素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

パイヒア周辺・ノースランド

Ocean Swim 2012-13 第1戦ー1

先日のブログで他のスタッフよりご紹介させていただきましたが、Ocean Swimの季節がやってきました!!

報告が遅くなって申し訳ございません。今年も第1戦に参加してきましたよ
昨年とは順序が異なり、今年の第1戦はパイヒアです。(昨年の第1戦はオークランドでした。)

レース当日は快晴
PB101121


PB101129

↑ラッセル(スタート)側より撮影

PB101131


コースはラッセルからパイヒアまでの3.3kmです
3km_-_484px[1]

約650人がこのレースに参加しました。

昨年はスタートからゴールへ向かって風&波があり、波に流されて気持ちよく泳げたレースだったのですが、この日は高気圧におおわれていて全く風も波もありません。
お天気が良いのは本当にありがたいのですが、、、

2へ続く

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします!

この街どんな街??【番外編 ワイポウアフォレスト】

“森の神”、“森の父”に出会う場所 ワイポウアフォレスト。


大きな地図で見る

オークランドから車で北へ約4時間。
太古の巨木「カウリ」が生息している森。

カウリの起源は1億9000万〜1億3500万年前までさかのぼり、
世界で最も古い樹木とも言われています。

入植者により多くのカウリが伐採され、数が少なくなってしまったのですが
1952年政府によって9105ヘクタールという敷地が保護され、
ここでは昔と変わらず悠然と成長を続けています。

f222998c3e8706e044e8-M


ここワイポウアフォレストでは、国内で現存するナンバー1で
高さが何と51.5m、樹齢1200年の「タネ・マフタ(森の神)」、
そしてナンバー2の樹齢2000年、幹の周囲が16.41mもある
「テ・マツアナヘレ(森の父)」に出会えます。

うっそうと茂る森の中で、真っ直ぐと空に伸びる
この2本のカウリの姿は、
訪れる人々に神々しさすら感じさせ、
パワースポットとも言われています。

ここにはトレッキングコースがいくつかあり、
整備もされているので、皆さん気軽に
森の中の散策を楽しめます。

ワイポウアフォレストに行く日帰り観光は、←こちら

カウリも見たいけれど、ワイナリーも行きたい方は、ワイポウアではないですが、←こちらです。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします

Fishing

パイヒアで釣りに連れて行ってもらいました
ニュージーランド近海は、日本と同様、暖流と寒流が交わり、良い漁場になっています。
人生で3度目の釣りです。わくわく

朝8時に小さいボートで出航
P9010825


2時間ぐらい何も釣れなかったのですが、私の第1号はこれです。
BlogPaint


Kahawaiという魚だそうです。この名前はマオリ語で、英語に訳すと「Strong water」という意味だそうです。
多分、スズキに似ている魚だと思います。(ご存知の方、教えてください。)

そして、次に釣れたのは、
P9010832

まだ小さかったので、逃がしてあげました。

友達が大物を釣りました。
BlogPaint

4kgほどあるSnapper(鯛)です
こんな大きな鯛は初めて見ました。

帰って、KahawaiもSnapperもまずはお刺身でいただきました。
う〜ん、身がコリコリしてとても美味しかったです

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします!

ベイオブアイランド -ホールインザロック-

ベイオブアイランドは、年間を通してマリンアクティビティーを楽しむ人で賑わっています。

【ホールインザロック】というクルーズが特に有名で、
ベイオブ・アイランドの穏やかな海を、イルカ/くじらウォッチング用の双胴船でクルーズします。

ケープブレットの灯台を過ぎて、有名なホールインザロックへ。文字通り岩のトンネルを
船が通り抜けます。

aa70f501


こちらがクルーズ船。パイヒアから出発しています。

42624a9e








ベイオブアイランドへは、オークランドから日帰りのツアーがございます。

ワイタンギも、ホールインザロッククルーズも含まれているので、内容充実のツアーです。

詳しくはこちらをクリック。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします

ベイオブアイランド

オークランドから、車で北へ約4時間
パイヒアという小さな町があります。

パイヒアは、ニュージーランド北島最北端 ケープレインガ岬行きツアーや
各種マリンアクティビティーの玄関口となる地です。

歴史もあり、ヨーロッパ人が入植して来た当時、首都はこの地区のラッセルにおかれました。

パイヒアの町から車で5分程の所に、ワイタンギという場所があり、
英国政府と先住民 マオリとの交流や、
争いの歴史が説明されている記念館があります。

1840年2月6日、英国政府から派遣された代表団と
北島北部の主要なマオリの首長達との間で、
ニュージーランド近代国家形成の基礎となるワイタンギ条約が締結されました。

f39a9c6c-s
   


そのワイタンギ条約を締結した場所が、トリーティ ハウス
(TREATY HOUSE)であり、ここワイタンギにあります。

毎年2月6日は「ワイタンギデー」として、
ワイタンギ条約締結を記念する祝日となっています。

過去この記念日に政府によって取り決められた条約で
約束された権利を取り戻すために、抗議を行っていたマオリとの間で揉め事も起きたことがありましたが、
最近ではここワイタンギにて、平穏に記念式典が行われるようになっています。

ニュージーランドの発祥の地?でもある為、
ニュージーランド人や外国人観光客にとっては、有名な観光スポット。

イタンギ条約締結時、最初のニュージーランド国旗が出来ましたが、
今の国旗とは違い、英国国旗のセント・ジョージ・クロス(白地に赤い十字)の左上に
もう1つの小セント・ジョージ・クロスと4つの星(おそらく南十字星の意?)を配していました。


e19f0f15-s
 
現在のものと、随分違います。 







続きは、また明日!


人気ブログランキング
応援宜しくお願いします

☆BAY OF ISLANDS 3日目☆

ベイオブアイランド3日目☆

この日はパイヒアの対岸のラッセルへ★

小型フェリーで約10分で、到着!!
ラッセルはかわいらしい町並みで、おしゃれなカフェがあります。
RIMG2938


私達は海が見えるカフェで、ずっとおしゃべりしてました!!!!
こういう時間が本当に幸せです♪('▽'*)ニパッ♪
女の子って話が尽きないですよね☆
その間、ランチを食べたり、ワッフル食べたり、アイス食べたり。。。。( ̄▽ ̄;)!!
RIMG2957

RIMG2952


今回の旅行は、日本から遊びに来た友人と一緒に行きましたが、
ニュージーランドの大自然にとても喜んでいました(・∀・)!!!!
ゆっくりのんびりした時間もすごく良かったみたいです☆
オークランドからのベイオブアイランド1日ツアーもあるので、
ぜひニュージーランドにお越しの際は、ベイオブアイランドにも足を運んで見てください☆

☆BAY OF ISLANDS 2日目☆

ベイオブアイランド2日目★
今日は、ニュージーランド最北端のケープレンガへ☆

パイヒアを出発して、まず到着したのは、MANGINANGINA!!
RIMG2834


ここは気軽にカウリの森を楽しめることができる場所です。
徒歩約15分ほどのコースで、遊歩道になっているので、
お子様連れや車椅子でも大丈夫です。
カウリの木の大きさにただただびっくりしました!!!オオーw(*゚o゚*)w
BlogPaint


そして、目的地のケープレンガへ☆
綺麗っ!!!!すごいっ!!!!!という言葉しかでてこなかったです。
太平洋とタスマン海がぶつかり合う壮大な眺めを見ることができます!!
RIMG2851


その後、向かったのは、90マイルビーチ☆
タスマン海に面した砂浜の波打ち際を、猛スピードでバスで走ります。
水しぶきを上げてのドライブは本当に最高です(*゚∀゚)
天気があまりよくなかったのですが、裸足になって、砂浜を歩き回りました!!
RIMG2897


そして約5分程のところに、巨大な砂丘が。。。。
ここではなんと砂すべりを楽しむことができるんです。
裸足になって、ボードを持って、子供みたいにはしゃいじゃいました。
ただ、、、、、上ってみるとすごく高くて、、、、、
私は一番上から滑ることはできませんでした。。。。。。(TДT)
大人も子供もみーんなすっごく楽しそうでした♪
RIMG2883


思いっきり遊んだら、このツアーも終了!!
ケープレンガは個人で行くことも可能ですが、90マイルビーチは
レンタカーでは走行不可なので、ぜひツアーに参加をおすすめします(*・ω・)ノ

☆BAY OF ISLANDS☆

お休みにベイオブアイランドに行ってきました(。・ω・)ノ゙
オークランドからバスで約4時間!!
ノースランドの観光拠点となるパイヒアに向かい、
ホールインザロッククルーズに参加しました。
このクルーズはその名の通り、海水の浸食でできた岩穴をフェリーで通ることができるんです!!
しかも、運が良ければ、イルカ達に出会うこともできるんです★
友人とイルカに会えることを期待し、フェリーに乗り込みました(・∀・)
RIMG2741


まず、フェリーは対岸のラッセルへ☆
RIMG2750


いくつかの島・岩を見て、イルカと出会えるスポットへ!!
スタッフの方が前方を指差し、大声で叫んでいるで、
何々?と見てみると、、、、なんとイルカの群れが(☆゚∀゚)!!
RIMG2777


何度も目の前でジャンプをしてくれたり、
すぐ下を泳いでくれたりと、本当に感動的でした!!!!!


そして、いよいよ目的のホールインザロックへ☆
RIMG2799


しかし、当日は少し波が高く、フェリーで穴を通り抜けることはできませんでした(´;ω;`)

その後フェリーは小さな島へ☆
少しの間、ここで自由散策となりました。
私達は綺麗なビーチをみながら、のんびり、まったりした時間を過ごしました。
RIMG2810


たっぷりとクルーズを楽しんだら、パイヒアへ☆
今回残念ながら、岩穴を通り抜けることはできませんでしたが、
綺麗な海とかわいいイルカ達にすっっっっごく癒されましたぁ(*´∇`*)

**ベイオブ2日目へ***

Ocean Swim 第2戦

今回は前回のレースに比べると、波のおかげで泳ぎやすく、楽にゴールできました
レース中は必死に泳いでいたつもりだったのですが、ゴールしてみるとほとんど疲れていませんでした

BlogPaint

ゴール直後

結果は、1時間00分56秒。527人中261位。私にしてみれば、大健闘です。
1位の選手は、37分43秒です。すごいですよね

今回も遠いところオークランドより応援に来てくれた方、レース前にアドバイスをしてくれた方々に感謝します。
Thank you very much for supporting me.

Ocean Swim 第3戦は、1月末にWellingtonでの3.3kmです。

Ocean Swim 第2戦

レースでは、cut off timeが設定されていて、スタートより400mのブイで40分以内、ゴールは2時間以内です。

風が強く、波もやや高めでしたが、幸いにも追い波だったのでラッキーです。
ただ、真後ろからの波ではなかったので、泳ぐ方向が定まらず、ジグザグ泳いでいた気がします。
まっすぐ泳ぐのは意外に難しいんですよ。
でも、自然の中で泳ぐので毎回同じ環境下でないのが、Ocean Swimの醍醐味です。

PC100104

パイヒア側より撮影。遠くに見えているのがラッセルです。

Ocean Swim 第2戦に続く


プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ