素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

タウランガ周辺・コロマンデル

海に囲まれた島国 ニュージーランドで最も長い桟橋のある場所♪

おはようございます、アユミです

先週末は、6日(月)がクイーンズバースデーのため祝日、というわけで、3連休だったので、レンタカーを借りて、北島の東側ギズボーン(Gisborne)まで旅行に行ってきました
ギズボーン(Gisborne)は、人口約34,000人ほどの都市で、ニュージーランド国内では15番目、北島の中では、11番目の大きさの都市です
世界で一番早く日の出が上がる場所として有名なイーストケープの南側に位置するギズボーンは、美しい海岸線に位置し、温暖な気候をした場所なためリゾート地、保養地として親しまれているそうです



このギズボーンから、イーストケープ方面に車で約45分ほどのところに、ニュージーランド国内で最も長い桟橋といわれている『トロガベイ ワーフ(Tolaga Bay Wharf)』があります

20160605_12062920160605_12040720160605_121756

全長約660メートルのこの桟橋は、昔、ギズボーン周辺の道路が開通するずっと前に、貨物を運び込む船が、この海岸に着岸し、荷物の運搬を行うのに作られたもので、
1929年に完成後、1967頃までの約40年ほどしかしようされず、その後、道路の開通や、街の発展にともなって、次第に使われなくなってしまったそうです

今でも、桟橋の上には、貨物運搬用の線路が残され、石造りの桟橋は、ところどころに崩れかけたところがあり、その歴史を感じさせます
長期保存のために、修復という話もあがったそうですが、昔のままの姿で残していきたいという地元の人々の声もあり、最小限に止めているのだそうです

20160605_12274820160605_12200420160605_122015

海岸からの桟橋の景色もとても素敵ですが、桟橋の先端から眺める、東海岸の海は、綺麗な青の海面と周辺の自然の緑、お天気のいい日は、空の青がぴったりで、とっても心が癒される素敵な場所です

ギズボーンに行く機会があったら、ぜひぜひ、訪れてみて下さいっ

北島コロマンデル半島に行ってきました♪

おはようございます、アユミです

2月1日はオークランドアニバーサリーで祝日、そして2月6日はワイタンギデーなので2月8日は振替休日ということで、
1月30日〜2月1日と2月6日〜8日は、2週連続の、嬉しい3連休

というわけで、最初の3連休は、コロマンデル半島へ、2泊3日の旅行に行ってきました
コロマンデル半島といえば、人気の観光スポット、ナルニア国物語のロケ地ともなった、カセドラルコーブ
d223eb98535b5bd28ebdad9f
ブログでご紹介♪カセドラルコーブはこちら

カセドラルコーブは、今回でもう3回目となるので、ブログでのご紹介は”カット”させて頂きますが、
今日は、コロマンデルでオススメの観光スポットを3ヶ所、ご紹介させていただきます

Driving Creek Railway & Potteries
コロマンデルの街の中心部から車で5分ほどの場所、Driving Creekというところに可愛らしい鉄道のアクティビティがあります
かつて、金採掘や林業、工芸、芸出の街として栄えたコロマンデルで、鉄道愛好家の人が開いたとい陶磁器製品(Potteries)を作る工房をスタートに、
鉄道がしかれ、森林や渓谷の中を旅するアクティビティを楽しむことが出来ます

20160130_14511920160130_14550320160130_153700

受付には、おしゃれな陶磁器製品が並び、鉄道の旅の途中にも、不思議なかたちをした像や、陶磁器で作られたトンネルがあったり、
また、森林の中をゆっくりと進む鉄道から見られる景色もとっても素敵
到着地点には、小さな展望デッキのある建物があり、そこからは、ワイヘキ島や、小さな島々、青い海、その手前に広がる鮮やかな緑の森林の景色に、とっても癒されます

20160130_15364020160130_15444320160130_155333

Driving Creek Railway & Potteriesのホームページはこちら

ホットウォータービーチ
カセドラルコーブから南へ車で約10分のところにあるホットウォータービーチは、ニュージーランド特有の観光スポットのひとつ
ある限られたスポットを、シャベルやスコップを使って掘っていくと、地熱により温められたお湯が、砂の下から湧き出てきて、
その掘った場所に温泉のように溜まり、体ごと浸かれることから、この名前がついた、人気の場所
車で駐車場に到着して、海岸の先まで歩いていくと、急にたくさんの人だかりが出来ていて、たくさんの人が、ビーチに掘った穴に出来た温泉を楽しんでいました
シャベルやスコップを持っていなくても、誰かが掘った穴に、こっそりおじゃまして温泉を楽しんでもいいかもしれませんね

20160131_17260020160131_17260320160131_172713

Rapaura Watergardens
コロマンデルの街とテイムスの街のちょうど真ん中あたりにある、ラパウラ ウォーターガーデンは、小さな庭園にたくさんの植物や花、
そして1時間ほどのブッシュウォークと、その先にある綺麗な滝が見どころの観光スポット
庭園には、季節の植物が咲き、また、ニュージーランドのシンボルでもあるシダ植物など、たくさんの種類をごらんいただけます
のんびりと散策をしたあとは、併設するカフェで、ゆっくりアフタヌーンティーもいいですね

20160201_11382620160201_11232720160201_111356

コロマンデル半島は、オークランドから車で約2時間半ほど、そして、車がなくても、テイムスやタイルアの街には、
インターシティ定期バスでも行けますので、週末のご旅行やお出かけに、ぜひぜひ、参考にしてみて下さい

ベイオブプレンティの美しい海を眺めるハイキングコース♪

おはようござます、アユミです

ホワイトアイランドツアーに参加した翌日、ファカタニの街で、ベイオブプレンティの海が眺められるショートハイキングコースを歩いてきたので、そちらをご紹介します
ファカタニまで来たら、このハイキングコース『Kohi Point Scenic Track』は、ぜひぜひ、歩いてみて頂きたいオススメの場所

ファカタニの街の中心部からオホープビーチ(Ohope Beach)までの全長6.3Kmのコースで、ゆっくり歩いても、およそ1時間半から2時間程度で歩ける短いコースです



スタート地点には、道に埋め込まれた『Kohi Point Scenic Track』の標示と、気の看板が目印

20151227_10510820151227_10524020151227_105402

ファカタニの街から、海側へ突き出した半島のような、このコースは、最初の登りが、思った以上に急な箇所もあるのですが、
登りきった先の展望デッキからは、とっても素敵な、澄んだ青や水色をしたベイオブプレンティの海、長く伸びる海岸線を眺めることが出来ます

20151227_11272920151227_12170820151227_134228

コースの後半は、下り坂から、オタラワイレレ(Otarawairere)湾に面したビーチへおりることが出来るので、
少し疲れたときは、こちらでゆっくりとビーチに座ってのんびりするのもいいかと思います
ビーチには木陰もたくさんあり、ニュージーランドの夏の風物詩、ポフツカワの花も綺麗に咲き誇っていて、とても癒される場所でした

20151227_12414520151227_122707

ピクニックマットや、ランチ、スナックなどを持って、ハイキングに出かけるには、最適な場所ですね

1つ注意したいのが、このコースはループではないので、スタート地点とゴール地点が異なります
車でスタート地点まで行かれる場合は、同じ道を戻ってこないといけないので、2倍の距離と時間がかかるのでご注意下さいね

私たちは、車2台で旅行をしていたので、1台をスタート地点に、もう1台をゴール地点に置いて、片道だけのハイキングをしたので、
大人数で行かれる場合は、その方法をおすすめします

北島2DAY TRIP2日目 コロマンデル地域へ♪

あゆみさんの横に座ってる者です。

昨日の続き

3日目はあいにく曇っており雨も少し降っていました

このままオークランドへ帰ろうか悩みましたが、せっかく来たのでコロマンデルの町まで行くだけにしました

コロマンデルまではグネグネした道を通ったので2時間ほどかかりました。まっすぐだったら1時間程度で行ける道なのにと思いながら移動。。

やはりコロマンデルも休暇のため人が多く、駐車場も見つけるのが大変でした

インフォメーションセンターへ行き何かできることはありますか?ってきいたらほとんどのツアーは満席ですの回答。。

でも、オイスターの食べれるお店(マッスルキッチン)と、309ロード沿いにスチュアート&ザ ワイルドピッグス(豚の飼育所?)、ウォーターワークス、
、あと滝が好きなので近くの滝を見に行きました。

マッスルキッチンについて、店員さんにお任せして選んでもらいました。オイスターに3種類の違った味がついたものを選んでもらい、お昼ご飯。

IMG_1554

味の方はイタリアンな感じで3種類もあったので飽きることなく完食できました。

IMG_1552

食後は、スチュアート&ザ ワイルドピッグス(豚の牧場?)は本当に豚だらけ。最近は羊ばかり見ていたので新鮮な感じでした。

IMG_1564

ウォーターワークスは中には入らなかったのですが多くのお子様連れ家族が来ていました。

IMG_1557IMG_1556IMG_1555

滝は迫力があるのも好きですが、小さな滝をずっと眺めてるのも好きなのでいい時間つぶしになりました!

IMG_1559IMG_1558

本当ならタウランガで一泊、コロマンデルに一泊するのがその町をじっくり楽しめるのかもしれませんが、今回はホリデー中であったため人は多いし、どこも混んでたため、静かで落ち着いたテームズを拠点にした旅をしてよかったかなって思います。

北島2DAY TRIP1日目マウント マウンガヌイへ♪

あゆみさんの横に座ってる者です。

イースターホリデーにタウランガ地方とコロマンデル地方に行ってきました。

旅行業界で働いてるのにも関わらず、旅行に行こうと決めたのが、4日間の休みの初日の午後から計画を立て始めました

イースターホリデーはニュージーランドの中ではながい休みなので、どこのホテルも満室… 諦めかけた時にタウランガとコロマンデルの間の町、テームズに一室空きがあったため即予約

テームズからはオークランド、タウランガ、コロマンデルどこへでも2時間くらいで行けるのでそこを拠点に二泊三日で旅行することにしました

初日はオークランドからテームズへの移動のみにして、2日目にタウランガ、3日目にコロマンデルにいってオークランドへ帰ることにしました。

マウント マウンガヌイへ車で頂上まで行けるかなぁ?って甘い考えをしていましたが、やはり徒歩で登らなければならず、インフォメーションセンターで楽な歩き方を聞いて、地図ももらい出発!


でも、あんまり時間をつぶしたくなかったので、途中で頂上までハードな道だけど20分、緩やかな道だけど30分の分かれ道の表示を発見

インフォメーションセンターの人には楽な方を聞いたのに、時間節約!!と思いハードな道へ。。。 これが間違いで本当にハード。。汗もダラダラ出るし、頂上に着いたころには筋肉痛になりそうなほどでした。。

やはり人の言うことは素直に聞くものですね

頂上からの景色は天気がよくとてもきれいでした!

mt

もし、マウント マウンガヌイ(タウランガ地方)へ行くことのある方は楽な道を選んでください!

IMG_1504IMG_1513IMG_1517

下山しとても疲れたし、町はどこも混んでいたので車で20ほどにあるキュウイフルーツの置物?建物?がある施設へ。

DSC01394IMG_1521

趣味の一環として、NZのいくつかの町にはその土地を代表とする置物?があるのでそれを見に行くのが好きなので、ただ写真だけ取りに行きました。

今度置物の写真をブログに載せますね。

コロマンデル半島でハイキング♪『ツインカウリ&マウント パク編』

こんにちは、アユミです
今日は、昨日に続きましてコロマンデル半島のご紹介をしたいと思います

カセドラルコーブを出発して、次にツアーが向かった先は、『Colenso(コレンソ) Cafe』
こちらでは、コーヒーは認可を受けた豆を使用したこだわりのもの、また、
地元の作物を使用したキッシュやサンドウィッチ、パニーニ、ケーキを毎日店内で作っている、
ヘルシー志向のカフェなのです

IMG_2372IMG_2379IMG_2380

店内はカフェだけでなく、手作りの雑貨や家具、手作りのジャムやチャツネなどの販売もありました
お天気がいい日には、お庭にある席でランチを頂くのがおススメです
P1010279IMG_2381

さて、ランチの次に向かったのは、『ツインカウリ』の保護区に指定されているハイキングルートです
2本仲良く並んだカウリの木が、入り口の前にどーんと立っているのがツインカウリ
約20分程の軽いハイキングですが、カセドラルコーブまでの道のように舗装されているわけではないので、
ときどき現れるオレンジ色の三角形の目印を辿りながら歩くのですが、途中、なんとピンク色の
矢印もでてくるのでこの矢印には注意して下さいこの先の道、少し入ってみたのですが
とても険しくなっていたので、敢え無く戻ってきましたこのピンクの矢印の意味は
謎に包まれたままです
ハイキングツアーでは、このツインカウリの木を外から眺めるかたちとなりますが、
ご自身で行かれる方、植物や自然を好まれる方は、カセドラルコーブのハイキングルートよりも、
こちらの道のほうが楽しめるかもしれませんね
IMG_2387IMG_2391IMG_2390

最後に私たちが向かったのは、タイルアの街から見えたマウントパク
こちらも眺望が素敵なハイキングスポットです
IMG_2300P1010300P1010296

カセドラルコーブやツインカウリのハイキングコースとはまた違った感じで、
最後は険しい岩場を登るのですが、きついハイキングを乗り越えたその先にはとても素敵な景色が待っています
ニュージーランドの南島で人気のクイーンズタウンの眺望も素敵ですが、
それに負けないぐらいの絶景でした

コロマンデル半島は、私たちが訪れた場所以外にも、綺麗なビーチや登山コースなどがたくさんあり、
ニュージーランド 北島の美しい自然を全身で体感出来る素敵な場所でした
まだまだ、すべてを見尽くせませんが、興味を持って下さった方は、
ぜひこのカセドラルコーブハイキングツアーにご参加してみてくださいねっ

カセドラルコーブハイキングツアーの詳細はこちら

北島で大人気♪コロマンデルツアー『カセドラルコーブ編』

こんにちは、アユミです

今年もあと残り半月となりましたね
いよいよまた少しずつ暖かい夏に向かって、今週から25℃前後の気温になってきました
ニュージーランドの夏は、だいたい3月までといいますので、
寒い日本と飛び出して、ニュージーランドへ遊びに来て下さいねっ

さて今回は、北島で最大の人気を誇る場所『コロマンデル半島』をご紹介します
今日はそのうちの1ケ所目、カセドラルコーブをご紹介いたします

オークランドから南へ下り、東へ約2時間、コロマンデル半島にある『タイルア』という街へ
タイルアに近づくと、タイルア港の先に”パク山”という小高い丘の景色が見えてきます
IMG_2300
これが見えたら、タイルアの街はもうすぐです
余談ですが、タイルアはとても小さな街ですが、小さなカフェや雑貨ショップ、
宿泊施設やビジターセンターもあり、旅行者にはとても安心ですし、1日のんびりと
海を眺めたり、お買い物をしたり、カフェに行ったりして過ごすのもいいかもしれませんね
IMG_2309IMG_2311

そして、タイルアで少し休憩をして、ここから北へ約30分のところにある『カセドラル コーブ』へ

カセドラルコーブは、映画『ナルニア物語』の舞台ともなった場所で、自然が作り出したアーチ上の岩や
静かなビーチ、またカセドラルコーブへたどり着くまでのハイキングコースには、別名クリスマスの木と
いわれるポフツカワの木々や、ニュージーランドのシンボルともいえる多くのしだ植物を見ることができます
P1010259P1010260IMG_2340

ハイキングコースの入り口から、片道約30〜40分ほどで、カセドラルコーブへ辿りつきます
道は、そんなに険しくなく、歩くのが少々苦手な方でも、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら、
またおしゃべりを楽しみながら歩いていただける道でした

P1010264P1010267P1010272

そして、カセドラルコーブにたどり着いたときにご覧いただける景色にはとても感動すると思います
自然によって作り出された巨大なアーチ状の岩窟、そして真っ白な砂浜に、そこから覗く数々の奇岩など
本当に美しく、心がなごみます

長い時間、ここに滞在していたくなってしまったのですが、今回はほかにも素敵な場所が
待っていたので、次回は、カセドラルコーブのためだけに、コロマンデルに来ようと思います

ニュージーランド、北島で人気のカセドラルコーブ、ぜひ行ってみて下さいね

カセドラルコーブ ハイキングツアーの詳細・お申し込みはこちら

Waterworks in Coromandel

こんにちは〜タニアです!

先週末に、コロマンデルに住んでいる両親の家に帰りました。
コロマンデルの天候は暖かくて、今でも、真冬に思わないほどいい天候です。

コロマンデルに帰ると、たまに家族と「Water Works」に行きます〜
「Water Works」とは水のテーマパークですが、ただのテーマパークじゃないんです。
公園内の全部のものが、オーナーの手作りなんです(なんと!70種類以上)

1i


ウォーターガンでお友達と遊べますし、
2z


BBQゾーンもあるし、
2f


暑い日に川で泳げもします。
2o


このテーマパークは楽しくて、年齢に関係なくみんなで楽しめます。
「Water Works」に行く際、場所は:471 The 309 Road, Coromandel Town。
毎日10時から4時までです。
入場:大人$20
   子供$15
1e

タウランガ:最終日 KIWI360 編

さて4日に渡ってご紹介しましたタウランガですが最終章です

朝からテニスをしてマウントマンガヌイの山頂まで登り、丁度お昼になった所で移動です。
今度はちょっとオークランドから更に20〜30分ほど離れる事になりますがこのエリアでは外してはいけない場所、「テプケ」に移動です。

ここで何をご覧頂けるかと言いますと・・・

Dsc02898


「KIWI360」と言うキゥイ農場が有名です。

私達はここのカフェでKIWI畑の真ん中で昼食を頂くのを楽しみに行きましたが、初めての方は是非別料金で「ファームツアー」にご参加下さい。

ツアーは
Dsc02897

こんな形のキゥイの輪切りの形をした乗り物でキゥイの畑の中をご案内するツアーがあります。
ツアーではキゥイの歴史を初め、実際の畑の中に入って色んな興味深い説明を聞いて頂く事が出来ます。

実はここのカフェでさっと食事を済ませた私達の本当の目的は・・・
Dsc02895

キゥイをたっぷり使ったアイス(やっぱり食い気

ここで食べるキゥイアイスは超美味しいですよ〜

そして子供達の目的はここの広大なガーデンにある遊び場。
Dsc02894

こんな滑り台を初め、かなりデカイ迷路等が設置されておりますが私家族で貸し切り状態

以前来た時はここで2時間以上遊ばせて頂きました。
(今回は疲れてるので1時間で切り上げ!)

そしてここから約3時間掛けてオークランドに戻りました。

4日に渡ってご紹介しましたタウランガ、現地在住のご家族は勿論、日本からお越しのお客様にも十分にご満足頂けるおススメのエリアです。

是非行って見てください(勿論JTBニュージーランドでお手配致します!)






タウランガ:山登り編

昨晩はジェットバスでじっくりマッサージを楽しみすっきり目覚め

朝食後の朝8時半から「テニスしたい〜」とおっしゃる娘と共にレセプションからラケットとボールをお借りして1時間程一方通行なテニスを楽しみ(こっちはグッタリ)モーテルをチェックアウトし車で10分程にある「マウントマンガヌイ」と言う山に行ってきました。

タウランガのビーチと言えば白い砂浜のビーチとマウントマンガヌイ
(オークランド近辺のビーチは黒砂が多いです)
波はかなり高く、サーフィンをする方には天国の様な、子持ち一家には足着けるのもまま生らない感じの海です。

折角来たので山頂まで登ってみようとなりまして老体にムチ打って
標高232m(だったかな?)山に登って来ました。
manganui


2〜3年前に来た時はまだ下の子がベビーカーで上の子も4歳とかだったので途中まで行ってすぐ帰って来た事がありますが約1時間以上掛けて山頂まで登るのは初めて

延々に続く坂道と階段で私はゼーハーですが物凄い数の「ランナー」が走って登り走って下りてきます(60代位の方も多く居ましたがどれだけ体いじめるの??って感じです
酷い(?)親子は1歳児位の子を背中におんぶで走ってるお父さん等も(滑りこけたら危ない

途中何箇所か分かれ道が出てきます。選択肢は

かなりキツイけど20分で山頂へコース
ゆるやかに30分コース

となっておりますが、お子様連れの方は30分コースをおススメです。下山の際に20分コースで帰って着ましたがかなり急な階段が延々に続きます。(下りるのも結構大変で途中ヒザが大笑いです。あれを登ると思うと・・・)

しかし5歳児も弱音を吐く事無く黙々と登ります。

Dsc02886


途中何度も休憩しながら約1時間少し頑張りましたらやっと山頂〜

Dsc02888


ここから見る景色の何が凄いって・・・太平洋を真っ直ぐ見る角度ですので「地球が丸い」事を本当に目で見て感じる事が出来る事です。
普段滅多に使わないカメラ機能「パノラマ撮影」などしたくなる気分です
(本当に丸いでしょ

Dsc02879


結構キツイ道のりな感じですが5歳児でも山頂まで登れましたので、余程足腰が悪く無い限りどなたでも行けるはずと思います。
15分程景色を楽しみさっさと下山して次の目的地「テプケ」に移動です(腹減った!)

来週月曜はキィウィフルーツのテーマパーク(?)のご報告です!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ