素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

タウランガ周辺・コロマンデル

タウランガで山とビーチを満喫してきました♪

皆さんこんにちは、Mです

ずっと行きたかったタウランガにやっと行ってきました
3連休だったこともあってかタウランガ中心部はたくさんの人でにぎわっていました
たまたま立ち寄ったレストランのスタッフに「非公式だけど毎年レイバーデイのあたりからタウランガは夏のスタートだよ!」と言われました
3日間とも天気が良かったこともあり、ビーチで泳いでる人を多く見かけました

今回のお目当てはマウントマウンガヌイです
市内中心部から少し離れているので、市バスに乗って近くまで行きました
あまりきつくないコースを選んだはずが、それでも運動不足の私にはきつかったです
トレイルランをしている方もたくさんいました(私には到底無理です
山 登っている最中


暑さにやられながら1時間ほどかけて頂上に到達しました
こんなに綺麗なハーバーとビーチの絶景が待っています
帰りはメインビーチ側におりてビーチを散策しました
タウランガ ビーチ


ビーチの近くにもレストランやカフェがありますが、今回は市内中心部のMe&You カフェに立ち寄りました
おいしそうなケーキやスライスが並んでいます
店内はローカルのお客さんでにぎわっていました
カフェ カフェ店内


タウランガには車がなくてもオークランドからバス1本で行くことができます
ハイキングとビーチを楽しめるのでこれから夏を向かえるニュージーランドのおすすめスポットです

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

コロマンデル半島で川下り!キャニオニングに挑戦してきました!

こんにちは、アユミです

昨日のブログの続きです、カランガハケ渓谷を約4時間歩いた直後、嬉しいかな、悲しいかな、
今までの運動不足のつけがきたのか、早速、全身筋肉痛に襲われました、、、

そんな中、旅行2日目は、一番楽しみにしていたイベント、コロマンデル半島にあるKauaeranga valleyでのキャニオニング
お天気は良好、体調はばっちりの中、体だけが筋肉痛でミシミシと音をたててるんじゃないかっていうくらい動きづらい中、
お迎えのバスがきて、いざっ、Kauaeranga valleyへ出発
この日は、私達以外に1日体験(7時間)に参加するお客様が11人、そして半日(5時間)に参加するのが私達4人

車で、Kauaeranga valleyの入口まで行って、そこで、ウェットスーツ、専用の靴下、スニーカーに履き替え、水以外の持ち物は車において出発
いつも写真をたくさんとっている携帯電話を持っていなかったので、お写真がなくて、申し訳ないです。。。

ちなみにキャニオニングとは、ウェットスーツをきて、渓谷の中の川や滝を、ロープなどを使いながら下っていくウォータースポーツのこと

zoom1094x727z100000cw1094
※イメージ画像 提供元:CanyoNZ Adventure Company

最初、川を下るために、まず川沿いを山の上のほうへとトレッキングすることから始まります
ブッシュウォークをしたり、川に転がる岩や石の上を歩いたりしながらどんどん登っていきます

22_preview56

最後の難関、とっても急な、うーん、たぶんほぼ直立の岩の壁をロープと、腕の力だけで登っていきます

28

1時間〜1時間半ほどで、川の上流へ到着、大きな滝が現れます

14

軽くランチを食べて、そこから、キャニオニングの基礎を少しだけ練習して、スタートです

最初のチャレンジは、岩からのジャンピング ダーイブ

26

次が、滝の横の岩の壁、たぶん高さ10メートルくらいでしょうか、ここを下って行きます
頼れるのは、足腰に装備しているハーネスというロープにぶら下がるための装備と、ロープだけ
ロープは、確実に安全を期していますが、切れたら大事、想像すると、めちゃくちゃ怖いです、、、、

11

滝が流れている、その上も、脚をしっかりと広げて体のバランスを固定しておりていきます

30

高所恐怖症の人、腕と脚の筋肉が極端にない人には、おすすめしません、、、かなりハードです

ただ、一生懸命に川を下り終わったあとにたどり着いた滝の真下は、綺麗で、心地よい自然の水が待っていてくれて、
気持ちよさと、達成感と、自然の癒しと、なんとも言えない、とっても気分のよい気持ちになるんです

1332

つらい道のりを乗り越えてきたからこその、美しい光景が見れるっていうこと、そこに辿りつけるっていう達成感はものすごいです

08_preview

今回は、半日体験だけでしたが、もっと体力があったら、今度は、1日体験のほうにチャレンジしてみたいと思います

アドベンチャーなことが大好きな人、ぜひぜひ、キャニオニングにチャレンジしてみてくださいとってもおすすめです


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドの大自然を満喫♪カランガハケ渓谷でハイキングを楽しんできました〜!

こんにちは、アユミです

先週末1月29日(月)はオークランド・アニバーサリーのため祝日で3連休
お天気もとーっても良く、最高気温が30度超え(日本の夏よりは低いですね、、)旅行には最適の週末
このお休みを利用して、ニュージーランドの夏を満喫するため、旅行に行ってきました

今回は、北島のオークランドより南側、コロマンデル半島とタウランガの間あたりにある、カランガハケ渓谷でのマウンテンサミットハイキングと、
コロマンデル半島にあるKauaeranga valleyでのキャニオニングに挑戦してきたので、こちらを紹介したいと思います

とってもエキサイティングな2日間だったのですが、今日はまず、カランガハケ渓谷から

場所は、このへん


昔、大規模な金鉱開発が行われていたカランガハケ渓谷は、そのときに使用されていた、トロッコ用の鉄道や、トンネルなどがそのまま残っていて、
かつ、大自然の中にあるため、美しい川や森林の中に、以前からしようされていたウォーキングコースがいくつかあり、
週末はとくに、ニュージーランド各地から、自然が大好きな人々が集まり、賑わっている、ちょっと隠れた観光スポットなのです

20180128_10171020180128_10294520180128_135721

※これは、2017年1月にいったときの、トンネル探検のときの写真です。長いトンネルを抜けた先には、とても綺麗な川と小さな滝、池がありました
洞窟の中はまっくらで狭いですが、ときどき小さな、土ボタルのあかりなんかも見えて、とっても素敵です

20170122_12322620170122_12391720170122_124110

今回は、カランガハケ渓谷の山の山頂を目指す、Karangahake Mountain Summit Trackを歩いてきました
距離にして、約4.3キロ、往復で約4時間ほどの比較的長いハイキングコース

お天気がものすごくよかったのですが、ジリジリとした日差しと、無風の中でのウォーキングは、比較的厳しく、山頂までの道のりはとても長く感じます
途中、足場が悪い場所もあったり、昔、金鉱山だったからなのか、足元の土は粘土質ですべりやすく、ちょっと歩きづらいときもあります

20180128_11260420180128_113848

クリスマスから年末年始、お正月休暇中のだらけた生活で、すっかり運動不足の私はぜいぜい言いながら登っていたのですが、
この辛い道のりを乗り越えた先に、きっと素敵な景色が待っているんだっと思って、歩き続けること1時間半弱ようやく、ひょっこり山頂が見えてきました

20180128_121131

そこからさらに40分ほど、あるくと、ようやく山頂に到着ほぼ360度を見渡す素敵な景色が待っていました

20180128_12361820180128_12205020180128_122421

心地よい風と、壮大な景色の中で、もってきたおにぎりでランチタイム
やっぱり辛い道のりを乗り越えてきてよかったなぁ〜とあらためて思いました

こういう瞬間が、やっぱりハイキングっていいなって思うんですよね

下山はとっても楽チンで、あっという間に戻ってくることが出来ました

ハイキングルートの入口の前にある川の水はとっても澄んでいてきれいで、とっても冷たく、足をつけるとすごーく気持ちがよかったです

20180128_13590520180128_135721

また来年の夏もぜひっ、カランガハケにいきたいと思います

川泳ぎやピクニック、バーベキューなどに最適な場所なので、ご家族の方、友人同士での旅行にはとってもおすすめですよ

さて、明日は、もっともっとアドベンチャーな、キャニオニングのお話をしまーす

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ビーチに湧き出る天然温泉♪

皆様おはようございます。不定期参加Nの連続カキコでございます

本日は日帰りコロマンデル旅行「ホットウォータービーチ編」のご紹介

ハーヘイの駐車場まで戻ってやれやれと思いつつ自分の車に戻りましたら息つく暇なしで即移動

と言ってもGoogleマップ先生曰くは「約9分」。

Img_2653


何故そんなにバタバタと移動したかと言うと・・・満潮と干潮が大きく左右される為です。

実は私たちは事前に干潮の時間を調べていて、14時30分というこの日の干潮に合わせてここに来るのがメインの目的でした

ここホットウォータービーチはその昔イッテQの森三中の温泉同好会でも紹介されたビーチで、干潮の時に砂浜を掘ると温泉が出ると言うちょっと変わったビーチ

遠目に見てみると

Img_2654


一部えっらい人がゴミゴミと固まってて・・・

更に近づきますと
Img_2657


皆手に大きなシャベルで必死に掘っております

最初私たちも他人のエリアを侵さない様にちょっと離れた所を掘ってみましたが出てくる水は冷たい・・

で、パッと見で湯気が出てる辺りを掘ってみますと熱湯が湧き出て来て熱くて「こんなん入れるかい」と言う熱いお湯が・・

と言う事で今回学んだのは「ホットウォータービーチでの温泉は温度調節が難しい」でした

やっと丁度言い塩梅の場所を見つけて8人入れるプライベート温泉を必死に掘りましたが・・・それが一番疲れました

徐々に満潮になるとドンドン海が迫って来るので波打ち際に必死に堀ってたお父さんが波に「ざざ〜ん」とやられたときメッチャ怒ってるのを見ちゃいました・・・

hotw


ここに行くツアーはありませんが専用車手配でご案内は可能ですのでご希望の方はお問合せしてみてください。(干潮時にバッチリタイミングで行く必要があるのでちょっと敷居は高い目です)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ





ホビット以外にも映画の撮影ロケ地ツアーがあるんですよ!

皆様 おはようございます。不定期参加Nでございます

相変わらず暑い日が続きますが夏休み真っ最中と言う事で子供達がどこかに連れてけとうるさい夏休み

そんな中在住21年目のN一家+友人T一家の2家族でコロマンデルまでちょっとした日帰り旅行して来ましたのでご報告

それは映画「ナルニア物語 2」の冒頭に現れる地下鉄駅構内がいきなりビーチに変わるシーンが撮影された「カセドラルコーブ」という美しいビーチ

西オークランドを朝の8時半に出発しハーヘイの街に到着したのが11時過ぎ。

その昔はビーチの最も近い駐車場で車を止めて歩きだったのですが夏場はもの凄い人が行くのでこの駐車場に車が収まり切れ無いのでハーヘイの無料駐車場に車を止めて、有料のシャトルバス(1家族往復で10ドルなり)を利用する必要があります。

駐車場は
Img_2617


こんな感じで結構一杯ですが停めれないと言う事はなさそうです。

Img_2618


綺麗なお手洗いもありますのでバスに乗る前にここで済ませます。

循環バスに乗り込みますと
Img_2623

一席も残らず超満席

でも移動は5分少しなので全然OKです

本来の駐車場でこのバスを下車しますとビーチまでのトレッキング開始です。
Img_2625


その昔は結構足場が悪かった記憶がありますが10年ぶりのこの道は完全にアスファルト舗装されててベビーカーを押しながらの親子連れもチラリホラリ。

でも最後の50メートル程は急な階段でビーチに降りますので・・・ベビーカーはお勧めしません。
しかも結構上り下りの激しい灼熱「45分コース」なのでちょっとした覚悟と体力が必要になりますのでご注意!
(家の子は顔が真っ赤で鼻血出す一歩手前

やっと歩き切って階段を降りますと
Img_2630


美しいビーチが突然現れます

さて、階段を左に進みますと・・・

Img_2634


ほら、ナルニア物語の映画と全く同じシーンが

Img_2635


光の加減でここの中で綺麗な写真撮影は絶対無理ですが影がアートな感じで美しい写真が撮れます

私たちはビーチでがっつり梅おにぎりを食べて又45分掛けて戻ってバスに乗って駐車場まで戻りました。
明日はここから更に移動して楽しんだ「ホットウォータービーチ」編をご紹介しますので乞うご期待!

本日ご紹介しましたカセドラルコーブ ハイキングはこちらからお申込み頂けます!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドにもあった!〜天空の鏡〜

南国土佐が生んだオークランドの侍、竜です!

突然ですが、南アメリカはボリビアにあるウユニ塩湖という場所をご存知だろうか?

湖という名がついているが、本来はアンデス山脈の隆起により山の上に取り残された海が干上がってできた広大なる奇跡の塩原である。

このウユニ塩湖、雨季に雨が降り冠水するとその平らな塩の大地に波も立たないほど薄く水が広がることがある。

すると現れる奇跡の風景、一生に一度は訪れたいと言われる「天空の鏡」。

湖面に伸びた雨水が生んだ鏡の世界は地球上の旅行者の心を虜にし、観る者の平衡感覚をも奪う。

まさにこの世の絶景と呼ぶにふさわしい。

PictuPict

で、今回、竜はボリビアのウユニ塩湖に行って素晴らしい感動体験をしましたよ、という自慢話をしたいのか。

違う。

南米なんか行ったこともないし、何よりこのブログのタイトルは「素敵なニュージーランド」だ。

ニュージーランドの魅力をお伝えしなければならない・・・!

さて、この流れから何をお伝えしようか・・・。

なんと、あったんです!
ニュージーランドにもウユニが!!

PicturePi

場所はオークランドより車で2時間半、タウランガという街にある「WAIHI BEACH」。おそらく潮の満ち干きにも左右されるのだろうが、偶然下りたビーチで出会った奇跡の風景。

プロが撮ったウユニの写真と比べるといささかの力不足を感じるが、スマホで撮影したもの故、ご容赦願いたい。

白砂のビーチはおそらく傾斜がほとんどないのであろう。潮が干いてわずかに残った海水が砂上に薄く伸びることで生み出したこの風景。

「ニュージーランドのウユニ塩湖」と呼んでも差し支えないレベルであろう。

ボリビアのウユニ塩湖は遠すぎる。

気軽にプチウユニを楽しみたい方にはお勧めの場所だ。

ただ、この風景が干潮の際にいつでも見られるものなのかは知らない。

ひとつ言えるのは基本的に竜は運のいい男であるということだ。

Pic

タウランガ♪マウントマンガヌイからの景色をご紹介☆

こんにちは、アユミです

タウランガへ遊びに行ったら必ずやってもらいたいこと、というか、そのために、タウランガに行ってみて頂きたいもの、それがマウントマンガヌイ山頂へのハイキング
私は、今回の旅行で、マウントマンガヌイ登頂、2回目ですが、今回もお天気に恵まれて、とーってもキレイな景色を見ることが出来ました
(・・・登頂といっても、片道40分ほどの簡単なトレッキングですけどね

その時のお写真をいくつかご紹介しますっ

まず最初の3枚は、登り始めの駐車場のあたりから、そして、少し登ると海岸のきれいなアーチが見え、さらに登っていくと、左側には真っ青な海、上には晴れ渡った青空、そして、緑の芝生のコントラストがとっても綺麗

20160828_10132120160828_10091120160828_102913

登り始めのゆるやかな坂道の途中には、左右の芝生に、ちらほらと羊の親子がいて、小さな2匹の可愛い子羊をみることも出来ます

received_10154420862807440

ゆるやかな坂道をぬけると、断崖絶壁のふちっこを歩く、割と険しい道になりますが、崖の反対側は、これまた素敵な景色が広がります
なが〜くのびる、マタカナアイランドの海岸線と、海の青がほ〜んとに綺麗
(・・・キレイ、キレイ、言ってますけど、実際に見るほうが本当に綺麗なんですよ

20160828_10381320160828_105322

そして山頂に行くとこの景色

20160828_110629

あ〜、登ってきてよかった〜っていう気持ちに、絶対なります
片道、早くて30分、ゆ〜っくり登っても1時間もかからず登れるので、午前中のお時間だけでも、ぜひぜひ、登ってみてほしい場所っ

マウントマンガヌイの登山を楽しんだあとは、タウランガの街にある、可愛いカフェでのんびりして下さい

おすすめカフェ Eighty Eight Cafe
20160828_09385020160828_09382420160828_093919

ホテル紹介♪北島の観光地 タウランガの4.5つ☆ホテル!

こんにちは、アユミです

先週末、オークランドを抜け出して、ニュージーランド 北島のおすすめ観光スポット タウランガ&ロトルアへ行ってきました
旅行好きな私が、北島の中でもとくに気に入っている観光スポットで、海沿いの小さな街 タウランガと温泉&マオリ文化の街 ロトルア

タウランガは、北島の中心から東側の海岸沿いにあるベイオブプレンティ(Bay Of Prenty)という、ニュージーランドの中でもトップクラスのリゾート地として人気の地域にある街で、
マウントマンガヌイ(マオリ語でマンガヌイ=大きい山)というプレンティ湾に突き出たかたちの小高い山が特徴

20160827_17470920160828_110629

今日はタウランガの4.5つ☆ホテル 『トリニティーワーフ(Trinity Wharf Tauranga)』をご紹介しますっ

20160827_20072220160827_17232020160827_200648

プレンティ(タウランガ)湾に面し、素敵なベイビューが見渡せるリゾートホテル『トリニティーワーフ(Trinity Wharf Tauranga)』は、白と青を基調としたパブリックスペースの内装が、ウォーターリゾートの雰囲気にぴったりでとても素敵
バーやラウンジから眺められるハーバービューを楽しみながら、ニュージーランドのワインを飲んだり、朝のコーヒーを楽しんだり、っというのも素敵ですよね

20160827_16320820160828_090725

スタンダードルームでもと〜っても広いお部屋は、大きなハリウッドキングサイズのベッドが置かれていて、それでもゆったりと余裕のあるスペース
バスルームは、わりと広めのバスタブ付きで、これもまたとっても嬉しいですねっ

20160827_16350520160827_16351420160827_163543

その他、バルコニー付きのお部屋や、ハーバービューのお部屋、キッチン付のアパートメントタイプのお部屋もあるので、みなさんのお好みでいろいろと選べます
友達同士の旅行だけじゃなく、家族連れの方でも、4人用や6人用のお部屋もあるので、み〜んな一緒に泊まることが出来ますね

タウランガは、オークランドから車で約2時間30分ほどの場所にあるので、週末を利用した旅行にもぴったりの場所

タウランガ旅行の際は、『トリニティーワーフ(Trinity Wharf Tauranga)』をチェックしてみて下さいねっ

ご予約・お問い合わせはこちらから

海に囲まれた島国 ニュージーランドで最も長い桟橋のある場所♪

おはようございます、アユミです

先週末は、6日(月)がクイーンズバースデーのため祝日、というわけで、3連休だったので、レンタカーを借りて、北島の東側ギズボーン(Gisborne)まで旅行に行ってきました
ギズボーン(Gisborne)は、人口約34,000人ほどの都市で、ニュージーランド国内では15番目、北島の中では、11番目の大きさの都市です
世界で一番早く日の出が上がる場所として有名なイーストケープの南側に位置するギズボーンは、美しい海岸線に位置し、温暖な気候をした場所なためリゾート地、保養地として親しまれているそうです



このギズボーンから、イーストケープ方面に車で約45分ほどのところに、ニュージーランド国内で最も長い桟橋といわれている『トロガベイ ワーフ(Tolaga Bay Wharf)』があります

20160605_12062920160605_12040720160605_121756

全長約660メートルのこの桟橋は、昔、ギズボーン周辺の道路が開通するずっと前に、貨物を運び込む船が、この海岸に着岸し、荷物の運搬を行うのに作られたもので、
1929年に完成後、1967頃までの約40年ほどしかしようされず、その後、道路の開通や、街の発展にともなって、次第に使われなくなってしまったそうです

今でも、桟橋の上には、貨物運搬用の線路が残され、石造りの桟橋は、ところどころに崩れかけたところがあり、その歴史を感じさせます
長期保存のために、修復という話もあがったそうですが、昔のままの姿で残していきたいという地元の人々の声もあり、最小限に止めているのだそうです

20160605_12274820160605_12200420160605_122015

海岸からの桟橋の景色もとても素敵ですが、桟橋の先端から眺める、東海岸の海は、綺麗な青の海面と周辺の自然の緑、お天気のいい日は、空の青がぴったりで、とっても心が癒される素敵な場所です

ギズボーンに行く機会があったら、ぜひぜひ、訪れてみて下さいっ

北島コロマンデル半島に行ってきました♪

おはようございます、アユミです

2月1日はオークランドアニバーサリーで祝日、そして2月6日はワイタンギデーなので2月8日は振替休日ということで、
1月30日〜2月1日と2月6日〜8日は、2週連続の、嬉しい3連休

というわけで、最初の3連休は、コロマンデル半島へ、2泊3日の旅行に行ってきました
コロマンデル半島といえば、人気の観光スポット、ナルニア国物語のロケ地ともなった、カセドラルコーブ
d223eb98535b5bd28ebdad9f
ブログでご紹介♪カセドラルコーブはこちら

カセドラルコーブは、今回でもう3回目となるので、ブログでのご紹介は”カット”させて頂きますが、
今日は、コロマンデルでオススメの観光スポットを3ヶ所、ご紹介させていただきます

Driving Creek Railway & Potteries
コロマンデルの街の中心部から車で5分ほどの場所、Driving Creekというところに可愛らしい鉄道のアクティビティがあります
かつて、金採掘や林業、工芸、芸出の街として栄えたコロマンデルで、鉄道愛好家の人が開いたとい陶磁器製品(Potteries)を作る工房をスタートに、
鉄道がしかれ、森林や渓谷の中を旅するアクティビティを楽しむことが出来ます

20160130_14511920160130_14550320160130_153700

受付には、おしゃれな陶磁器製品が並び、鉄道の旅の途中にも、不思議なかたちをした像や、陶磁器で作られたトンネルがあったり、
また、森林の中をゆっくりと進む鉄道から見られる景色もとっても素敵
到着地点には、小さな展望デッキのある建物があり、そこからは、ワイヘキ島や、小さな島々、青い海、その手前に広がる鮮やかな緑の森林の景色に、とっても癒されます

20160130_15364020160130_15444320160130_155333

Driving Creek Railway & Potteriesのホームページはこちら

ホットウォータービーチ
カセドラルコーブから南へ車で約10分のところにあるホットウォータービーチは、ニュージーランド特有の観光スポットのひとつ
ある限られたスポットを、シャベルやスコップを使って掘っていくと、地熱により温められたお湯が、砂の下から湧き出てきて、
その掘った場所に温泉のように溜まり、体ごと浸かれることから、この名前がついた、人気の場所
車で駐車場に到着して、海岸の先まで歩いていくと、急にたくさんの人だかりが出来ていて、たくさんの人が、ビーチに掘った穴に出来た温泉を楽しんでいました
シャベルやスコップを持っていなくても、誰かが掘った穴に、こっそりおじゃまして温泉を楽しんでもいいかもしれませんね

20160131_17260020160131_17260320160131_172713

Rapaura Watergardens
コロマンデルの街とテイムスの街のちょうど真ん中あたりにある、ラパウラ ウォーターガーデンは、小さな庭園にたくさんの植物や花、
そして1時間ほどのブッシュウォークと、その先にある綺麗な滝が見どころの観光スポット
庭園には、季節の植物が咲き、また、ニュージーランドのシンボルでもあるシダ植物など、たくさんの種類をごらんいただけます
のんびりと散策をしたあとは、併設するカフェで、ゆっくりアフタヌーンティーもいいですね

20160201_11382620160201_11232720160201_111356

コロマンデル半島は、オークランドから車で約2時間半ほど、そして、車がなくても、テイムスやタイルアの街には、
インターシティ定期バスでも行けますので、週末のご旅行やお出かけに、ぜひぜひ、参考にしてみて下さい
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ