素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

クルーズ

私が一番美味しいと思うニュージーランドのバーベキューランチ♪

こんにちは、アユミです

皆さん、元気にお過ごしですか
久しぶりに週末、ずっと雨のお天気でなかなか外に出られなかったので、
外出自粛を機に入会してしまった(子供のためにですよw)、Netflixでジブリを見て(ニュージーランドには配信があるんですね!)、
あとついでに入会してしまったDisney+で、シンデレラの実写版と、美女と野獣の実写版、
あと何回見たかわからないくらい親子でハマっているアナ雪2を見て過ごす週末でした
1歳1か月のうちの子は、アナ雪2の曲が好きらしく、歌が流れるシーンになると『ああ〜、ああ〜』って歌ってます

さてさて、ニュージーランドのロックダウン解除、LEVEL3への移行から約1週間がたって、
どんどん感染者数も減ってきているので、このままもうしばらく頑張って、早く、せめて国内旅行へ
行ける日がくるといいなぁ〜と、日々、旅行の想像をしています

今日は、私がニュージーランド国内で、一番美味しいと思う、バーベキューランチが食べられる場所をご紹介したいと思います

どこか、といいますと『ウォルターピーク高原牧場』
ニュージーランド南島最大の観光リゾート地 クイーンズタウンにあるワカティプ湖を渡った先にある牧場です
この国で、唯一乗れる蒸気船『TSSアーンスロー号』にのって、ワカティプ湖を周遊したのち、ウォルターピーク高原牧場へ到着します

20171226_12484820171226_124904

クイーンズタウンの埠頭から出ているこのクルーズは、クルーズのみのツアー、
クルーズと、牧場での羊の毛刈りショー、シープドッグショー、モーニングティーやアフタヌーンティーを楽しむツアー、
だけでなく、バーベキューランチや、乗馬などのオプションがつけられるのです

20171226_11154020171226_112717

牧場に到着して、ショーを楽しんだあとの、バーベキューランチが、私が皆さんにお勧めしたい、
私が思う一番美味しいバーベキューランチが食べられる場所

私達、夫婦どちらも、ここのバーベキューランチが好きで、今まで2回、クイーンズタウンに行くことがあったのですが、
どちらも、必ず、このバーベキューランチが食べられるツアーに参加しています

バーベキューランチは、ビュッフェスタイルになっていて、レストランの真ん中にある、大きなオーブンで焼かれたお肉が、
ずらりと鉄板の上に置かれて、好きなだけ食べることが出来ます

20171226_11365320171226_11365620171226_113704

ビーフ、ポーク、チキン、ラム、ベニソン、ソーセージなど、その日によって、ラインナップは異なりますが、
たくさんの種類の美味しいお肉を楽しむことが出来るんです
しかも、お肉はぜんぜん固くなくて、新鮮で柔らかく、ラムやベニソンも臭みの全くない食べやすいもの
お肉以外にも、温野菜やフルーツ、チーズやパン、デザートもたくさんあって、全部食べ切れないくらいの量なのです

20171226_11433320171226_11434420171226_114347

好きなものだけを厳選して、食べ過ぎないように注意をしていても、いっつもついつい食べ過ぎちゃいます

このボリュームと美味しさで、ツアーの値段は、一人129ドル
クルーズと牧場訪問で、一人95ドルするので、あと30ドル多く出せば、こんなに美味しいランチも食べられるし、
ほかのバーベキューランチ付きのツアーよりも、とっても質の高いランチにびっくりすると思います

皆さんも、いつかクイーンズタウンに旅行されることがあれば、ぜひぜひ、
この『ウォルターピーク高原牧場』のバーベキューランチ付きのツアーへ参加されてみてくださいね

私達も、きっとまた、3回目行きます

ではでは、皆さん、今週も元気にお過ごしくださいね〜

港町オークランドでハーバークルーズ!

皆さんこんにちは、Mです

ディナークルーズに続いて今回はハーバークルーズのご紹介です
ハーバークルーズはお昼に出発するので、オークランドに着いた日に参加することも可能です
11月から3月までの期間はランチ付きプランもあります
DSC_1509


ハーバークルーズの船はディナークルーズと同じ船になります
DSC_1505


乗船するとあたたかい飲み物とクッキーが配られます
少し雨が降っても肌寒い日でも安心、レインジャケットやブランケットも用意されています
DSC_1507IMG_2186


それでは出発です!
エンジンをかけて港をあとにします
DSC_1510


街から少し離れるとモーターをとめて帆をあげていきます
DSC_1516


クルーの方と協力してどんどんあげていきます
DSC_1518


完全に帆があがるとこうなります
ここからは風の力だけで船を動かしていきます
DSC_1524


帆をあげたあとは、自ら操縦することも可能です
クルーの方がどこに向かって行くか隣で丁寧に教えてくれるので安心
IMG_2205


DSC_1522


ハンドルの前には立つと速度計などが見えます
どれくらいの速度で走っているのか、どこに向かっているのか一目でわかるようになっています
IMG_2183


船はハーバーブリッジを目指して進んでいきます
振り返るとオークランドの街からだんだんと離れてきたのがわかります
DSC_1555


今回はハーバーブリッジの下を通ります
普段なかなか見ることがない橋の下を見ることができます
DSC_1536


IMG_2209


ノースショアのバーケンヘッドの近くまでいき、船を旋回して戻っていきます
クルーズ中はデッキだけでなく、船首まで行くこともできます
DSC_1512


1時間半のクルーズですが、あっという間に時間が過ぎてしまいます
日が暮れるとまた違った景色が見れます
DSC_1558


港に戻る最中に写真スポットがあります
それは・・・ヒルトンホテルの間から見えるスカイタワーです
見えるのは一瞬なのでシャッターチャンスを逃さないように
DSC_1570


ハーバークルーズに参加すると、オークランドの街並みを少し離れたところから見れるだけでなく操縦体験も可能です

ハーバーセーリングクルーズ(ランチ付)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

寒い冬でも楽しめるんですっ!ロトルア湖クルーズ&ホットプール観光ツアー♪

こんにちは、アユミです

今日も、朝から曇り、そしてお昼頃から雨降りのオークランド今の気温はだいたい11度くらいだそうです
明日になれば、しばらくは晴れの日が続き、最高気温も15度以上になり、今までよりは比較的暖かい日になるようです

外気が寒いからなのか、最近、家のシャワーの出が悪く、最大の温度にしても、もやっとした温度のお湯しか出ない我が家
日本にいたときとは違い、普段、バスタブにお湯を入れてはいるというわけでもなく、いつもシャワーだけになるから、
お湯の温度は、とーっても重要なのに、なんだか体が温まらず、日本のお風呂が恋しい今日この頃

ここ最近、まったく行けていない、私の大好きな場所、ロトルアの温泉が呼んでいるーっと思っていたところに
ナイスなタイミングで、ロトルアの最新ツアーのニュースレターがやってきました

ロトルア湖ウォータータクシークルーズ&伝説のモコイア島散策&ホットプール

週末限定のオプショナルツアーで、寒い冬でも楽しく元気に過ごす、ロトルア観光のすすめです

ニュージーランド先住民族 マオリ族の歴史や、古くからの生活様式、そして言い伝えられる伝説などが今でも語り継がれるロトルアは、
ニュージーランド国内でも、最大級のマオリ民族の文化を体験、体感出来る場所なのです

そして、地熱地帯の影響でできたたくさんのホットプールは、ロトルア湖や、その隣のロトイティ湖周辺に多く点在し、
その中には、ボートやウォータータクシーでないといけない、秘境ともいえるような場所もあるのです

▼オプショナルツアーのようすはこちら


ロトルア湖から出発したウォータータクシーに乗って、静かな空気につつまれた、湖畔の景色をゆったりと楽しみながら、
ロトルア湖畔にわく地熱ホットプール《ヒネモア プール》や、ロトイティ湖畔に位置する、ボードでないと行くことのできない場所を訪れます
ホットプールでは、お湯につかり、少しの時間ですが、体を温めて頂くことが出来ます

ロトイティ湖からロトルア湖へ戻り、最後に訪れるのは、古くからの伝説の残る神秘的な島、モコイア島
モコイア島では、ベテランのガイドが、自然や歴史、昔の生活など島の物語を聞くことが出来ます

このツアーでは、壮大な自然の中でのクルーズや、ホットプールでの癒しの時間だけでなく、最もマオリ民族の伝統や歴史の残るロトルアならではのお話を聞くことが出来ます

manupirua-hot-pool-mokoia-magicmanupirua-hot-pool-mokoia-magic20180606104238manupirua-hot-pool-mokoia-magic

寒い冬でも、魅力的なニュージーランドの観光を楽しむ、オプショナルツアー

これから、オークランド滞在や、ロトルアへのご旅行を考えている方、ぜひぜひ、こちらのツアーの参考にしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

遂に夢が叶った! タウポでの幻想的な彫刻と遭遇!

皆さま おはようございます。 オリジナルNです。

本日はタウポ2日目のご報告

朝から思いっきりホテルで朝食とコーヒーを堪能し結構お腹一杯に状況で今回一番楽しみにしてたクルーズの「Chris Jolly」と言う会社のブランチクルーズに参加させて頂きました

WEB担当と言う事で何度も写真で目にしたこの光景・・

Img_1465


この謎のマオリ族の彫刻は船に乗って湖側からしか見れないんですが、やっと見る事が出来ました

メンバーと共に船乗り場に到着(ホテルから車で5分♪)
Img_1441


船内はこれまた無料wifiが利用できてyoutuberな私はウキウキ

船は真っ青な空の下をゆ〜〜〜っくりと進みます。

そうすると何やら良い香りが漂い始めます。そう、私が参加させて頂いたクルーズは「ブランチクルーズ」

Img_1450

ホテルでシコタマお腹いっぱいにして来た事を少し後悔しつつ、目の前のオーブンから焼きたてのクロワッサンが出てきたらスルスルとお腹に入るに決まってるじゃないですか

もうお腹が一杯で動けません! となった頃に丁度お目当てのカービングと呼ばれるマオリ族の彫刻の岩肌に到着!




見てください!この湖の色(加工してませんよ〜

このカービングの前で結構長時間停泊し、今度はソーセージとか更にしっかりした食事が提供されます。

その間に船の最後尾から
Img_1488


釣り糸が垂らされ「何??」と思いきや速攻でヒット! 女の子が選ばれて引き上げると
Img_1497


でっかいトラウト(マス)が (釣り上げたマスはクーラーボックスに入れてましたのでお持ち帰りとかその場で調理・・とかではありませんでした

ちなみにもう一本の竿に掛かったのはNが選ばれて私が釣り上げたんですが、自分のカメラで撮ってもらう暇が無かったのでここではご紹介出来ません

船はここでしばらく停泊しますがカヌーで参加するツアーなどもあり混みあって来ますので又同じ港に戻ります。

この食事付の「ブランチ」クルーズは日曜しか催行されてませんのでご注意ください
(食事無しのクルーズは勿論毎日催行です)

こちらのツアーも近日発売しますので乞うご期待!

2日目はまだまだ続きます 続きは月曜日〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

10年以上ぶりにタウポに行ってきました♪

皆様こんにちは 不定期参加のNです!

先週はニュージーランドの北島のど真ん中にある湖「タウポ」に3日間の視察旅行にご招待頂き色んな体験をしてきましたので皆様にご紹介!

通常オークランドからは約5時間掛けて車移動なんですがこの日はタウポ観光局様の計らいで飛行機で移動

約50人乗りの飛行機に乗り、飛んだ! 電子機器使ってOK! 15分後 着陸態勢と言う本当に「アッと言う間」にタウポの空港に到着!

タウポの空港はもんのすごく小さくて可愛い空港で、飛行機を降りたら勿論タラップ、そこから5秒で到着ゲートに出てこれる感じです。 (勿論到着ゲートと出発ゲートは同じです

チェックインカウンターは勿論1個!でもちゃんとベルトコンベアーで預入荷物が入って行くんですよ!
Img_1765


タウポ空港で待ってて頂いたのはタウポ観光局のMaggieさん

同業他社さん(+オーストラリアからトリップアドバイザーの方)計3名での視察となりました。

ここからは皆別行動となるんですが、私が案内頂いたのはタウポ観光の代表格「フカ滝」に大接近するクルーズ

タウポでの一番の観光スポット「フカ滝」は上から見ると
Img_1763


こんな感じのエライ激しい滝 ここの滝つぼの目の前まで船で行くというツアーに参加させて頂きました。

Maggieさんに車で案内頂いたクルーズの乗り場から見える景色。  ここでNは既に大はしゃぎ!

だって・・・・・

私の大好きな映画「HOBBIT」の第2作で、ホビット達が樽で激流を下るシーンの撮影現場なんですもん

Img_1335


その撮影現場のほんと目の前に今回お世話になりました「Huka Falls River Cruise」社の車のドアが半開きで停まっております。 中にはおじさんが一人居て声を掛けましたら・・ここがチェックインカウンター

Img_1338

名前を伝えてすぐ目の前に停泊中の船で出発〜

Img_1342


船内は天井が全面世界中の「お札」どれだけ世界中から沢山のお客様が参加されたかが良く分かります (千円札も数枚ありました!)

Img_1344


全行程は約2時間のクルーズですが基本的にはまったりゆっくりと静かに進む船ですが・・・





滝壺にガンガン近づいてか〜な〜り〜エキサイティング

今回の撮影は魚眼レンズなので距離感が余り表現出来てないんですが、これ実際では「マジ目の前 滝壺」です!(ちょっと怖い!)

フカ滝ではジェットボートでグォーンと一気に近づく事も出来るのですが
(お申込みは こちらから)

ジェットボートは小さく軽いのでそこまで間際までは行きませんがこの船は大きいのでマジで目の前まで行きます

やはりこの滝壺がクライマックスなのでこの日はギリまで近づきグォーっと流されて、もう一回!更にギリギリまで行き・・を4回やってくれました!

帰りは又ゆっくりまったりと帰って行きますが船長さん(?)のテクニックの凄さを本当に実感いたしました。

こちらのツアーは近日中にJTBサイトにて発売予定ですので乞うご期待!

まだまだ初日の一つ目の体験談ですがここからクイーンズタウンの時の様に長々と毎日ご紹介しますのでお付き合いくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

大自然の中をクルージング♪ミルフォードサウンドクルージング&マリナーオーバーナイトステイのご紹介

おはようございます、アユミです

すっきりと晴れているオークランド気温は6度と低めで、とっても寒く感じますが今日は1日いいお天気のようです
ここ最近曇りや雨の日が多かったのですが、金曜日の今日、そして、月曜日はクイーンズバースデーのため祝日となり、明日からの3連休の間はずっとお天気が良さそうです

さて、昨日のブログで、憧れのお城ステイというちょっと変わった滞在をご紹介しましたが、今日もまた南島のトピックスで、今度は、クルーズ船ステイをご紹介します
南島で最も人気といえるリゾート的な観光都市『クイーンズタウン』から、こちらも最も人気の観光スポット『ミルフォードサウンド』のクルージング
南島の南西部、フィヨルドランド国立公園に位置する、ミルフォードサウンド(入り江)へのクルーズツアーは、乗船場からのマイターピーク(Miter Peak)の写真が
多くの旅行ガイドやパンフレットなどで使われているので、皆さんもどこかで見たことがあるかもしれません

1238005_510015235752200_1026078559_n946962_510015269085530_1238885303_n

乗船後、クルーズを開始した船は入り江の中を進んで行き、途中、ウェアリー・フォールズとよばれる滝を見るのですが、私が行ったときは、雨が降った後の快晴のため虹が出ていました
そして、シールポイントという場所では、オットセイの群れを見ることが出来ましたそして、スターリング・フォールズという大きな滝の真下まで近づきます

1001256_510015429085514_1115578253_n1238232_4668344485696_1981049431_n547708_510015819085475_245557194_n

壮大で迫力のある山々を周囲に、滝やオットセイ、運が良ければペンギンやイルカなども見ることが出来る、ミルフォードサウンドのクルージングですが、
ここ最近、人気になってきているのが、 『ミルフォードサウンド マリナー オーバーナイトクルーズ』という、クルーズ船で1泊することの出来るツアー 

RJ_Vol9_95RJ_Vol9_68

通常のクルージングに加えて、カヤック、もしくは小型船で行く、周辺の散策もとっても貴重な経験となります
船は、客室やレストラン付きで、オーバーナイトクルーズは、レストランでのビュッフェディナーと朝食が付いてきます
クルージングとカヤックのアクティビティ、大自然の中で停泊する船の中での滞在の夜はニュージーランドの素敵な星空もお楽しみ頂けるかもしれません

催行会社であるReal Journeys(リアルジャーニーズ)が提供するイメージ映像があるので、宜しければご覧ください



どうですかミルフォードサウンド、行きたくなってきてしまいますよね
これから南島クイーンタウンへの旅行を計画される方は、ミルフォードサンドへのツアー、ぜひぜひ行ってみて下さいねっ

 ミルフォードサウンド1日観光 クイーンズタウン発(日本語ガイド付)の詳細・お申込はこちら

ミルフォードマリナー オーバーナイトクルーズの詳細・お申込はこちら

贅沢な市内観光♪

皆様お早うございます。オリジナルNでございます

湿気が凄く本当に日本の真夏の様なオークランドからのカキコです
(とは言え気温は30度前後なので日本の真夏に比べると可愛いんでしょうね・・

そんな中、会社の目の前で信号待ちしていると「ウォッ」て車が目抜き通りのクイーンストリートに現れたので持ってた携帯カメラで撮影

IMG_20160203_111755


これはJTBニュージーランドでもご案内しております「オークランド アドベンチャー ダック」と言う「水陸両用車でご案内する市内観光」のバスです

目抜き通りのクイーンストリート等街の中心部を「陸モード」でご案内の様子を運良く見れた様子です

私は実はこのオークランドの物は乗った事が無いのですが、15年ほど前にオーストラリアのゴールドコーストで乗った事がありまして、非常に贅沢な観光だった記憶があります

通常市内観光と言えばバスで巡り、海からの観光は又別にクルーズツアーに申し込んで・・・となりますが、このオークランド アドベンチャー ダックは約1時間の工程でどっちもやってしまおう!と言う贅沢でそしてお得なツアーです

水陸両用なので通常の街中の市内観光を終えた後はそのまま海にザブーンと入ってそこから先は船として「帆の街オークランド」のウエストへブンマリーナに沢山浮かぶヨットやハーバーブリッジをご堪能頂けます!

実はこの会社、世界各国にございまして、テーマは「アヒル」

と言う訳で、「グワッ グワッ」と言う声(?)が至る所から聞こえてきますのでご愛嬌!

このツアーは こちらからお申し込み頂けます!(海に入る瞬間の画像も掲載してますので是非ご覧下さい!)

オークランドでハーバークルージング♪

皆様おはようございます。オリジナルNです

ニュージーランドは日差しがキツクちょっと外を歩くだけでジリジリと日焼けする感覚が伝わる毎日ですが日本の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

そんな中あゆみさんから家族無料券を頂いたので早速週末に参加してきました「オークランドクルーズ」のご報告!

クルーズの名前を「テッド アシュビー」といいまして、オークランドの街の中心部の海洋博物館から出発する帆船となります。

まずは海洋博物館「マリタイムミュージアム」のチェックインカウンターで「テッドアシュビー」のチェックインをします。 私達は12時からのクルーズに乗りたかった為11時過ぎに行きましたが、万一12時が一杯だった場合は次の14時も可能な状態です。

(12時と14時は土日・祝日のみ。平日は11時半と13時半です)

15分前に集合場所に行くとまずは12歳以下の子供にはライフジャケットが配られます。
大人は無料で防水性の(結構分厚い)ジャケットを貸してくれます。私は日焼け防止に借りました。
(でも船内では日焼け止めのクリームも常備しててサービスの良さにビックリ

プカプカ浮く桟橋を渡り船の乗り込む前はお決まりの写真撮影です。
Dsc03970


早い者勝ちで好きな席を確保しますが正直何処に座っても景色は同じです

出航時はエンジンを掛けて港の外まで出ますが(約3分)その間「ボランティア居ますか〜?」とスタッフが声を掛けて来ます。

子供を含む何人かが手を上げて、計6人のボランティアがロープを引っ張って帆を上げます。
Dsc03979

結構重労働ですが徐々に帆が上がった瞬間ビシっと風を捕らえてエンジンストップ。そのまま風の力のみで船が進みます。
Dsc03980


船のコースはワイテマタ湾をグルッと、ハーバーブリッジを下から潜りUターン、そのまま港に戻る約1時間のクルーズで、波も殆ど無いのでガッツリ船酔いする家の娘でも大丈夫でした

ハーバーブリッジの下を通過の際は何やら変なカプセルがご覧いただけますが、皆様何かお判りになりますでしょうか
Dsc03996


ジックリ見てましたら「ギェ〜」と言う悲鳴と共に人が落ちてきました
Dsc03998

そう、これはバンジージャンプの出発地点・・ 勇気のある方、是非チャレンジしてみて下さい!

南半球の太陽と潮風を浴びながら、海から見えるオークランドの街中の景色は子供達も大喜び!
Dsc04007


日本からオークランドに到着したその日に参加も可能なクルーズですので是非ご検討下さい。
小さなお子様連れにもおススメです




天候に負けないロトルア!!

あゆみさんの横に座っているものです。

タウポでのクルーズが終わった後、その足でロトルアへ
車で1時間ちょっとなので時間のある方は、ロトルアとタウポへ行かれることをお勧めします

ロトルアへ到着し、ホテルへチェックイン
今回はibis Rotoruaに宿泊すること
IMG_2140
チェックインを終えたのが17時45分で、すこし体が寒かったので、ヘルズゲートでマッドバスにつかりに

FFP_130131-109006

寒いときにはやっぱり暖かいお湯につかるのはいいですねその日の夜はファーストフードにすることにし、お店に立ち寄ってみると。。
IMG_2153
スクリーン画面で注文をするスタイルでした。

オークランド市内の店にはまだ見かけたことがなく、店員さんに教えてもらいながら注文だんだんと進化していくのだなぁって思いましたその日はあったまった身体と満腹のおなかで就寝。

次の日は。。。雨。。でもロトルアは雨でも行く場所があります
IMG_2173

ポリネシアンスパ
身体がぬれるのだから雨が降っていても楽しめ、旅の疲れもとれます考えることはみな一緒で多くの旅行客の方がきていました

ポリネシアンスパの後は、天気が良くなってきたので、ロトルア湖のクルーズに参加することにしました曇り空でしたが、ゆっくりとロトルア湖を遊覧し、ロトルア市やモコイア島を見ながら飲み物を飲みながらの落ち着いた時間
天気のいい日はこんな感じです。
Image 8Image 2


雨の日でも十分な時間を堪能することが出来るのがロトルアの魅力のひとつだと思いました

ニュージーランド最大の湖『タウポ湖』でクルーズはいかが?

あゆみさんの横に座っているものです。

連休にタウポとロトルアへ行ってきました

今回も急に決めたため、3連休の一日目は移動日に1日目はオークランドからタウポへ

到着日は時間が遅くなったためにフカフォールへ行きました

タウポといえばフカフォール
IMG_2015IMG_2019
フカフォールへきたのはこれで2回目ですがやはりいつみても青くきれいで勢いのある流れでした。

2日目の予定は今回の一番の目的であった、
タウポ湖にあるマオリの彫刻MINE BAY(マインベイ)を見に行くこと

MINE BAYのクルーズを13時30分から予約ホテルチェックアウトの後からクルーズまで時間があったので、
もうひとつやりたかったフカフォールリバークルーズをすることにしました

フカフォールリバークルーズを10時30分に予約しておいたので、アラティアティアダムの放水を見に行くことに。

放水時間は10時、12時、14時、16時(16時は夏季のみ)
この放水はダムを作る前の川の流れを観光客の方に見てもらうためだそうです
IMG_2063

最初は水が少ししかなかったところが、
DSC01465

水門の開放により段々と水位が高く!
IMG_2042

別の角度からは
IMG_2054

ちょうど川の水位が一番高くなった頃に、フカフォールリバークルーズ
の時間になりいいタイミングでした

IMG_2070

フカフォールリバークルーズは最初はゆっくりとワイカト川をのぼっていき、
IMG_2081
ワイカト川に生息する鳥などの話を聞きながらゆっくりと。。

船内には各国の紙幣が張られており色々な方が来たのが分かります。
IMG_2116


フカフォールにちかくにつれ流れに勢いが!
IMG_2102

子供たちも大騒ぎでフカフォールの流れを見ていました
Huka fall cruise2Huka fall cruise1
フカフォールクルーズの後はランチを食べ、次のマインベイをみに行くクルーズへ

今回はCHRIS JOLLY OUTDOORSさんを利用させていただきました
DSC01485

船長さんの案内のもとマインベイへ
DSC01494DSC01497

なぜこんなところにこんなこんな彫刻が
Minebay1minebay2

と思うくらい迫力のある彫刻で、

minebay3

何かの扉みたいな感じ。いつか開くのじゃないかという風に想像がわいてきました

タウポでのクルーズ観光は本当に圧倒されるものばかりでした
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ