素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

自然・鳥・動物・植物

春ですかね〜♪パーネル通りのローズガーデンフェスティバルに行ってきました!

こんにちは、アユミです

日本の雪のニュースをインターネットで見て、改めて、日本と間逆の季節を実感します
比較的、昼間は暖かかったこの週末ですが、まだ朝晩は冷え込んだり、安定しないお天気で雨がざざーーっと降ったかと思えば、
その後は、冷たい風がぴゅーーと吹いて、ぶるっと振るえるような寒さを感じたり、かと思えば、雲の隙間から顔を出した太陽が、
突然かんかん照りになって、グーンと気温があがったりと、1日の中に四季があるとはまさにこのことっというような週末でした

さて、そんな日曜日、オークランドの観光スポット パーネル通りの近くにあるローズガーデンでは、
毎年恒例のローズフェステイバルが開催されました

雨の午前中、それでもたくさんの人が訪れているのか、ローズガーデンのまわりにはたっくさんの車が駐車されていて、駐車スペースを探すのも大変
20171119_110933

正面のゲートを通るとすぐに聞こえてきたのが、どこかの国の歌を歌うステージ
20171119_111053_001

その先、さらにガーデン内を進んでいくと、広いスペースにたっくさんのバラのお花
20171119_111347

黄色や赤や、ちょっと紫がかったピンク
20171119_111147

うーん、赤のような、濃いピンクのような。。。でも私はこれが一番好きです
20171119_111354

そして、うっすらと紫色をした白っぽいバラ、とっても珍しいですね
20171119_111449

本当にたっくさんの種類があるので、ガーデンに来ている人は、それぞれ好きなバラの前で、いろんなポーズや、いろんな角度で写真を撮ったり

そして、こちらは、私の恒例となりつつある、ローズガーデンに咲くお花で作られた、小さなブーケを買うこと

20171119_115054

このブーケを買ったお金はすべて、ガーデンの手入れや運営費用として寄付されるのです
地元のコミュニティの方々がすべて手作りで、お花の選定からブーケの作成までしていて、
とってもかわいいだけでなく、どれも同じじゃない、たった一つだけのブーケ、しばらくは家の中に飾っておきます

たくさん寄付が集まって、また素敵なローズフェスティバルが、来年も開催されるといいですね

このバラ、これからたぶん1ヶ月くらいは見られると思うので、ぜひ時間があったら、パーネルのローズガーデン、行ってみてください




※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ミルフォードトラックの旅行(五)ウェットランドに到着!!

今までのミルフォードトラックシリーズ:



皆様こんにちは、ミミlogo2さんでーす!

前回は一日目のロッジ、グレードハウスから出発しました。地元の友達、サンドフライ、にも出会いいました、この情報を見逃した方、前回の記事を楽しんでください。

二日の始まりはクリントン川をたどりながら歩きます。まだテアナウ湖のそばにいますため、行程は平らです。初めてリュックを持ちながら歩く方にとっては良い練習になります。下記の地図を見ますと今まで通った道が緑色に表示されています。まだ進む道は青です。まだトラックをはじめたばかりですよ。今日はウェットランドと言う環境まで進みます

BlogPaint



ミルフォードトラックは一本道なので迷い図らいですが念のために良い説明があります。トラックはクリントン川の横を沿っていますため、クリントン川の流れと反対の方向に歩き続ければ正解です。水の流れと同じ方向に歩くと又グレードハウスに戻ってしまいます、夜のお食事も残念ながら同じ物になりますよ

この橋でクリントン川を越えます。

wetland4


ものすごく落ち着いた気分になりますか?




ここからは苔だらけです、写真内は乾燥していますが湿った日は苔が生き返ります、そうっとすると森の呼吸が聞こえる気がしました。

BlogPaint



だんだん深く森に入ると川が小さくなります

wetland3


雨が降ると土もやわらかくなります、何百年立ち続けた巨木も倒れました。

wetland8


家のカーペットがはがれたようにも見えると思います。一つの生命が倒れたら新しい命が同じ場所から必ず誕生します。

もうちょっと進むと川の流れが静かに戻りました、右を見ると。。。景色が又変わりました、太陽も突然あらわれました

wetland2


そして、十分後、ウェットランドに到着!!


皆鞄を置いときウェットランドへの寄り道をしています。

wetland11


ウェットランドは環境が違うので土の下に水を沢山保存しています。そのため、通常より苔が多いのです。ニュージーランドの有名なマヌカ蜂蜜をご存知ですか?ウェットランドにはマヌカの木が生えています。時期により小さな白い花が沢山
咲きます。

wetland9


ウェットランドは非常に壊れやすいため、木の板の上をたどりながら歩きます。周りの色は苔の集まりです。毎回ここに戻ると湿りと太陽により苔の色に変化があります。植生がぜんぜん違うです。

この苔は自分の体重の数十倍の水分を吸い取れるので雨がない日はちょっとずつ周りの環境に解放します。世界に存在するウェットランドはほとんど破壊されましたため、僅かな十八パーセントしか残っていません。このため、ミルフォードトラックのウェットランドも政府が非常に大切に保護しています。

wetland10


ウェットランドは違う世界ですよね?ミルフォードトラックを歩くと毎日新しい世界に入った気分になります。

以上はミミさんでしたlogo2


次回もお楽しみに歩きますよー


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルア&タウポ!この夏おすすめのウォーターアクティビティをご紹介します♪

こんにちは、アユミです

最近、ほんとうに暖かくなってきた、オークランドなのですが、
とうとう冬用のコートはしまって、春用のコートに切り替えましたー
朝晩は、まだ少し冷え込んだり、お天気によっては風が冷たかったりするのですが、
昼間はとーっても暖かく、太陽が出ていると、ときどき、蒸し暑く感じることもあるくらいです

ま、まだまだニュージーランドのお天気は変わりやすいので、なんとも言い難いですが、
それでも、もう冬っていう感じはなく、初春っていう感じでもなく、時折、夏の暖かさを感じることもできる季節になってきましたよ

さて、そんなことで今日は、この夏、ニュージーランドの旅行に、とーーーーーってもオススメの新しいウォーターアトラクションをご紹介します

まずは、動画をご覧ください



ニュージーランドで人気のウォーターアクティビティといえば、ジェットボート
海、川、湖などで体験出来る、スピード感と爽快感満載のジェットボートで、ニュージーランドの自然をより近く、よりスリル満点のなか楽しめるアトラクション

このオプショナルツアーは、ジェットボートを楽しんだあとに、ある場所へと探検にでかけます

the-squeeze

皆さん、ご存知のとおり、ロトルア、タウポ周辺は地熱地帯とよばれ、天然温泉の湧く場所が多くあります
ここもそのひとつで、温泉の湧く川の中、ごつごつした岩場を抜けた先には滝っ
地熱により暖められた川はとーっても気持ちが良さそうです

爽快感、スリル、そして温泉の癒しの三拍子揃った、新しいアトラクション
これは、この夏、とってもおすすめです

ロトルアと、タウポのホテルからの送迎も予約出来るので、公共のバスを使って、ロトルアやタウポへいって、
そこで数日滞在する旅行者の方にも、簡単に参加して頂けるので、この夏、そっち方面への旅行を考えている方、
ぜひぜひ、スクイーーーズ、チェックしてみてください

タウポで爽快ウォーターアクティビティー!スクイーズ!(お問い合わせはこちら)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

富士山にそっくりなタラナキ山♪すてきな景色をみに池までいってきましたー!

こんにちは、アユミです

昨日のタラナキ山の登山、山小屋での宿泊の続きのお話をしたいと思います

実は、この旅行の日、土曜日、オークランドからニュープリマウスに向かうときは曇り&雨
そして、翌日の日曜日、登山をする日は、曇り&強風、そして、さらに翌日の月曜日も雨という予報だったタラナキ周辺

一番、みたいーと思っていた、タラナキ山の姿がおがめるのかどうかっ
願うような気持ちでいたわけですが、なんとなんと、山小屋に着いたお昼過ぎ、空から太陽が顔をだし、
とーーーっても綺麗なタラナキ山が姿を現したのです

山小屋からさらに上に上った先に、どどどーーーんっ
20171022_122000

見えた瞬間には、とーっても感動して、友達と二人ではしゃぎました

そこから、よくパンフレットなどに使われる、山が水に反射して出来る逆さ富士が見られる、池まで、下っていきました

20171022_123027

また、お天気は悪くなり、強風のせいで、池への反射は見られませんでしたが、山全体をみたかったので、しばらく待つことに
20171022_124931

ときおり、ちらちらと頭をのぞかせてくれて、とっても満足のいく写真が取れました
20171022_130240

20171022_131214

ぱっとみ、富士山のかたちに似てると思いませんか
とっても素敵な景色ですよね

でも、やっぱり、風が強く、長くはここにいられなかったので、すぐに山小屋にもどってのんびりすごしました

次は、夏の暖かい時期に、また反射をみに、来たいと思います

ぜひ、みなさんも一度いってみてくださいねー


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

映画ラストサムライのロケ地!タラナキ山で初めての山小屋宿泊を体験しましたー♪

こんにちは、アユミです
お久しぶりです今日は、ひさ〜しぶりにブログを書きます〜

先日、レイバーデーで3連休だったのですが、友達と一緒に、
ずっと行きたかったタラナキ山へトレッキング旅行に行ってきたのでそのときのことを紹介します

タラナキ山といえば、北島の西側、ニュープリマウスという街にある、大きな山で、
マウントエグモント(Mt Egmont)という、かたちが日本の富士山によく似た山、
そして、日本でも人気となった映画ラストサムライの撮影地としても有名な場所



ここには、2時間や3時間のショートコースのトレッキングから、サーキットとよばれる2〜3日間かけて歩くトレッキングコースなど
山の山頂に行くためのルートが多くあり、こういった連休はとくに、年間を通しても、多くのトレッキング旅行者が訪れます

今回の旅行の目的は、富士山によく似たタラナキ山(マウントエグモント)を見ること、これは、次回のブログでお話しますね
そして、もう1つの目的が、ニュージーランド滞在で初めての山小屋宿泊を体験すること

私たちが歩いた道は、山の西側から約2時間ほどの距離を歩くコースで、マンゴレイトラックという入口からポウアカイハット(山小屋)まで

20171022_09072120171022_090206



この日は、この山小屋に宿泊予定
ニュージーランドの自然を楽しみながらハイキングをして山小屋まで〜と思っていたのですが、
この日、山小屋に泊まる予定の私達の荷物は、
寝袋、ピクニックマット、着替え、洗面具などの宿泊セット、その日の昼食、夕食、そして、翌日の朝食、そしてお水、お湯
などなど、宿泊に備えたものがたっくさん

とーーっても重い荷物を背負いながら、ゆっくりゆっくり登っていたのですが、
山小屋での宿泊はなんと、予約不可の、寝る場所は早いもの勝ちということで、一生懸命上りました

約2時間、到着した山小屋はこんな感じ

木造のわりと小さな山小屋、でも景色は抜群
20171022_11294420171022_113423

小屋の外に置かれた、工事現場にあるみたいなトイレもちろんトイレットペーパーはないですし、水洗でもないです
20171022_113041

思ったよりも早く着いたから、一番乗りでゲットした2段ベッドものすごいです今日はここで寝ます
20171022_113153

小屋の中には、いくつかのテーブルとイスと、暖炉だけ
20171022_162548

こんな感じの、今までにない宿泊場所で、午後の時間は、なーにもすることがないので、ゆっくりと本を読んだり、絵を書いたり
いつもは、そ〜んなのんびりした時間もないので、なんだか有意義に過ごせたような気がします

なんとこの日の、山小屋の宿泊者は、なんとなんと30人以上
2段ベッドは、16人までしか使えないので、おのずとそれ以外の人は、床で寝ないといけないのです
私達は、本当にラッキーでした

この日の日の入りは、19時48分、そのため、日が落ちると、電気がない山小屋は20時過ぎにはもう真っ暗になります
もってきた小さなトーチライトをつけて、暗闇の中で、しばらく過ごしたあと、21時頃には就寝

BlogPaint

騒がしかった暖炉のある部屋も、みーんなすぐに寝て、21時過ぎには、山小屋の中はしーんと静まり返っていました

早く寝たので、翌朝はもちろん起床も早く、とっても健康的に過ごしました

これから、山小屋泊をされる方、山小屋に電気やヒーターはあるのか、どれくらいのベッドがあるのかを必ず事前に調べて、早めに行くことをおすすめします

あと、夏前に行く場合は、十分な暖かい服装と、トーチライト、あと、トイレットペーパー、あと、十分な量のお水は本当に大切です

食料は、そうですね、ポータブルのガスコンロなどを持っていればいろいろ温められて、インスタント食品が
食べられるのですが、そうじゃなければ、1日くらい、サンドイッチやスナックなどでなんとかなります
あまりいろいろ持っていくと、荷物が重くなるので、注意です

これが、私の初山小屋泊の体験でしたみなさんの参考になると嬉しいです

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ネルソンの遊び方のすすめ♪やっぱり自然を満喫するならネルソン&エイベルタスマン国立公園!

こんにちは、アユミです

この前のネルソン旅行のご紹介の続き、今日は、ネルソン&エイベルタスマン国立公園にきたら、何する何が出来るをご紹介したいと思います

シーカヤックや、ハイキング、トレッキング、スカイダイビングなど、自然を楽しむアクティビティや
自然が創り上げた奇形の土地、奇岩、ビーチなどなど、そこでしか見れない素敵な景色、造形美が楽しめるのもネルソン&エイベルタスマン国立公園の魅力

そもそも、ネルソン&エイベルタスマン国立公園でどこという人にもう一度地図を
ニュージーランドの南島、北端の都市ネルソンは、オークランドから飛行機で1時間半、首都ウェリントンから40分の場所



ネルソンに遊びにきたら、必ず訪れてもらいたいのがエイベルタスマン国立公園まで足を延ばさないともったいないほどおすすめの観光地

以前、シーカヤックや、アンカレッジでのトレッキング、神秘の泉ププスプリングすを紹介しましたが、今回は違った場所を紹介したいです
南島北端のネルソン・エイベルタスマンでシーカヤックに挑戦♪
癒しのアクティビティ、エイベルタスマン国立公園を歩く♪
ニュージーランド 神秘の泉【ププ・スプリングス】のご紹介♪

<<おすすめの観光スポット>>
ネルソン湖国立公園(Nelson Lakes National Park)のレイク ロトイティ(Lake Rotoiti)
ネルソン市内から車で約1時間15分程の場所にある、国立公園内の湖、ロトイティ湖
この時期は、まだ山頂に雪の残る、岩肌の険しい山々に囲まれた静かな湖は、とても美しく、のんびりと湖畔を散策したりピクニックをするのにおすすめです
この景色は、ネルソンの観光雑誌に掲載されたり、その美しさから、ウェディングフォトとしての場所に選ぶ人も多いそうです

20170826_14163020170826_140503



タカカヒル(Takaka Hill)のホークスルックアウトトラック(Hawkes Lookout Track)
ネルソンからエイベルタスマン国立公園方面に西へ移動し、モツエカを過ぎ、タカカヒルという場所を通過する際に通る、隠れた絶景スポット
小さな駐車場から、林の小道を抜けて、たどり着いた先には、タカカヒルを登って来たてっぺんから、下を見下ろす展望台、目前には、雲海が広がります
写真だけではなかなか伝わらないのですが、この絶景には、はっと息を飲むような壮大さと、美しさがあります

20170827_12464820170827_125103



エイベルタスマン国立公園内にあるハーウッズホール(Harwoods Hole)
このハーウッズホールとは、ネットで調べると世界一美しいともいわれる洞窟で、世界各地から、洞窟探検家や、ロッククライマーの人々が訪れる場所
日本のアスリート芸能人、百獣の王 武井荘もきたことがあるそうで、でも、ここ、とっても危険な場所なのですが、でもやっぱりその壮大さはすごいです
本当に危険なので、私たちは、洞窟の真上に位置する岩場までしかいけませんでしたが、目の前にそびえる岩の壁の迫力はすごいです
岩をおりずとも、行く価値は充分にありますが、本当に注意して、いかないといけませんね落ちたら大変です

20170827_14491820170827_150746



さらにハーウッズホールまでの道の途中に現れる分岐点を、別な方向へ登っていくと、ゴージクリークビューポイント(Gorge Creek View Point)という場所があり
ここも、危険ですが、とっても迫力があり、一見の価値のある絶景ポイント

BlogPaint20170827_154353

ハーウッズホールの上まで行くのであれば、ここもぜひぜひ、いってみて下さい

私のおすすめのネルソン&エイベルタスマンの観光スポットは以上です

これをみてお分かりいただけるように、やっぱり、ネルソン&エイベルタスマンの観光スポットを巡るには、
レンタカーをかりて、滞在期間中、自由にいろいろなところを動けるようにするのがベストですね

みなさんの旅の参考になれば、嬉しいです


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

【クイズ】ニュージーランドで最も表面積の大きい湖はどこでしょう〜?

こんにちは、アユミです

さて、ブログタイトルのクイズ、みなさんは、わかりましたか
ニュージーランドをよく旅行されている方、ニュージーランド地図をよく見ている方は、すぐに分かるかと思います

と、その前に、もちろんその自然の豊かさで有名なニュージーランド、その理由のひとつが、湖の数にもあります
大小さまざまな大きさの湖が、ニュージーランド国内にはたっっっくさんあるのですが、その数、小さいものを合わせるとなんと約3800以上もあるらしいです

その、ニュージーランドの湖の頂点に立っているのが、そう北島のど真ん中にある、タウポ湖(TAUPO)なのです

29092017161522-0001

タウポ湖のある場所の周辺は、GREAT LAKE TAUPO(グレートレイクタウポ)という国営の観光課が、多くの方々にこの地域の魅力をしってもらうために、
イベントを開いたり、観光スポットにご招待したり、こういった、地図などを作成したりして、日々、努力をされています
一昨日、そして昨日と、GREAT LAKE TAUPO(グレートレイクタウポ)の方がオークランドへ来られ、旅行会社向けのお勉強会を開いてくれました

20170928_121957

旅行大好きな私ですから、このイベントに参加させてもらい、タウポの魅力について勉強をしてきたのですが、改めて、素敵な場所だなぁと思いました
そのなかで、いくつかタウポの魅力をご紹介させてもらいます

 アドレナリンの聖地
12000〜15000フィートの高さから飛び降りるスカイダイビングやニュージーランドで最も高い位置から飛ぶ、着水タイプのバンジージャンプ、
そして、トンガリロリバーラフティングや、フカ滝でのジェットボートなど、爽快感、迫力満点の、アトラクションが満載のタウポ

20170928_12281220170928_12291220170928_122951

 世界遺産にチャレンジ
世界遺産登録のされているトンガリロ国立公園では、約19.4キロメートルの距離を歩く、ノーザンクロッシングが大人気です
映画ロードオブザリングで滅びの山として登場した、マウントナウルホエを、横目にみながら、火山地帯の国立公園内を、トレッキングします
岩がゴツゴツした、別世界のような山を越えた先に見えてくる、エメラルドグリーンの湖を見た瞬間、とっても感動します

20170928_123539IMG_3704IMG_3678

 ミルキーブルーの美しい滝
映画ロードオブザリングの撮影地であるトンガリロ国立公園に続きまして、こちらは映画ホビットの撮影地となったといわれている、フカ滝
多くの空気のつぶを含んだフカ滝の水は、美しいミルキーブルーに輝き、実際の目で見ても、本当に美しく、ニュージーランドでは見逃せない観光スポットです

20170928_122518IMG_3283

 冬も楽しめるNZ最大のスノーフィールド
夏の季節、ハイキングやトレッキングで賑わうトンガリロ国立公園は、冬期である6月下旬から10月下旬までの期間、
ニュージーランド最大の広さを誇る、スキー場へと変化し、ここにも多くのスキーヤー、スノーボーダーが集まります
トンガリロ山頂周辺の上級、中級コースだけでなく、今年からは、ハッピーバレーという初心者向けのエリアを新しくするなど、
さまざまなタイプのお客様にお楽しみ頂ける、スノーフィールドです

20170928_122612received_10210248809001266


 地熱地帯で温泉
スキー、スノーボードで楽しんだあとももちろんグッドな、温泉施設、ワイラケイテラスのあるタウポは、地熱地帯を利用した、アクティビティも満載
日本の温泉にも負けない効能をもった温泉、白濁の色をした温泉で、ゆっくりと体をやすめるのもおすすめです

20170928_12340020170416_122730



それいがいにも、まだまだ、まだまだ、タウポの魅力は満載です

タウポは、オークランドから3時間半、炉取る亜から1時間、ウェリントンから4時間半と、
どこの都市との接続もよく、ニュージーランド北島の旅行にははずせない観光スポットとなりそうです

これから、ニュージーランド旅行を計画される方、タウポのことをもっと知りたいっというかた、ぜひぜひ、現地スタッフへお問い合わせください

旅行プランの作成、現地情報のお問い合わせはこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド最南端の島 スチュアート島から30分!ウルバ島でバードウォッチング!

こんにちは、アユミです

昨日に引き続きまして、ニュージーランド最南端の島、スチュアートアイランドのおすすめアクティビティをご紹介致します

夏の間(10月〜4月)の間だけの運行ですが、とってもオススメなウルバ島バードウォッチングツアー
パターソン インレット クルーズ(Paterson Inlet Cruise)

Pictu

スチュアートアイランドからフェリーで30分ほど離れた島、ウルバ島へ行くツアーで、
このウルバ島には、たっくさんのニュージーランド固有種の植物や鳥たちが住んでいるのです

20170815_13213920170815_131142

とーってもピースフルな雰囲気のウルバ島は、フェリーで到着した瞬間から、しーんと静まりかえった自然の中に、鳥の綺麗な声がこだまします

耳を澄まして、この動画、見てみて下さい



ニュージーランドのネイティブブッシュを抜けて歩いていった先にもたくさんの鳥達が待ち受けています

20170815_13210520170815_13220820170815_132843

これは、スチュアートアイランドロビンという鳥だそうです
ニュージーランドの北島には、ノースアイランドロビンという鳥がいますが、それよりもずっと大きなサイズ

20170815_132631

そして、シドニーコーブという海岸線に出たときに現れた、一羽のフレンドリーな鳥
この鳥、見た目は、ニュージーランドの国鳥 キーウィに似ていますが、キーウィは夜行性なので現れません名前はウェカ 

20170815_141048

とっても可愛らしく私たちのまわりを、走り回っています歓迎してくれているんですかね



こ〜んな素敵な体験が出来る、ウルバ島へのクルージングツアー
とってもとってもおすすめですぜひぜひぜひ、行ってみて下さい

間もなく、JTBニュージーランドのウェブサイトでも、販売を開始しますので、もうしばらくお待ち下さいませ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド最南端の島!スチュアート島にいってきました♪

こんにちは、アユミです

サウスランド旅行のメインイベントとうとうやってきましたニュージーランド最南端の島 スチュワート島

場所はここっ


スチュワートアイランドは、フレッシュオイスターで有名な街ブラフからフェリーに乗って約1時間の場所にあります

スチュワートアイランドへ行く方法はといいますと、
私たちが滞在していたインバカーギルから、シャトルバスに乗って約30分、ブラフまで行ってフェリーに乗るか、
ブラフの街に滞在をして、そこからすぐにフェリーに乗るかどちらか

20170815_09152020170815_09154520170815_090353

スチュアート島はニュージーランドで3番目に大きな島で、南島の南端からフォーヴォー海峡をはさんで30kmほど沖に位置しています
フェリーは、1日1便から2便ほどあり、ブラフのフェリーターミナルから、スチュアートアイランドまでは、約1時間ほどの船の旅となります

20170815_09361620170815_09501320170815_103215

船は、50人ほど乗る、小さな客船で、波が荒い日は、わりと揺れが大きいため、船酔いが心配なひとは、
船頭の座席には座らないで、最後部の屋外デッキで、風をあびながら、周りの景色を楽しむのがおすすめです

スチュアートアイランドのフェリーターミナルに到着

20170815_10444720170815_10453120170815_104627

ここから島内を車でぐる〜っと散策をしたのですが、ほんと〜に自然が豊かで、静かで、海がきれいな、の〜んびりした場所
ゆったりとビーチに座って、海を眺めながらぼ〜っとするのもありですよね

20170815_110852

ここ、スチュアートアイランド、もちろん、宿泊できる場所もたくさんあります
フェリーターミナルの目の前にあるSouth Sea Hotel
20170815_114447

そして今回、おすすめされたのが、スチュワートアイランドロッジ丘の上にある、とっても見晴らしのよいロッジは、全室オーシャンビューの小さなロッジ

20170815_12104220170815_12250120170815_121547

広い窓から眺められる島やビーチ、海の景色はとっても素敵で、ここでいただく朝食なんていうのもまたおしゃれです

20170815_12360920170815_12390720170815_121057


ハネムーンのカップルには、ぴったりのおしゃれロッジですね

さて、ここスチュアートアイランドの滞在中に、もう一つおすすめしたい、アクティビティがあるのですが、そちらはまた明日ご紹介します

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

私にとって未開の地!自然美あふれるサウスランドの絶景スポットをご紹介♪

こんにちは、アユミです

サウスランド視察旅行、盛りだくさんな1日目ダニーデンから始まり、
翌日は、早朝6時45分から朝食、そして、7時30分にはダニーデンを出発という鬼のようなスケジュールからスタート
眠たい目をこすりながら、Headfirst Travel社のラルフさんの運転するツアーバスに乗り込みます

サウスランドのキャトリンは、ニュージーランド南島の最南端に位置する地域で、一度も行ったことなく、私にとっては未開の地
これから出会える絶景の数々も、このときは全く期待しておらず、バスに揺られ、とことこ、とことこ、移動していきます



最初に到着した絶景ポイントはダニーデンから1時間半の場所にある《ナゲットポイント灯台(Nugget Point Lighthouse)》

切り立った岩場、ごつごつとした岩場に囲まれた場所にあるナゲットポイント灯台は、駐車場から約5分〜10分程度でいくことの出来る場所
その周囲を、ほぼ300度以上海に囲まれ、南北に伸びる海岸線の絶景が楽しめます
灯台の裏側のナゲットとよばれる部分には、ごつごつとした岩の小島(塊)が点在しており、周囲の海はとても綺麗なブルーをしています

20170814_09445320170814_094811

ここは、オットセイやアシカ、イエローアイドペンギン、ヘクターズ・ドルフィンなどの野生動物の住処にもなっていて、運が良ければ見れるかもしれません

次に向かった絶景ポイントは、《プラカウヌイ フォール(Purakaunui Falls Walk)》

ニュージーランドのネイティブブッシュを歩くこと約10分ほど、森林浴を楽しんだあとに現れる階段状の滝
ガイドブックなどにも掲載されるほど、このあたりでは、美しい滝として、人気の観光スポットだそうです

20170814_11121620170814_111613

次に訪れた場所は、《キュリオベイ(Curio Bay)》という場所

キュリオベイは、キャトリンズコースとの一部で、イエローアイドペンギンの生息地伴っている場所
ここにはとっても不思議なフォッシルツリー(Fossil Tree)、つまり木の化石が見られる場所でもあるのです

20170814_13062320170814_13020120170814_130729

残念ながら野生のペンギンは見られませんでしたが、とっても不思議なもの、今まで見たこと内景色を見ることが出来ました

実は、キュリオベイにも灯台があり、なんとそこは、シーライオン、つまりアシカの生息地なのです
なんとなんと、ここで、とうとう出逢いましたっ野生のアシカ大きなのが3匹一緒に寝ているのと、もう一匹、草の上に寝てました
10メートル以上の間隔をあけていないといけないので、近づくことは出来ませんでしたが、はっきりと動いているのがみえました

20170814_14080920170814_14140220170814_141631

、といろいろな絶景や自然、生き物などをみることが出来て、大満足のツアーを終え、この日は、インバーカーギルへと戻ってきました

こちら、ラルフさんの運営するツアー会社で、こういった場所に連れて行ってくれるオプションがあったり、
ダニーデンからレンタカーで自分で周ることも出来ますので、ニュージーランド旅行のリピーターさんには、とってもおすすめです

今回の移動ルート




※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ