素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

スポーツ

ウェントワース・バレー・ハイキングコースにいってきました!

こんにちは、アユミです

昨日のブログに引き続き、ファンガマタ旅行でいってきた、おすすめのショートウォークコースをご紹介します

場所の名前は、Wentworth Valley Camping Ground(ウェントワース・バレー・キャンピング・グラウンド)というところで、
ファンガマタの中心部から、車で、南西へ約8kmほど、約10分移動した場所にある、ショートウォークコース



このショートウォークコースのうち、片道約1時間15分程度のコースで、ウェントワース滝までいくハイキングコース

20181021_115837

今は、どこのハイキングコースも、原生林、とくにカウリの木を守るために、立ち入る前の靴の消毒はマストなのです

20181021_120357

ハイキングコースには、こんなキレイな川や、ピクニック用のテーブル、

20181021_115930

木製のつり橋や、そこから眺められる川辺の景色

20181021_12314120181021_123146

とっても大きなシルバーファーンを見ることが出来ます

20181021_12311720181021_123124

そして、1時間ほど歩いた頃に、滝へ辿りつきます

20181021_124656

滝から流れ落ちる水の音と、自然の音を、聞いてみてください



私たちは、滝に着いてから、もって着たランチを食べて、またきた道を戻りました

すっごく疲れるわけでもなく、ちょうどいい長さのハイキングコースなので、誰でものんびり楽しめると思います

ぜひぜひ、コロマンデル方面に行かれる際は、滝をみに行ってみてください

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

無人島に隠れた秘境!ドーナッツアイランドに行ってきました♪

こんにちは、アユミです

小さな島国の中に、たーっくさんの見所があるニュージーランド
いろいろな場所に旅行に行っても、今もまだなお、行ったことのない美しい場所や、手付かずの自然がたくさんあふれているこの国は、
日本の方に人気のリゾート地に負けないくらいの観光天国といっても過言ではない国なのです

先日、10月末の3連休を利用して、ニュージーランド北島のコロマンデル半島の南にある、
Whangamata(ファンガマタ)という街に遊びにいってきました

目的は、ファンガマタで開催されているリラクゼーションも兼ねたヨガ プログラムに参加するためだったのですが、
朝8時半から11時までのセッションと、夜19時から21時までのセッションを除く時間は、自由に観光を楽しめる時間だったので、
ファンガマタ周辺の自然を満喫してきました

行く前から、計画をたてて、とっても楽しみにしていたのが、知る人ぞ知る秘境 ドーナッツ島 という場所へ行くカヤックツアー
※グーグル画像検索で"Donut Island"と調べると、とってもキレイな写真が出てきますよ。

ファンガマタの街から、プレンティ湾に面した、アイランドビューリザーブという場所から出発します
ここもまた、広々と、とっても素敵なビーチ

20181020_13242120181020_132435

ここから出発するカヤックツアーは、経験者向けに、自分達だけでカヤックにのって自由にドーナッツ島までいくツアーと、
初心者向けに、ガイドさんと一緒に、ガイドさんの指示に従って、ドーナッツ島まで行くツアーの2種類があります

20181020_16114720181020_161615

カヤックは二人乗りと一人乗りがあるのですが、より安定するのは二人乗り
簡単に、ルートの説明と注意事項の説明を受けて、海岸から、出発です

目指すは、目の前に見える別名ドーナッツ島という名の無人島 フェヌアクラ島

20181020_16323720181020_164056

なぜドーナッツ島というかといいますと、島の中心部がドーナツの中心のように丸く穴があいていて、
そこへと通じる洞窟を抜けると、そのドーナツの穴に入れる場所だからなのです
島の右側からくるりと横にまわると、その洞窟の入口が見えてきます

20181020_16431220181020_164411

意外と細い、洞窟の通り道に、少しだけ波が強くなってきて、とっても緊張したのですが、なんとか、カヤックをコントロールして、洞窟の中へ

20181020_164449

そこで見た、とっても素敵な景色が、こちらです動画でどうぞ!
音が出せる場合は、ぜひ、その神秘的な音も一緒に聞いてみて下さい



エメラルドグリーンに透き通る水は、とっても美しく、ときどき波が岩に当たる音や、
空を飛ぶ鳥の声、そして、ドーナッツの穴から差し込む太陽の光が、キラキラと水を輝かせて、とってもとってもきれいで、神秘的な場所がありました

20181020_17022320181020_170643

しばらくここで、聞こえてくる音に耳を澄まして、のんびりしているととても気分がよく、どれだけでも長くいられるような気さえしてきます

20181020_171512

ゆったりと時間を過ごしたあとは、また、きた道、洞窟を通って、周辺のマウカハロックスや、ハウトゥル島をとおって、またビーチに帰ってきます
これで、だいたい2時間くらいの距離のツアー



ニュージーランドのMust Do(マストドゥ:必ずやったほうがいいこと!)に、絶対に入るべき、観光スポットだと思います

今までカヤックをしたことのある人、カヤックが好きな人はもちろんのこと、初心者の方でも、とっても簡単です

秘境 ドーナッツ島は、必見の価値ぜひぜひ、行ってみてくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

とうとう販売を開始しました!ワイトモ土ボタル鑑賞 ブラックウォーターラフティング♪

こんにちは、アユミです

今まで会社からOKが出なかった、ニュージーランドで人気のウォーターアクティビティー、
ワイトモ鍾乳洞のブラックウォーターラフティングを、お客様へご案内することが出来るようになりました

えっ、ワイトモ、ブラックウォーターラフティングを知らないって

そんな方のために、ご紹介しますと、
ニュージーランド北島のオークランドから南へ200kmほど、約2時間50分、車を走らせた場所にある、ワイトモ鍾乳洞では、
ニュージーランド、オーストラリアでしか見ることの出来ない、世界遺産にも指定されている土ボタルという美しい生物を見ることの出来る洞窟があります

その洞窟では、鍾乳洞内を徒歩で散策し、その後、ボートにのって、土ボタルを鑑賞するツアーが、主に人気なのですが、
エクストリームな、つまり迫力のあるウォーターアクティビティが人気のニュージーランドでは、この土ボタルを、ラフティングをしながら鑑賞できるというツアーがあるのです

ブラックウォーター・ラフティング

真っ暗な鍾乳洞の中を、1人1つの浮き輪のようなチューブに乗って、進んでいきます
ときには、流れが強い場所をこのチューブで滑ったり、小さな滝になっているところに後ろ向きで飛び込んだりします

cb2d97ac7f4f9b5602c61014
画像元:http://www.waitomo.com/black-water-rafting/Pages/black-labyrinth.aspx
※自分でお写真とれないのでお借りします。

また、鍾乳洞の中を進むのに、一人一人が頭につけている小さなライトの灯かりを頼りに進んでいくのですが、
土ボタルは、とっても光に弱いため、土ボタルが多く生息する場所では全員のライトを消して、一列につながり、
ガイドさんのカンだけを頼りに、進んでいくんですこの瞬間が一番感動しますっ

7212e9533d65ba6a

このツアー、オークランド発着のツアーなので、オークランドにご滞在している方なら、
オークランド市内のホテルへの送迎があるので、安心してツアーに参加することが出来ます
※英語ガイドさんになるのでご注意下さい。

これから、ニュージーランドは、暖かい時期になっていくので、特に夏には、とってもおススメなウォーターアクティビティです

ぜひ、ご興味のある方は、お問い合わせ、お申し込み下さい

ブラックウォーター・ラフティングのお問い合わせ、お申し込みはこちら



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランドで日帰りトラウトフィッシングにチャレンジ♪

こんにちは、アユミです

昨日、今日と、だいぶお天気が暖かくなり始めまして、冬もののコートに、マフラーという格好でいつも出かけていたのですが、
それだと、少し、暑く感じるようになってきました
とくに日中は、薄手の長袖でも、オークランド市内、街中を歩けるくらいになってきたので、
このまま、この陽気が続いて、そして、夏に突入してくれないかなぁと思っています

さて〜、今日は、オークランド発着の新しいオプショナルツアーのご紹介です

オークランドでトラウトフィッシングに挑戦!1日フィッシング体験ツアー(日本語ガイド付)

BlogPaintBlogPaint

『ビギナーズラックの国』で平均50センチのワイルドトラウト達に会いに行こう

NZ在住20年のベテラン日本人フィッシングガイドが、オークランドからの『日帰りトラウトフィッシング』へご案内致します
『ビギナーズラックの国』と言われるニュージーランドでは、「釣りに挑戦するのは初めて」という方が、圧倒的に大きなトラウトをゲットされます
初心者の方でも、充分にたのしめるトラウトフィッシングですので、是非皆様もビックトラウトに挑戦してみて下さい
 
注)河川の状況により催行出来ない場合があります。
注)7ー9月は支流が禁漁となります。

なかなか、自分ではチャレンジできなかった、ニュージーランドでのトラウトフィッシングですが、
このツアーに参加すれば、ベテランガイドさんが、日本語で上手に教えてくれますし、
フィッシング道具などもレンタル出来るので、たった1日だけの思い出や、まだやったことないけど、これから始めたいという方にはぴったりです

予約・お問い合わせはこちらから
https://www.jtb.co.nz/tour/tour_day.php?id=846


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドの冬の楽しみ方といったらやっぱりこれ!スキー&スノーボード♪スキー場オープン情報!

こんにちは、アユミです

皆さん、もうご存知のように、日本とニュージーランドは季節が真逆
これから夏に向かって、どんどん暖かく、暑くなっていく日本ですが、その反対側の南半球ニュージーランドでは、
寒い寒い冬へと向かっていきます

こんなニュージーランドの季節を待っている日本の方々もいらっしゃいます
そうです、日本のスキーヤーやスノーボーダーの方々
日本では、5月後半にもなると、どこのスキー場ももう営業を終了してしまいますので、
とくにプロやスポーツ競技として、スキーやスノーボードをやっていらっしゃる方には、
この時期にニュージーランドにきて、練習をされる方や、引き続き、スキー、スノーボードを楽しむ方が多くいらっしゃるんです

とくにクイーンズタウン周辺のスキー場は、日本からだけでなく、
全世界から、多くのスキーヤー・スノーボーダーが集まり、夏のニュージーランドに負けないくらいの賑わいをみせるんです

そこでこれからのニュージーランド旅行、スキー旅行を計画されている方へ、
南島クイーンズタウン、ワナカ周辺の人気スキー場のオープン状況などをご紹介します

 初級者向け!クイーンズタウンからもっとも近いスキーエリア コロネットピーク
オープン日:2018年6月16日(予定)
アクセス:クイーンズタウン市内から車で約25分
レベル:初級〜上級
リフトの最標高:1649メートル
最長滑走距離:2400メートル
現在の積雪:山の上部で80センチ、下部で30センチ
おすすめウェブサイト: https://www.nzski.com/queenstown/the-mountains/coronet-peak
おすすめポイント唯一、ナイター営業のあるスキーエリアで、水曜日、金曜日と土曜日は9時〜21時まで営業しています

Kiwi Discovery - Ski, Coronet Powder

 初級者向け!雪質良し&スノーパークが充実しているスキーエリア リマーカブルズ
オープン日:2018年6月7日 オープン済みですが一部閉鎖中
アクセス:クイーンズタウン市内から車で約45分
レベル:初級〜上級、家族向け
リフトの最標高:1943メートル
最長滑走距離:2500メートル
現在の積雪:山の上部で95センチ、下部で72センチ
おすすめウェブサイト: https://www.nzski.com/queenstown/the-mountains/the-remarkables
おすすめポイントキッカーやレール、ボックスでのトリックを好むスノーボーダー、スキーやーも大満足のパークが充実

Kiwi Discovery - Ski, Lookout at Remarkables

 中級者向け!プロのスキーヤー、スノーボーダーの練習にも使われるスキーエリア カードローナ
オープン日:2018年6月16日(予定)
アクセス:クイーンズタウン市内から車で約60分
レベル:中級
リフトの最標高:1860メートル
最長滑走距離:2000メートル
現在の積雪:山の上部で90センチ、下部で50センチ
おすすめウェブサイト: http://www.cardrona.com/the-mountain
おすすめポイント広々としたスノーエリアは、どんな人にも楽しめるコンディションがおすすめ!ハーフパイプもあるので、プロの選手が練習しにきたりもするそうです

Kiwi Discovery - Ski, Cardrona Views

 上級者向け!最長滑走距離がなんと4キロメートルのスキーエリア トレブルコーン
オープン日:2018年6月28日(予定)
アクセス:クイーンズタウン市内から車で約1時間30分
レベル:中級〜上級
リフトの最標高:1960メートル
最長滑走距離:4000メートル
現在の積雪:情報なし
おすすめウェブサイト: http://www.treblecone.com/
おすすめポイントフリーランを楽しみたい人にはおすすめ

Kiwi Discovery - Ski, Treble Cone Powder Days

ニュージーランドのゲレンデのイメージはこんな感じです


映像元:Kiwi Discovery Queenstown※2012年9月26日公開

日本のスキー・スノーボードに飽きてしまった人、夏を迎える日本で、まだまだ冬のアクティビティをしたい人、
ニュージーランドに住んでいるのに、まだいったことのない方は、ぜひぜひ、ニュージーランド南島の雪を体験してみて下さい

 スキー・スノーボードに関するお問い合わせ、ご予約はこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

寒いニュージーランドは絶叫アトラクションで熱くなろう!!ロトルアで4WDドライビングアドベンチャー!

こんにちは、アユミです

昨日まで雨降りのオークランド、今日は、すこーしよくなって、曇りのお天気ではあるのですが、
最高気温は15度前後、そして、日に日に寒さを感じています

もうすでに、山岳部や、南島のクイーンズタウン周辺では、街の中心地でも、雪がちらついたり、積もったりする日もあるようで、
いよいよ、ニュージーランドのスキーシーズンがやってきたという感じですね

そんな、寒いニュージーランドでも、いつでも熱い街が北島にはあります
どこでしょうか、そうです、ロトルアです

火山の影響で地熱地帯を多く持つロトルアは、温泉や、間欠泉などが有名で、寒い冬でも、多くの人が集まる観光地のひとつ

そんなロトルアで楽しむことができる、新しいアトラクションがあるんです
私たち、JTBスタッフも、体験してきた、スリルと爽快感のあるドライビングアドベンチャー

未開の地へのスリル満点アトラクション!4WDアドベンチャー!

off-road-nz-off-road-nz-group-activities-at-native-bush-campoff-road-nz-off-road-nz-4wd-bush-safari-roll-me-overoff-road-nz-off-road-nz-4wd-bush-safari-waterfall

運転が好きな方、必見の、爽快、絶叫アトラクション 4WDアドベンチャーです
でこぼこの道を走ったり、大きな水溜りを車で越えたり、急なカーブや、高さ約6mの坂を滑りおりたり、スリル満点のドライブアトラクションです
ベテランのガイドが、安全に皆さんにお楽しみいただけるようにご案内いたします

実際に体験したスタッフの体験談はこちら  クリック

日常生活では絶対に体験できない、スリルと恐怖とアドベンチャーを体験できる、ドライビングアトラクション

なにか今までない新しいものにチャレンジしたい人には、おすすめです

いっぱい叫んで、楽しんだあとは、ロトルアの温泉で温まってのんびりしましょ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

2018年スキーシーズンおすすめ!クイーンズタウン&ワナカでヘリスキーに挑戦してみませんか!?

こんにちは、アユミです

晴れたり、突然、雨が降ったり〜、寒いな〜と思っていたら、急に暖かくなったり、
今、ちょうど、夏から秋、そして冬へ季節の移り変わりの時期で、とっても落ち着かないニュージーランドのお天気

そんな話を、現地の人とするときは、決まって、会話の最後に、
《That is New Zealand》= これがニュージーランドだよねって、きまって、言います
長く住んでいると、そんなお天気にも慣れてくるんですよねだからこっちの人はあまり傘をささない印象がありますがw

これから旅行に来られる方は、服装とか、持ち物とか、とっても難しいと思いますが、
暑さにも、寒さにも、そして突然の日差しによる日焼けにも、雨にも対応できるように、
重ね着の出来る洋服や、帽子、サングラス、折り畳み傘などをもって準備万端できて下さいね

さて〜、今日は、《ニュージーランドの冬を楽しむオプショナルツアーというお話です

Kiwi Discovery - Ski, Coronet Powder

ニュージーランドでスキーをしたことのある方は、もうご存知かもしれませんが、
ニュージーランドのスキー場のゲレンデは、「森林限界」とよばれる、木々が育成できない環境の場所の限界点をいうのですが、
その、「森林限界」を超える場所にあるため、木が生えておらず、視界に入るフィールド(雪で覆われている部分)のほぼ全てで、
スキーやスノーボードを楽しむことが出来ますもちろん、圧雪していない場所(オフピステ)も多くございますので、楽しさは倍増

そんなニュージーランドのスキー場で、とっても人気、かつ、日本からのお客様にも人気になりつつあるのが、ヘリスキー、なのです

heliski alpine chopper

ヘリスキーとは、ヘリコプターで、山の上のほうまで飛んでいって、
誰もまだ滑っていない、ふかふかの雪の上を、スキーや、スノーボードで滑り降りてくるというアトラクション

heli banner

まっさらさらな雪の上を、自分が一番最初に滑ることが出来るんですから、とっても気持ちがよく、景色もよく、爽快です
ツアー出発の朝に、ベテランスタッフが、その日に滑走可能な場所を決めて、最高のコンディションでヘリスキーが楽しめる場所へ、連れてってくれます
(クイーンズタウンには、日本語のスタッフさんもいらっしゃいます

日本で、スキーやスノーボードをしたことがある人で、問題なく1人で滑れる方、初級〜中級レベルで斜面で転倒した時に自力で立ち上がり
スキーを付ける事ができる方なら、パウダースノーで滑った経験がほとんどなくても、ヘリスキーに参加することが出来るんです

毎年、このヘリスキーに参加されている親子のお客様や、ご家族皆さんで、はじめて挑戦される方、
ご夫婦で、ニュージーランド旅行の記念にご参加された方など、さまざまなお客様がいらっしゃいますが、
皆さん、本当に満足されて、日本へご帰国されています

今年も、ちょうど今日、ヘリスキーの料金が出たので、JTBニュージーランドでも、
ご予約の受付が出来るようになりましたので、ぜひぜひ、今年のスキーシーズンに、
ニュージーランドのヘリスキーに挑戦してみたい方、ご連絡をお待ちしております

スキーシーズンは、6月上旬から9月下旬までです

ご料金、ご予約、その他お問い合わせはこちらから!


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

世界遺産トンガリロでエキサイティングなリバーラフティングに挑戦してきました♪

こんにちは、アユミです

タウポと世界遺産トンガリロのご紹介、2日目は、世界遺産トンガリロでの
スーパーエキサイティングな、トンガリロリバーラフティングをご紹介します

どれくらいエキサイティングかってこのくらいです

BlogPaint

なーんだたいしたことないじゃんって思った方、やってみましょう絶対、楽しいです

場所は、タウポ中心部より南、トンガリロ方面へ45分ほどのTurangi(トゥランギ)という街にあります



タウポ中心部にお泊りの方は、お迎えを予約しておけば、11時頃にホテルまでお迎えに来てくれます
そこから、トゥランギのオフィスまで行き、このとき、水着とタオルはお忘れなく
ウェットスーツ、スプラッシュガード、フリース、ライフジャケット、ヘルメットをかりて、男女別々の更衣室で着替えて、準備完了ですす

20180316_14390320180316_14450720180316_144700

準備が出来たら、シャトルバスでトンガリロ川まで移動っ、みんなでボートを川岸まで運びます

IMG_0011IMG_0014

最初は、エメラルドグリーンのゆるやかな川を、両側の自然をゆっくり楽しみながら進み、
インストラクターからの指示を聞いたり、ラフティングの際の注意事項を聞きながら、のんびりとツアーがスタートします

DSCN1900DSCN1914

その後、少しスピーとが早くなって来る場所を、みんなで一緒にオールでこいで進んだり、
くねくねとした流れの部分を進んだり、ときには、後ろ向きに向きを変えて、後ろから川の流れを滑りおりたり

IMG_0089BlogPaint

途中、数メートルほどの高さのある崖と、ある程度の深さのある場所で、希望する人だけ、
岩から川へののジャンプ体験をさせてくれます

DSCN2030DSCN2031

その後、ラフティングボートはクライマックスへと突入します
流れの荒い箇所を、みんなでこぎつつ、流れに乗りつつ、揺れるボートにつかまりながら進んでいきます

BlogPaintBlogPaintBlogPaint

ボートはとっても安定しているので安全
爽快で、とってもエキサイティングな川くだりを体験したあとは

BlogPaint

みんなで、ホットチョコレートと、フィッシュチョコをいただいて、ほっこり、最後に自然を満喫して、おしまいです

ツアーのスタート時間は、夏の時期は午後2時スタート、冬の時期は午後12時スタートで、着替えや準備も合わせると全部で4時間ほどのオプショナルツアー

午前中もしくはお昼前に、タウポに到着していれば、午後の半日で楽しめる、トンガリロの代表的なウォーターアクティビティーです

ご予約・お問い合わせはこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

2種類のバージョンがあるNZの国歌!

みなさん、ごきげんよう! Yuyaです(*・ω・)ノ

ニュージーランドの国歌、実は世界的に珍しいのですΣ(・ω・ノ)ノ Σ(・ω・ノ)ノ
なんと、英語バージョンマオリ語バージョンがあるのです!

これはどちらの言語も公用語として認められているからですね
スポーツの国際試合などではどちらのバージョンを歌うと思いますか

正解は、どちらのバージョンも歌う!なんです
まずマオリ語で1番を歌い、その次に1番を英語でもう1度歌うのです!

メロディーも非常に綺麗で、僕はとてもリラックスできます

ショートバージョンはこちらです!


来年、日本でラグビーワールドカップが開催されますね!
ニュージーランド代表のAll Blacksの試合の前に、このを耳にする機会は非常に多くなると思います!

国歌や試合前のパフォーマンスのHakaも大きな見どころになるので、
試合をテレビで観戦する際は是非是非入場からご覧くださいね!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

2018年度ニュージーランド スキー&スノーボード商品のお申込の受付を開始しました!

みなさま、こんにちは
JTBニュージーランド オンライン予約担当でございます

まだまだ夏の暑さの残る日もありますがっ
ちょっと季節を先取りで、みなさま、ご案内をさせてください

Picture1

ニュージーランドのスキーシーズンは、6月下旬頃〜10月上旬頃で、最も楽しめる時期は、7月下旬〜8月下旬にかけてといわれています

今年も、6月下旬頃から、ニュージーランド南島のクイーンズタウン周辺、そして、北島の世界遺産トンガリロ国立公園周辺で、
スキー場がぞくぞくオープンし始めます

ニュージーランドのスキーシーズンは、日本の夏の時期、各スキー場が営業を終了している時期になるので、
競技スポーツとしてやっているスキーヤーやスノーボーダーの方が、トレーニングをしにくることもよくあります



まだまだ冬の雰囲気は全くございませんが、
次のシーズンのリフトチケット、街からの送迎バスのご予約を開始いたしましたので、
みなさんの、ご旅行の計画に、ぜひぜひ、ご活用くださいませ

スキーやウェアは準備OKという方へ!送迎+リフト券のパッケージ

南島の人気スキー場(コロネットピーク、リマーカブルズ、カードローナ、トレブルコーン)への送迎と1日リフト券がセットになった商品です。!

⇒ ゲレンデ往復送迎 + リフト券のご購入はこちらから

レンタルもゲレンデ送迎も、全てお任せ!

ニュージーランド旅行の空いた1日を使って手ぶらでスキー♪スキーの準備をしていなくても、日本からウェア等を持ってきていなくても、全てレンタルすればOK♪

⇒ スキー・ボード・ウェア レンタルの事前予約はこちらから
⇒ ゲレンデ往復送迎のみのご予約はこちらから

まだまだ先のお話ですが、宜しければ、参考にご覧くださいませ

みなさまからのお問い合わせもお待ちしております

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ