タグ:コロマンデル

皆様こんにちはMです
朝晩の冷え込みを感じる時期になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか

昨年の夏にコロマンデル旅行にいってきたのでご紹介します

本日紹介するのはコロマンデルにあるカセドラルコーブです

line_48006506347233


line_48049353641356


20191130_171038


カセドラルコーブはオークランド市内からは車で約2時間の場所にあります
ナルニア国物語の映画のロケ地にもなっている有名な場所です

line_47918438477988


潮の満ち引きによっても違う表情を見せてくれます
不思議な岩を見たり写真を撮ったり道中のハイキングを楽しんだり見どころ満載です

20191130_175624


自然を満喫できるので、癒やされたい方にお薦めです

こんにちは、アユミです

小さな島国の中に、たーっくさんの見所があるニュージーランド
いろいろな場所に旅行に行っても、今もまだなお、行ったことのない美しい場所や、手付かずの自然がたくさんあふれているこの国は、
日本の方に人気のリゾート地に負けないくらいの観光天国といっても過言ではない国なのです

先日、10月末の3連休を利用して、ニュージーランド北島のコロマンデル半島の南にある、
Whangamata(ファンガマタ)という街に遊びにいってきました

目的は、ファンガマタで開催されているリラクゼーションも兼ねたヨガ プログラムに参加するためだったのですが、
朝8時半から11時までのセッションと、夜19時から21時までのセッションを除く時間は、自由に観光を楽しめる時間だったので、
ファンガマタ周辺の自然を満喫してきました

行く前から、計画をたてて、とっても楽しみにしていたのが、知る人ぞ知る秘境 ドーナッツ島 という場所へ行くカヤックツアー
※グーグル画像検索で"Donut Island"と調べると、とってもキレイな写真が出てきますよ。

ファンガマタの街から、プレンティ湾に面した、アイランドビューリザーブという場所から出発します
ここもまた、広々と、とっても素敵なビーチ

20181020_13242120181020_132435

ここから出発するカヤックツアーは、経験者向けに、自分達だけでカヤックにのって自由にドーナッツ島までいくツアーと、
初心者向けに、ガイドさんと一緒に、ガイドさんの指示に従って、ドーナッツ島まで行くツアーの2種類があります

20181020_16114720181020_161615

カヤックは二人乗りと一人乗りがあるのですが、より安定するのは二人乗り
簡単に、ルートの説明と注意事項の説明を受けて、海岸から、出発です

目指すは、目の前に見える別名ドーナッツ島という名の無人島 フェヌアクラ島

20181020_16323720181020_164056

なぜドーナッツ島というかといいますと、島の中心部がドーナツの中心のように丸く穴があいていて、
そこへと通じる洞窟を抜けると、そのドーナツの穴に入れる場所だからなのです
島の右側からくるりと横にまわると、その洞窟の入口が見えてきます

20181020_16431220181020_164411

意外と細い、洞窟の通り道に、少しだけ波が強くなってきて、とっても緊張したのですが、なんとか、カヤックをコントロールして、洞窟の中へ

20181020_164449

そこで見た、とっても素敵な景色が、こちらです動画でどうぞ!
音が出せる場合は、ぜひ、その神秘的な音も一緒に聞いてみて下さい



エメラルドグリーンに透き通る水は、とっても美しく、ときどき波が岩に当たる音や、
空を飛ぶ鳥の声、そして、ドーナッツの穴から差し込む太陽の光が、キラキラと水を輝かせて、とってもとってもきれいで、神秘的な場所がありました

20181020_17022320181020_170643

しばらくここで、聞こえてくる音に耳を澄まして、のんびりしているととても気分がよく、どれだけでも長くいられるような気さえしてきます

20181020_171512

ゆったりと時間を過ごしたあとは、また、きた道、洞窟を通って、周辺のマウカハロックスや、ハウトゥル島をとおって、またビーチに帰ってきます
これで、だいたい2時間くらいの距離のツアー



ニュージーランドのMust Do(マストドゥ:必ずやったほうがいいこと!)に、絶対に入るべき、観光スポットだと思います

今までカヤックをしたことのある人、カヤックが好きな人はもちろんのこと、初心者の方でも、とっても簡単です

秘境 ドーナッツ島は、必見の価値ぜひぜひ、行ってみてくださいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

皆様おはようございます。不定期参加Nの連続カキコでございます

本日は日帰りコロマンデル旅行「ホットウォータービーチ編」のご紹介

ハーヘイの駐車場まで戻ってやれやれと思いつつ自分の車に戻りましたら息つく暇なしで即移動

と言ってもGoogleマップ先生曰くは「約9分」。

Img_2653


何故そんなにバタバタと移動したかと言うと・・・満潮と干潮が大きく左右される為です。

実は私たちは事前に干潮の時間を調べていて、14時30分というこの日の干潮に合わせてここに来るのがメインの目的でした

ここホットウォータービーチはその昔イッテQの森三中の温泉同好会でも紹介されたビーチで、干潮の時に砂浜を掘ると温泉が出ると言うちょっと変わったビーチ

遠目に見てみると

Img_2654


一部えっらい人がゴミゴミと固まってて・・・

更に近づきますと
Img_2657


皆手に大きなシャベルで必死に掘っております

最初私たちも他人のエリアを侵さない様にちょっと離れた所を掘ってみましたが出てくる水は冷たい・・

で、パッと見で湯気が出てる辺りを掘ってみますと熱湯が湧き出て来て熱くて「こんなん入れるかい」と言う熱いお湯が・・

と言う事で今回学んだのは「ホットウォータービーチでの温泉は温度調節が難しい」でした

やっと丁度言い塩梅の場所を見つけて8人入れるプライベート温泉を必死に掘りましたが・・・それが一番疲れました

徐々に満潮になるとドンドン海が迫って来るので波打ち際に必死に堀ってたお父さんが波に「ざざ〜ん」とやられたときメッチャ怒ってるのを見ちゃいました・・・

hotw


ここに行くツアーはありませんが専用車手配でご案内は可能ですのでご希望の方はお問合せしてみてください。(干潮時にバッチリタイミングで行く必要があるのでちょっと敷居は高い目です)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ





あゆみさんの横に座ってる者です。

昨日の続き

3日目はあいにく曇っており雨も少し降っていました

このままオークランドへ帰ろうか悩みましたが、せっかく来たのでコロマンデルの町まで行くだけにしました

コロマンデルまではグネグネした道を通ったので2時間ほどかかりました。まっすぐだったら1時間程度で行ける道なのにと思いながら移動。。

やはりコロマンデルも休暇のため人が多く、駐車場も見つけるのが大変でした

インフォメーションセンターへ行き何かできることはありますか?ってきいたらほとんどのツアーは満席ですの回答。。

でも、オイスターの食べれるお店(マッスルキッチン)と、309ロード沿いにスチュアート&ザ ワイルドピッグス(豚の飼育所?)、ウォーターワークス、
、あと滝が好きなので近くの滝を見に行きました。

マッスルキッチンについて、店員さんにお任せして選んでもらいました。オイスターに3種類の違った味がついたものを選んでもらい、お昼ご飯。

IMG_1554

味の方はイタリアンな感じで3種類もあったので飽きることなく完食できました。

IMG_1552

食後は、スチュアート&ザ ワイルドピッグス(豚の牧場?)は本当に豚だらけ。最近は羊ばかり見ていたので新鮮な感じでした。

IMG_1564

ウォーターワークスは中には入らなかったのですが多くのお子様連れ家族が来ていました。

IMG_1557IMG_1556IMG_1555

滝は迫力があるのも好きですが、小さな滝をずっと眺めてるのも好きなのでいい時間つぶしになりました!

IMG_1559IMG_1558

本当ならタウランガで一泊、コロマンデルに一泊するのがその町をじっくり楽しめるのかもしれませんが、今回はホリデー中であったため人は多いし、どこも混んでたため、静かで落ち着いたテームズを拠点にした旅をしてよかったかなって思います。

あゆみさんの横に座ってる者です。

イースターホリデーにタウランガ地方とコロマンデル地方に行ってきました。

旅行業界で働いてるのにも関わらず、旅行に行こうと決めたのが、4日間の休みの初日の午後から計画を立て始めました

イースターホリデーはニュージーランドの中ではながい休みなので、どこのホテルも満室… 諦めかけた時にタウランガとコロマンデルの間の町、テームズに一室空きがあったため即予約

テームズからはオークランド、タウランガ、コロマンデルどこへでも2時間くらいで行けるのでそこを拠点に二泊三日で旅行することにしました

初日はオークランドからテームズへの移動のみにして、2日目にタウランガ、3日目にコロマンデルにいってオークランドへ帰ることにしました。

マウント マウンガヌイへ車で頂上まで行けるかなぁ?って甘い考えをしていましたが、やはり徒歩で登らなければならず、インフォメーションセンターで楽な歩き方を聞いて、地図ももらい出発!


でも、あんまり時間をつぶしたくなかったので、途中で頂上までハードな道だけど20分、緩やかな道だけど30分の分かれ道の表示を発見

インフォメーションセンターの人には楽な方を聞いたのに、時間節約!!と思いハードな道へ。。。 これが間違いで本当にハード。。汗もダラダラ出るし、頂上に着いたころには筋肉痛になりそうなほどでした。。

やはり人の言うことは素直に聞くものですね

頂上からの景色は天気がよくとてもきれいでした!

mt

もし、マウント マウンガヌイ(タウランガ地方)へ行くことのある方は楽な道を選んでください!

IMG_1504IMG_1513IMG_1517

下山しとても疲れたし、町はどこも混んでいたので車で20ほどにあるキュウイフルーツの置物?建物?がある施設へ。

DSC01394IMG_1521

趣味の一環として、NZのいくつかの町にはその土地を代表とする置物?があるのでそれを見に行くのが好きなので、ただ写真だけ取りに行きました。

今度置物の写真をブログに載せますね。

こんにちは、アユミです

今年もあと残り半月となりましたね
いよいよまた少しずつ暖かい夏に向かって、今週から25℃前後の気温になってきました
ニュージーランドの夏は、だいたい3月までといいますので、
寒い日本と飛び出して、ニュージーランドへ遊びに来て下さいねっ

さて今回は、北島で最大の人気を誇る場所『コロマンデル半島』をご紹介します
今日はそのうちの1ケ所目、カセドラルコーブをご紹介いたします

オークランドから南へ下り、東へ約2時間、コロマンデル半島にある『タイルア』という街へ
タイルアに近づくと、タイルア港の先に”パク山”という小高い丘の景色が見えてきます
IMG_2300
これが見えたら、タイルアの街はもうすぐです
余談ですが、タイルアはとても小さな街ですが、小さなカフェや雑貨ショップ、
宿泊施設やビジターセンターもあり、旅行者にはとても安心ですし、1日のんびりと
海を眺めたり、お買い物をしたり、カフェに行ったりして過ごすのもいいかもしれませんね
IMG_2309IMG_2311

そして、タイルアで少し休憩をして、ここから北へ約30分のところにある『カセドラル コーブ』へ

カセドラルコーブは、映画『ナルニア物語』の舞台ともなった場所で、自然が作り出したアーチ上の岩や
静かなビーチ、またカセドラルコーブへたどり着くまでのハイキングコースには、別名クリスマスの木と
いわれるポフツカワの木々や、ニュージーランドのシンボルともいえる多くのしだ植物を見ることができます
P1010259P1010260IMG_2340

ハイキングコースの入り口から、片道約30〜40分ほどで、カセドラルコーブへ辿りつきます
道は、そんなに険しくなく、歩くのが少々苦手な方でも、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら、
またおしゃべりを楽しみながら歩いていただける道でした

P1010264P1010267P1010272

そして、カセドラルコーブにたどり着いたときにご覧いただける景色にはとても感動すると思います
自然によって作り出された巨大なアーチ状の岩窟、そして真っ白な砂浜に、そこから覗く数々の奇岩など
本当に美しく、心がなごみます

長い時間、ここに滞在していたくなってしまったのですが、今回はほかにも素敵な場所が
待っていたので、次回は、カセドラルコーブのためだけに、コロマンデルに来ようと思います

ニュージーランド、北島で人気のカセドラルコーブ、ぜひ行ってみて下さいね

カセドラルコーブ ハイキングツアーの詳細・お申し込みはこちら

コロマンデル半島は、自然豊かで
アクティビティーの充実しているニュージーランドのリゾート地。


大きな地図で見る

オークランド市内から車で約2時間
ホリデーを楽しむグループ、家族、バックパッカーに人気の場所。

コロマンデルは歴史もあり、1800年代は
ゴールドラッシュで賑わいをみせていました。
今でも金鉱跡や歴史博物館などもあり、
その面影を残しております。

西の海岸線は400km続き、
カヤック、釣り、サーフィン、ダイビング、水泳などの
アクティビティーを盛んに行われています。

その中でも、ちょっと変わったアクティビティーというとこれ

干潮時に砂を掘ると温泉が沸く「ホットウォータービーチ」で、
手掘り温泉にチャレンジしてみてはいかがですか?

d243851f-s


潮の満ち引きのタイミングが合えば、
温泉と海水を混ぜて自分だけの“天然露天風呂”を
楽しむことが出来ます。

ホットウォータービーチの近くにある、
波に侵食された白い壁がつづき、
サクラ貝で時折ピンクに見える砂浜が美しい「カセドラルコーブ」も必見

4af9ef58-s


コロマンデル半島には、シダの生い茂る原生林も多く残っていて、
別名ニュージーランドのクリスマスツリー「ポフツカワ」や、
ニュージーランド原生の木「カウリ」を目にすることも出来ます。

また、場所によっては神秘的な青白い光を放つ
土ボタルも生息しています。

マイナスイオンたっぷりのトレッキングをしながら、
美しいニュージーランドの自然に触れてみてはいかがでしょうか?

カセドラルコーブハイキング日帰りツアーは←こちらです。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします

このページのトップヘ