素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

オーストラリア

ニュージーランドのサマータイムが終わりました♪他国との時差は?

おはようございます、アユミです

4月3日(日)の夜中2時をさかいに、ニュージーランドのサマータイムが終わりました

夜中3時になった瞬間に、時計の時刻は2時に1時間戻り、スマートフォンの時計などのデジタル時計は、おそらく自動的に、1時間、時間を戻してくれたんじゃないかと思いますが、
ニュージーランドにお住まいの皆様は、もちろん、もう既に、時間を1時間戻していますよね
サマータイムのままの時刻だと、実際は1時間前の時間なので、出勤時間を間違えてしまうっ、大事な約束の時間に遅刻してしまう、なーんてことにならないようにチェックして下さいね

f3398074d33e93b7763a6f415b8a080a_s

さて、ニュージーランドのサマータイムが終わった、ということは、日本とニュージーランドの時差も、昨日から変わっているんです

これから旅行にこられる方も、日本を出発されて、飛行機でニュージーランドに到着されたとき、『あれ?日本とニュージーランドの時差って何時間』と思うことがあるかと思います
サマータイム時のニュージーランドと日本の時差は、時間、ということは、サマータイムが終わると、時差は時間になったということになります

ニュージーランドの周辺で、同じくサマータイムを採用している国・都市は、お隣のオーストラリアのメルボルンやシドニーで、ここはニュージーランドのサマータイムの時期に関わらず、時差は2時間
逆に、サマータイムを採用していない、ケアンズやゴールドコースト、ブリスベンでは、ニュージーランドとの時差が、サマータイムの時期で3時間、サマータイムではない時期で2時間になります

近年、日本から旅行をされる方で、オーストラリア経由で来られる方も多いため、オーストラリアのサマータイムに関してもご紹介をしましたが、
これからニュージーランドを旅行される方は、フライトの時間はとくに、時差の関係で、お間違えにならないように気をつけてくださいね

その他、サマータイムのある国はこちら【色が付いているところ】
2016
画像元:Daylight Saving Time Around the World 2016

ニュージーランドは、これから次第に、秋、そして冬へと移り変わっていくニュージーランドですが、次回のサマータイムは2016年9月25日(日)

それまではしばらく、日本の秋、冬の季節となり、肌寒くなることも多くなりますので、防寒対策をしっかりとして、ニュージーランドへお越し下さい

人生初のラグビー観戦!やっぱりオールブラックスは強かった♪

おはようございます、アユミです

先週末に、人生初のラグビー観戦をしてきました
ニュージーランドといえば、ラグビーが盛んな国で、世界一のチーム オールブラックスは皆さんもご存知ですよね

ニュージーランドに来たら、一度は見てみたい!!と思っていたラグビー観戦もそのチャンスなく過ぎてきてしまいましたが、
なんとなんと、先日のニュージーランド オールブラックス VS オーストラリア ワラビーズのチケットが手に入ったので、見に行ってきました

正直なところ、ラグビーは、ルールも知らないですし、オールブラックスの選手すら知らないですし、体格のいい選手達がぶつかり合う
くらいにしか思っていませんでしたそれでも注目すべき、オールブラックスの選手達のマオリ族伝統の踊りハカはとーっても楽しみでした

私がとったチケットの座席は、コーナー席、Wの21番ということで、かなりフィールドから近い席での観戦にテンションがあがりますっ
会場で配られていた『Go All Blacks』の紙の応援旗は、じゃばらに畳んで、メガホンみたいにっ

11050668_907249192695467_7935650041212635528_n11898655_907249239362129_3781782376450073903_n11885322_907248889362164_5714631863589636659_n

どんどんと人が集まってきて、あっという間にほとんどの席が埋まっていました
黄色いユニフォーム、黄色いアフロのかつらをかぶったオーストラリアチームのファンもちらほらいましたが、ほとんどが、ニュージーランド オールブラックスのファン

試合の風景をちょっことだけ公開(私の携帯電話の画質が悪くてあまりきれいにみれませんが、、、雰囲気だけでも)


体の大きな選手達のぶつかり合い、そして少しでも前にボールを運ぶ為の(きっとそういう戦術、、、)パスワーク
ラグビーのゲームが、こんなに迫力があって、展開がとても速くて、試合から目が話せないものだなんて思っていませんでした

最初は押され気味に見えたオールブラックスも、次々とタッチダウンを決め、ゴールキックをするダニエル・カーターは絶対にゴールをはずさないし、
あれあれあれっという間に、オーストラリアとの点差はどんどん開いていきましたっ
試合の流れがオールブラックスにむいてくると、オールブラックスのファンはみーんな立ち上がり、テンションはMAX

最後の最後まで、興奮がおさまらないまま、オールブラックス 41 VS 13 ワラビーズでオールブラックスの圧勝

人生で初めて見に来たラグビーの試合で、オールブラックスの強さに魅了されてしまいましたっ

こういった大きな試合がオークランドで開催されるのは、1年に2回程しかないそうなので、絶対来年もチケットをとって見に来ようと思います

余談ですが、TEAM ALL BLACKSというウェブサイトから、メンバー登録をすると、事前購入のお知らせが受け取れますよ皆様もぜひ〜〜っ

ニュージーランド、知ってる?

ニュージーランドって、日本でどれだけ知名度があるんだろう・・・。
私も、ここニュージーランドに来る事になるまでは、Out Of 眼中(ふるい・・・)。
というか、そういう国があったことすら忘れていた(なんでこの国に来てしまったのか・・・?)。
旅行で語られるときも、オーストラリア(+ニュージーランド) って感じ。
国旗も、オーストラリアの星を赤にしただけ・・・みたいな。

みなさん、そもそもニュージーランドって、どこでしょう?
ニュージーランドの国旗 ニュージーランドの国旗
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ