素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

オーガニック

日曜日のおすすめお出かけコース♪〜クリブドン マーケット編〜

こんにちは、アユミです

昨日のブログの連休ネタに続きまして、今度は、おすすめの日曜日おでかけコースのお話をしたいと思います
快晴の連休2日目、ドライブがてら向かった先は、人気のあの場所

20161023_121937

オークランド市内中心部から南東方面へ約40Km、車で約1時間ほどのところにある『Clevedon(クリブドン)』という街では、地元の人だけでなく、
オークランドや周辺の街からもたっくさん人が集まる、人気のファーマーズマーケットがあります
このファーマーズマーケットは、毎週日曜日の8時30分から午後1時まで開催されていて、週1回だけともあって、たくさんの人が訪れます

クリブドンの街の中心から、少しそれた草原地帯、なーにもない場所に、突然、広い駐車場と、人で賑わうマーケットが現れます

20161023_11012820161023_110212

マーケット内もとっても広く、地元の人が出店するお店でぐるりと囲まれた芝生には、牧草で作られたイスや、休憩用のテーブル、そして、音楽の演奏が素敵な休日を演出します

20161023_11042520161023_11121820161023_112531

デリカテッセンのお店やチャツネ、ジャム、スパイスなどのお店、手作りオーガニックジュースのお店、チーズ、野菜などなど、たっくさんのお店が並び、
朝食やランチにもぴったりの、釜焼きピザやさんや、ホットドック、クレープ、日本の餃子、などなど各国の料理が揃ったお店が並んでいます

20161023_11123320161023_11255020161023_113957

私は、この日は、ランチに、オーガニックのジュースと、ホットドック、チリの名物料理エンパナーダを買って食べ、
その後、家のバルコニーで育てる用に、野菜の種を数種類買いました

素敵な休日の朝に、ファーマーズマーケットはとってもおすすめですよ

さてさて、日曜日のおすすめお出かけコースのご紹介なのですが、今日はここまでで、明日はこの次のお話をしたいと思います

自然派茶園『ZEALONG TEA ESTATE』で優雅にアフタヌーンティー

おはようございます、アユミです

以前、こちらのブログで、師匠のNさんにご紹介頂いた『Zealong Tea Estate』のアフタヌーンティーですが、私の友人の中にも、
ジーロンのアフタヌーンティーへ行ったことのある子がとても多く、とっても気になっていたので、私も先日行ってきちゃいましたっ

Nさんご一家の旅行記ブログはこちら

ジーロンのアフタヌーンティー(ハイティー)は、一番上の段と真ん中の段がマカロンヤムース、チョコレート、スポンジケーキなどのスィーツ、
一番下がフィッシュフライやブルーチーズのタルトや、カレーなどのセイボリー風のお食事が並ぶ3段重ねで、彩りがとっても鮮やかなだけでなく、
ほとんど全てのお料理に、ジーロンのオーガニックティーが使われているという、こだわりの強い、かつたくさんの人に人気の1品

私のお気に入りは、ブルーチーズのタルトとフィッシュボールの入ったカレー、そしてお茶の味のするクリームが入ったピンク色の可愛いマカロン

IMG_9562IMG_5666

こちらのお食事に、ジーロンのオーガニックティーがついてきます
グリーンティー、ピュアティー、アロマティックティー、ダークティー、ブラックティーの5種類から選ぶことが出来るので、
何人かで行けば、飲み比べ〜なんてことも出来ちゃいます

IMG_5652IMG_5661

この日はとってもお天気が良かったので、青い空と、広〜い緑色のお茶畑を眺めながら、美味しいアフタヌーンティーを頂き、のんびりとした時間を過ごすことが出来ました

IMG_5651IMG_5648

ジーロンは、毎週火曜日〜日曜日まで開園しているのですが、週末はとくに地元の人だけでなく、遠くの街からくるお客様で大変混み合うそうです
というわけで、こちらのブログから事前予約が出来るようにしましたので、アフタヌーンティーをされる方は、ぜひぜひ、事前に予約をどうぞっ

ジーロン アフタヌーンティーのご予約・お問い合わせはこちらから

N一家の2泊3日家族旅行 ー 最終章 ハミルトン ジーロン編

皆様おはようございます、Nです

先週から引き続きN一家の旅行のご報告の最終章となります。

この日はハミルトンに宿泊した目的の一番大きな要素として「行ってみたい場所がある」でした。

そこは「ZEALONG」(ジーロン)と言う名のお茶園

ハミルトンの市内中心から車で15分の場所にある所で、NZで最も厳しいとされる「オーガニック基準」をクリアした最高級のお茶を栽培・加工する施設で、ここではお洒落な「ハイティー」がお楽しみいただけます。
Dsc03778

駐車場から入り口までは龍を象った茶具(?)の銅像が並んでおります(全部形が違う

通常ニュージーランドでは「ワイナリーで眼下に広がるブドウ畑を見ながらワインを・・・」が良くある風景ですが、ここジーロンはそれのお茶バーション
Dsc03779

眼下に広がるお茶畑を見ながら最高級のお茶を頂きます

これはですね・・私の様な下戸は何時もワイナリーでは居場所が無く、子供にも・・・なのですが、ここジーロンは7歳の子供も絶賛のお茶を「優雅」に「ジックリ」頂く至福の一時をお楽しみいただけます

各テーブルには専用の釜(?)が設置されてて何時でも自分でお替りが出来る仕組み
Dsc03788

スタッフさんが合計五種類あるお茶の説明を詳しくしてくれまして、日本人的には4種類を選んで家族で全部試してみる作戦にしてみました この匙一杯で8杯分のお茶が出るそうです。
Dsc03783


40代半ば夫婦、10歳と7歳のN一家全員一致でちょっと香りがある「アロマティック」のお茶が一番美味しいと感じましたがイヤイヤ緑茶も捨て難い・・・でもウーロン茶も芳醇よね・・・と1位が決まらないお味です。

そんなオーガニックの高級茶を飲みながら・・・
Dsc03791

出して頂いたハイティーに子供達は目が真ん丸
美しい色使いの一口大の小さな物が沢山と言う天国の様な一品を楽しみます

他のお客様には申し訳ないですが・・・私達ここで1時間半マッタリさせて頂きました

その後ジーロンのスタッフの方の計らいでお茶摘みも少しさせて頂きました!
と言っても本当の畑に私達が10メートル以内に近づいたら・・・それはもう「オーガニック」と呼べなくなってしまいます(と言う程ニュージーランドのオーガニック基準は厳しいんです・・)

と言うわけでお客様用に
Dsc03795

お茶の植木が植えられており(ポツポツと点在してる奴です) お茶の葉を数枚摘ませて頂きました

その間お茶の歴史や「どうやって植物検疫の厳しいニュージーランドに?」等のレクチャーを頂きましたが・・・そもそも皆様、お茶って「椿の仲間」ってご存知でした
会話の中に何度も「カメリア(椿)」と言う単語が出てくるのですがちょっと驚いてしまいました!

合計約3時間ここでゆっくりと至福の時を楽しみ、残念ですがN一家の旅行は終わりとなりました 2時間後には家で慌てて炊いた米を食べると言う現実に戻ってしまいました・・

今回2泊3日でオークランド〜マタマタ〜ロトルア〜ハミルトンを旅しましたが、一度の移動距離は最高でも2時間ですのでお子様連れや長距離移動が苦手な方にも無理無くご旅行頂けるモデルパターンになったかと思います。

今回の2泊3日のお手配は勿論JTBニュージーランドでお手伝い致しますので同じ動きをされたいお客様は是非お問合せ下さい (その際は「N一家と同じ内容で・・」でリクエスト下さいね!)






週末の朝を素敵に過ごす☆ファーマーズ・マーケットのご紹介

おはようございます、アユミです

突然ですが、ニュージーランドのイメージといえば、何ですか
広大な土地?まっすぐ伸びる道路?ヒツジ?自然?田舎(笑)?野鳥?湖?
いろいろなイメージがあるかと思いますが、どれも『豊か』とか『キレイ』とか『安全』とか
そういった言葉を連想させるイメージが多いのではないかと思います

ニュージーランドは、オーガニックの食品や自然そのままの素材をいかした物が多いのが特徴
その1つとして、とても人気なのが、各地区で開催されているファーマーズ・マーケット
ファーマーズ・マーケットとは、野菜やフルーツなどのオーガニック食品の販売や、それを利用したワインやジュース、
そして天然酵母のパンや、チーズなどの乳製品の販売だけでなく、雑貨や家具、衣類などを販売している
大きな市場(マーケット)のことで、各地区で毎週決まった曜日に開催されています

今日は北島にあるファーマーズ・マーケットを2箇所ご紹介いたします

フレンチスタイルマーケット(La Cigale French style Farmers Market)

2015-05-24-11-12-29_deco2015-05-24-11-17-31_deco2015-05-24-11-14-28_deco

毎週土日に開催されるフレンチスタイルマーケットは、
数多くのオーガニック野菜やフルーツが並ぶマーケットの外、そして、チーズやオリーブ、パンなどのお店がならび、
中のカフェでは、すでに多くの人が週末の朝食を楽しんでいました

フレンチマーケットという名前のように、チーズやオリーブだけでなく、フレンチクレープも大人気
そして、カフェの横には、フランスから取り寄せやたくさんの種類のワインショップもありました

2015-05-24-11-21-46_deco2015-05-24-11-22-55_deco2015-05-24-11-26-15_photo

その他、オーガニックの石鹸や、キッチングッズを販売している可愛らしい雑貨屋さん『La Cigale』
この日、私は、大好きなアーモンドクロワッサンを購入して帰りました

フレンチマーケットの詳細はこちら(英語のホームページ)

オークランド パーネル フレンチマーケットの場所はこちら


クリブドン ヴィレッジ ファーマーズマーケット( Clevedon Village Farmers' Market)

2015-05-10-10-19-39_deco2015-05-10-10-20-43_deco2015-05-10-10-22-22_deco

オークランドから車で40分のところにあるこのマーケットは、広い芝生がしかれたグラウンドに、
たくさんのお店が並び、その一角のステージでは、ミュージーシャンが歌を歌い、とても楽しい雰囲気に包まれた郊外のマーケット

こちらはオーガニックの野菜コーナーよりも、チーズや生ハム、ソーセージ、ヨーグルトや、
天然酵母のパンや、それに塗るチャツネやジャムなどのお店が多く見られました

こちらも朝から多くの人が来ていて、とくに子供連れのご家族が多かったように思います

2015-05-10-10-52-57_deco2015-05-10-12-26-31_deco

この日の朝食は、オレンジやベリー、セロリなどが入ったスムージーと、手作りのホットドック
青い空の下で、体にいいものを食べるって、とっても素敵ですよね

クリブドンヴィレッジ ファーマーズマーケットの詳細はこちら(英語のホームページ)

クリブドン村 ファーマーズマーケットの場所はこちら


素敵な週末の朝に、ファーマーズマーケットはいかがですか

皆さまも、このほかに、お気に入りのファーマーズマーケットがあったら、ぜひ、教えて下さい

コロマンデル半島でハイキング♪『ツインカウリ&マウント パク編』

こんにちは、アユミです
今日は、昨日に続きましてコロマンデル半島のご紹介をしたいと思います

カセドラルコーブを出発して、次にツアーが向かった先は、『Colenso(コレンソ) Cafe』
こちらでは、コーヒーは認可を受けた豆を使用したこだわりのもの、また、
地元の作物を使用したキッシュやサンドウィッチ、パニーニ、ケーキを毎日店内で作っている、
ヘルシー志向のカフェなのです

IMG_2372IMG_2379IMG_2380

店内はカフェだけでなく、手作りの雑貨や家具、手作りのジャムやチャツネなどの販売もありました
お天気がいい日には、お庭にある席でランチを頂くのがおススメです
P1010279IMG_2381

さて、ランチの次に向かったのは、『ツインカウリ』の保護区に指定されているハイキングルートです
2本仲良く並んだカウリの木が、入り口の前にどーんと立っているのがツインカウリ
約20分程の軽いハイキングですが、カセドラルコーブまでの道のように舗装されているわけではないので、
ときどき現れるオレンジ色の三角形の目印を辿りながら歩くのですが、途中、なんとピンク色の
矢印もでてくるのでこの矢印には注意して下さいこの先の道、少し入ってみたのですが
とても険しくなっていたので、敢え無く戻ってきましたこのピンクの矢印の意味は
謎に包まれたままです
ハイキングツアーでは、このツインカウリの木を外から眺めるかたちとなりますが、
ご自身で行かれる方、植物や自然を好まれる方は、カセドラルコーブのハイキングルートよりも、
こちらの道のほうが楽しめるかもしれませんね
IMG_2387IMG_2391IMG_2390

最後に私たちが向かったのは、タイルアの街から見えたマウントパク
こちらも眺望が素敵なハイキングスポットです
IMG_2300P1010300P1010296

カセドラルコーブやツインカウリのハイキングコースとはまた違った感じで、
最後は険しい岩場を登るのですが、きついハイキングを乗り越えたその先にはとても素敵な景色が待っています
ニュージーランドの南島で人気のクイーンズタウンの眺望も素敵ですが、
それに負けないぐらいの絶景でした

コロマンデル半島は、私たちが訪れた場所以外にも、綺麗なビーチや登山コースなどがたくさんあり、
ニュージーランド 北島の美しい自然を全身で体感出来る素敵な場所でした
まだまだ、すべてを見尽くせませんが、興味を持って下さった方は、
ぜひこのカセドラルコーブハイキングツアーにご参加してみてくださいねっ

カセドラルコーブハイキングツアーの詳細はこちら

マタカナでお気に入りのワインをみつけましょう♪

こんにちは、アユミです

今日は、マタカナツアーのメインイベント、ワイナリー巡りのご紹介をします

ワイナリーツアーでは、3箇所のワイナリーを巡って、ティスティングをします
行く場所は時期によっても変わってしまいますので、ツアーの内容としては、
ご紹介できないのですが、今回、私たちは、この日のスペシャルガイドさんが
おススメする3箇所のワイナリーに行きました

まず1つ目は、ハイペリオン【Hyperion】という、小さなワイナリー
ギリシャ神話に登場する神様の名前の名前が付いたワイン、
ピノグリスという白ワインから始まり、シャルドネ、赤ワインのピノノなどなど
約4種類のワインのテイスティングをさせて頂きました

ピノグリは辛口すぎず、私の好きな少しフルーティな味、シャルドネはワインの樽の風味がする少し深い味、
赤ワインもすっきりと飲みやすいものが多く、とても美味しかったです

IMG_2239IMG_2240

2つ目は、小高い丘の上にある、オハマベイ ワインヤード【OHAMA BAY】
マタカナの街を見渡せる場所にあり、ワインやお食事を楽しみながら、素敵な景色をみてのんびりできます

ここでも白ワイン、赤ワインとテイスティングをしましたが、
ここでは一番最初にティスティングをした、スパークリングワインがとっても美味しかったです
IMG_2243IMG_2244IMG_2249
IMG_2258IMG_2259

3つ目は、素敵なカフェとお庭をもつブリックベイ【Brick Bay】
ここのワイナリーは、ここで作られているブドウだけを使用しているため、
出荷量も少なく、地元のレストランなどでしか味わえない、希少価値の高いワイン
ランチを食べたカフェは、オーガニックでとてもヘルシーなお料理を頂けます
IMG_2271IMG_2273
IMG_2276IMG_2274

私の一番のお気に入りは、ハイペリオンのピノグリス
もちろんそちらを購入して、帰ってきました

マタカナツアーでは、3箇所のワイナリーをめぐりますが、
みなさまのお車でいかれましたら、好きな場所を巡ることができるので、
お気に入りのワイナリーを見つけたい方は、ぜひお車でいかれることをお勧め致しますっ



マタカナ サタデーマーケットに行ってきました♪

こんにちは、アユミです

昨日に引き続きまして、今日はマタカナのサタデーマーケットをご紹介します

こちらは残念ながら、マタカナのツアーの中には入っていませんが、
ファーマーズマーケットが好きな方、オーガニックなどの新鮮な農産物や食品が好きな方、
ショッピングが好きな方には、見逃せない観光スポットとなっています

ハニーセンターから車を走らせること約15分、マタカナの中心につくと、
サタデーマーケットの看板が見つかります
IMG_2237IMG_2236

マーケットは、毎週土曜日 8時〜13時までオープンしてます

中に入ると、まずは自家製オリーブオイルやアボカドオイル、シリアルを売っているお店や、
手作りチャツネ(果物や野菜などをつかったソース)のお店試食もたくさんありますよっ
IMG_2227IMG_2228IMG_2229

手作りパンやペストリー、パウア貝のフリッター、オーガニックのコーヒーやさん
私の大好きなフレッシュオイスターのお店もありました
IMG_2235IMG_2234
IMG_2233IMG_2232 

マーケットの中には、数は少ないですがテーブルやイスもあるので、ふらふら〜っとお買い物をしながら、
気になった食べ物やコーヒーを買って、ゆっくり座りながら休憩することも出来ます
IMG_2231

それぞれのお店がとても個性的に飾られていて、地元の方もとてもフレンドリーな方ばかりで
とても素敵な場所でしたココにしかない雑貨や食品など、マタカナのマーケットに来る価値は大いにありますっ

マタカナへは、バスで行くことも可能ですが、ハニーセンターなどいろいろなところに
立ち寄ったりする場合や、たくさんお買い物をされる方は、やはり車で行くことをお勧めいたします

マタカナサタデーマーケットの詳しい情報はこちら



インターシティバスの詳しい情報はこちら(英語サイトになります)
The KowhaiConnection バスの詳しい情報はこちら(英語サイトになります)

さてさて、次回は、マタカナツアーのメインイベントマタカナワイナリーのご紹介をしますっ

では、また明日
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ