素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

お助け情報

ニュージーランド航空のオークランドー羽田空港直行便10月28日からなくなってしまいます。。。><

こんにちは、アユミです

ここ数日、また冬が舞い戻ってきたのか、寒さが復活してきました
夕方の外吹く風が肌寒く、朝は、ざーざーと激しく降る雨、そして、時折やんだかと思うと、
空の晴れ間はあるものの、どこからともなくやって来た、たった一つの雲の塊が、また雨を降らすという。。。。

なんとも、やっぱり、ニュージーランドのお天気は変わりやすく、これがニュージーランドか
と慣れたような気もするのですが、突然の雨には、やっぱり慣れるのは難しいですね
こっちの人は、雨が降っても傘をささない人も多いようですし、最近気づいたのですが、
この前日本に帰ったときに買ってきた、風にも強い耐久性のある傘が、今朝、壊れそうになりました。。。。
日本国内での風には耐えられるけれども、ニュージーランドの風にはやっぱり耐えられないということなのでしょうか。。。

さて、ついつい、いつも前置きが長くなってしまうのですが、今日のお話は、
1ヶ月ほど前のトピックなのですが、以前、今年の6月頃に、
『ニュージーランド航空 羽田空港直行便 2018年7月から復活するようですよ!』というタイトルでブログを更新して、
2018年7月18日〜2019年5月2日の期間で、また、羽田空港ーオークランド間の直行便が利用出来る〜と喜んだのもつかの間、
なんと、約1ヶ月ほど前、9月19日頃のニュージーランド航空の発表により、2018年10月28日〜3月19日までの羽田空港便、運行中止になってしまったのです

>>詳細はこちら

理由は、利用していた機材の点検および、今後のサービス向上のため、羽田空港への出入りを一時的に中止し、
かつ、引き続き、今までと同じように多くのお客様にご利用いただけるように、オークランドー成田空港直行便サービスを追加したのです

8f994b9e


成田空港ーオークランド間で毎日運行されているNZ90便、NZ99便のほかに、
成田空港を夜の20時55分もしくは21時25分に出発して、翌日の11時30分もしくは12時時にオークランドに到着するNZ94便、そして、
オークランドを昼の12時30分、もしくは13時、13時10分に出発して、同日夜19時25分、もしくは19時55分、20時05分に成田空港に到着するNZ95便、
こちらの2便が、月、木、土に追加されたのです

Picture1

これは、すでに該当期間で、航空券の予約をしているお客様にも影響が出ているということなので、
この期間に、ご旅行予定のある方は、今一度、航空券の内容の変更がないか、ぜひ、チェックをしてみて下さいね

、とはいえ、首都圏にお住まいの方、そして、他県の空港からの乗り継ぎのある方、
とくに他県の空港の到着場所が羽田空港のみだったりすると、羽田空港から、国際線利用のある
成田空港への移動が発生してしまうので、やっぱりちょっと前と比べると不便になってしまいますよね

この先、機材の点検が順調にすすんで、羽田空港直行便が再開されることを願うばかりです


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド政府から発表!2019年後半からニュージーランド旅行にもETA(旅行ビザ)が必要になるそうです!

ブログをご覧の皆様、こんにちは

先日、2018年10月1日にニュージーランド政府から正式に発表のあった、ETAなるものの情報って、皆さんご存知ですか

ETAとは・・・Electronic Travel Authority System、つまり海外旅行の際に必要な電子入国許可証のことで、
日本では、電子ビザとか、イータスとか、そういったよび方で知られているかと思いますが、
オーストラリアを旅行したことのある方なら、皆さんご存知かと思います

Electronic Travel Authority System(電子ビザ)が、とうとう、来年2019年後半から、ニュージーランドへの渡航に際しても、導入予定となりそう、というのが今回の発表だそうです

<詳細>
【ETA導入開始時期と対象者】
ETA対象者:ニュージーランドへの入国にビザを必要としない渡航者
2019年後半 対象:飛行機でのニュージーランドへの渡航
2020年 対象:クルーズシップでのニュージーランドへの渡航

【ETA申請に必要な情報】
氏名、生年月日、パスポート詳細、緊急連絡先、パスポート写真、署名(犯罪暦、旅行の目的等)

【申請料金】
1人当たり$9.00-$12.50が検討されているそうです!

【ETA申請方法】
未定

【ETA導入の狙い】
・渡航者入国の際のセキュリティを強化し、移民のリスクを減らすこと
・密輸とバイオセキュリティのリスクに対処すること
・渡航者の旅行による体験をより発展させること
・ニュージーランドと他国との国際関係をサポートすること
などがあげられるそうです。

ニュージーランドへの入国をよりスムーズかつ迅速に行い、また、現在ビザを申請する必要のない渡航者の事前に審査、調査、することにより、
より早く、渡航者の情報を把握し、今後のニュージーランド渡航をより発展させていこうということが目的のようです

ニュージーランド政府の正式発表掲載ページはこちら

ここ数年、ニュージーランドへの旅行者は、とても増えていて、かつ、旅行のトップシーズンは、予約の動きがとても早く感じます

人気の都市のホテルはすぐに満室になってしまい、あとから予約を入れようとしても、遅かったーという経験があるかたも少なくないと思います

これからは、より、旅行予約の時期が早まることを考えると、このETAの導入が、2019年後半だとしても、
なんだか、あっという間に2019年になり、2019年の旅行を考え始める方にとっては、重要な情報だと思ったので、こちらでご紹介させてもらいました

皆さんも、ニュージーランド渡航を考えていらっしゃる方、ぜひぜひ、こちらの情報をチェックしてみて下さいね


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

旅行者の人も使ってみてください!ニュージーランドのクーポンサイトGrabone(グラブワン)!

こんにちは、アユミです

8月はニュージーランドの季節の中でも、もっとも寒いといわれる時期で、
今日も、昼間のオークランドは、風がぴゅ〜と吹いて、とても寒く、まだまだ春の訪れを感じるのは先になりそうです

寒いからか、お天気があまり良くないからか、若干の引きこもりがちになり、最近、旅行とか、観光っぽいこと出来てないな〜って、
ブログを書こうと思ったときにふと思います暖かい南の島か、ニュージーランドの最南端か、どこかへ行きたいlっ

今日は、最近よく使うクーポンサイトを、旅行者の皆さんにもご紹介したいと思います

Grabone

18767641_1788597617823232_1113936718333577357_n

ニュージーランド国内 最大級のクーポンサイトで、オークランドやウェリントン、クライストチャーチやクイーンズタウンなど、
各都市のレストランや、バー、カフェなどの飲食関連、スパやマッサージなどの美容関連、イベント、アクティビティ、旅行、
そのほか、住宅や車などに至るまで、わりと広範囲のクーポンが出ています

日本にもあるグルーポンみたいなサイトですね

Picture1

私は、オークランド市内のカフェやレストランで、よく使っているんですけど、
お気に入りのカフェが、半額になっていたり、通常の料金を払ってはなかなかいけない高級ビュッフェレストランなんかも、
たまーに出ているので、本当におすすめです

ニュージーランドに住んでいる方は、もうご存知だと思うので、
ニュージーランドに旅行に来られる、日本からの方は、旅行の際のランチや、ディナーなど、
ぜひぜひ、Graboneのサイトをみてみてもらったら良いかと思います

上手に節約をして、旅行を楽しみましょ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

5年に1度のあの時期!旅行者の方もご準備下さい!ニュージーランド国勢調査ー日本語記入例あります!−

こんにちは、アユミです

今日は、2018年3月6日(火)にニュージーランド国内にいるであろう皆さんは、要注意のお知らせです
これからご旅行に行かれる方、必ずご参考に、見て下さいね

なんのお話かといいますと、、、、
2018年3月6日(火) ニュージーランド国内に於いて、国勢調査(CENSUS)が行われます、というお話
国勢調査とは、皆さんもご存知のように、国の公式統計調査で、ニュージーランドでは5年ごとに行われ、
誰が対象となるかといいますと、該当日にニュージーランド国内に、居住または宿泊される方、すべてが対象となります

そのため、旅行で来られる旅行者の皆さんも、こちらの国勢調査に回答する必要があり、
滞在先のホテルなどで、突然、調査前日、又は当日に国勢調査の記入用紙がお客様に配られ、
お客様にご記入して頂いたものを、3月7日(水)の朝に国勢調査員がホテルにて回収予定となるそうです
※ホテルによって配布方法が異なる場合や、レセプションでの回収となる場合もございます。

国勢調査
※その他、資料全4ページ

皆さんには、突然のことで、驚かれないように、また、すべて英語での記入となるため、
事前に、日本語の記入例をご用意し、印刷をして持ってきていただけるように、こちらのページでご紹介をさせていただきました

2018年3月6日(火)
に、ニュージーランド国内に滞在を予定されている方は、
ぜひ、こちらのリンクより、日本語記入例を印刷して、ご持参下さいませ

<<ニュージーランド国勢調査 日本語記入例はこちら>>

ニュージーランド政府の規定により、国勢調査への協力、記入は義務となっております

どうぞ宜しくお願いいたします


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

あると便利!18+カード!

皆さんお待たせしました、Yuya です(*・ω・)ノ

今日はニュージーランドに留学ワーキングホリデーなど
長期で滞在される予定のある方に耳寄りな情報をお届けしたいと思います

この国、頻繁に年齢確認をされることがあります。
お店などでお酒を注文するとき、夜にカラオケに入店するとき、他にも色々と聞かれることが(´・ω・`)
それもそのはず、売る側は25歳より若く見えたら必ず年齢確認をしなくてはならないのですΣ(・ω・ノ)ノ
アジア人は特に年齢よりも若く見られるケースが多く、ものすごい確立で確認されます。
これが結構面倒で。。。(゚皿゚メ)

その時に有効な身分証明
パスポートニュージーランドの運転免許証、そして18+カードの3つとなります。

多くの人たちがパスポートを持ち歩いていると思いますが、
非常に危ない。落としたり盗まれたりした時の被害を考えても常に携帯していたいアイテムではないですよね
かといって学校帰りに急に友人に誘われたときに、身分証を持っていないと出来ることが限定されてしまう

そんな億劫な問題を一気に解決してくれるのが18+カードなんです!
hospitality_18plus

(http://www.18plus.org.nz/ より引用)

お財布のカード入れに入るサイズなのでかさばる事も無く、
パスポートを落とすかもしれない、と思い悩まされる日々からサヨナラできます
10年間有効なので、基本的に1度入手すればその後年齢化確認でのトラブルは無くなるでしょう

申請用紙はニュージーランドの郵便局に置いてあります。
申請に必要なものは、パスポート、ニュージーランドの住所証明、パスポートサイズの写真
たった3つです!
申請している間もパスポートは自分の手元に残るので心配する必要もありません
2週間ほどで住所証明に記載したところに届けられます
費用はちょっとお高めの$45 
永住を考えている方にとっては年間$4.5の出費(´∀`*)
1年の留学、ワーキングホリデーの方にとっては年間$45の出費(・ε・)

悩みどころですね安全安心を買える金額と捉えると、良心的なのかな?

詳しい情報はこちらからどうぞ(・∀・)つ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

私が密かに最近ハマッていることについてご紹介〜♪

こんにちは、アユミです

日本は、雪が降ったりと寒い冬かと思いますが、こちらオークランドは暑い夏、オークランドのみなさんいかがお過ごしでしょうか
昨夏に比べると、今年は比較的暑い日が多く、しかも日本の夏ににて、ちょっと湿気のある蒸し暑い夏をすごしています

大きな窓が西向きの我が家は、お昼過ぎから日の入りの夜20時半頃まで、西日の猛暑にやられ、
家の中よりも、外にいたほうが涼しいかもしれないくらい、熱がこもってしまって、いつもぐったりです
そんな暑い夏なのに、先日掃除をしていたときに、大切な大切な、今の時期なくてはならない、扇風機を倒して、しかも大胆に倒して、羽を折り、
もう2度と使えない姿にしてしまうという大失態をおかしました。。。チーン
新しいのを買おうかとも思ったのですが、いまさらかな、、、と思い、新しいのは買わずに耐えてます

そう、無理やり話を持っていきますが、私が最近、毎日欠かさずw見ているもの
それは、こっちに住んでいる人なら必ず知っている、生活必需品のようなウェブサイト『Trade me』

tm-logo-2016-594x116-v1

このマーク、こっちに来たばかりの留学生の方々や、ワーキングホリデーできた方も
もしかしたら、どこかでこのマークみたことあるかもしれませんね

もともと、料理が好きなのですが、最近は、オーブンにも使える鉄製のフライパン ふた付や、
熱い食器やおなべなどを置く、コルクのマットなどを購入どちらもオークション仕様だったのですが、
私しか、ビットする人がいなかったので、即落札

Picture2Picture2

実、扇風機も買おうと思ってオークションに参戦していたのですが、私がビットした15ドルほどから、数時間後には81ドルにまで跳ね上がり、あえなく断念

でも、最近は、なにか欲しいなっていうものがあれば、いつもTrade meをチェックして、
値段の安い、新品を探して、オークションしてみて、っていうのが日課になっています

日用品の販売だけじゃなくて、いろいろなカテゴリーがあるから、家電や家具、おうちまでも
そして、仕事探しや、友達探し、住むとこ探しなんかも出来るので、ニュージーランドへ来たばかりの人、新しい生活を始める人、とってもおすすめです

BlogPaint

楽しみながら、生活に必要なものをそろえられるので、私はとっても好きなのですが、
お買い物好きの人はちょっと要注意かもしれませんねウィンドウショッピング感覚で見ている間に、
ついつい、いつの間にやら、いろーんなものを買っていたっていうことにならないように気をつけてください

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ