素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ショッピング

ニュージーランド クライストチャーチの観光マップをどうぞ♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランド 南島の玄関口、第3番目に大きな都市 クライストチャーチは、2011年2月に発生した地震から、
約5年弱がたち、少しずつ、少しずつ、復興の色を見せ始めています

私がクライストチャーチに行ったのは、2013年8月と2014年2月、地震のあとの2回だけですが、工事をしている箇所がまだまだ多く、
カンタベリー博物館の周辺の散策と、その周辺で唯一賑わっていた『Boulevard』というカフェに寄ったことしか覚えていません

1175259_510015049085552_379035864_n1170904_510015145752209_1009086_n1150825_510039542416436_1495262647_n

その後も、ずっとオークランドにいるので、クライストチャーチが今どうなっているのかとても気になっていたのですが、
昨日、”Christchurch & Canterbury Tourism”の方とお会いする機会があり、クライストチャーチのお話をお聞きすることが出来ました

クライストチャーチ周辺では、ホテルやレストランなどの修繕工事や改装などを経て、新しくなった施設や観光スポットが増えてきているようです

クライストチャーチ最大の観光スポットである『ハグレー公園』の散策や植物園、自然の中でゆったりと過ごせるカフェ(ilex Botanic Gardens)は人気の観光スポット

市内中心部では、キャッセルストリート沿いにある、輸送用のコンテナを利用したショッピングモール『Re:START』でのショッピングや、
クライストチャーチカジノのあるビクトリア(Victoria)ストリート周辺、そして、トラムが通るハイ(High)ストリート周辺、ニューリージェント(New Regent)ストリート周辺に、
レストランやカフェ、ブティックなどが揃い、地元の人や観光客に人気の場所だそうです

今回、最新のクライストチャーチの地図を入手しましたので、ご覧下さいっ

拡大画像はこちら
26112015100523-0001

拡大画像はこちら
26112015100922-0001

拡大画像はこちら
26112015100636-0001

まだまだ、完全な復興とはいえないかもしれませんが、楽しめる場所はたくさん
これからクライストチャーチへ行こうかなとお考えの方、すでにご旅行が決まっている方、こちらの地図をご活用下さい

ずっとオークランドにいるので、私もそろそろクライストチャーチへ行きたいなぁと思っているので、時間が出来たらぜひ行ってみますっ

クライストチャーチ周辺のおすすめオプショナルツアー
市内を循環するトラムウェイレストラン
クライストチャーチから列車の旅へ『トランツアルパイン1日観光』
カイコウラ ホエールウォッチング1日観光
国内屈指のワインの名産地“ワイパラ地方”を巡るワイナリーツアー

オークランド市内中心部にFarmer'sがNEWオープン♪

おはようございます、アユミです 
いつもブログをご覧頂きまして、本当にありがとうございます

オークランド市内のQueen StreetとVictoria Streetの交差点にあった、本屋『Whitcouls』の閉店が発表されてから約半年
とうとう先週木曜日11月12日に、『Farmaers』(ニュージーランドのデパートのようなお店)がオープンしましたっ

DSC_0111

正面エントランスを入ると、白を基調とした明るい雰囲気の店内に、まず目に入ってくるのが女性向けの化粧品やブランドコーナー、そしてその横に服飾雑貨コーナー
エスカレーターで2階へあがると、男性ファッションのコーナーとキッチンや日用品などの雑貨コーナー
なぜか、男性ファッションのコーナーの中心にあるLEGO(レゴ)(?笑)、そして3階が女性ファッションコーナーといったような感じになっています

DSC_0113 (2)DSC_0115DSC_0114

2階の男性ファッションと日用品コーナーの間に通路があり、なんとそこには、ひっそりと本屋『Whitcouls』がありました

DSC_0113

閉店したわけじゃなくて、規模を縮小しただけだったんですねあ〜、よかった

11月中旬のオープンということで、クリスマスに向けた店内の装飾や、ギフトボックスなどがたくさん
オープンセールも行っていた為に、たっくさんの人手賑わっていました

DSC_0114 (2)

そして、『Whitcouls』の閉店、改装、『Farmaers』のオープンということで、私としてはとっても気になっていた、今年のサンタクロース
毎年この時期に、この角の壁に大きなサンタクロースが出現し、私としては、季節の風物詩のように思っていました
去年はもうこの時期には作り始めていたような気がするのですが、まだまだ動きがないなぁと思ってみていたら、なにやら、角のところに、サンタクロースの土台になりそうなものが

da4964c4DSC_0112

なぁんて、心配していたら、週末の間に、サンタクロース出来上がってました
ここからさらに、街の中はクリスマスの雰囲気で盛り上がっていくんでしょうね

20151115_10595220151115_11002520151114_175136

NZのネットショッピング事情

先日の光ケーブル回線の契約に関してのアクセスが何故か非常に良い感じでしたが皆様は
やはり現地のそう言った情報がお好みでしょうか

と言うわけで今日はネットでのショッピング事情をご紹介

日本でネットで買い物=AMAZON ってイメージですが如何でしょうか?
私達ニュージーランドで日本のサイトで発注出来るサイトは限られており

1)母の誕生日に使う「花キューピット」
2)AMAZON Japan(お届け先は日本の実家住所で後日親から送って貰う)

ぐらいしかありません。何故ならば私達のクレジットカードが「海外発行」だからです。
と言うわけで楽天とかでの買い物は出来ませんが(以前やってみたら拒否されました)、上記(1)(2)は海外発行のカードでも使えるので海外在住の皆様もお使いでは無いでしょうか?

でも3DSのゲームとかそのまま郵送料払うので送って欲しいのですが海外に輸出は禁止されており結局は親戚や実家に頼るしか方法が無いので本当困ります。
(だって私の3DSは日本で買った物なのでニュージーランドで売ってるゲームは出来ないんです

そんなニュージーランドのネットでお買い物は断然 Trademe.co.nz です
trademe


ニュージーランドに居る人でこのサイトを知らない人は居ないのでは?と思う程メジャーなサイトです。

但しこのサイトはヤフオクの様な感じで基本「セカンドハンド」と呼ばれる中古品のオークションサイトですが、賃貸アパート情報から車、ゲーム等何でも手に入る便利なサイトです。
ちなみに私が25年ローンで買った家もTrademeで見つけました

私は最近大きな水槽を貰い、中に入れるグッピーって幾ら?と思ったらやはりTrademe。

勿論新品を出してる業者もありますので、ニュージーランドでの物価とかを知りたい方はまずはチェックして下さい!

その他、便利なサイトは日本の「価格ドットコム」と同様のpricespy.co.nz

NZ国内で販売されてる色んな物(主に家電ですけど)の最安値が何処で買えるかを調べるサイトです。

何か「買おう!」と思ったらまずはPRICESPYで値段チェック、trademeで取引が平均幾らかチェックで
大体の目安が掴めます。

現地の相場などを知りたい方はまずこの2サイトでチェックしてみて下さいね!

普通のスーパー

この前の日曜日に行って来た、スーパーです
NZで一番安いと言われているチェーンの、Pack’n Save
001 003
002 004
005 006
おまけ
PAKnSAVE_Imagessizesize (2)size (1)

とにかく、デカイですね。
そんなに品数は無いと思うのに、やたら大量にあります。
で、みんなやたら大量に買い込んで行きます。
うちは、1週間に1回しか買い物をしませんが、2人なので大体$100ぐらい。
もちろん、トイレットペーパーとか洗剤とか入れて。
カートの3分の1も埋まりません。
ですが、レジで会計待ちしている人を見ると、カート山盛り。
金額も$300ぐらいと、半端ありません。
4リットル牛乳を、3本も4本も買ってます・・・

ニューマーケット フリーツアー 発見!

今日、こんなチラシを見つけました!!

ニューマーケットは、オークランドのちょっとしたショッピング街です
街中よりちょっとおしゃれな感じの場所

001
002
003

個人的には、ゴーストツアーに参加してみたいですね。
詳細は、⇒こちら!

旅行のことなら!!
人気ブログランキング ← クリックしてね

クライストチャーチの観光場所 〜コンテナ型ショッピングモール「Re: START」〜

クライストチャーチ中心部、立入禁止区域だった
歩行者天国のエリア(キャセルストリート)が、 2011 年10 月29 日に再開しました。

untitled












様々なショップやカフェが明るい色にペイントされた
大きなコンテナの中で営業するという、とてもユニークなショッピングエリアです。

モールの角に位置するバレンタインズ・デパートも同日に営業を再開しました。
デパートだけでなくデザイナーブティックなど、
旅行者も存分にショッピングを楽しめるようになっています。
屋外には、植物や石など自然のものをふんだんに使った造園家の手による広いスペースもあり、
腰を落ち着けて休息できます。

このモールはヘレフォード、リッチフィールド、オックスフォードの各通りからすぐアクセスできます。
植物園からは徒歩10 分です。営業時間は主に08:30-17:30 (曜日、ショップによって異なる場合もあり)。


大きな地図で見る

人気ブログランキング
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ