素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

オーバーナイトクルーズ

大自然の中をクルージング♪ミルフォードサウンドクルージング&マリナーオーバーナイトステイのご紹介

おはようございます、アユミです

すっきりと晴れているオークランド気温は6度と低めで、とっても寒く感じますが今日は1日いいお天気のようです
ここ最近曇りや雨の日が多かったのですが、金曜日の今日、そして、月曜日はクイーンズバースデーのため祝日となり、明日からの3連休の間はずっとお天気が良さそうです

さて、昨日のブログで、憧れのお城ステイというちょっと変わった滞在をご紹介しましたが、今日もまた南島のトピックスで、今度は、クルーズ船ステイをご紹介します
南島で最も人気といえるリゾート的な観光都市『クイーンズタウン』から、こちらも最も人気の観光スポット『ミルフォードサウンド』のクルージング
南島の南西部、フィヨルドランド国立公園に位置する、ミルフォードサウンド(入り江)へのクルーズツアーは、乗船場からのマイターピーク(Miter Peak)の写真が
多くの旅行ガイドやパンフレットなどで使われているので、皆さんもどこかで見たことがあるかもしれません

1238005_510015235752200_1026078559_n946962_510015269085530_1238885303_n

乗船後、クルーズを開始した船は入り江の中を進んで行き、途中、ウェアリー・フォールズとよばれる滝を見るのですが、私が行ったときは、雨が降った後の快晴のため虹が出ていました
そして、シールポイントという場所では、オットセイの群れを見ることが出来ましたそして、スターリング・フォールズという大きな滝の真下まで近づきます

1001256_510015429085514_1115578253_n1238232_4668344485696_1981049431_n547708_510015819085475_245557194_n

壮大で迫力のある山々を周囲に、滝やオットセイ、運が良ければペンギンやイルカなども見ることが出来る、ミルフォードサウンドのクルージングですが、
ここ最近、人気になってきているのが、 『ミルフォードサウンド マリナー オーバーナイトクルーズ』という、クルーズ船で1泊することの出来るツアー 

RJ_Vol9_95RJ_Vol9_68

通常のクルージングに加えて、カヤック、もしくは小型船で行く、周辺の散策もとっても貴重な経験となります
船は、客室やレストラン付きで、オーバーナイトクルーズは、レストランでのビュッフェディナーと朝食が付いてきます
クルージングとカヤックのアクティビティ、大自然の中で停泊する船の中での滞在の夜はニュージーランドの素敵な星空もお楽しみ頂けるかもしれません

催行会社であるReal Journeys(リアルジャーニーズ)が提供するイメージ映像があるので、宜しければご覧ください



どうですかミルフォードサウンド、行きたくなってきてしまいますよね
これから南島クイーンタウンへの旅行を計画される方は、ミルフォードサンドへのツアー、ぜひぜひ行ってみて下さいねっ

 ミルフォードサウンド1日観光 クイーンズタウン発(日本語ガイド付)の詳細・お申込はこちら

ミルフォードマリナー オーバーナイトクルーズの詳細・お申込はこちら

ミルフォードサウンド

DSC01791DSC01795
朝起きたら、外の風が一気に目を覚ましてくれました
お向かいのマリナー号も既に出発体制です!

DSC01800 


朝食はこちらの温かいメニューとコンチネンタルの内容。
これだけでお腹いっぱいなのに...あると食べてしまいますよね




DSC01807DSC01810DSC01811DSC01813
からお分かりになるかもしれませんが、本当に波が穏やかなんです。

DSC01817


アザラシの赤ちゃんの群れにも遭遇





DSC01818ミルフォードサウンドといえば、
豪快に落下する滝に船が迫るのも必見の一つ







DSC01819近づいてきました





雨量により、翌日の滝の具合も全く異なります。
その為、近づいてもぬれない為のウォータープルーフジャケットを用意した方が良いですよ


以上長々とお伝えしましたが、ミルフォードサウンドは、一生に一度は行ってみたいと言われるのが
良く分かった、世界遺産の場所でした。

ミルフォードサウンド

DSC01769DSC01770DSC01771DSC01772




ミルフォードワンダラー号は、マリナー号と平行するように、あるポイントヘ向かいました。

そこで、アクティビティを選択出来ます。

まずは、当日一番人気だったカヤッキング
私も参加しました。
因みに、もうひとつは小ボートにのって、周辺散策。
または、泳ぐのいずれか。
流石に、泳ぐ人は誰一人いませんでした。


DSC01777DSC01780DSC01781DSC01782



念願のミルフォードサウンドでのカヤッキングは、とっても楽しい体験でした
途中流され気味で、沖に出てしまいそうでしたが、何とかこらえられました


運動したあとは、やっぱり腹ごしらえ
DSC01784DSC01786




久しぶりに、ニュージーランドのお食事を頂いて、かなり満足しました
お代わりも、出来ちゃいましたので、その後全く動けませんでした...
星空ウォッチングもしようとしたのに、残念です。

ミルフォードサウンド オーバーナイトクルーズ、とっても良かったですよ。
興味のある方、どうぞお気軽にお問いあわせ下さい。→こちらをクリック。

もし、共同シャワー・トイレで宜しければ、少し料金はお値打ちになります。
4-5月、9月はオフシーズンなので寒いけど、料金はお得ですよ

ミルフォードサウンド

今回私が参加した船は、1泊船内で宿泊する【オーバーナイトクルーズ

DSC01760










見て下さい、こんな大きな船です
... て、これはお値段も内容もラグジュアリーな
ミルフォード マリナー号


私は、少々お値段もお手ごろで共同シャワー、トイレで構わなかったので、
サイズも少し小さめな【ミルフォード ワンダラー号】に乗船です。

DSC01764 外のデッキへ出ると、風がすごい!
お隣のお姉ちゃんも、この様子に笑って撮ってます。
これは、上着夏でも必須ですよ

DSC01767DSC01769DSC01770DSC01804
共同の
シャワー





DSC01802DSC01803DSC01824





あるポイントまでは、ひたすら船は進んでいきます。
同じポイントをマリナー号がずっと一緒にいるので、共同トイレ・シャワーで気にされない
カジュアルな感じでも良いのであれば、改装を昨年11月にしたてなので、内装は綺麗でした。

船酔いしやすい方は、ちょっと難しいアクティビティとなります。
そういった方は、日帰りでも十分にお楽しみいただけますよ

次は、一番楽しみにしていたミルフォードサウンドでカヤッキング
まだまだ続きます...
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ