タグ:カウントダウン

皆様、新年明けましておめでとうございます

さて、2021年が始まりました
今年はどんな年にしようかと目標を考えておりますが、やはり健康第一に生き延びていきたいと考えております

さて、皆様はどんな年越しを過ごされましたか
私はクイーンズタウンのスティーマーワーフの特設会場で年越しカウントダウンをしてきました
特設会場にはライブミュージックを行うための舞台が2ヶ所設置され、大道芸をする人や観光している人、近くのビーチでリラックスしている人など、みんな自由に過ごしていました
20210105_171833

20210105_171859

20210105_171913

大晦日は昼間からライブミュージックを楽しむ人、大道芸を見物する人、ビーチに寝転がってリラックスしてる人などいろんな楽しみ方をしてカウントダウンを待っていました

カウントダウンが始まるまでは、パタゴニアチョコレートでアイスクリームを食べたり、クイーンズタウンベイビーチでのんびりしたり、PIERレストランで晩御飯を食べたり、ビールを飲んだりしながら、のんびりソワソワ過ごしました
line_12202886454695

line_12205970670538

line_12248968266085

line_12252333831544

20201231_210121

20201231_220900

カウントダウンが近づいてくると、人、人、人、、、どこにそんなに人がいたのかというぐらい人が集まってきて、人混みに揉まれながらカウントダウンをしてきました
2021年になった瞬間は盛大に花火があがり、「ハッピーニューイヤー」という声で溢れていました
1609471383975

1609471385740

line_12358500182545

line_12362152361465

line_12310256969772

1609471387834

その後、バーでお酒を飲んで過ごしましたが、ここ最近でこんなに大量の人を一度にたくさん見たのは久しぶりでした
line_12365690587040


2021年は世界中で自由に旅行ができたらいいなと感じました

ワイワイしたい方にクイーンズタウンでの年越しをお薦めします

皆様おはようございます 不定期参加Nでございます

タイトル通り・・・最近Nがハマってしまい抜けれなくって仕方がない物をご紹介しましょう

それは・・・NZのスーパーチェーン店では必ずと言って良いほどある「量り売り」のコーナーの商品

Img_4013[1]


これは自分で横に設置されてる袋に自分で入れて重さによって料金を払うシステムのコーナーで、私の知りうる限りカウントダウン、パックンセーブ、ニューワールドの3大スーパーにあるコーナーです。

今まで支払いがめんどくさそうで、敷居が高く殆ど利用した事が無かったんですけど、ここ最近試しにやって見てホントに中毒になってしまったんです・・・

それが

1)メイプルシロップ味のアーモンド (マジで美味しいです。。。最近顔に吹き出物が出始めたんですけどこれが原因ですかね・・)
Img_4014[1]


2)ぼんち揚げ(関西の人しか判らない揚げおかきなんですが、見た目も味もそのまんま「ぼんち揚げ」です。お値段がリーズナブルなので袋パンパンで買っても一気食いコース)
Img_4015[1]


この2品なんですが・・・マジで止められない止まらないです。

買い方は至ってシンプル、袋に詰めて料金表に書いてある番号をペンで書くだけ。

Img_4017[1]


で、レジに持って行くとその場で重さを計って幾ら となる訳です。

ここ最近多いセルフサービスのレジでは「商品コードを入力する」と言うボタンがあるのでそこで「62219」と入れれば画面に「メープルシロップアーモンド」「台に乗せて下さい」と表示されるので置くだけです。

(そう、ニュージーランドのセルフレジは「計り」が内蔵されてるんです!なので手とか財布とか置くと高くなりますので注意!)

上記2商品ですが、JTBニュージーランドすぐ裏のカウントダウンでは売ってないんですよー

何処で買えるかと言いますと、同じくJTBニュージーランドからブリットマート駅に行く途中にあるニューワールドです。

クイーンストリートの目抜き通りなんですけど、地下に降りるので判り辛いと思いますが、皆様是非上記2商品試してみて下さい


こんにちは、アユミです

私たちの生活とは切っても切れないとっても大きな存在、スーパーマーケット
ニュージーランド最大級のスーパーマーケットチェーン カウントダウン(Countdown)にて、今月上旬、とっても衝撃的な変化がスタートしました

20180913_100424

住んでいる方ならもうご存知かと思いますが、ニュージーランド最大の都市、オークランド中心部、
メイン通りから程近い、カウントダウンメトロ店では、今月9月3日より、すべてのプラスチックバック、つまり、ビニール袋が廃止となりました

お店の入口にも、こんなマークが
お買い物バッグを忘れていませんかという注意書きのようなメッセージ
20180913_101036

そして、お買い物バックを持っていない人用に、カウントダウンのロゴの入った、メッシュバックが1ドルで販売されています
20180913_101022

レジの前には、No Plastic Bagsの文字と、もちろん、セルフレジの横にあったはずのビニール袋がすべて撤去されています
20180913_10090320180913_100920

現在、この取り組みは、少しずつ、ニュージーランド全土のカウントダウンに広まりつつあって、
郊外のカウントダウンでは、まだビニール袋が残っている場所もあるようですが、なくなり次第、ビニール袋は廃止なんだそうです

ニュージーランド政府でも、大々的に発表された、今後1年をかけてのビニール袋の廃止

ニュージーランドで最大級のスーパーマーケットから始まった大きな取り組みは、今年2018年の終わりまでには、完全にビニール袋を撤廃するとのこと

これにより、年間で約3億5,000万個流通していたビニール袋がなくなるそうです

日常的に利用されているビニール袋は、廃棄されたあと、相当なエネルギーをつかって焼却され、
また、環境に与える悪い影響もとても大きく、さらに、日本と同じ、海に囲まれたニュージーランドですので、
ビニール袋のポイ捨てによる海岸や海洋の環境を汚染や、海洋生物への悪影響にもなっているため、このような取り組みが始まったのです

私も今では、この、使い捨てではなく、再利用可能な、カウントダウンのお買い物袋を常に持ち歩いています
20180913_105439

旅行で来られた方のちょっとしたお買い物や、お菓子、夜食などの買出しの際には、最初、不便に感じられるかもしれませんが、
環境に配慮した取り組みと思って頂き、この機会に、ぜひぜひ、お土産のひとつとして、
カウントダウンのロゴの入った、メッシュバックを1つ、ご購入いただければと思います

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

皆様おはようございます。 連続カキコのオリジナルNです

今日はNが得意とするスーパーネタのご案内

過去に何度もここに書き込んでますが、JTBニュージーランド オークランドオフィスの目の前の角を曲がったすぐの所にニュージーランドとオーストラリア全土にチェーン店展開してる大型スーパー「カウントダウン」があります  (オーストラリアではウールワースと言う名前ですがロゴが同じです)

そして見つけにくいんですが、目抜き通りのクイーンストリート上(の地下)に同じく全土展開する「ニューワールド」と言うスーパーもあります。

私がニュージーランドに来た1998年の時は街の中心部にスーパーは「デカマート」と言う小さなのしか無かったのですが、今では会社帰りに食材を買って帰る事も可能になって現地在住者は便利になり、ご旅行でお越しの方もちょっと夜に小腹が空いた時、ちょっとしたばら撒きお土産を買ったり、ローカルの気分で買い物して物価に驚いて頂いたり出来る昨今です。

そんなNがこのカウントダウンのご紹介。特に今回はここで買える日本食コーナーをレポートいたします。

ニュージーランド全土で目にするこのカウントダウンでは「海外食材」と言うコーナーが有り、その中に「日本食のコーナー」があります。

Img_0047


そこで目にするのは俗に言うニュージーランド人にも人気の日本食で、在住者や旅行者にも人気商品が並ぶ・・はずなんですが・・

Img_0046


色目的に目に付くのが「ラムネ」私的には何故?なんですけど、ポッキーも目線の段に陳列されており人気商品の様子です。

牛乳の真空パックみたいな入れ物に入った「TOFU]と書かれた豆腐、実はこれ結構美味しいんです!
Nの好きな絹ごし+木綿もございます

Img_0048


その他はそば、うどん、しょうゆ、すし酢、紅しょうが(ガリ)わさび、板海苔、インスタント味噌汁、カレーのルゥーなどが普通に売ってます。

やはり日本食=健康で美味しい と言う印象が強いニュージーランドですのでコンビニの様な小さいお店でもキッコーマンの醤油が売ってたりする昨今です。

「日本食が無いと不安で・・・」と仰るお客様も安心してご旅行頂けるニュージーランド。

ご旅行中に日本食が恋しくなったら最寄のスーパーに行って見てください!

皆様 おはようございます 不定期参加の本家本元のNです


先日残業でお腹が空いて空いてもう駄目と思い、クッキーでも買おうかとJTBのオフィスがあるビルのすぐ近くにある
大手スーパー「カウントダウン」に行って見ました所面白い事に気付きましたのでご報告

それはまずそのスーパーの目の前にあるバス停の看板ですが・・

1


何やらディズニーグッズがある!との事。

店の中に入ってみますと

2


入り口にそれ用のゲートが出来ててじっくり見てみた所、NZ全土にあるスーパー「カウントダウン」で$20以上買い物したら
ディズニーのキャラが書かれた「ドミノ」が貰えるとの事で、全種類で50種類あるらしく「全種類集めよう キャンペーン
との事で、TVでも大々的にCMをやってますが・・・(勿論$20で1個ですよ



皆様お気付きになりませんか?? 出てるキャラクターはトイストーリーとかカーズとか古いのばっかで
日本でも既にブームが去った「アナ雪」は未だニュージーランドのこう言った商品はおろか、あの毎年
開催されるディズニーオンアイスですらNZではアナネタは登場しません

これは間違いなく版権(と言うかお金)の問題かと思いますがかなり残念なキャンペーンでNZらしいなあ・・と思いつつ
クッキーを買って引続き残業いたしました・・(このドミノにはミッキーも居ない様子

でもそんな帰り道、私がワーキングホリデーの学生の時(かる〜く18年前)で英語
が全く出来なかった時に犯した理解間違いの看板を見つけ少し楽しくなったので皆様にもご報告

それはそのカウントダウンの隣のビルの入り口に書いてある看板。
3


当時の私の英語理解力では・・・「このビルではタバコは自由です!」 で喫煙者ウェルカムって解釈をした思い出がよみがえったのですが・・実は

4


この意味は「煙から開放されたビル=禁煙」と言う事で全く反対の意味が答えです。

英語圏では結構目にする看板ですので喫煙者の方、ご注意くださいね!




このまえ、スーパーに行きましたので、新鮮じゃないかも知れませんが、写真Upします(毎週行ってますが・・・)。

外観です。ビクトリアストーリト沿いで、すぐわかります。 サービスカウンターです。 入り口から店内を見てます。 イモ類です。洗ってないほうが、安いです
デリ的な売り場です。サラミ、ソーセージ、チーズ、サラダなども、おいてあります。 チキンが丸々2個で、21。結構うまいし、数日分のおかずになります。 サーモンが主で、種類は3種類くらいしかありません。ちなみに、「すりみ」とは、かにかまです。 1L, 2L, 4Lもあります。
小麦粉です。強力粉・薄力粉。私にはわかりません。 シャンプー売り場 野菜売り場 ハーブは鉢植えで売ってます。長持ちします。うまく行けば、増えます

まだまだお見せしたいところありますが、今回はこの辺で 続きは現地で見てください
人気ブログランキング 応援宜しくお願いします

このページのトップヘ