素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ゲーム

ワールドマスターズゲームズ 開会式レポート♪

皆様おはようございます。不定期参加のオリジナルNです

先週から始まりました世界イベント「ワールドマスターズゲームズ」の開会式に参上して参りましたので皆様にご報告

開会式が開かれたのはラグビーの聖地「イーデンパーク」 

その昔ガイド時代に新婚様をご案内した時に高校ラグビーを昔やってたと仰る旦那様がここを見て感動で泣き出した程ラガーマンには凄い場所、正に「聖地」です。

実は私はこの日、日本からお越し頂きました「超VIP」のご案内を務めさせて頂きJTBニュージーランドとして各スタッフとしてお手伝いに行きましたが(皆様もご存知のオリンピック 金メダリストやその他のスポーツでかなり有名な方ですがお名前は内緒

開会式数時間前に会場入りしましたら
Img_1273


ゲート前では既に行列が・・

会場はかなり強固なセキュリティーで1名1名 名簿とプラスチック製の入場パスを厳重にチェックされました。

入場を終えましたらこんな「腕輪?」を全員に渡されました。
Img_1281


スタッフに「これ何??目的は??」と聞きましたが「内緒〜 サプライズ」と教えて貰えなかったのでお客様に「何これ?」と聞かれても「内緒だそうです・・・」としか答えるしか無かったですが・・・これがトンでもないサプライズ

私が担当させて頂いたお客様は「超VIP」でしたので私はスタッフとして専用エレベーターで「VIPラウンジ」にご案内しました所・・

Img_1292


そこは「VIPの世界」

居るわ居るわ 世界中の有名人。(名前は同じく内緒です・・

やはりTVに出られる方達はオーラが出ており、恐ろしいレベルで「美男」「美女」。 

そんな方達を横目に私のお客様がTVの取材スタートでオロオロと眺めておりました
Img_1310


しばしのご歓談が(と言っても結構長かった・・)の後、本当に「ゴン」と言う音が鳴るイメージで会場が真っ暗に!(音はなってませんけど何かそんな感じ

いよいよ開会式の始まりです

始まった瞬間に・・・さっきの腕輪が突然チカチカ光り始めました

そう、この腕輪・・・・電波を受けて客席エリア毎に色んな色で光って「点」で色んな効果を描くという凄い物
Image1


そこから花火バンバン、強烈レーザー光線が会場中に飛びまくり「正に目が眩む」感じ!

光のショーが一息つくとニュージーランドの先住民族「マオリ族」がレーザー光線の「海?」の中から登場し大規模なパフォーマンスを繰り広げます。

私は余りスポーツも得意じゃないですし、色んなイベントも参加させて頂いてるので「感動」と言うのは余り感じないのですが・・・  私・・この開会式の大規模な「ハカ」は涙チョチョぎれる感動でした。

Image2


ここからは色んなパフォーマンスの後、参加選手が各国・各スポーツで入場パレードするんですが・・・

1)とにかく暗い(全員何か光るトーチみたいなの持ってて幻想的なんですがVIPラウンジからは誰か見えない)
2)長い!とにかく長い!! 最後30分くらいは気の毒な位皆興味を失ってた印象です。。。

TV撮影のクルーはかなりの困難を要したとの噂でした。

と言う訳で約3時間に渡る開会式が終わって翌日からは各スポーツ別に会場を分けてオークランド中の各地で色んな競技が行われております!

オークランドのあっちこっちで色んな有名スポーツ選手が歩いてるのでご旅行でお越しのお客様も目を凝らして歩いて見てくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

マリタイムミュージアム(海洋博物館)に行ってきました!

皆様おはようございます
先日、オークランドの中心部にあるマリタイムミュージアムのツアーに参加してきました。

ここではニュージーランドでの航海にまつわる大小の船、工芸品からデジタルコンテンツまで展示されており、
様々な展示品を楽しみながら、ニュージーランドの始まりから現代のマリンスポーツでの成功まで、この国の海洋の豊かな歴史をうかがい知ることができるようになっています

この中から、子供から大人まで楽しめる3つのデジタルコンテンツをご紹介したいと思います

1.CGアニメーション"Te Waka"


館内に入りますと、まずシアターに案内され、このアニメーションが上映されます
ニュージーランドの最初の移民といわれるポリネシア人たちがどのように大海を越え、ニュージーランドにたどり着いたかを描いています。
アニメーションで内容もわかりやすく、子供から大人まで楽しめます

Te Waka-Our great journey


2.タッチパネル式3Dゲーム"Design a Yacht"


上下二つのディスプレイを見ながら行う、ヨットをデザインするゲーム(シミュレーター)です。
IMG_8763

下にあるのは、操作用タッチパネルで、映し出されたヨットの設計図を見ながら、各パーツの大きさをタッチして好きな形にデザインできます。
上のディスプレイでは、デザインされたヨットがリアルタイムにどう動くかをシミュレーション表示します
指でタッチした結果がリアルに表示されるので、デザインの良し悪しが直観的にわかります。
タブレット慣れした子供たちもすぐ夢中になりそうです。

ヨットのキール(船底の下に突き出た部分)をあまりに極端な形にすると
dy01

とほほな結果に・・・
dy02


3.マルチユーザ参加可能なゲーム"Teamwork Challenge"


国際ヨットレース"America's Cup"で、1995年に完全勝利した伝説のレーシングヨット"NZL32(Black Magic)"を操作して、"Windward Mark"(風上側マーク)を目指すゲームです。
このゲーム用テーブル画面の端には、6人の乗組員用のポジション(コントローラー)があり、戦術家、操舵手、帆の調整担当、帆の巻取担当に分かれてヨットを操作するようになってます。まさにチームワークが試されます。

詳しいルールはわからなくても、結構楽しめました
Teamwork Challenge
このお父さんと息子さんも叫び声をあげながらかなり熱く  なってましたよ
Teamwork Challenge


ちなみに展示中のNZL32はこちら
NZL32(Black Magic) NZL32(Black Magic)
※全体像はこちら(画像元: Maritime Museum)

また、小さいお子様にはこんなスペースもありますので、お母さんも安心です
IMG_8788

今回は残念ながら雨のため館内のみの見学でしたが、ご紹介しなかった移民船やそれにまつわるストーリー(以下画像)、各種船の展示などを含め、意外と楽しみながら過ごすことが出来ました。
IMG_8747 IMG_8742

また、ここ海洋博物館で人気のある"Ted Ashby"(テッド・アシュビー号、以下画像)で行くセーリングツアー(約1時間)は、月曜日を除き毎日2回行われています。
Ted Ashby(テッド・アシュビー号)


なお、今回ご紹介しました海洋博物館の見学とセーリングが一緒になったツアーは、弊社現地ウェブサイト:海洋博物館&ハーバーセーリングにてご案内しております
ご興味のおありの方は、ぜひぜひチェックしてみてください
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ