓
という作りになっているので、ニュージーランド南島の、この地域特有の切り立った高い山をぜーんぶ見ることが出来るようになっているのです
クイーンズタウンからテアナウ、ミルフォードサウンドの乗船場までの長い道のりも、周りの景色を楽しみながらの移動となります
 リアルジャーニーズの観光バスに関するご紹介ブログはこちら!

IMAG0335IMAG0353

クイーンズタウンを出発したあと、ツアーバスはいくつかの写真スポットを巡ります

掲載している写真、1つ目はモンキークリーク(Monkey Creek)という、世界でもっともピュアな水が川から直接飲める場所として知られている場所で、周囲の山々の景色もとっても素敵
2つ目は、ミルフォードへの峠を行く道や、休憩で停車した駐車場で、よく見かける、ケア(KEA)というニュージーランドの鳥
とってもいたずら好きで、光るものを見ると持っていってしまうそうなので、車の窓を開けたままその場を離れたりすると、何をされるかわかりませんのでご注意を
3つ目は、ミルフォードサウンドクルーズ船の乗船場この日も、とってもお天気がよく、乗船場からのマイターピーク(Miter Peak)の景色が綺麗に撮れていますね

1174773_510044075749316_1648457555_nIMAG0376IMAG0406

クルーズ中も、快晴のお天気の中、入り江の中を進んでいきますが、前日かその少し前が、雨のお天気だったのか、フェアリーフォールズなどの滝も水量が多く、迫力があるように見えます

IMAG0444IMAG0504IMAG0415

ミルフォードサウンド クルーズツアーでは、ランチ付きのツアーも選べます
ムール貝やフィッシュ&チップス、お肉やロースト野菜などのニュージーランドらしいお料理が揃ったビュッフェ、サンドウィッチやフルーツなどのピクニックランチボックス、和食のお弁当
船の中にあるキオスクで、マフィンやスナックなどの軽食を購入することも出来ますが、
しっかりとしたランチメニューを事前に注文しておいて、景色を見ながら、ランチを楽しむのもいいですよね

IMAG0409IMAG0410IMAG0411

さて、最後にですが、クルーズの様子を動画に撮ってきてくれたので、そちらもご紹介します



ニュージーランド旅行には、はずせない観光スポット『ミルフォードサウンド』、旅行で来られる方も、ニュージーランドに在住の方も、ぜひぜひ、機会があれば行ってみて下さい

大自然の中をクルージング♪ミルフォードサウンドクルージング&マリナーオーバーナイトステイのご紹介

おはようございます、アユミです

すっきりと晴れているオークランド気温は6度と低めで、とっても寒く感じますが今日は1日いいお天気のようです
ここ最近曇りや雨の日が多かったのですが、金曜日の今日、そして、月曜日はクイーンズバースデーのため祝日となり、明日からの3連休の間はずっとお天気が良さそうです

さて、昨日のブログで、憧れのお城ステイというちょっと変わった滞在をご紹介しましたが、今日もまた南島のトピックスで、今度は、クルーズ船ステイをご紹介します
南島で最も人気といえるリゾート的な観光都市『クイーンズタウン』から、こちらも最も人気の観光スポット『ミルフォードサウンド』のクルージング
南島の南西部、フィヨルドランド国立公園に位置する、ミルフォードサウンド(入り江)へのクルーズツアーは、乗船場からのマイターピーク(Miter Peak)の写真が
多くの旅行ガイドやパンフレットなどで使われているので、皆さんもどこかで見たことがあるかもしれません

1238005_510015235752200_1026078559_n946962_510015269085530_1238885303_n

乗船後、クルーズを開始した船は入り江の中を進んで行き、途中、ウェアリー・フォールズとよばれる滝を見るのですが、私が行ったときは、雨が降った後の快晴のため虹が出ていました
そして、シールポイントという場所では、オットセイの群れを見ることが出来ましたそして、スターリング・フォールズという大きな滝の真下まで近づきます

1001256_510015429085514_1115578253_n1238232_4668344485696_1981049431_n547708_510015819085475_245557194_n

壮大で迫力のある山々を周囲に、滝やオットセイ、運が良ければペンギンやイルカなども見ることが出来る、ミルフォードサウンドのクルージングですが、
ここ最近、人気になってきているのが、 『ミルフォードサウンド マリナー オーバーナイトクルーズ』という、クルーズ船で1泊することの出来るツアー 

RJ_Vol9_95RJ_Vol9_68

通常のクルージングに加えて、カヤック、もしくは小型船で行く、周辺の散策もとっても貴重な経験となります
船は、客室やレストラン付きで、オーバーナイトクルーズは、レストランでのビュッフェディナーと朝食が付いてきます
クルージングとカヤックのアクティビティ、大自然の中で停泊する船の中での滞在の夜はニュージーランドの素敵な星空もお楽しみ頂けるかもしれません

催行会社であるReal Journeys(リアルジャーニーズ)が提供するイメージ映像があるので、宜しければご覧ください



どうですかミルフォードサウンド、行きたくなってきてしまいますよね
これから南島クイーンタウンへの旅行を計画される方は、ミルフォードサンドへのツアー、ぜひぜひ行ってみて下さいねっ

 ミルフォードサウンド1日観光 クイーンズタウン発(日本語ガイド付)の詳細・お申込はこちら

ミルフォードマリナー オーバーナイトクルーズの詳細・お申込はこちら
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ