タグ:キーウィ

こんにちは、アユミです

私は、JTBの現地スタッフとして、日本からご旅行をされるお客様、そして、ニュージーランド現地にご滞在の日本人の方のご旅行の
予約代行や、オーダーメイド形式のご旅行プラン作成などのお仕事をさせていただいているのですが、
毎年この時期は、12月後半のクリスマスや年末年始、そして2月や3月の春休みか、ちょっとずらしたお正月休みなどの予約の手配に、てんやわんやしています
とってもたくさんの方が、日本の冬を脱出して、ニュージーランドの夏に旅行来てくださるので、本当に嬉しいかぎりでございます

さて、今日は、この夏、おすすめのニュージーランド国内旅行先、新しいパッケージツアーのご紹介をしたいと思います

《【宿泊&バス&フェリー付】最南端スチュアート島1泊2日/2泊3日ツアー クイーンズタウン発着》

先日、南島のサウスランド視察旅行の際に行ってきたスチュアート島、本当に、本当に素敵な場所で
なんとか、日本のお客様にも、行ってもらえないかと、探していたところ、出来ちゃいましたよ

日本からのお客様が、皆さんよく行かれるクイーンズタウン、ここを基点とした、1泊2日もしくは2泊3日の宿泊付プラン

SIE_Vol9_20 U_Rotator

《スケジュール》
■1日目■
7時15分 クイーンズタウン リアルジャーニーズビジターセンターより出発
※乗合バスを利用します。
10時45分 フレッシュオイスターで有名な、小さな港町 ブラフに到着
11時00分 ブラフからフェリーに乗って、スチュアート島へ向かいます
※フェリーの中では、お茶、コーヒーが無料で頂けます
12時00分 スチュアート島へ到着いたします
※ホテルのスタッフがお迎えに参ります。

宿泊場所:スチャートアイランドロッジ(Stewart Island Lodge)※朝食付

20170815_12104220170815_12390720170815_123609

※午後のお時間は自由にお使い下さい。

■2日目■
※2泊3日をご利用のお客様向けのスケジュール※
終日フリーとなります。
選択可能なオプション予約で、ビレッジ&ベイ(スチュアート島ウォーキング)ツアーをご利用頂けます
※11時発、13時発からお選びいただけます。

20170815_104627

宿泊場所:スチャートアイランドロッジ(Stewart Island Lodge)※朝食付

※1泊2日をご利用のお客様向けのスケジュール※
午前中フリー
12時45分 ウルバ島探検ツアーにご参加いただきます
※ニュージーランド固有の植物や野鳥に会いに、無人島(ウルバ島)へ出かけます。現地のベテランスタッフがみなさまをご案内いたします
※You Tubeビデオを掲載した以前のブログはこちら

15時15分 ウルバ島からスチュアート島へ帰着
※5月および9月は出発時刻が12時、帰着時刻が14時45分となります。
15時30分 スチュアート島からフェリーでブラフへ向かいます。
16時30分 ブラフ到着
16時45分 クイーンズタウンに向けて出発します
20時 クイーンズタウン到着

※2泊3日をご利用のお客様は、上記が3日目となります

こ〜んな感じで、1泊2日でも2泊3日でも、とっても盛りだくさんな旅行スケジュールとなっています

これで、一番安い時期の2名利用で、1泊2日だと1名あたりNZ$519、だいたい日本円で4万円ちょっと
2泊で1名あたりNZ$637、日本円で5万ちょっとというところでしょうか

クイーンズタウン発着で、スチュアート島までの交通手段と、宿泊、オプショナルツアーもついて、この値段はとっても安いです

今人気のマウントクック&テカポ2泊3日のデラックスプランよりも安い

そして、自然がとっても豊かなスチュアート島で、の〜んびりしたり、スチュアート島では、夜、野生のキーウィをみれる可能性もあるそうなので
ここでしか出来ない体験も出来るかもしれませんよね

ぜひぜひ、この夏のご旅行の参考にしていただけると嬉しいです

お問い合わせ・ご予約はこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

おはようございます、アユミです

ここ数日、雨が降ったり止んだりと、変なお天気が続いているオークランドですが、今週木曜日から週末の連休にかけては晴れマークのお天気予報
また少し、秋から冬への肌寒さが増してきておりますので、風邪をひかないように、皆様、暖かい格好をしてお出かけ下さいね

さて、引き続き、ウェリントン旅行記でご紹介したいオススメの観光スポットは、ウェリントンから北東へ車で約2時間のところにある場所、
『Pukaha Mount Bruce National Wildlife Centre』ここでは、世界中でも、ここでしか見ることの出来ない、白いキーウィを見ることが出来るんです

キーウィといえば、ニュージーランドの国鳥で、個体数の減少ともともと夜行性であることから、野生のものを見ることはとっても難しく、
ほとんどが、野鳥パークやワイルドライフパークなどの観光施設内にあるキーウィ保護施設で、夜、キーウィが活発に動く様子をご覧頂けるように、人工的にその環境を作り出した施設内で飼育されていることがほとんど
そして、ご存知の方も多いかと思いますが、そのキーウィの羽毛の色は通常茶色く、その形ににたキウィフルーツは、鳥の名前からきているもの、とも言われているそうです(定かではないですが、、、)

ここ、プカハマウントブルースでは、世界中でたった1匹だけの白いキーウィの孵化に成功し、マヌクラ(Manukura)と名付けられ大切に飼育されています

私が、プカハマウントブルースを訪れたときも、真っ暗な飼育場所の中で、元気に動き回っている姿を見ることが出来、とっても感動したのですが、
真っ暗なところで、お写真を撮る事は禁止されていたので、スタッフさんから頂いたお写真を皆さんへお見せしますね

Picmanukura4hi res kiwi

マヌクラは、メラニンの欠如により白くなってしまったのではなく、茶色い毛を持った両親から、劣勢の白い毛の遺伝子を受け取り、生まれてきた普通のキーウィ
現在、マヌクラは、写真のように茶色い毛をもった別のキーウィ、トゥルア(Turua)と一緒に仲良く暮らしています
茶色い毛のキーウィと白い毛のキーウィを同時に見ることが出来るのは、世界中でプカハマウントブルースだけなので、とってもオススメっ

その他、園内では、ニュージーランドの固有種である、カカや、トゥイ、カカリキといったニュージーランドでしか見れない鳥や、トカゲの一種、トゥアタラなども見ることが出来ます

PMB-4tuiKaka2

ウェリントンから車で約2時間と、少し離れた場所にありますが、観光で行かれる方は、レンタカーを借りて行くの賀オススメです
プカハマウントブルースだけでなく、前々回ご紹介した、マーティンボローのワイナリーやなども観光しながらマスタートンまで行くのもいいですね

車で行くことが出来ない方は、ウェリントンから電車でマスタートンまで行き、そこからタクシーを利用して約15分ほど、もしくはバスを利用して行くことが出来ます
※バスは1日に1本しかないのでお気をつけ下さい!

ここでしか見れない白いキーウィ、機会があったら、ぜひぜひ見に行ってみて下さいねっ

プカハマウントブルースの詳細情報はこちらから

Kia Ora
おはようございます、N横です

Kiwi ExtendedTBS Shot F

本日はスカイラインからすぐ近くにございます、キーウィエンカウンターことレインボースプリングス ネイチャーパークをご紹介させて頂きます。

こちらのレインボースプリングスの敷地はおよそ東京ドーム2個分もの巨大な広さです。
中ではカウリやシダ等のニュージーランド固有の植物やキーウィやニュージーランドバト、ケアといった固有種の鳥類を見ることができます。

Rainbow Springs Bird Show Macaw landing

お昼前には鳥達の曲芸ショーもありますので、お時間に余裕のある方はチェックしてみて下さい。

TBS Haast EagleBIGSPLASH_0007_CRD3

ビックスプラッシュという名前のボートツアーもお勧めです。
園内をボートにのって探検した後、最後には名前通りのビックスプラッシュが待ってます。

こちらは入場料さえ払っていれば無料で、何度でも乗ることができます。

IMG_3878IMG_3888

オールブラックスのキーウィやクリアウォーターの泉にいるカモ達を見れたりもします。

こちらのツアーは弊社でも販売しておりますので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

<<レインボースプリングス>>


それではまた

こんにちは、アユミです

鳥が大好きな親友の影響で、私もちょっとずつ興味を持ち始めたニュージーランドの野鳥
そのニュージーランドの野鳥に会える、バードライフパーク『Kiwi House』をご紹介します

オークランドから車で約3時間ほどのところ、ハミルトンとワイトモの間くらいにある、
オトロハンガ(Otorohanga)という街に『Kiwi House』はあります

IMG_4027

園内に入るとすぐに、真っ暗な部屋で、夜行性の『Kiwi(キーウィ)』が活発に動いている様子を見ることが出来ます
※お写真でご紹介をすることが出来なくて、少し残念です><。。。

そして、キーウィゾーンを抜けると、
ウッドピジョンのケレル(Kereru)、キングフィッシャー(NZ King fisher:カワセミ)、飛べない鳥プケコ(Pukeko)

IMG_4039IMG_4047IMG_4048

オイスターキャッチャー(Oystercatsher)、羽の下がオレンジ色の綺麗な鳥 キア(Kea)、ふくろう(Little Owl)
IMG_4057IMG_4069IMG_4072

そして、色鮮やかなインコ カカリキ(Kakariki)、白い髭をもったトゥイ(Tui)に出会えます
IMG_4075IMG_4082

どの鳥も、間近で見ることが出来るので、とーっても可愛いです

ニュージーランドの野鳥たちに興味のある方は、ぜひKiwi Howse行ってみて下さいっ

ホームページはこちら  http://www.kiwihouse.org.nz/

場所はこちら

こんにちは、アユミです

皆さん、こちらの可愛い鳥、なんていう鳥だか知っていますか
28

そうそう、ニュージーランドの国鳥キーウィ
フワフワっとした丸い体に、なが少し長めの足でヨタヨタっと歩く姿がとても可愛らしく、
鳴き声がそのように聞こえる為に、マオリ族からキーウィと名づけられ、
その見た目から、皆さんがよく口にするフルーツ『キーウィフルーツ』の名前の由来でもあるそうです

このキーウィちゃん、なんと夜行性で、しかも少し恥ずかしがりやで臆病ということなので、
皆さんの前にはなかなか姿を現さず、見たことがない人も多いのではないでしょうか

今日は、ニュージーランドの北島で、このキーウイに会える場所をいくつかご紹介したいと思います

オークランド動物園 詳細はこちら(英語) 園内マップ
こちらでは、ノースアイランド ブラウンキーウィという種類のキーウィちゃんが見られます。

ベイオブアイランド ラッセル フラッグスタッフの丘
こちらは、ベイオブアイランド パイヒアの街からフェリーで約15分のところにある、
 ラッセルという街で、市内観光ツアーに参加したときに、ガイドのおじさんが見せてくれたキーウィちゃんです
なんと昼間にも関わらず、ガイドのおじさんの口笛に誘われて、えさを求めてやってきたキーウィちゃん
おじさんはもう友達なのかもしれませんね
10653688_743379809082407_2912793797891815572_n

ネーピア ニュージーランド国立水族館 詳細はこちら(英語)
こちらでは、キーウィが暮らしやすいように、夜と同じ環境に作り上げた飼育室と
 鑑賞コーナーを作っていて、キーウィちゃんが活発に動く姿がご覧いただけます

プカハ / マウント・ブルース国立野生動物保護区詳細はこちら(英語) 
こちらでは、なんとも珍しい白いキーウィちゃんが見られます。
 その名もマヌクラ リトル ホワイト キーウィこれはぜひ見てみたいですね

ウェリントン ジーランディア ナイトツアー
こちらは、ウェリントン市内、ビクトリア山の山頂にあるジーランディアという動植物センターで
主催されているナイトツアーに参加したときの写真ですツアーは暗くなる少し前、20時頃から
約2時間ほどのツアーで、キーウィちゃんを見る為には参加者みんなの息をぴったり合わせて、
静かに探さないといけないのだそうです私は、幸運にも見ることが出来ました
IMG_2711IMG_2774

さて、全部で5ヶ所、ご紹介させていただきましたが、まだまだ他にも、
キーウィちゃんに出会える場所があるかもしれません
また発見したら、いち早く皆さまにお知らせしますね

ぜひ、ニュージーランドにいらっしゃったら、このキーウィちゃん、そーっと探してみて下さいね

昨日帰り道、何気なく置かれているダンボール。
片方、浮いているので、気になりました

20130103_203632


中をのぞいてみると
20130103_203710

なんとそこには、Kiwiが3羽

まさかと思いましたが、作り物でした・・・
びっくりしました。
ダンボールも、遠くから見ると本物です。憎らしい、アートでした。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします!

今日は、クイーンズタウンでニュージーランド 国鳥【キーウィ】を見たいと言う方にお勧めの場所
『キーウィ バードライフパーク』をご紹介します。

街の中心地からゴンドラ方面に歩いて10分くらいで行けます
キウィバードライフパーク2















途中の道はこんな感じ。

キウィバードライフパーク7
これが入り口の目印です。
かわいぃ〜〜〜
皆思わず入り口で写真取りたくなりますね

キウィバードライフパーク













キーウィはフラッシュ撮影が出来ないので、キーウィバードの小屋前での撮影
日本語のヘッドホンガイドもあります

キウィバードライフパーク4





“恐竜時代の生き残り”
といわれる爬虫類『トゥアタラ』や
他珍しい鳥も数々います。








ゴンドラに行く前後に、立寄れるのも魅力ですね

大きな地図で見る




気にはなっていたのですが、先日こちらのブログでお伝えした真っ白いキーウィバードが、半年たってこんなにも大きくなってました。

SCCZEN_081111NZHMMMANUKURA4_460x230








大きくなってるなんだかより、白身がはっきりしましたね

あの後この子は、ウェリントン動物園で保護されていて、
レントゲンを受けたらどうやら2個石を飲み込んでいたそうで、手術したようです。

今は回復して、本日動物園からもともとのお家へ戻るんだそうです。
動物はやっぱり自然に帰すのが一番と言う、ニュージーランドならではの考え方ですね。

いつまでも、このキーウィに元気でいて欲しいですね

こんにちは

今日もこの前のツアーの続きをお伝えしたいと思います

テ・プイア

ここは先住民マオリの村でマオリショーを見学しました

DSC00746



またロトルアは温泉の街で有名です
テ・プイアでは30メートルぐらいまで吹き上がる間欠泉も見ることができました間欠泉の周りはほんのり硫黄のにおいがしていろんなところから湯気がでていました
またここではそんなに見ることができない国鳥のキーウィも見ることができて本当にすばらしい体験ができました


このツアーに参加して今まで経験したことがないものを、たくさん体験することが出来ました
ワイトモ鐘乳洞や土ボタルロトルアではファームや間欠泉マオリの文化も身近に体験できて本当にとても素敵な一日観光でした(`・ω・´)

DSC00776


この1ヶ月間ニュージーランドで過ごした毎日は本当に楽しく私にとって貴重な体験となりました
オークランドは本当に住みやすい街で人もみんな親切に場所とか分からないことがあったら教えてくれます
海も近いので気軽にビーチに行けるし楽しいアクティビティがいっぱいあります
ニュージーランドはオシャレなカフェが多くコーヒーの種類も豊富なので日本にないコーヒーも見つかるかもしれませんよ

またニュージーランドはやはり自然に触れ合える最高の国です
乗馬をしたりワイナリーを訪れたり楽しいことがいっぱいでした
またワイトモやロトルアの観光地は本当に行ってよかったと思っています
土ボタルは本当にきれいで 何回でも見たいぐらいです

この1ヶ月間ニュージーランドで過ごしてたくさんの貴重な体験ができて本当によっかったです
機会があればまた訪れたいなと思います

皆さんもこのすばらしい体験が出来る国ニュージーランドに是非来てみてください


終わり





6年ぶりに、オークランド動物園に行ってきました
9月10日にオープンした、「Te Wao Nui(テワオヌイ)」という、ニュージーランドの動物を中心に集めた新施設を見に行きました

平日にもかかわらず、沢山の人たちでにぎわっていました。

ニュージーランドの近海に生息するアザラシやペンギン、そして固有の鳥達、生きた化石とも言われるトゥアタラなども間近で見学ができます♪

P1030448ニュージーランド近海のペンギンアザラシ近海アザラシいたずら好きのケアいたずら好きのケアトゥアタラ 生きた化石、トゥアタラ

そしてなんと言ってもみんなのお目当ては国鳥KIWI!1日のうちに20時間は寝ている・・・なんて言われるKIWIバードですが、今日はちゃんと動いて目の前まで来てくれました。夜行性の動物なのでフラッシュが使えずちょっと暗いですが、皆さん分りますか
キーウィー

その他ライオンやカバ、サイ、キリン、トラ、ミーアキャットなど人気の動物達にも出会えます。そして驚いたのは園内を象が散歩しているんです
P1030475P1030488P1030489ちょっと猫背のミーアキャット眠そうなライオン園内を歩く象4飼育係の前でくつろぐチーター
1日に数回こうやって飼育係りの人が象を散歩させています。運がよければ間近で象を見ることができますよ〜。
動物園方面へは市内から路線バスも出ていて約20分ほど。
今日みたいなお天気のいい日にでかけてみるもの楽しいかもしれません。皆さんかわいい動物達に癒されに行きませんか
PS.僕のお気に入りの1枚はちょっと猫背のミーアキャット

このページのトップヘ