素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

コーヒー豆

ウェリントン旅行記 〜街をふらっと♪おすすめカフェ編〜

おはようございます、アユミです

先週のブログに引き続きまして、ウェリントン旅行にて、ふらっと街歩き中に発見した、素敵なカフェをご紹介したいと思います

ウェリントンの中心、たくさんのカフェ、レストランやショッピングの中心の1つとなるWillis StreetとDixon Streetの角にある『Flight Coffee Hanger』というカフェ
通りの1箇所だけ、木の板張りの外壁が周囲のお店の雰囲気とはちょっと違い、わりと目立っているのですぐに見つけることが出来ます

20160521_13012820160521_130539

『Flight Coffee 』は、エチオピア、コロンビア、ケニアなどの厳選されたコーヒー豆を焙煎するニュージーランド生まれのコーヒーで、『Flight Coffee Hanger』はその旗艦店として、ウェリントンにオープンした地元でも人気のカフェ
私が注文したのは、Crispy Chicken Burger にサイドディッシュとして Poached eggをチョイスしたものそして、フラットホワイトのコーヒーには、可愛い3つのハートのラテアート

20160521_13374220160521_131436

ここのカフェの特徴は、エスプレッソコーヒー、コールドドリップコーヒー、フラットホワイトの3種類の入れ方を同じコーヒーで楽しむことが出来ること
コールドドリップは、他のカフェでもあまり見かけたことがないですし、この変わったコーヒーのティスティングメニューは、コーヒー好きの人にはとってもオススメ

Flight
画像元:Flight Coffee Hangar - Facebook

『Flight Coffee 』をブログで紹介しようと思って、ネットで調べてみたところ、なんとなんと、オークランドにも姉妹店があることがわかり、
その場所は、数ヶ月前にクイーンストリートに新しく出来た、Sparkという電話会社のショップで、入口を入ってすぐ右側に、カフェを併設しているもの、それが『Flight Coffee 』だったのです

20160527_13164520160527_13135120160527_131317

メニューには、エスプレッソコーヒー、フィルターコーヒー、コールドドリップと、オークランドのショップでも、ちゃんとFlight Coffeeのスタイルを楽しむことが出来ました
ちょっと変わったコーヒーを楽しみたくなったら、ぜひぜひ、オークランドの『Flight Coffee 』もしくは、ウェリントンの『Flight Coffee Hanger』へ行ってみてくださいね

20160527_131651

おすすめお土産紹介!ニュージーランド生まれのコーヒーをどうぞ♪

こんにちは、アユミです

いつもはおはようございますっから始まる私のブログですが、今日の更新がとーっても遅くなってしまいましたすいませんっ
朝から、オークランド郊外のEden Parkというラグビーの試合などが行われる大きなスタジアムで開催されていたイベントに参加してまいりまして、
そちらで、ニュージーランド北島の各地域からやってきた、ツアー催行会社の方々とお会いする機会があり、ニュージーランドの新しい観光情報を発掘してきました
これからどんどん、新しいパッケージツアーやオプショナルツアーを皆様へご紹介出来るように、準備していきますので、これからも『素敵なニュージーランド』を宜しくお願い致します

、という前置きから、話題はコロっと変わりまして、今日は、これからニュージーランドへご旅行に来られる方へ、オススメのお土産、ニュージーランド生まれのコーヒーを2つご紹介しますっ
以前のブログでも、ニュージーランドは、多くの腕利きのバリスタが集まるコーヒー大国であるとご紹介しました※そのときのブログはこちら
私も、ニュージーランドのコーヒーが大好きで、MOJOやESPRESSO WORKSHOP、Atomic Coffee、Habana Coffeeなどなど、好きなコーヒーがたくさんあります

今日ご紹介するのは、ニュージーランドのスーパーマーケットでも、お手頃の値段で買えて、お土産に最適なコーヒー

 ロバート・ハリス(Robert Harris)

ロバート・ハリスは、1952年、ニュージーランド北島のハミルトンという街のデリカテッセンから始まりました
当時の顧客であるヨーロッパからの人々のためのニッチな市場を意識したコーヒー豆のブレンドは、のちに、たくさんの人から支持され、コーヒー豆専門のお店となりました
1990年以降、ニュージーランドの各都市にカフェをオープンし、現在では、ニュージーランド国内で約40店舗ほどのカフェがあり、スターバックスなどに匹敵するほどの人気

ロバートハリスで使用されているコーヒー豆は、エチオピアを起源とするアラビカという植物を使用していて、このアラビカ豆は世界でもっとも流通している豆だそうです
アラビカ豆の中でもとくに良質なものを世界から集め、それをニュージーランドでブレンドしたものを、鮮度を保ったまま、焙煎しているとのこと

20160421_13260920160421_13260420160421_132834

この良質なコーヒー豆が、現在では、ニュージーランド各地のスーパーマーケットで、簡単に手に入り、
焙煎されたコーヒー豆だけでなく、インスタントコーヒー、プランジャー/フィルターコーヒー用にグラインドされたものが販売されています
ロバート・ハリスは、お土産での購入だけでなく、コーヒーにあったお食事を提供するカフェに立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね

 JED'S COFFEE Co

とってもとってもユニークな、ニュージーランド生まれのコーヒー JED'S COFFEE Co は、その濃さによって番号付けされたパッケージが特徴
はSmooth、はMedium、はStrong、はVery Strong、はExtra Strong、というように5段階の濃さに分かれています

JED'S COFFEE Co のコーヒー豆も、アラビカ豆を使用しており、インスタントコーヒー用のフリーズドライ、プランジャーやエスプレッソ用のグラインドしたもの、そして焙煎した豆、
さらにユニークなのが、お茶のティーバッグタイプのようにビーンバッグと書かれた商品があること

20160421_13263720160421_13264820160421_132803

インスタントコーヒーの香りよりも、グラインドしたての香りを好む方、そして、プランジャーやエスプレッソマシーンなどを持っていない方、
毎日忙しく、グラインドされたコーヒーをゆっくりと淹れる時間がない方には、このビーンバッグタイプのコーヒーが、きっとマッチするかと思います
そして、眠たい日や、すっきりしたい日、朝や午後、ご飯の後などなど、そのシチュエーションや気分によって、コーヒーの番号を替えてみるのも面白いですよね

さて、ニュージーランド生まれのユニークで美味しいコーヒーを2つ紹介させて頂きましたが、
これからニュージーランドに来られる方、また、現在こちらに来ていて、お土産に迷っている方、ぜひぜひ、こちらの情報を参考にしてみて下さいっ

ニュージーランドでオススメのコーヒー豆のお話♪

おはようございます、アユミです

今日は、私が最近ハマり始めた、ニュージーランドでオススメの 『コーヒー』について、ご紹介したいと思います

ニュージーランドは、20年ほど前からコーヒー文化が栄え、多くのバリスタが集まるコーヒー大国
ニュージーランドの人々は、カフェがだーい好きで、オークランドだけでなく、ウェリントンやクライストチャーチ、クイーンズタウンなどの主要都市はもちろんのこと、
たっくさんのお洒落なカフェや、腕利きのバリスタにより選び抜かれたコーヒー豆を独自の製法で焙煎したものを利用するカフェが数多くあります
そして私も、カフェには行けませんが、毎日2杯以上、とくに朝のブラックコーヒーは欠かせないほどのコーヒーラバー

以前は、スーパーマーケットで売っているネスカフェのディカフェ(ブラックコーヒーを飲みすぎるとお肌に良くないと聞いたので、あえてカフェインレスで☆)を好んで飲んでいたのですが、
少し前に、カフェで働いている友人から、コーヒー豆をもらったことをきっかけに、インスタントコーヒーではなく、プランジャーポットで入れるコーヒーにハマってしまいました

一番最初に飲み始めたのが、 『Atomic Coffee』のDecaf(ディカフェ)とOriginal(オリジナル)、その次が、
『Espresso Workshop』のEthiopia Dumerso Naturalという品種の豆

Pictreceived_1009698645783854

どちらも、オークランドMetroのBest Cafe 2015に選ばれている地元でも人気のカフェ
Atomic Coffeeは、オークランド市内にお店を3店舗もち、市内中心部から西へ行ったところにある、Kingslandという場所の店舗内に、コーヒー豆の焙煎をする機械を独自に持っています
Atomic Coffeeのディカフェは、コーヒーの香りが弱くなったり、損なわれることなく、バターのようなまろやかな甘みが特徴お値段は250gのパックで$12,5

Espresso Work ShopのEthiopia Table Top Natural Yirgacheffeは、単独の地域からとれたコーヒー豆の部門で、2014年にニュージーランドのコーヒーアワードを受賞しているそうです
このエチオピアの豆は、フルーツの香りがほんのりして、甘みの強い、女性にオススメなコーヒーお値段は200gのパックで$15

どちらも、コーヒーの苦味が少なく、甘みが強いので、ブラックが苦手な人でも、香りを楽しみながら、飲んで頂けるかと思います

そして、最近飲み始めたのが、ニュージーランド生まれのコーヒー『MOJO(モジョ)』のDR MOJO'S FEELGOODというエチオピアとコロンビア産の豆お値段は250gのパックで$12.5

20160309_10023320160309_14451320160309_144526

店員さんのオススメで、こちらも苦味の少ないもので、アーモンドやバニラの風味を持ったものをチョイスコーヒーを淹れる前から、すでにとっても良い香りがしています
ニュージーランド ウェリントン発のモジョは、2003年に始まり、今では、ニュージーランドのオークランド、ウェリントン、中国、そして日本に約35箇所のカフェをもつほどの人気コーヒー
旅行などで、オークランドかウェリントンに立ち寄る際は、ぜひ、MOJOのカフェにも立ち寄って頂きたいですね

ニュージーランドのコーヒー豆は、ご旅行のお土産やプレゼントに、そして現地にお住まいの方は、ちょっとしたティーパーティなどの差し入れに、とってもオススメです
そして、お気に入りのコーヒー豆を見つけるために、様々なカフェやコーヒー店を巡ってみるのも、とっても楽しいですね

MOJOのコーヒーが終わったら、次は、『ALLPRESS ESPRESSO』のコーヒーを試してみたいと思います

注目!コーヒー豆販売から始まった地元のバリスタにも人気のカフェとは

おはようございます、アユミです

北島オークランドからバスで約30分のところにある街 タカプナ
小さな街に、カフェやレストラン、雑貨屋、ブティックなどが多くならび、週末はとくにマーケットも行われているので、多くの人で賑わいます

その中の小さな路地裏の一角に、日本人のご家族が経営する、小さなカフェ兼コーヒー豆の焙煎所があります

お店の名前は『ARK(アーク)』
コーヒー豆の焙煎・販売をメインとする営業からはじまり、その後、その豆で入れたコーヒーをその場で飲みたいというお客様からのご要望により
カフェとしても営業するようになったとおっしゃっていました

2015-08-02-12-47-18_deco2015-08-02-12-47-51_deco2015-08-02-12-25-30_deco

お店の中には、大きなコーヒー豆の焙煎機が置いてあり、ちょっと普通のカフェとは違った雰囲気

そして、アートギャラリーのように感じるのは、いたるところに飾られたアーティスティックな絵の数々
こちらは、オーナーの娘さんがもともと絵描さんで、娘さんが書いた絵を店内に飾り、お店の脇には小さなギャラリーを併設しているそうです

オーナーご家族のこだわりが、ご覧いただける素敵なカフェ『ARK』では、
マフィンやケーキ、パニーニなどのブランチメニューもあるので、休日のお昼、ふらっといって、
軽いお食事と美味しいコーヒーを楽しむのにはぴったりです
そして、バリスタに興味のある方へ、バリスタのトレーニングコースもご用意しています

2015-08-02-12-25-04_deco2015-08-02-13-27-23_deco

私がこちらへ行ったとき、目の前のテーブルには、オシャレな感じの男性が5人ほど座って、エスプレッソを飲みながら、
なにやらコーヒーのお話をしていたのですが、オーナーいわく、皆さんバリスタさんだそうで、よくコーヒーを飲みに来てくれるんだそうです

地元のバリスタさんにも人気の、コーヒー豆に自信のあるカフェ、とっても美味しいコーヒーが飲めるカフェ、
『ARK』へ、ぜひぜひ、行ってみて下さいね


プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ