素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

お土産

ニュージーランドのハロウィン事情2017

皆様こんばんは 不定期参加のNでございます

昨日は勤労感謝の祝日だった事もあり、今日出社しましたらJTB人生で見た事の無い数のお申込みを頂戴しておりましてこんな夜にブログ書きしております〜(うれしい悲鳴ですよ

10月後半という事で毎年恒例のハロウィン情報2017バージョンのご紹介

今朝出社しましたらJTBニュージーランドのオフィス内も
IMG_20171024_203302[1]


こんな感じでデコレーションしてる部署が(わ・・・・私もやらねば・・・

ニュージーランドはイギリス文化が強くハロウィンとなりますと結構本格的にやっちゃいます

最近は日本でも仮装したりで盛り上がってると聞きますが、Nの自宅にはお化けの恰好した子供たちが本当に「トリック オア トリート!?」とガンガンにやってきますので毎年1キロほどキャンデーを用意します。

家も結構飾りつけしますが、オークランドの市内中心部でおススメのハロウィングッズのお店は

IMG_20171024_203008[1]


ルックシャープ というお店。過去にここのブログでも何度か紹介しておりますが

IMG_20171024_203020[1]

IMG_20171024_203028[1]


いろんな仮装衣装や飾り付けをご購入頂けます。

皆様もオークランドにお越しの際は是非海外のハロウィングッズをお土産にいかがでしょうか?


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

激ムズ! でも超おすすめのオークランドのお土産 ♪

皆様こんにちは 不定期参加Nです

今日はちょっと面白くておススメなオークランドのお土産情報をご報告

先日ちょっと訳あってJTBニュージーランドオフィスから徒歩10分、オークランドのシンボル「スカイタワー」に行って参りました。

その際地下のお土産物屋さんで見つけたこれ↓

IMG_20171012_203020


スカイタワーの3Dパズル

Nはミニチュアが大好きで、子供のお土産 という名目の元早速購入!

スカイタワーの根本はこんな感じなんですが
IMG_20171013_135836


実際にお土産屋さんで完成品が飾られておりますがかなりリアルな再現度で、1メートル近くある大物

早速家で9歳の娘と作り始めましたが・・・・・

もおおおおんの凄く難しい!!!!!

ピースの数は72ピースという事でどうせアッという間に完成と思いきや箱に最低でも200分かかりますって書いてあり

中は細かい説明書が入っててパズルというよりはプラモデル。対応番号を型から外して差し込むだけなんですが(ノリなど不要と書いてます)それがもの凄く小さな穴にもの凄く小さな爪を差し込むので、こっち刺せばあっち抜けるの繰り返しでNも娘も「キ〜〜〜〜〜〜!」

という訳で遠慮なしにホットグルーガンと言う熱で溶ける接着剤をガンガンに用いて2時間後にやっと

IMG_20171012_233149


真ん中まで完成

ここから先は翌日にしようと決めてこの日は寝ました

で翌日仕事から帰宅すると接着剤があっちこっちに付いてましたが9歳児が一人で完成させておりました

IMG_20171016_211730


完成品はやはり大物ですがかなりリアルで大満足! 今はN一家の玄関に飾られております

でのど元過ぎれば楽しかったとなり、調べました所

museum


オークランドの博物館バージョンも(もっと難しいらしい)発見

これ絶対盛り上がりますしお値段もお手頃(スカイタワーは20ドル以下)なのでおススメです!

まずは弊社でスカイタワーの入場券をお買い求め頂き お土産にいかがでしょうか? (キ〜〜〜ってなりますけど


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

フルーツの街、クロムウェルからミセスジョーンズ

Kia Ora
N横です

IMG_6188

本日は南島からフルーツの街、クロムウェルをご紹介します。

クロムウェルはクイーンズタウンからおよそ50キロ、車で約50分程北上した場所にあり、
テカポやマウントクックへ移動する際の休憩スポットしても有名です。

こちらはゴールドラッシュの時代に金の採掘のために出来た街ですが、
現在は数多くの果樹園があり、果物の名産地となっております。

今回ご紹介するミセスジョーンズではニュージーランドの季節の果物をお安くご購入頂けます。
もしお立ち寄りの際は、長旅への備えとしてこちらで栄養チャージすることをお勧め致します。

また、沢山のドライフルーツも売っており、こちらは日本へそのまま持ち帰ってお土産にして頂くこともできますよ。
IMG_6185IMG_6190IMG_6191IMG_6192IMG_6193IMG_6195


因みに試食も出来ました
IMG_6186


Mrs Jones fruit orchard , Cromwell

また、ニュージーランドのお土産はこちらからもご購入頂けます♪
mygift


それではまた

ニュージーランドでも昆布が人気!?

Kia Ora
おはようございます、N横です

ニュージーランドでも昆布が人気??
seaweed


日本では旨味成分の元としても昔から人気の昆布ですが、海外ではあまり食べる文化がありませんでした。

最近は海外でも注目されておりますが、
ここニュージーランドでも健康に良いとして、画像の通り再注目されています。

ニュージーランドの綺麗な海で育った、自然製法のミネラルたっぷりの海藻、昆布は下記弊社お土産サイトからもご購入頂けますので是非チェックしてみてください♪

ニュージーランドの大自然で育ったミネラルたっぷり☆ケルプ☆
kelp


美しいNZの海から育ったミネラルたっぷり☆海藻サラダ☆
salad


NZの太陽ときれいな海の☆わかめ&昆布☆
wakame-konbu


<<JTBニュージーランドがおススメするお土産ページはこちら>>

それではまた

現地JTBニュージーランドがお届けするニュージーランドおススメのお土産

Kia ora
おはようございます、N横です

先日現地JTBニュージーランドがおススメするニュージーランド土産のショッピングサイトを公開致しました

BlogPaint


こちらのページではJTBニュージーランドがお勧めする様々なニュージーランドの商品を現地からご紹介させて頂いておりますので是非一度ご覧くださいませ

今回は数ある商品の中からマヌカハニーに関するものをピックアップしてご紹介させて頂きます。

honikeke


まず始めは以前にもブログでも紹介させて頂きました、JTBニュージーランド一押しのマヌカハニースイーツ<<ホニケケ>>です

こちらはJTBニュージーランドと人気日本食レストランSoi(ソイ)が共同で作り上げたオリジナルスイーツ
N横も何度か食べさせて頂いておりますが、マヌカハニーの味をしっかり楽しめる大変お勧めの一品です



マヌカパック


続きましては、数あるマヌカハニー商品の中からJTBがお勧めする一品。
ニュージーランドのダニーデンで50年以上の経験を持った養蜂家が育てた天然100%のマヌカパックです
こちらは4種類のフレーバーが楽しめるお得な商品となっております



beebio


続きましては、世界的にブームとなっており、日本でもブームになること間違い無しの蜂の毒を使った化粧品、ビーバイオです
こちらはアンチエージングの効果も絶大と言われております。
詳しくはお土産のページでチェックしてみてください。
<<こちらから>>



マヌカキューピー


最後にご紹介しますので、ニュージーランド限定マヌカハニーのキューピーちゃんです
キューピーちゃんとマヌカハニーのコラボレーション商品です。

商品に関しますご質問、ご要望等ございましたら下記お問合せページからお気軽にお問合せくださいませ
<<お問合せ>>

お土産ページは<<こちら>>から

それではまた

おすすめお土産紹介!ニュージーランド生まれのコーヒーをどうぞ♪

こんにちは、アユミです

いつもはおはようございますっから始まる私のブログですが、今日の更新がとーっても遅くなってしまいましたすいませんっ
朝から、オークランド郊外のEden Parkというラグビーの試合などが行われる大きなスタジアムで開催されていたイベントに参加してまいりまして、
そちらで、ニュージーランド北島の各地域からやってきた、ツアー催行会社の方々とお会いする機会があり、ニュージーランドの新しい観光情報を発掘してきました
これからどんどん、新しいパッケージツアーやオプショナルツアーを皆様へご紹介出来るように、準備していきますので、これからも『素敵なニュージーランド』を宜しくお願い致します

、という前置きから、話題はコロっと変わりまして、今日は、これからニュージーランドへご旅行に来られる方へ、オススメのお土産、ニュージーランド生まれのコーヒーを2つご紹介しますっ
以前のブログでも、ニュージーランドは、多くの腕利きのバリスタが集まるコーヒー大国であるとご紹介しました※そのときのブログはこちら
私も、ニュージーランドのコーヒーが大好きで、MOJOやESPRESSO WORKSHOP、Atomic Coffee、Habana Coffeeなどなど、好きなコーヒーがたくさんあります

今日ご紹介するのは、ニュージーランドのスーパーマーケットでも、お手頃の値段で買えて、お土産に最適なコーヒー

 ロバート・ハリス(Robert Harris)

ロバート・ハリスは、1952年、ニュージーランド北島のハミルトンという街のデリカテッセンから始まりました
当時の顧客であるヨーロッパからの人々のためのニッチな市場を意識したコーヒー豆のブレンドは、のちに、たくさんの人から支持され、コーヒー豆専門のお店となりました
1990年以降、ニュージーランドの各都市にカフェをオープンし、現在では、ニュージーランド国内で約40店舗ほどのカフェがあり、スターバックスなどに匹敵するほどの人気

ロバートハリスで使用されているコーヒー豆は、エチオピアを起源とするアラビカという植物を使用していて、このアラビカ豆は世界でもっとも流通している豆だそうです
アラビカ豆の中でもとくに良質なものを世界から集め、それをニュージーランドでブレンドしたものを、鮮度を保ったまま、焙煎しているとのこと

20160421_13260920160421_13260420160421_132834

この良質なコーヒー豆が、現在では、ニュージーランド各地のスーパーマーケットで、簡単に手に入り、
焙煎されたコーヒー豆だけでなく、インスタントコーヒー、プランジャー/フィルターコーヒー用にグラインドされたものが販売されています
ロバート・ハリスは、お土産での購入だけでなく、コーヒーにあったお食事を提供するカフェに立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね

 JED'S COFFEE Co

とってもとってもユニークな、ニュージーランド生まれのコーヒー JED'S COFFEE Co は、その濃さによって番号付けされたパッケージが特徴
はSmooth、はMedium、はStrong、はVery Strong、はExtra Strong、というように5段階の濃さに分かれています

JED'S COFFEE Co のコーヒー豆も、アラビカ豆を使用しており、インスタントコーヒー用のフリーズドライ、プランジャーやエスプレッソ用のグラインドしたもの、そして焙煎した豆、
さらにユニークなのが、お茶のティーバッグタイプのようにビーンバッグと書かれた商品があること

20160421_13263720160421_13264820160421_132803

インスタントコーヒーの香りよりも、グラインドしたての香りを好む方、そして、プランジャーやエスプレッソマシーンなどを持っていない方、
毎日忙しく、グラインドされたコーヒーをゆっくりと淹れる時間がない方には、このビーンバッグタイプのコーヒーが、きっとマッチするかと思います
そして、眠たい日や、すっきりしたい日、朝や午後、ご飯の後などなど、そのシチュエーションや気分によって、コーヒーの番号を替えてみるのも面白いですよね

さて、ニュージーランド生まれのユニークで美味しいコーヒーを2つ紹介させて頂きましたが、
これからニュージーランドに来られる方、また、現在こちらに来ていて、お土産に迷っている方、ぜひぜひ、こちらの情報を参考にしてみて下さいっ

ニュージーランド発の便利なもの♪お土産にもおすすめなシステマ(Sisutema)のご紹介!

おはようございます、アユミです

海外旅行といえば、そこでしか手に入らないものや、その土地発のオリジナルなものを買ったり、見たり、味わったりっというのが楽しみの1つですよね

今日は、以前から注目されている、ニュージーランド発の便利なものっ、お土産やプレゼントにもぴったりな、システマ(Sisutema)を紹介します
ブログの師匠オリジナルNさんも、最近、日本にいるご家族に贈ったところ大変喜ばれたそうです

システマ(Sisutema)は、ランチボックスや、食品保存用の大き目の容器、ウォーターボトルなどのプラスチック容器を製造しているニュージーランドのブランドで、
体に害の少ないプラスチックを利用して製造されているため、電子レンジでの利用にも安全で、安心な製品なんだそうです

DSC_0121DSC_0122DSC_0123

私の会社でも、このシステマの製品を使っている人がたっくさんいるのですが、サラダ用や、サンドイッチ用、スープ用など様々なタイプがあるので、お料理を選ばず、とっても便利

システマの製品は、今では、世界20カ国以上の国で現地販売を行っていて、日本では、『212 KITCHEN STORE』や『Plaza』などで見つけることが出来ますが、
このお写真の、サラダボウルにドレッシング用の容器の付いたタイプのものは、まだ日本では販売されていないとか

1107_656ml_medium_SoupMug_Microwave1142_Small_Soup_Microwave_Label1107_SoupMug_Microwave-Lid_Food_1
画像提供元:Sistema Plastics

ニュージーランド国内では、スーパーマーケットの『New World』や『PAK'nSAVE』、『Countdown』、生活雑貨を取り扱う『The Warehouse』や『Briscoes』、
キッチン用品を専門に取り扱う『Stevens』などさまざまなところで見つけることが出来るので、日本やその他の国では販売されていないタイプの容器もたっくさん
近くのスーパーマーケットで簡単に見つけることが出来るので、市内散策のときにでも立ち寄って、探してみて下さいね

勝手にランキング♪私の好きなクッキーのお話

おはようございます、アユミです

イースターホリデーが明けて最初のブログとなりますっ、皆様、お久しぶりですっ
最近は、ブログの師匠 オリジナルNさんにもたっくさん登場していただいているので、私ももっと頑張らねばっと思っております

さて、今日は、甘いものが大好きな(甘いものというか食べることが大好きな)私の、お気に入りのクッキーをランキングでご紹介しますっ
現地在住の方は、良くご存知のあのクッキー、皆さんも食べたことがあるかもしれませんねっ

それでは、こちらっ

 ニュージーランド発 Mrs Higgins Cookies(ミセス ヒギンス クッキーズ)

おばあちゃんの作る、オーブンを使った焼きたてのホームメイドクッキーをイメージした、ミセス ヒギンスの大きなクッキー
オークランドのメインクイーンストリートのちょうど真ん中あたりにあるお店からは、いっつもふんわりとした甘〜い香りと、クッキーの焼ける香ばしい匂いが漂ってきます
その匂いに誘われるように、たくさんの人がお店に立ち寄り、お好みのクッキーを買っていきます

そのフレーバーの数は、全部で約20種類ほどあり、私は、その中でも、ホワイトチョコ&マカダミアナッツと、ピーナッツバター&ミルクチョコがお気に入り
どちらもクッキーのふわふわとした食感に、チョコレートとピーナッツバターそしてナッツの食感が混ざりあって、
食べ応えもばっちり、味も甘さと香ばしさがあってとっても美味しいのです

20160323_13043720160323_13034320160323_130223

クッキーは、1枚2.2ドルとちょっとお高めですが、ときどき自分へのご褒美としてアフタヌーンティーのおやつ用に買っています

 ニュージーランド発 Cookie Time(クッキータイム)

ニュージーランド国内では、クライストチャーチ郊外に工場を持ち、クイーンズタウンのメイン通りにもお店をもつクッキータイム
それ以外にはお店はないですが、スーパーやコンビニエンスストアに行けば、必ずと言っていいほど見かける、とってもポピュラーなお菓子

こちらもホームメイドスタイルのクッキーで、クイーンズタウンのお店では、焼きたてのクッキーで、アイスクリームをサンドしたクッキーサンドが人気
あつあつ、さくさくのクッキーに、冷たいバニラ味のアイスクリームがとっても美味しいのです

スーパーで買ったクッキータイムでも、家の電子レンジで少し温めて、アイスクリームと一緒に食べれば、
クイーンズタウンのお店にいかなくても、クッキーサンドが楽しめますよね

20160323_12570720160323_12573420160323_125724

日本にも、2013年12月に東京の原宿にお店がオープンしたそうですが、私はまだ行ったことがないので、日本に帰ることがあったら、行ってみたいと思います

 オーストラリア発 Arnott's Farmbake Cookies(アーナッツ ファームベイク クッキーズ)

次は、なんとなんと、ニュージーランド発のクッキーではなく、オーストラリアで人気のお菓子メーカー、アーナッツのクッキー
アーナッツと言えば、皆さんが良く知っている、ティムタム(Tim Tam)を作っている有名な食品会社

そのアーナッツが出しているファームベイクというクッキーで、チョコチップや、ホワイト、ミルク、ダークなどのトリプルチョコ、チョコファッジなどのフレーバーのあるクッキー
手作り感のある分厚いかたちと、ちょっと固めの食感、そして、お手軽に買えてしまうお値段もあって、スーパーへ行くと、ついつい手にとってしまうクッキーです

20160323_12564820160323_125621

1袋の値段が3.5ドル、日本へ帰国されるときのお土産にもいいかもしれませんね

 番外編: Select Crackers Wheaten Rosemary(セレクト クラッカー ウィーテン ローズマリー)

実はこれが一番好きだったりするのですが、クッキーではないので、ランキングには入れませんでしたが、私の大好きなクラッカー
ワインとチーズが大好きなので、友達とパーティーをするときは、かならず、このローズマリーのクラッカーも一緒に買います

おそらく、人気なので、スーパーによっては在庫を切らしてしまっている場合も多く、このお写真も、ローズマリーじゃなくてオリジナル
でも、見た目はほぼ同じなので、すぐに見つけられるかと思います売っていればw

20160323_125749

リッツや、普通のクラッカーと違って、もっともっと食感が軽く、ローズマリーの風味が、チーズやサワークリームなどのディップと合ってとっても美味しいです
ニュージーランドのワインを楽しむときのスナックに、セレクト クラッカーのローズマリー味をお試し下さい

ご紹介したクッキーやクラッカー、ぜひぜひ、パーティーの差し入れや、ご旅行のお土産などの参考にして頂けたら嬉しいです

日本でも人気の『マヌカハニー』を使ったスィーツ『ホニケケ』のご紹介♪

おはようございます、アユミです

今日も、またまた食べ物のお話ですっ
いつもブログを見ていてくれる、日本の家族が、若干体調管理や健康状態を心配するほど、食ネタばかりの私のブログですが、
ニュージーランドは、ほんと〜に美味しいものがたっくさんあるということと、美味しいものを美味しく食べられる程、
元気に過ごしているということを、伝えたいので、レストランやカフェの食レポ、食べ物ネタ、どんどん発信していきたいと思いますが、
今日お話をするのは、日本でも今大人気の『マヌカハニー』を使ったスィーツのお話

JTBニュージーランドと、オークランド郊外レムエラ(Remuera)にある人気日本食レストランSoi(ソイ)が共同で作り上げたオリジナルスィーツ『ホニケケ(Honikeke)』
ニュージーランドの先住民族マオリの言葉で『ハニーケーキ』(そのままですね)を意味するホニケケは、ニュージーランド産のマヌカハニーをたっぷり使ったスィーツ

20160304_08184920160304_081912honikeke1

マヌカハニーは、抗菌作用に優れているため、口内炎やのどの痛み、花粉症や胃痛便秘、風邪などにも効果的バツグンな万能薬として、
とーっても人気ですが、そのまま食べると、ちょっと香りにクセが強く、『少し苦手、、、』という人もいるかと思います
でも、このホニケケは、マドレーヌのようなスィーツなので、クセはそんなに強くなく、かつ、マヌカハニーの風味を残した、とっても美味しいケーキ

私も、とっても好きなのですが、今回は、ホニケケを食べてみた感想を頂いたので、皆さんにご紹介したいと思います

T・Hさん(男性)
このホニケケは、美味しいです。基本的にしっとりと柔らかい食感ですが、ごくわずかに焼き菓子のサクサク感があり、シェフの微妙な感覚を感じました。
また、独特のマヌカハニーの尖った風味は感じないので日本人のどの年齢層にも受けそうなお菓子だと思います。

F・Hさん(女性)
(たまたまですが・・)ミルクなしのセイロンティーと一緒に頂きましたが、甘さ控えめ、しっとりしたホニケケとよく合い、美味しく頂きました。
和菓子とも洋菓子ともとれるホニケケは、緑茶とも、マヌカティーともよく合い、和が好きな方、洋が好きな方にも喜ばれると思います。
甘さ控えめなので、少し手間隙かけたマヌカハニーソースを添えて召し上がっていただくのもおいしかったです。
クックパッドで以前試しました。
http://cookpad.com/recipe/3235308

Y・Sさん(男性)
ニュージーランドに7年も滞在しておきながらホニケケ初めて食べました!笑
率直な感想として、日本のカステラを思い出す味でした。しかし、日本のカステラとは違い、マヌカハニーの甘すぎない味なので甘党ではない私でも、ペロッと食べてしまいました・・・
3時のおやつにおすすめです!

S・Kさん(男性)
マドレーヌと贅沢に使われたマヌカハニーのコラボレーション。甘いもの好き、マヌカハニー好きには堪らない一品でした。」

N・Tさん(男性)
過去に何度が食べましたが、前回は4分の1のピースだった為今回は久しぶりにしっかり頂きました所、ちょっと変化が感じられた気がします。
恐らく特にレシピなどは変えられて居ないとは思いますが、しっとり度合いが高かった様な印象を持ちました。
恐らくここは焼いたタイミング・袋詰めしたタイミング、そこからの経過日数等での変化かと思います。
しっかりハチミツ感が出てる辺りは引き続き「ホニケケ」の名を語るに辺り満足でした。

K・Kさん(女性)
マヌカハニーの程よい甘さで何個でも食べられるおいしさです!ニュージーランドのお土産で、買いたいものといえば、
マヌカハニーではありませんか!?ぜひ、お試しいただきたいです。1つ1つ個分けになっているので、お配りするのにも便利ですよ!

H・Iさん(女性)
始めは冷たいままで食べました。思っていたよりもサイズが大きく、1個でも満足感がありました。冷たいバージョンは、はちみつが苦手でも食べられるほのかに香るくらいでした。
温めるとはちみつがより香り、冷たいものとはまた違った美味しさでした。よりしっとりとして、とけていく感じでした。
マヌカハニーだと、イメージが苦めの感じだったのですが、ホニケケはそれを感じることはなかったです。とっても美味しかったです。

こーんな感じで、『ホニケケ(Honikeke)』を食べてみた感想を頂きました

『ホニケケ(Honikeke)』は、ガイドブックにも掲載されているので、ご覧になったことのある人もいるかもしれませんね

ニュージーランド旅行のオススメのお土産の1つでもありますので、これから来られる方は、ぜひぜひ、チェックしてみて下さいね

ホニケケのお問い合わせ・ご注文はこちらから

ニュージーランドのフルーツをまるごとパック♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランド産のフルーツといえば、皆さんが思いつくものは何ですか

私はですね、まずはもちろんこれっキウィフルーツ
世界でもトップに入るほどの生産量を誇り、日本のスーパーマーケットでも”ニュージーランド産”という表示をよく見かける代表的な果物

f7e5d828
アユミのキウィフルーツネタブログはこちら

そして、もうすぐ、3月頃になると、収穫の時期を向かえニュージーランドのスーパーに並び始める果物、『フェイジョア』
世界で最大の生産量を誇るニュージーランドのフェイジョアは、気候が適していない為、日本での栽培は出来ないそうです
日本のなしのような食感と、マスカットのような味はとーっても美味しく、フェイジョア味のサイダーなどもとっても人気
ちなみに私は、去年の今頃、まだフェイジョアの存在を知りませんでした

Pictur
アユミのフェイジョアネタブログはこちら

そして、そして、こちらは最近ニュージーランド産であることを知ったのですが、
オークランドにあるアイスクリームやさんのフレーバーでもよく見かけるフルーツ『ボイズンベリー』
ラズベリーに似た見た目、同じバラ科キイチゴ属の果実であるボイズンベリーは、ニュージーランドでは、とくに、南島の北側ネルソンで多く栽培されているそうです

Boysenberries

ニュージーランドに来られたら、ぜひぜひ、ニュージーランド産の果物を食べてみて頂きたいのですが、
この、ニュージーランドを代表する果物たちを、まるっっとパックにした、お土産にもぴったりなチョコレートを頂いたので、ご紹介します

Supremely Gourmetという会社が販売している『Fruits Of New Zealand』というチョコレート
ミルクチョコとダークチョコの中に、キウィフルーツ、フェィジョア、ボイズンベリーのジャムが詰まったチョコレートで、10個入り$9.95、20個入り$19.95で、販売されています
小分けになっているので、お土産に持ち帰って配るのにもぴったりで、値段もそんなに高くないので、いくつか買っていっても大丈夫

Pict20160215_171216

オークランドでは、百貨店のFarmer'sやSmith & Caughey'sで見つけることが出来ます

このチョコレートをくれた方がおっしゃっていたのですが、地元の人からも人気でオススメなチョコレートなんだそうです
これから、ニュージーランドにご旅行に来られる方、お土産になにを買おうか迷われている方、ぜひぜひ、参考にしてみて下さいね
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ