素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

カセドラルコーブ

みんなを誘って旅行に行こう!グループ旅行向け オプショナルツアー割引キャンペーン♪

こんにちは、アユミです

TwitterとFacebookでは、すでにご紹介をさせて頂いておりますが、ブログをご覧頂いている皆様にも、ぜひぜひ、ご紹介したい夏休み企画
ゴールデンウィークの旅行が終わってしまったら、次にくるのは夏休みですよねっ毎日の活力に旅行のパワーは絶大です

、とはいえ、ニュージーランドは真逆の秋冬の季節ですが、まぁ、そういうことは気にせずに、旅行に行くにはぴったりの口実になりますよねっ
ニュージーランド現地在住の方もぜひ、ご家族や友人を誘って、グループ旅行してみませんか

今日は、皆様におすすめの1日観光ツアー 4名様以上なら最大34%OFFになるオプショナルツアーをご紹介します

キャンペーン対象期間は、ツアーのご参加が2017年7月から9月までのもの

 映画が終わった今でも変わらぬ人気 ホビット村 ロケ地ツアー(日本語ガイド付)

■ツアー内容
世界中で大ヒットした映画「ロード・オブ・ザ・リングス」のホビット村のロケ地を訪れます。撮影秘話、おもしろエピソードなどをご案内いたします。ホビット村を訪れ、ツアーにご参加いただいたあと、グリーンドラゴン敷地内にてランチをお楽しみ下さい。映画ファンはもちろん、そうでない方にも充分お楽しみいただけるツアーです

4名様以上のご参加で20%OFF 大人1名様あたり260ドル

ご予約・お問い合わせはこちらから

IMG_4204IMG_4205IMG_4214


 ニュージーランドの自然が作った美しい景色 カセドラルコーブ ハイキング(日本語ガイド付)

■ツアー内容
コロマンデル半島東海岸で有名な奇岩「カセドラルコーブ」への人気コース。日本でも話題になった映画のロケ地にもなったハーヘイビーチを訪れます。また、パク山からの絶景は、忘れられない思い出となるでしょう

4名様以上のご参加で34%OFF 大人1名様あたり180ドル

ご予約・お問い合わせはこちらから

P1010267P1010270P1010300

 憧れのビーチで乗馬体験 西オークランドのムリワイビーチでホースライディング!(英語ガイド)

■ツアー内容
ニュージーランドにきたからには自然派体験を満喫したい&動物とも触れ合いたいというお客様にぴったりのオプショナルツアー!美しい黒砂のビーチとブッシュをたっぷりと1時間乗馬体験できるオススメのツアーです

4名様以上のご参加で24%OFF 大人1名様あたり140ドル

ご予約・お問い合わせはこちらから

DSC02007DSC02013DSC02898

オークランド発着のおすすめオプショナルツアーをご紹介させていただきました

この機会に、7月から9月までのご旅行には、ぜひぜひ、友人やご家族を誘って、ニュージーランド自然を満喫してください


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

北島コロマンデル半島に行ってきました♪

おはようございます、アユミです

2月1日はオークランドアニバーサリーで祝日、そして2月6日はワイタンギデーなので2月8日は振替休日ということで、
1月30日〜2月1日と2月6日〜8日は、2週連続の、嬉しい3連休

というわけで、最初の3連休は、コロマンデル半島へ、2泊3日の旅行に行ってきました
コロマンデル半島といえば、人気の観光スポット、ナルニア国物語のロケ地ともなった、カセドラルコーブ
d223eb98535b5bd28ebdad9f
ブログでご紹介♪カセドラルコーブはこちら

カセドラルコーブは、今回でもう3回目となるので、ブログでのご紹介は”カット”させて頂きますが、
今日は、コロマンデルでオススメの観光スポットを3ヶ所、ご紹介させていただきます

Driving Creek Railway & Potteries
コロマンデルの街の中心部から車で5分ほどの場所、Driving Creekというところに可愛らしい鉄道のアクティビティがあります
かつて、金採掘や林業、工芸、芸出の街として栄えたコロマンデルで、鉄道愛好家の人が開いたとい陶磁器製品(Potteries)を作る工房をスタートに、
鉄道がしかれ、森林や渓谷の中を旅するアクティビティを楽しむことが出来ます

20160130_14511920160130_14550320160130_153700

受付には、おしゃれな陶磁器製品が並び、鉄道の旅の途中にも、不思議なかたちをした像や、陶磁器で作られたトンネルがあったり、
また、森林の中をゆっくりと進む鉄道から見られる景色もとっても素敵
到着地点には、小さな展望デッキのある建物があり、そこからは、ワイヘキ島や、小さな島々、青い海、その手前に広がる鮮やかな緑の森林の景色に、とっても癒されます

20160130_15364020160130_15444320160130_155333

Driving Creek Railway & Potteriesのホームページはこちら

ホットウォータービーチ
カセドラルコーブから南へ車で約10分のところにあるホットウォータービーチは、ニュージーランド特有の観光スポットのひとつ
ある限られたスポットを、シャベルやスコップを使って掘っていくと、地熱により温められたお湯が、砂の下から湧き出てきて、
その掘った場所に温泉のように溜まり、体ごと浸かれることから、この名前がついた、人気の場所
車で駐車場に到着して、海岸の先まで歩いていくと、急にたくさんの人だかりが出来ていて、たくさんの人が、ビーチに掘った穴に出来た温泉を楽しんでいました
シャベルやスコップを持っていなくても、誰かが掘った穴に、こっそりおじゃまして温泉を楽しんでもいいかもしれませんね

20160131_17260020160131_17260320160131_172713

Rapaura Watergardens
コロマンデルの街とテイムスの街のちょうど真ん中あたりにある、ラパウラ ウォーターガーデンは、小さな庭園にたくさんの植物や花、
そして1時間ほどのブッシュウォークと、その先にある綺麗な滝が見どころの観光スポット
庭園には、季節の植物が咲き、また、ニュージーランドのシンボルでもあるシダ植物など、たくさんの種類をごらんいただけます
のんびりと散策をしたあとは、併設するカフェで、ゆっくりアフタヌーンティーもいいですね

20160201_11382620160201_11232720160201_111356

コロマンデル半島は、オークランドから車で約2時間半ほど、そして、車がなくても、テイムスやタイルアの街には、
インターシティ定期バスでも行けますので、週末のご旅行やお出かけに、ぜひぜひ、参考にしてみて下さい

コロマンデル半島でハイキング♪『ツインカウリ&マウント パク編』

こんにちは、アユミです
今日は、昨日に続きましてコロマンデル半島のご紹介をしたいと思います

カセドラルコーブを出発して、次にツアーが向かった先は、『Colenso(コレンソ) Cafe』
こちらでは、コーヒーは認可を受けた豆を使用したこだわりのもの、また、
地元の作物を使用したキッシュやサンドウィッチ、パニーニ、ケーキを毎日店内で作っている、
ヘルシー志向のカフェなのです

IMG_2372IMG_2379IMG_2380

店内はカフェだけでなく、手作りの雑貨や家具、手作りのジャムやチャツネなどの販売もありました
お天気がいい日には、お庭にある席でランチを頂くのがおススメです
P1010279IMG_2381

さて、ランチの次に向かったのは、『ツインカウリ』の保護区に指定されているハイキングルートです
2本仲良く並んだカウリの木が、入り口の前にどーんと立っているのがツインカウリ
約20分程の軽いハイキングですが、カセドラルコーブまでの道のように舗装されているわけではないので、
ときどき現れるオレンジ色の三角形の目印を辿りながら歩くのですが、途中、なんとピンク色の
矢印もでてくるのでこの矢印には注意して下さいこの先の道、少し入ってみたのですが
とても険しくなっていたので、敢え無く戻ってきましたこのピンクの矢印の意味は
謎に包まれたままです
ハイキングツアーでは、このツインカウリの木を外から眺めるかたちとなりますが、
ご自身で行かれる方、植物や自然を好まれる方は、カセドラルコーブのハイキングルートよりも、
こちらの道のほうが楽しめるかもしれませんね
IMG_2387IMG_2391IMG_2390

最後に私たちが向かったのは、タイルアの街から見えたマウントパク
こちらも眺望が素敵なハイキングスポットです
IMG_2300P1010300P1010296

カセドラルコーブやツインカウリのハイキングコースとはまた違った感じで、
最後は険しい岩場を登るのですが、きついハイキングを乗り越えたその先にはとても素敵な景色が待っています
ニュージーランドの南島で人気のクイーンズタウンの眺望も素敵ですが、
それに負けないぐらいの絶景でした

コロマンデル半島は、私たちが訪れた場所以外にも、綺麗なビーチや登山コースなどがたくさんあり、
ニュージーランド 北島の美しい自然を全身で体感出来る素敵な場所でした
まだまだ、すべてを見尽くせませんが、興味を持って下さった方は、
ぜひこのカセドラルコーブハイキングツアーにご参加してみてくださいねっ

カセドラルコーブハイキングツアーの詳細はこちら

北島で大人気♪コロマンデルツアー『カセドラルコーブ編』

こんにちは、アユミです

今年もあと残り半月となりましたね
いよいよまた少しずつ暖かい夏に向かって、今週から25℃前後の気温になってきました
ニュージーランドの夏は、だいたい3月までといいますので、
寒い日本と飛び出して、ニュージーランドへ遊びに来て下さいねっ

さて今回は、北島で最大の人気を誇る場所『コロマンデル半島』をご紹介します
今日はそのうちの1ケ所目、カセドラルコーブをご紹介いたします

オークランドから南へ下り、東へ約2時間、コロマンデル半島にある『タイルア』という街へ
タイルアに近づくと、タイルア港の先に”パク山”という小高い丘の景色が見えてきます
IMG_2300
これが見えたら、タイルアの街はもうすぐです
余談ですが、タイルアはとても小さな街ですが、小さなカフェや雑貨ショップ、
宿泊施設やビジターセンターもあり、旅行者にはとても安心ですし、1日のんびりと
海を眺めたり、お買い物をしたり、カフェに行ったりして過ごすのもいいかもしれませんね
IMG_2309IMG_2311

そして、タイルアで少し休憩をして、ここから北へ約30分のところにある『カセドラル コーブ』へ

カセドラルコーブは、映画『ナルニア物語』の舞台ともなった場所で、自然が作り出したアーチ上の岩や
静かなビーチ、またカセドラルコーブへたどり着くまでのハイキングコースには、別名クリスマスの木と
いわれるポフツカワの木々や、ニュージーランドのシンボルともいえる多くのしだ植物を見ることができます
P1010259P1010260IMG_2340

ハイキングコースの入り口から、片道約30〜40分ほどで、カセドラルコーブへ辿りつきます
道は、そんなに険しくなく、歩くのが少々苦手な方でも、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら、
またおしゃべりを楽しみながら歩いていただける道でした

P1010264P1010267P1010272

そして、カセドラルコーブにたどり着いたときにご覧いただける景色にはとても感動すると思います
自然によって作り出された巨大なアーチ状の岩窟、そして真っ白な砂浜に、そこから覗く数々の奇岩など
本当に美しく、心がなごみます

長い時間、ここに滞在していたくなってしまったのですが、今回はほかにも素敵な場所が
待っていたので、次回は、カセドラルコーブのためだけに、コロマンデルに来ようと思います

ニュージーランド、北島で人気のカセドラルコーブ、ぜひ行ってみて下さいね

カセドラルコーブ ハイキングツアーの詳細・お申し込みはこちら

この街どんな街??コロマンデル

コロマンデル半島は、自然豊かで
アクティビティーの充実しているニュージーランドのリゾート地。


大きな地図で見る

オークランド市内から車で約2時間
ホリデーを楽しむグループ、家族、バックパッカーに人気の場所。

コロマンデルは歴史もあり、1800年代は
ゴールドラッシュで賑わいをみせていました。
今でも金鉱跡や歴史博物館などもあり、
その面影を残しております。

西の海岸線は400km続き、
カヤック、釣り、サーフィン、ダイビング、水泳などの
アクティビティーを盛んに行われています。

その中でも、ちょっと変わったアクティビティーというとこれ

干潮時に砂を掘ると温泉が沸く「ホットウォータービーチ」で、
手掘り温泉にチャレンジしてみてはいかがですか?

d243851f-s


潮の満ち引きのタイミングが合えば、
温泉と海水を混ぜて自分だけの“天然露天風呂”を
楽しむことが出来ます。

ホットウォータービーチの近くにある、
波に侵食された白い壁がつづき、
サクラ貝で時折ピンクに見える砂浜が美しい「カセドラルコーブ」も必見

4af9ef58-s


コロマンデル半島には、シダの生い茂る原生林も多く残っていて、
別名ニュージーランドのクリスマスツリー「ポフツカワ」や、
ニュージーランド原生の木「カウリ」を目にすることも出来ます。

また、場所によっては神秘的な青白い光を放つ
土ボタルも生息しています。

マイナスイオンたっぷりのトレッキングをしながら、
美しいニュージーランドの自然に触れてみてはいかがでしょうか?

カセドラルコーブハイキング日帰りツアーは←こちらです。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ