カテゴリ: 自然・鳥・動物・植物

こんにちは
先週末はクライストチャーチ市内のほぼ中心に位置するハグレーパーク、その中のボタニックガーデンに行ってきました多くの花が咲き、家族でお散歩する人、ピクニックを楽しむ人、ペットと一緒に散歩をする人で賑わっていました
garden 1
garden
avon river2
cycling
garden2



ここは165ヘクタール(東京ドーム約35倍分)もの敷地があり、園内には出入口が数ヵ所あるのが便利公立の公園で入場料無料なのもありがたいです
cafe

こちらの真っ白な建物はビジターセンタです。インフォメーション意外にもファンクションルーム、カフェ、ギフトショップ、ガーデンニングに関する展示スペースとしても利用されています。
広大な敷地内を歩いて疲れたあとは、おしゃれなカフェでゆっくりくつろぐのもいいですね

公園内にはプレイグラウンドがあり、子供が遊べる場所も充実しています。子供から大人まで幅広い年齢層の方が共にゆっくり時間を楽しめる場所であることが確認できます
park



ボタニックガーデン内には、熱帯植物や多肉植物が見られる温室や、ロックガーデン、シダ植物を集めたニュージーランドガーデンなどがあり、様々なテーマに沿った植物が見れます
garden10
rokkuga-denn
温室
garden7
garden6
garden9



pine
こちらの木は世界で最も古くからあり、最も珍しい植物の一つで、Wollemi pine (ウォレマイ パイン )という名の松の木です。自然界で自生しているウォレマイパインは約100本ほどしかないそうです。 現存する樹木では 最古の部類に入るといわれています。絶滅阻止のため厳重に保護されており柵の中での展示されてありました2004年に愛知県で開催された浜名湖花博 で紹介され話題になったウォレマイパイン。花博では「ジュラシック・ツリー」と呼ばれ、ジュラ紀 からの古代の生物であるとアピールされました。ちなみのこの名称は日本独自のもので あり、世界的な通称名はウォレマイ・パイン(Wollemi Pine)です。 2億年の時を超える小さな命に、ただただ驚くばかりです そんな貴重で珍しい植物もここボタニックガーデンで見れちゃいます

今回、園内のエイボン川ではアヒルの子、ウナギも見かけました
Duckling
ウナギ


日中の気温も上がり随分過ごしやすい天候になってきました週末や休暇を利用してガーデンシティでゆっくり癒されてみませんか?

Christchurch Botanic Garden

弊社では数多くのツアーをはじめ、交通機関のご予約も随時承っております。
ご予約、お問い合わせは下記マイバスセンターまでご連絡下さい
皆さまからのご連絡スタッフ一同お待ちしております

mailto:mybus.nz@jtbap.com
☎09-379-6415
https://www.mybus-asia.com/newzealand/


こんにちは、アユミです

オークランドの寒い冬ももう間もなく終わりを迎えるのか、先週末は、とっても良いお天気で、日中は春の暖かさを通り越して、夏の暑さすら感じるオークランドでした

20200830_115135
マウントビクトリア山頂からみたオークランド市内の景色

8月12日から約2週間半のロックダウン(警告レベル3)を経て、8月31日からレベル2へ移行となる前の週末だったのですが、市内だったら、お散歩にいったり、自然を楽しんだりすることが出来るので、子供を連れて、オークランドの西海岸、ピハビーチ(Piha Beach)と、オークランドの東海岸デボンポートにあるマウントビクトリアに行ってきましたので、その時の写真を皆様にご覧頂きたいと思います

まずは、西海岸のピハビーチの景色から

20200828_125405
ピハビーチのライオンロック(ライオンが寝そべっている姿に見えませんか?)

20200828_115721
西海岸の特徴的な黒砂のビーチと青い空のコントラストが美しいです!

20200828_120101
おうち遊びに飽きた我が子は、広い海岸で白い鳥を追いかけておおはしゃぎ!

心地よい海からの風と、真っ青な空、草花の緑や黄色など、家に閉じこもっていたときに溜め込まれていたものがフワ〜っと外へ出ていくようなとってもすっきりする感覚になれる場所です疲れているとき、遠くを見るといいっていいますけど、ほんとですね

次は、オークランド中心部から東へ、デボンポートという街にある小高い山、マウントビクトリアの山頂です

20200830_112012
山頂からは、遠くにランギトト島が見えます。なぞの赤いキノコがたくさんあります(笑)

20200830_112219
たまたま着ていった赤いジャケットがキノコの色とおそろいです(笑)

BlogPaint
座り心地がよさそうだったのか、近くのお兄さんの真似をして登っちゃいました

こんな感じで、ロックダウンになっても、コロナが広がって不安な毎日でも、オークランドだけではなく、ニュージーランドの自然や、壮大な景色は、とっても身近で、とっても優しく、疲れたときやリフレッシュしたいときに、すぐそばにあります

皆さんも、大変な毎日ではありますが、いつか、以前のように旅行が出来るようになりましたら、ぜひ、ニュージーランドへ遊びに来てくださいね

お待ちしております〜



こんにちは Oです

ニュージーランドは今冬真っ盛りで、雨が降ったり曇ったり、風が強かったりとなかなか心の晴れない日々です。。
私の住んでいるオークランドでは雪は降りませんが、南島ではスキー場もオープンし、まだまだ春が来るには先が長いです

そんな中ですが、先週Auckland Botanic Gardensに行ってきました
5C097242-B8B3-494C-8DAA-F4BBC08B4693


園内にはテーマに沿って植物が植えられており、African Plants GardenやCamellia Garden, Edible Gardenなど見どころがいっぱい
今はちょうど冬から春がシーズンの花が多く咲いていて、ツバキやマグノリア、スイセンやスズラン等明るい色の花にとっても癒やされました
4A848ECA-E954-405A-B72F-56468A9062A8
02326E82-F40D-4937-8C90-449F7B992FBC
852FCE44-DAB6-4906-AEB0-79AE68C60657
EF779496-B312-4B85-B637-64772BC2C1481413831C-B6D4-458F-8CAB-48CF8811E5EE
F8BBE8D4-57F1-40B8-A7D2-EEE2CF883798318FB0F0-42E0-4BD0-BC01-CE4F583335F6
210B5EE2-6109-45A7-8827-617D4B7C2307B84A02B8-DDD7-43C8-BB9B-2FC710F937D4
E879350D-87C0-428E-8106-10FC6DA9BD53210DFFE7-375A-4877-8AC7-B7EBFCFC6825

Garden入り口にはビジターセンターがあり、軽食の取れるカフェもあります
8DEDBF79-FB39-44BC-B8F4-3F8167AA69D7
入場無料、園内には犬を散歩させられるエリアもあってかなり広いので、天気のいい日のお出かけにピッタリです
ニュージーランドに住んで今年で5年目ですが、こんな素敵な場所だとは知りませんでした
お時間のある方はぜひ訪れて見てください

こんにちはもえPです

ついに冬至も超え、あと2、3ヶ月もすれば、夏へのカウントダウンが始まりますね
暖かくなったら、楽しみにしているアクティビティーのひとつとして、釣りがあります
そこで今日は一足早くオススメ釣りスポットをご紹介したいと思います

私がよく行く釣りスポットは近場だとデボンポート、ミッション・ベイ、ハーバーブリッジ沿い、ホブソンビル、遠場だとオマハです

デボンポート
デボンポートは、釣り場がフェリーポートのすぐとなりにある為、きちんと整備されており、足場もよく、おしゃれなカフェや清潔なトイレもあり、釣りの最中に簡単に休憩が挟めます
夜はライトアップされたスカイタワーと綺麗な夜景を見ながら、釣りができます

*デボンポート夕焼け
IMG_8275

*デボンポート夜景
IMG_8359

*釣ったタイ(サイズが規定に満たなかったので、リリースしました)
IMG_8271


ミッションベイ、ハーバーブリッジ沿い
シティに住んでいて、近場でさくっと釣りを楽しみたいときはミッションベイ、ハーバーブリッジ沿いが良いかと思います
ニュージーランドでは釣った魚のサイズが規定に達していない場合、魚をリリースをしなければなりません
シティ近郊の海ではリリースすることが多い印象ですが、魚はたくさん食い付きます
小さい魚は引き上げるのが比較的簡単なので、女性や、初心者の方は練習がてら、行ってみるのはいかがでしょうか
冬の時期はミッションベイでイカ釣りもおすすめです
餌をつけなくても、おとりで釣れます

*ハーバーブリッジ沿い
IMG_2137


ホブソンビル
ホブソンビルは近くにLittle Creatureというレストランやバーが多く集まるおしゃれな施設があるので、釣り後に一杯飲みたい、なにかつまみたい方にはとてもおすすめです

*釣りの様子
IMG_2133

*Little Creature
BlogPaint

*Little Creatureで食べたスイーツ
IMG_7195


オマハ
一番釣れるのはオマハです
釣り竿を投げ入れた瞬間に魚が食い付き、大きな魚がよく釣れます
女性でルアーを遠くまで飛ばせなくても、魚がヒットします
岩場もないので、釣り竿のおもりがひっかかることもなく、釣りをするには絶好の場所です
タイや、シマアジ、スズキが釣れます

*オマハ
IMG_8515

*オマハ夕焼け
IMG_8536

*釣りの様子
IMG_2136

*左上:スズキ 左下:シマアジ 右上:タイ
IMG_8432

魚は釣ってすぐにしめて、お刺身で食べるのが一番です
臭みもなく、ぷっりぷりです
IMG_8541


一度ハマると抜け出せません
Kmartで$50前後で釣り竿等買えますので、ぜひトライしてみてください


こんにちは Sです

突然ですが、みなさんはワンちゃんのお風呂はどのようにされていらっしゃるのでしょうか?
わたしはいつもびっしゃびしゃになりながらお家のシャワーで格闘していたのですが、便利すぎるマシーン(?)を発見したので大声でご紹介させてください

dog wash


ペットショップやガソリンスタンドなどによく設置されているこの「DOG WASH」、
一度は目にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
わたしも前々から気にはなっていたのですが、数ヶ月前に初めて使って以来、あまりの便利さに毎回これを使うようになりました

使い方はとっても簡単
コインもしくはエフトポスで料金を支払ったら、ボタンを押すだけ
料金は$11と若干お高めですが、毎日洗うわけではないのでよしとします。笑

button1


なんとシャンプー、ペストコントロール(ノミ退治)、コンディショナー、そして乾燥までボタン一つで選択できてしまう、いたれりつくせりのメニュー展開です
(ちなみにうちのわんこは超敏感肌なので、持参したマイシャンプーを使ってます。いろいろこだわるコブタです笑)

shampoorinse2


しかし!この完璧すぎるマシーンにも弱点はあります…
それは、時間制限があること…
なんと11分以内にコブタを洗い上げなければなりません笑
コブタは余裕で間に合いますが、大型犬の場合はちょっと大変かもしれませんね

dry
ブォオオオオ(乾燥中)

clean eel
きれいになりましたコブタも大満足のようです

ワンちゃんと暮らしてらっしゃる方はぜひ試されてみてはいかがでしょうか


Winter Campaign Banner  (1)

こんにちはOです
ニュージーランドの原生林にはたくさんの種類の樹木が自生していますが、その中でもひときわ大きく成長するのが「カウリ」です
FEC05985-24F1-41BC-AB45-C005770CA38E
「タネ・マフタ」

世界最大・最長樹齢となる樹木の一つとして知られているカウリはゆっくりと成長する木で、現存する最大の個体「タネ・マフタ」は樹高51メートル、幹の周囲は13.8メートルで、樹齢は1200年とも2000年以上とも言われています
過去はニュージーランド北島の広い範囲に120万ヘクタールのカウリの森が広がっていましたが、18世紀末から20世紀前半にかけ家具や建材として大量に伐採され、現在では7500ヘクタールまで大幅に減少してしまいました
記録によれば「タネ・マフタ」よりも大きな大木がたくさん存在していたそうですが、伐採によって姿を消し、また記録上最大のものでは「タネ・マフタ」の3倍もの大きさのカウリも存在していたそうですが、19世紀の山火事で焼失してしまったそうです

現在では私有地内にあるカウリであっても伐採が禁じられており手厚く保護されていますが、近年はカウリを襲う病「カウリ・ダイバック」によってさらなる危険にさらされています

カウリ・ダイバック病は海外から持ち込まれ、土や水を介して広がりカウリの根に付着し、やがてカウリを枯死に追いやってしまう病気です
感染力が強く、病に感染しているカウリの近くを通った人や動物、車や自転車等を通して感染が広がってしまい、一旦病気になってしまったカウリの治癒は今の所方法が見つかっていません

そのためカウリのあるエリアで一般に公開されている場所は、柵や歩道で整備され、設置されているクリーニングステーションで泥を落としてから入場するように施設が整えられています。
85A50C71-1770-4E39-AFB2-85E0EC7F9C30

しかし、それでもカウリ・ダイバックの蔓延は防げず、「タネ・マフタ」を始めとする多くのカウリを見ることのできたワイポウア・フォレストでも、2年前まで立ち入りのできていた「ヤカス」や昨年までは見ることのできた「フォー・シスターズ」などの有名なカウリも今は見ることができなくなってしまっています

6B24EC68-8C0C-4BFB-B51D-B57486665EE1
他のカウリと異なり間近で見ることのできた「ヤカス」 2018年7月17日より立入禁止 (写真は同年6月18日に撮影)

416BA255-BBD1-4542-AEFC-248D2FA1E7A4
4本のカウリが仲良く並んでいることで有名な「フォー・シスターズ」 2019年5月21日より立入禁止(写真は同年3月30日撮影)

いずれも立入禁止になる直前にたまたま旅行に行ったときに見ることができたのですが、突然立入禁止になってしまったので、今後いつまた見ることができるかも、今はわかりません

「タネ・マフタ」や現存するカウリで二番目に大きい「テ・マツア・ナヘレ」は今は見ることができますが、今後カウリ・ダイバックが蔓延することがあれば見られなくなる日も来るかもしれません。
靴や衣類の泥を落とすのは多少面倒かもしれませんし、中には柵を乗り越えて近くで見たいと思う方もいるそうですが、太古からニュージーランドに生息しているカウリの木を守るためにも、今後カウリツリーを見に行くことがあれば、ぜひ一人ひとりが心がけていただけますようお願いいたします

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

「ニュージーランドの名産品」と聞いた時に、
ワインやラム肉、チーズや蜂蜜を想像する方は多いと思うのですが、
実はお茶も美味しいのです

オークランドから車で80分程の距離にある、Hamilton市付近にあるZealong Tea Estateまで先週行ってきました



ここで茶葉の栽培を行っており、それを活かしたお茶のお土産屋と、ハイティーを楽しめるレストランがついています。
まずはレストランのご紹介から!

IMG20200709125349


烏龍茶や緑茶、チャイやブレンドされたものまで、いろいろな種類から1種類選び、茶葉をティーカップに入れて貰います。

IMG20200709141312


その後は自分の席の横側についている鉄瓶からお湯を注ぎ、蓋をしてお茶が淹れられるのを3分~5分程待ちます。
鉄瓶のお湯がなくなった場合、店員さんに声を掛けると補充をしてもらえますよ!
4人でいったのですが、4回はお湯を入れ替えてもらったと思います(笑)

BlogPaint


コチラはハイティーです
下段、中段はメイン、上段はデザートとなっていました

中でも驚いたのがデザート!
パンナコッタの下の層には抹茶クリームが混ざっており、特に美味しかったです
他にも色々な仕掛けがあったので、是非実際に訪れてお試しください!

メイン入り口付近にあるお土産屋さんへ。
IMG20200709144316


スペースに余裕のある配置をしてくれているので、じっくり気になる商品を見て回ることができます!

IMG20200709150039


いくつも賞を獲った茶葉があるようです
昼に飲んだ烏龍茶も、薫り高く、とっても美味しかったです!

IMG20200709150057


ここでは茶葉の香りを確認するコーナーもあるので、レストランに行く前に寄って、
自分の気に入った香りのお茶を注文するのも良いかも知れませんね

この美味しいNZの茶葉、オークランド近郊にお住いの皆様、是非是非訪れてみては?


Winter Campaign Banner  (1)
Aotea-Gifts-728x90

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

気がつけばもう7月ですね!
2020年の半分が既に過ぎ去ってしまったと思うと、驚きますね!
先日のブログでもスキーのご案内させていただいたとおり、
ニュージーランドは冬真っ只中でございます。
オークランドでは雪は降りませんが、冷え込みが厳しくなってまいりました。
暖かい夏が待ち遠しいですねぇ。。
とはいえ、夏は夏で暑いから、冬が恋しいとか口走りそうです笑
結局無いものねだりなんだろうなぁ ε=ε=(;´Д`)

さて、今日は先日友人と行ってきたWaipu Caveについてご紹介しますよ!



オークランドから来るまで2時間ほどの距離にあるWaipu Cave。
「土ボタルの生息している洞窟」というように聞いていたので、
Waitomo Caveにある観光洞窟かな?と思ってましたが、調べて驚き!

洞窟探検ができるウォーキングコースがあるのです!

IMG20200628121913


入り口はここ! 冒険が始まるようなワクワクを感じながら、出発です!

IMG20200628114220


僕は7分丈のパンツとスニーカー、防水ジャンパーで挑んだのですが、
途中、というより開幕早々水路を進まなければならないので、
もしチャレンジする際は長靴や、
かかとまでカバーのされているサンダル等で行くのが良いと思います
服も泥が付きやすいので、着替えも持ってきてくださいね


あと、懐中電灯は必須です
出来れば頭につけるような、両手が空くタイプがより安全です。
道がとにかく泥と、濡れた靴が原因で滑ります。
両手で支えなければいけない箇所もありました

僕は懐中電灯を持っていなかったので、
片手に携帯電話を明かり代わりに持ち、ドロドロにしながら進みました
落とすと見つかるかわからないので、絶対にオススメしません

濡れながら、泥だらけになりながら15分ほど進むと。。1593653328409
1593653355097
1593653317159


まるで星空のような幻想的な景色
これ全て土ボタルが放っている光で、洞窟内で獲物をおびき寄せているのです

目当てだった土ボタルを確認し満足だったので、そのまま引き返しました
次に行く機会があったら、もっと奥まで進んでみたいな

洞窟から出た後に、シャワーの出る水場で泥を落とせるのですが、
当日はなにかの不備で動いていなかったので、
飲み水を多く持っていくと便利だと思います
他にもウェットティッシュ等もあると良いかも
汚れた靴、服を入れる袋も忘れないでくださいね

Waipu Caveの詳細はコチラから確認できますよ!

オークランド在住の皆さん、是非是非行ってみてはいかがでしょうか!


Winter Campaign Banner  (1)
Aotea-Gifts-728x90

皆様、おまたせしました!Yuyaです(*・ω・)ノ

2020年度に入ってからブログの更新が止まってしまっており、すみません(´;ω;`)
今までのような更新ペースに戻せるように、精一杯努力致しますので、今後共応援の程をよろしくお願い致します!

さて、私事ではございますが、先日人生初の釣りに友人と行って参りました!



オークランド市内中心部から車で向かうことの出来る、Stanley Bayという所でトライしてきました!
桟橋に着くと、このような表記が!
IMG20191225192952
IMG20191225192947

なんと、ニュージーランドでは規定サイズに満たない魚は必ず逃さなくてはならないのです!
(破るのは法律違反ですのでお気をつけください!知らなかったでは済まないのです!)
小さい鯛を何匹か釣ったものの、規定サイズは最低30cm以上。。
僕が釣ったサイズは一番大きいもので18cmと遠く及ばず。。
初めてなのに何も持ち帰れないのかな〜。。なんて思っていると、大きな手応えが!

IMG20191225193028


上げてみたらなんと!ホウボウを釣り上げました!
最低サイズが25cmで、釣ったものは30cmでしたので、無事持ち帰ることが出来ました!

横で釣りをしていた少年が釣った本人よりも大騒ぎ(笑)
〆方から美味しい食べ方、サイズ規定のことについても少年が教えてくれました!
彼は2歳から釣りを始めていたようです。海の近くに生まれると、やっぱり海に触れ合う時間も長くなりますよね!
釣り歴13年の小さな先輩の助けもあったお陰で、人生はじめての釣りはとても有意義なものでした!

IMG20191221201158


気がつけば夕暮れ。合計で4時間ぐらい釣りをしてましたΣ(・ω・ノ)ノ
ゆっくり海を見ながら魚が食いつくのを待つ、そんな休日がとても楽しかったな〜

ハマってしまいそうです笑

インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


皆さんこんにちは、Mです

モエラキ・ボルダーズに行く途中に立ち寄った「カティキ・ポイント灯台(Katiki Point Lighthouse)」
カティキ・ポイント灯台には思っていた以上にたくさんの野生動物がいました!
そこでまず遭遇したのはイエローアイドペンギンです
見れたらラッキーだな〜としか思っていませんでしたが、着いた瞬間にペンギンがトコトコ歩く姿が見えました!!
マイペースに歩いたり止まったりを繰り返して巣に戻ってきました
_DSC5473 (1) _DSC5477 (1)
_DSC5481 (1) _DSC5486 (1)

その他にはたくさんのオットセイがお昼寝している姿も見ることができました!
じーっと動かずに寝ているオットセイもいればお昼寝ポイントまで這っているオットセイ、
気持ちよさそうに泳いでいるものもいました
岩と同じ色をしているので見つけるまでに少し苦労しました(笑)
_DSC5509 (1) _DSC5534
_DSC5516 (1) _DSC5528 (1)

カティキ・ポイント灯台は野生動物だけではなく景色も綺麗なのでおすすめです!
_DSC5593 _DSC5466
海も透き通った色をしていて息を呑む美しさでした!
_DSC5611

★カティキ・ポイント灯台


インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

このページのトップヘ