素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

復興情報

クライストチャーチのシンボル的存在『モナ・ヴェイル邸』がオープンしました♪

こんにちは、アユミです

先日、11月15日に南島で発生した地震で、被害を受けたカイコウラ
私は、日々日々、個人のFacebookでその復興状況や、以前の素敵な姿の写真がアップロードされるのを見て、
以前のように、ホエールウォッチングをお楽しみいただけたり、港町の素敵な景色をお楽しみいただけたりするのを今か今かと待っているわけですが、
そんなとき、今日は、クライストチャーチから嬉しいニュースが届きましたっ

皆さんもご存知の通り、2011年2月の地震で大きな被害を受けたクライストチャーチですが、その影響は、街のシンボルであるクライストチャーチ大聖堂などにもふりかかり
以前のクライストチャーチを知る人たちはとっても大きな悲しみに包まれたのではないかと思います

そこから、5年10ヶ月経った今、クライストチャーチの街のシンボルの1つ、『モナ・ヴェイル邸』が正式に再オープンしたそうです

Historic Mona Vale homestead reopens after JPNHistoric Mona Vale homestead re
写真提供元:Christchurch&Canterbury Tourism / DAVID WALKER(FAIRFAX NZ)

私が、今年の1月にクライストチャーチに行ったときの写真がこれです
20160115_16253120160115_161958

あれからまだ10ヶ月程度ですが、こんなに早く再オープンするとは、正直思いませんでした

巨額の資金と2年の康司期間を要したモナ・ヴェイル邸は、煙突と石造りの壁が特徴的で、その破損を修復するために、
数え切れないほどのレンガに番号を振って、それを解体し、組みなおすことによって、復元されたそうです

モナ・ヴェイル邸にあるパントリーカフェも、来月12月12日には際オープンされ、今後も、カフェだけでなく、発表会や結婚式などのイベントにも利用されるということです

震災があったあとも、素敵な庭園はそのまま残っていて、敷地内をはしるエイボン川に沿ってキレイな草花が咲いていたり、
ローズガーデンや蓮の花の咲く庭園は、今でも訪れる人の心を癒しているのだと思います

20160115_16264920160115_16211820160115_162157

ガーデンシティとして人気の高いクライストチャーチが、この春、そして、賑わいをみせる夏を前に、
シンボル的存在のモナ・ヴェイルの復活を迎えたことは、とってもとっても大きな意味があることのように感じます

これからも、たくさんの観光客の方が、クライストチャーチを訪れることをさらに強く、願っています

※ブログランキングに参加しています。応援お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

クライストチャーチの新たなシンボル『紙の大聖堂』のご紹介♪

こんにちは、アユミです

2011年2月22日に発生したカンタベリー大地震から、もう4年がたった今、
多くの方からクライストチャーチはどうですか〜というご質問を頂きます

オークランド在住の私も、2013年8月と2014年3月にクライストチャーチを訪れましたが、
2013年のときはまだまだ工事現場や足場が組まれた建物、通れない道がたくさんあり、
2014年には、それが少し減り、タクシーの運転手さんが、『旅行するお客様が少しずつ戻ってきてるね』と、
嬉しそうにお話をされていたのを覚えています

2014年末にクライストチャーチをご旅行されたお客様からも、
『思ったよりは復興が進んでいますよ』、というお声や、『ちょうど満開のバラの時期で、公園でのんびりしました』
というお声を聞くほどですので、ぜひ、これからクライストチャーチに行ってみようかなとお考えの方に、
ぜひおススメしたい場所を、ご紹介いたします

地震により崩壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに建てられた『仮説の紙の大聖堂』

仮設大聖堂2P1000065DSCN3572

日本人建築家の坂 茂氏によって建設されたこの教会は、以前の教会が崩壊したのち、
地元の方々からの強い要望を受け、無償でデザインをされたものだそうです

特殊な紙管が使用された教会は、防水と難燃加工が施され、耐久性にも優れたもので、
この先、50年以上も持つのではないかと言われているそうです

入り口のステンドグラス、そして天井や祭壇、十字架までも全て紙でできたこの教会、
お写真ではなかなか伝わらないので、ぜひ一度、クライストチャーチを訪れた際に、
中をしっかりと見てみたいと思います

紙の教会の場所はこちら




クライストチャーチの映像

You Tubeに、クライストチャーチの映像がアップされていましたので、ブログにてご紹介

2013年6月26日にアップされているので、最近の映像でしょうか・・・??



ご参考までに、ご覧下さいね
頑張れクライストチャーチ

クライストチャーチ 現在の立入禁止区域

8769665


7日先週の金曜日、クライストチャーチ中心部目抜き通りでメインのコロンボストリート北側が
立入禁止区域解除になりました!

(上の地図で言う、水色部分です。)

これから6月は毎週金曜日に立入禁止区域部分が解除されて、
6月28日(金)には、町の中心部の立入禁止区域が解除予定だそうです。

とはいっても、フェンスで入れない箇所も一部まだありますし、
片側通行になっていたりする部分は引続きあると思われます。

でも、今まで建物を取壊していたりして、入れなかったところも
ほぼ片付いてきたって事ですね!

後は新しい建物を建てていって、新しいクライストチャーチ、見てみたいですね


クライストチャーチ 大聖堂

新しい大聖堂の、現在(2013年5月29日)の様子です
001

大分、完成してきましたね
ダンボールで出来ているとは、思えません
ところで、クライストチャーチも雪が降ったみたいです

クライストチャーチの大聖堂 現在

クライストチャーチの仮 大聖堂が、段々姿を現してきました。
この大聖堂は、元の大聖堂広場ではなく、ラティマー広場にあります。
工事は遅れているものの、6月下旬には完成するようです。

関連記事 : こちら

DSC03266-cathedral-626x429


クライストチャーチ New Regent St Re-Open soon!!

アートデコ調のかわいらしい建物がその通りに立ち並んでいる、New Regent St。

地震後は、ずっと閉鎖されていましたが、ようやく今週末にオープン予定

Regent St(Open 18Apr2013)


予定では、まず5つのお店屋さんが開くそうですよ。
徐々にテナントも入って欲しいですね。
前は、美味しいコーヒー屋さんもありましたが、
どんなお店が入るのかも気になります。

そして、直ぐのホテル『ランデブーホテルクライストチャーチ』が、5月1日に
ついに再オープン。

BlogPaint
















お隣のカセドラルジャンクションは、少し遅れて10月ごろにオープン予定だそうです。
BlogPaint

今年は、なんだか復興に動きがありそうなクライストチャーチです

皆さんは将来どの大聖堂が良いですか?

untitled

【写真提供:The Press】

ようやく、クライストチャーチ大聖堂がどうなるか今再建案が出てきました。

結局塔のところをドームにする話等はなくなったようですね…

町の人の意見もバラバラで、アンケート結果を見ると、
今のところは、一番右のモダンな感じのデザインが一番人気が高いみたいです。

果たして、この3つのうちに決まるのかな??とも思われますが、
早く再建を始めて欲しいです

ちなみに、仮設大聖堂は、着々と工事が進んでいます。

untitled


今のところは、7月ごろ竣工予定だそうですよ。
クライストチャーチの新しいランドマークになることは間違い無いですね。


黙祷

kiakaha

本日、クライストチャーチの震災から2年の月日が経ち、市内中心部で追悼式が行われました。

日本人を含む185名の犠牲者の皆様のご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

フラワーフェスティバル 2013

2月16日〜3月3日まで開催のフラワーフェスティバル

IMAG0144IMAG0133





今年は、開会式から見に行ってみました。
たまたまだったんですが…
なぜかフラワーフェスティバル開会式に、
日本人の和太鼓パフォーマンスをやっていました。

昨年のフラワーフェスティバルと催しが似ていましたが、
クライストチャーチらしい感じが出ていました。

IMAG0142
IMAG0129


IMAG0127IMAG0126IMAG0124




今見られる、バラやダリア、アジサイも
会場のボタニックガーデン内に
綺麗に咲いていましたよ。

IMAG0117

たまたまGパンに乗っかった、
セミ!!
子供なのか?
この国は通常緑なのでしょうか?初めて見ました。

ちょっと足を伸ばしてみれば、いまだ季節はずれなこんなものも発見。

IMAG0120
 

今クライストチャーチにいらっしゃる機会があれば、
アートギャラリーのそばにありましたので、探してみて下さい。

明日で、クライストチャーチ地震から2年経過の2月22日です。
午後12:51は黙祷するクライストチャーチ市民が殆どです。
まだまだ、クライストチャーチは復興に時間を要していますが、
皆さんがんばっています。応援して下さい

人気ブログランキング 応援宜しくお願いします
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ