素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

クライストチャーチ

ロードオブザリングファン必見!ニュージーランドのロードオブザリング撮影地を巡る旅行プラン登場♪

こんにちは、アユミです
ブログをご覧いただいている皆さん、お久しぶりでございますはい、元気です

師匠Nさんの1週間にわたる情報モリモリで、とーーっても楽しそうなタウポ旅行ブログを毎日ひそひそと見ておりました
やっぱり、機会があったら、いろいろなところに行ってみて、自分で素敵なニュージーランドを感じてみて、それを伝えるって、これもまた素敵なことですね
私もそろそろどこかへ、旅行に行きたーーーーーいと思っているところですが、次の連休までは我慢です妄想で我慢です

さてさて、私、ニュージーランドに来る前から、ロードオブザリングの大大大ファンでして、もう何回と映画を見て、
ホビット村にも何回行き、そして、非売品のビルボの羽ペンまで机に飾ってあるのですが、そんな私にとって、夢の旅行プランを作っちゃいました

ニュージーランドのロードオブザリング撮影地を巡る!南北7泊8日&10泊11日パッケージプラン
このブログを見てくださっている方の中で、私と同じくビッグファンの方がいたら、是非是非見て頂きたいと思ったので、紹介します

スケジュールはこんな感じ

【1日目】
オークランド空港 到着
到着後フリー

【2日目】
ホビット村ロケ地ツアー(日本語ガイド付)1日ツアーへご参加
ホビットのおうちや、ホビットが集まる酒場 グリーンドラゴン亭、ビルボの111歳のお誕生日会をしたパーティツリー広場などを見学します。

195100

【3日目】
オークランドから長距離鉄道ノーザンエクスプローラーで、ニュージーランドの壮大な景色を楽しみながら、映画の街ウェリントンまで移動

【4日目】
映画の街、そして撮影に使われた道具の製作所があるウェリントンで、ロード・オブ・ザ・リング ロケ地観光ツアー(ウェリントン)に参加

・マウントビクトリア(シャイアの外に出たホビット4人が森を歩くシーン)
・ウェタワークショップ見学
・昼食(オークサイズのピクニックランチ)
・ハットリバー(ホビットとその仲間が船で川を進むシーン)
・ハーコートパーク(アイゼンガードの庭、オークが木を倒すシーン)
・カイトケ リージョナル パーク(エルフの街 リビンデールの撮影場所)
・その他、ミナステレスやヘルムズ・ディープの撮影場所も見学します。



【5日目】
ウェリントンからクライストチャーチへ、飛行機で移動致します
終日フリー

【6日目】
ロードオブザリング撮影地 エドラスの丘ツアー(クライストチャーチ)へご参加

・エキサイティングな4DWでの冒険ツアー
・エドラスの丘の頂上からの360度見渡す景色
・エドラスの丘の映画の撮影現場は、このツアーだけで見ることの出来るもの
・ミスティ山脈とヘルムズ・ディープの背景を形成した地域を見学
・地元のキウィガイドからの面白い解説付き
・アラゴルンの剣、テオドンの剣、ギムリの斧、ロハンの旗などの映画のレプリカに触れる
映画のスタッフや俳優達が体験した、素晴らしい場所を皆さんの目で確かめて下さい!



【7日目】
クライストチャーチからオークランド経由で、日本へ帰国

そして、10泊11日のプランは、さらにさらに

【7日目】
グレートサイツ観光バスをご利用頂き、クライストチャーチからクイーンズタウンへご出発
※バスは、日本語ガイド付の観光バスで、テカポ、マウントクックを経由します。

【8日目】
ノマッズサファリのサファリオブザシーン グレノーキーツアーへご参加
・ミスティーマウンテンの撮影場所
・アイゼンガードの撮影場所
・アモンヘンでの戦いのシーン
・エルフの森、ロスロリアンの森
・大きな象に乗った敵との戦いのシーン 
・ロハンの難民が移動するシーン
などなど、撮影地としてでなくても美しいニュージーランドの自然を見ることが出来ます

ほぼほぼ毎日ロードオブザリングの世界に浸ることが出来る、ファンにはたまらない夢のような旅行プラン

旅行代金は、8日間で1人NZ$1685〜、11日間で1人NZ$2180〜と、長期間旅行にしては、比較的、手が届く料金です
※国際線および一部国内線航空券は含まれません。

ニュージーランドに、ロードオブザリングの世界を体験しに来たいっという人は、まず、一度、問い合わせしてみてください

お問い合わせ、お申込はこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

家族旅行で初めての南島 最終話 テカポ〜クライストチャーチ編 

皆様 おはようございます。オリジナルNです

延々と綴ったN一家の旅行話にお付き合い頂きましたが本日最終話となります。

結構夜更かしして朝からグダグダしておりましたが今日は午後の便でお家に帰る日

私達夫婦は朝から部屋の景色を楽しんで各部屋のお庭にある小さなベンチで万年雪を被った山を見ながらマッタリコーヒーを頂きましたが

子供達は
Img_0703

景色より3DSの方が大事そう (ま、そんなもんです

この日の飛行機はクライストチャーチ空港 15時半の便なので正直時間は有りません。

と言う事で寝不足気味の一家は一気に移動開始です

マウントクックを出発して1時間少しでテカポに到着
Img_0740


善き羊飼いの教会前で記念撮影! そこから1分歩いて
Img_0746

牧羊犬の銅像の前でも記念撮影が基本(でも子供達はイマイチ理解してないっぽい

テカポの町の中心部にあるガソリンスタンドで満タンにして車は約3時間、ほぼノンストップでクライストチャーチに移動します。

こんなに急ぐ理由は「どーーーしてもクライストチャーチで美味しい日本食を昼食にしたい」為

と言う訳で妻と運転を交代しつつ一気にクライストチャーチに行き、前から気になってたお店に直行しました。
そこは・・・
Img_0750


「サムライボウル」と言う名のラーメン屋さん

実はオークランドでもこのお店の冷凍された物が購入できますがやっぱり本店の出来立てを食べてみたい

と言うわけで家族それぞれ好き勝手な味噌や醤油やトンコツをオーダーし・・・
Img_0751


数日振りの温かい日本食を堪能しました

ちなみに11歳児がロゴを見て気づきましたが「サムライボウル」=一寸法師 の事の様子です!
土曜のお休みの12時時点はほぼ満席 現地ニュージーランド人にも大人気の様子です

さて空港チェックインまで後1時間 最低限の観光をしようとなり
Img_0754


行って参りました 仮設大聖堂。

元々クライストチャーチの街のど真ん中には石造りの素晴らしい教会がありましたが震災後はこの仮設の大聖堂がシンボルとなっております。

ちなみにこの教会は「ダンボール教会」と言う名で本当に素材はダンボールで出来てるんですよ

しかもそれを設計したのは日本人の建設家。

中に入りますと
Img_0757


もの凄く厳粛なムード。 (でも何故かアイスクリームが売っている・・)

クライストチャーチの町並みは、その昔しょっちゅう行き来してた時の面影は殆ど無くGoogleマップ先生の案内が必要なレベルで変わっておりました。 一方通行も沢山ありますのでご自身で運転される際は皆様ご注意下さい。

レンタカーの返却も有るのでダッシュで空港へ

何かあっと言う間にあっさりと家族旅行は終了してしまいました・・・・・

クライストチャーチ空港の本屋でハリーポッターの最新刊「呪われた子ども」を見つけ
Img_0762

(勿論英語で分厚い!)チラ読みしてたらあっと言う間にオークランドに到着

空港からは一気に現実に戻り、スーパーに寄ってその日の夕食の食材買ってダッシュでお米を炊いて・・・と言う余韻に浸る間も無くバタバタの毎日に戻りましたとさ・・めでたし めでたしです

さて2週間に渡るN一家の旅行話にお付き合い頂きましてありがとうございました!

来週月曜はワイタンギデーの祝日となり又3連休

と言う訳で火曜日から又あゆみさんの記事がスタートしますので乞うご期待


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

南島を満喫!

こんにちは!インターンのかおりです

初めての海外でるんるん!
ニュージーランドの南島、クライストチャーチを訪れました

20日ほど滞在しましたが、良いお天気に恵まれてきれいな写真がたくさん撮れました
雨が降ったのは3日間くらいかな〜?

リトルトンという港町が最高でした!!

お昼に港を眺めながら
フィッシュ&チップスを食べました

P_20160210_142853


リトルトン

P_20160210_164330


フェリーでDiamond Harborへ
だいたい10分くらいで向こう岸へ行けます

きつーい坂の向こうにはカフェなんかもありますよ
とても暑かったのでアイスを食べました
ぜひ行ってみてください!!

第2弾♪何して過ごす?クライストチャーチの街のご紹介!

こんばんわ、アユミです

南島出張旅行の最終地点は、クライストチャーチ
地震後、数回、訪れていますが、なかなかまとまった時間がなかったので、じっくりと街を見て回るのは、久しぶりです

出来る限り、いろんなものを見てこようと歩き回ってきたので、クライストチャーチの街の過ごし方を、少し、ご紹介したいと思います

ハグレー公園
『ガーデンシティ』とも呼ばれるほど、市内にたくさんの公園や、自然が綺麗な景色をもつ場所がたくさんあるクライストチャーチ、その中でも、とくに人気の公園
地図で見ると、クライストチャーチの市内中心部に匹敵するほどの広さのハグレー公園は、面積が約165ヘクタールもあり、
その中には、公園を南北に分けるエイボン川が流れ、ボタニックガーデンには、季節ごとに様々な植物や花々が咲いています
とくに夏には中心にあるバラ園のバラが大変美しく、たくさんの人が訪れます
また、このバラ園の近くには、新しく『Ilex -アイレックス-』という、ビジターセンターとカフェが併設された建物が出来ていて、
ガラス張りの大きな窓と白を貴重とした建物がとても素敵で、緑に囲まれながらゆったりとランチやティータイムを楽しむことが出来ます

20160115_11512420160115_11562920160115_115448
 
 モナ・ベール
美しい庭園を持つモナ・ベールは、震災の前は英国風の美しい建物が特徴的な場所でしたが、現在は、修復中となっており、その館をみることは出来ません
しかし、敷地内を流れるエイボン川の景色や、ハグレー公園と同じくしてこちらにもあるバラ園、そして、蓮の花の咲く池など、ガーデンシティの
一部としての美しさは、今でもそのままご覧いただくことが出来ます

20160115_16215720160115_16222120160115_162649

 パンティング オン エイボン
クライストチャーチ市内を流れるエイボン川を英国調のボートに乗って、のんびりと遊覧するアクティビティ
日常とは違った雰囲気の中で、緑の木々に囲まれた景色をお楽しみ頂けます

20160115_09284720160115_093733P2

 Re:Startモール
震災後、新しいショッピングモールとして登場した、リスタートモールは、輸送用コンテナーを利用した独特な雰囲気のショッピングモール
カフェやお土産ものやさん、スポーツ用品や雑貨などなど、たくさんの種類のお店が並び、朝早くから夕方頃まで空いているお店もあります

20160115_08485320160115_08475720160115_090517


 カンタベリー博物館
ハグレー公園の入り口に位置するカンタベリー博物館は、毎日、朝9時〜5時頃まで開いていて、どなたでも無料で入館することが出来ます
1階と2階に分かれて、ニュージーランドの歴史や、マオリ民族について、伝統のアートや建物、服装などなど、様々な展示を見ることが出来ます

20160115_09422120160115_100700>20160115_100724


 トラムウェイ シティツアー
震災後、2013年11月に一部の区間で再開したトラムは、クライストチャーチの街の中をゆっくりと移動しながら、
車窓からのシティの景観を楽しむアクティビティの1つとして、今も多くの人に楽しまれています

20160115_10214120160115_102502

 紙の大聖堂
街のシンボルであったクライストチャーチ大聖堂の震災でのダメージから、多くの人の要望があり建てられた、紙の大聖堂
日本人建築家の坂 茂さんの手により設計され、2013年に公開されました
全て紙で出来ているとは思えないほどの、しっかりとしたつくり、そして、カラフルなステンドグラスが特徴的で、この教会は、
特別な加工が施され、約50年の耐久性があるといわれています

20160115_13443220160115_13454020160115_134615

このほかにも、震災後から大きな変化を遂げているクライストチャーチは、お子様連れのお母さんにも
楽しんで頂けるキッズパークが出来ていたり、新しいショッピングモールが出来ていたりと、これからも、次々と
新しいものが出来上がり、活気のある街へと変化をしていく予感がたくさんしました

まだまだ、完全に元通りになるまでには、多くの時間を要するかとは思いますが、ニュージーランドの観光地としては、
注目し始めてもいいのではないかな、と感じました

以前のクライストチャーチを知っている方はとくに、まだ行ったことのない方も、ぜひ、クライストチャーチに
注目して頂き、ご旅行をされてみてもいいかと思います

ニュージーランド クライストチャーチの観光マップをどうぞ♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランド 南島の玄関口、第3番目に大きな都市 クライストチャーチは、2011年2月に発生した地震から、
約5年弱がたち、少しずつ、少しずつ、復興の色を見せ始めています

私がクライストチャーチに行ったのは、2013年8月と2014年2月、地震のあとの2回だけですが、工事をしている箇所がまだまだ多く、
カンタベリー博物館の周辺の散策と、その周辺で唯一賑わっていた『Boulevard』というカフェに寄ったことしか覚えていません

1175259_510015049085552_379035864_n1170904_510015145752209_1009086_n1150825_510039542416436_1495262647_n

その後も、ずっとオークランドにいるので、クライストチャーチが今どうなっているのかとても気になっていたのですが、
昨日、”Christchurch & Canterbury Tourism”の方とお会いする機会があり、クライストチャーチのお話をお聞きすることが出来ました

クライストチャーチ周辺では、ホテルやレストランなどの修繕工事や改装などを経て、新しくなった施設や観光スポットが増えてきているようです

クライストチャーチ最大の観光スポットである『ハグレー公園』の散策や植物園、自然の中でゆったりと過ごせるカフェ(ilex Botanic Gardens)は人気の観光スポット

市内中心部では、キャッセルストリート沿いにある、輸送用のコンテナを利用したショッピングモール『Re:START』でのショッピングや、
クライストチャーチカジノのあるビクトリア(Victoria)ストリート周辺、そして、トラムが通るハイ(High)ストリート周辺、ニューリージェント(New Regent)ストリート周辺に、
レストランやカフェ、ブティックなどが揃い、地元の人や観光客に人気の場所だそうです

今回、最新のクライストチャーチの地図を入手しましたので、ご覧下さいっ

拡大画像はこちら
26112015100523-0001

拡大画像はこちら
26112015100922-0001

拡大画像はこちら
26112015100636-0001

まだまだ、完全な復興とはいえないかもしれませんが、楽しめる場所はたくさん
これからクライストチャーチへ行こうかなとお考えの方、すでにご旅行が決まっている方、こちらの地図をご活用下さい

ずっとオークランドにいるので、私もそろそろクライストチャーチへ行きたいなぁと思っているので、時間が出来たらぜひ行ってみますっ

クライストチャーチ周辺のおすすめオプショナルツアー
市内を循環するトラムウェイレストラン
クライストチャーチから列車の旅へ『トランツアルパイン1日観光』
カイコウラ ホエールウォッチング1日観光
国内屈指のワインの名産地“ワイパラ地方”を巡るワイナリーツアー

クライストチャーチの新たなシンボル『紙の大聖堂』のご紹介♪

こんにちは、アユミです

2011年2月22日に発生したカンタベリー大地震から、もう4年がたった今、
多くの方からクライストチャーチはどうですか〜というご質問を頂きます

オークランド在住の私も、2013年8月と2014年3月にクライストチャーチを訪れましたが、
2013年のときはまだまだ工事現場や足場が組まれた建物、通れない道がたくさんあり、
2014年には、それが少し減り、タクシーの運転手さんが、『旅行するお客様が少しずつ戻ってきてるね』と、
嬉しそうにお話をされていたのを覚えています

2014年末にクライストチャーチをご旅行されたお客様からも、
『思ったよりは復興が進んでいますよ』、というお声や、『ちょうど満開のバラの時期で、公園でのんびりしました』
というお声を聞くほどですので、ぜひ、これからクライストチャーチに行ってみようかなとお考えの方に、
ぜひおススメしたい場所を、ご紹介いたします

地震により崩壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに建てられた『仮説の紙の大聖堂』

仮設大聖堂2P1000065DSCN3572

日本人建築家の坂 茂氏によって建設されたこの教会は、以前の教会が崩壊したのち、
地元の方々からの強い要望を受け、無償でデザインをされたものだそうです

特殊な紙管が使用された教会は、防水と難燃加工が施され、耐久性にも優れたもので、
この先、50年以上も持つのではないかと言われているそうです

入り口のステンドグラス、そして天井や祭壇、十字架までも全て紙でできたこの教会、
お写真ではなかなか伝わらないので、ぜひ一度、クライストチャーチを訪れた際に、
中をしっかりと見てみたいと思います

紙の教会の場所はこちら




世界でもっとも楽しいランニング??♪来年2月オークランドへ!

こんにちは、アユミです

私が、今とーーっても気になっていたイベントの情報が、
ニュージーランドにもやってきました

世界一楽しい、ハッピーになれるランニングっカラーラン(COLOR RUN)

images

こちらが、来年の2月・3月、ニュージーランドのオークランド、クライストチャーチ、ウェリントンで開催されます

最近、日本にいる友人や、以前住んでいたメルボルンの友人が、
Facebookに情報をあげていて、とーっても楽しそうで気になっていたんですっ

imagesM9JH9PXP

なんでも、海外のカラーランは、日本のものよりも程度がすごく、
みんなゾンビのようになるらしいですっ

海外は、目があってニコっとすれば、すぐ誰でもみーんな友達になれてしまうので、
こういったイベントはとっても楽しそうですね

来年の2月でしたら、ニュージーランドは気候もよくご旅行には最適

開催日:
オークランド 2015年2月15日
クライストチャーチ 2015年3月14日
ウェリントン 2015年3月29日
※お申し込み等の詳細はこちらから


そして、今からの旅行の計画でもまだまだ間に合いますので、さっそくご家族、ご友人に相談しちゃいましょ〜

ニュージーランドへの個人でのご旅行のお問い合わせもお待ちしております





3年ぶりに復活♪クライストチャーチのトラムレストラン!

こんにちは、アユミです

今日は、クライストチャーチの素敵な観光情報を入手しましたので、
皆さまにお知らせいたします

建物や街の雰囲気が英国調のおしゃれな街、クライストチャーチ
そのクライストチャーチでぜひお楽しみいただきたいのが、こちらっ『トラムレストラン』
Restaurant Tram1

以前、2009年1月に当ブログでもご紹介をさせて頂いておりましたが、
2011年のニュージーランド地震の発生により、営業がされておりませんでした

そしてなんと3年ぶりに、クリスマスを前に、12月10日より、営業を開始するそうです

通常の運行が終わる19時頃からのご乗車で、お食事を楽しみながら、
クライストチャーチの街の中をトラムで巡ります

Interior of Restaurant Tram1

お食事は、ウェルカムドリンク、前菜、メイン、デザートというコースのお料理

約2時間半、ゆっくりとお食事と街めぐりをお楽しみ頂いたあと、ツアーは終了となります

お値段はお一人様$95
弊社からもお申し込みを頂けるように致しましたので、ご希望の方は、こちらからお問い合わせ下さい

クライストチャーチのおすすめリゾートホテル♪〜テラスダウンズリゾート〜

皆さんこんにちは、アユミです

今日は、クライストチャーチにある素敵なホテルをご紹介します

クライストチャーチ市内から車で約1時間、空港から約45分のところにある、
【テラス ダウンズ リゾートホテル】

南アルプスの壮大な景色の中にある、リゾートホテルです

terracedownsls_T4C7772NEW
宿泊のタイプは2種類、ヴィラタイプと、シャレーという山荘タイプがあります

ヴィラは全室テラス付で、こーんな壮大な景色が目の前に広がっているんです
こんな景色をみながら、ぼ〜っとする♪ 癒されますねぇ
terracedownscot_T4C6232


客室にはベッドルームとリビングルーム、ダイニングルームがそれぞれありまして、
こちらもとてもシックにまとめられたデザインで、とっても素敵です
terracedownscot_T4C6156

こちらのテラスダウンズリゾート、なんといってもお勧めなのが、
ゴルフをされるお客様!!最新のクラブやカート、日本のホテルに負けないほどの
手厚いサービス、そして、日本人のスタッフが駐在しておりますので、
安心してゴルフをお楽しみ頂けます
terracedowns016_T4C8529


また、その他、テニスコートやジム、スパなどもございますし、
お子様がお楽しみいただけるキッズアクティビティも充実してるので、
ご家族のご旅行も皆さんでお楽しみいただけます♪

terracedownshorse_T4C6466
こんな壮大な景色の中で乗馬♪いいですね〜っ

JTBニュージーラドのウェブサイトでも、お申し込みを開始致しましたので、
ご希望の方は、こちらからどうぞ

☆場所はこちら☆

くじら

カイコウラ ホエール ウォッチ さんから、ビデオが届きました
くじらを見に行くツアーなので、機会があったら、是非ご参加下さい


ツアーはこちらから
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ